黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

下山事件(柴田哲孝)

昭和史に関する本というのは、様々に出ている。
そこから僕がイメージできる昭和のイメージは、黒い世界だったのだな、というものだ。
特に、政治を含む世界では。
「ALWAYS」という映画があった。あれは、昭和何年代だか知らないが、東京タワー建設当時の昭和の世界を、当時のままの質感で表現しようとした作品、らしい。まあ、僕は見ていないのでなんともいえないのだけど。ただ、その回顧的な内容が結構評判になったようで、映画賞も軒並み獲っていたような記憶がある。
また最近は、デアゴスティーニをはじめとする、「週刊~」みたいな本で、美空ひばりの歌や戦艦大和の模型など、昭和時代を懐かしむような本が様々に発売されていて、昭和という時代を青春時代として過ごした世代がよく買っていくものだ。
そういう観点からすれば、昭和という時代は、ものすごく平和で哀愁があって、懐かしむような、そんな時代であったことがわかる。確かに僕も、今の電子化されすぎてしまった世の中よりも、缶蹴りやドロケイなどで、外で無駄に走り回って遊んでいる時代の方が、健康的だし面白かったような気もしないでもない。
まあ、昭和のそういう一面とは別に、昭和というのは、様々に黒い噂の飛び交う、殺伐とした時代でもあったようである。
僕は基本的に、歴史の知識には尋常じゃないくらい弱いので、昭和という時代にどんなことがあったのか、まるで知らないわけだけど、でも、戦後という時代が、生易しいものではなかっただろうな、とは想像できる。
何せ、終戦直後は、焼け野原だったのである。もちろん見てきたわけではないけれども、恐らくそうだっただろう。そこから、60年。この60年という時間を長いと見るか短いと見るかは人それぞれだろうけども、僕は短いと思う。たったの60年で、焼け野原から今の日本が出来上がった。それは、日本人の勤勉さがあったかもしれないし、オリンピック景気などの幸運もあったかもしれない。
しかし、それだけでは絶対に説明のつかない成長を、日本という国は遂げていると思う。
それが何なのか、僕にはわからないし、わかる人のほうが少ないだろうと思う。どこでどんなことが行われていたか、国民として知る必要があるかもしれないけど、結果的にいい方向に向かっていけた、という解釈でも、まあ充分だろうと思う。
しかし、さすがに人の生命までそれで片付けてはいけないだろうな、と思う。
昭和という時代、謀略に巻き込まれて命を失った人というのはかなりいることだろう。僕には知識はないが、表ざたになっているものもなっていないものも恐らくあるのだろう。
国のために、誰かが犠牲になることは仕方ないかもしれない、と思う。個人よりも国という組織を優先させなくてはならない、という判断も、時には必要なのだろうと思う。しかしそれでも、国のために人を殺していいか、というと、それは違うだろうと思う。それは、戦争をやっているのと大差はなくなってしまう。
疑惑に彩られ、今なお疑問を残す昭和史という謎。その中でも、昭和史最大の謎の一つに数えられる下山事件を、詳細に検証した本作は、下山事件一つに留まらず、昭和という時代の構造そのものを抉り出すことに成功している、と僕は思う。
というわけで、書いていることがよくわからなくなったので、そろそろ内容に入ろうと思います。
まずはやはり、下山事件について、そのあらましをざっと説明しようかと思います。
昭和24年7月5日朝。普段とは違う行動をとり続ける初代国鉄総裁下山定則は、運転手を待たせたまま、三越南口から店内に入り、そこで消息を断った。
下山総裁が発見されたのは、翌6日。足立区五反野、国鉄常磐線の北千住駅と綾瀬駅の中間地点。最終くだり電車の運転士が、東武線が交差するガード下の線路上に人間の死体らしき肉塊が散乱しているのを目撃。後にこれが下山総裁の死体であると確認された。これがいわゆる「下山事件」である。
その後の経緯についてもざっと触れよう。当初、監察医と警視庁の判断は、他殺だった。しかし、警視庁捜査一課が突然、自殺という見方を示し始めた。一時期、捜査一課は自殺、捜査二課は他殺という二分する考えがあったのだが、上層部からの妨害や圧力のために、捜査二課の捜査はうまくいかず、なし崩し的に自殺として処理された、という経緯がある。
戦後多くの人々が、この「下山事件」の謎に挑んできた。あの推理小説の巨匠、松本清張もその一人である。しかし、これといった決定的な説が出たわけではなかった。
そして本作である。
本作が世に出るまでには、いくつかの経緯がある。
まず、週刊朝日に、森達也というジャーナリストが、「下山事件」に関する記事を載せた。これは、「彼」の大叔母という人物の証言を元に、「彼」への取材を通じて書かれた記事である。
発端は、「彼」の大叔母であるという人物の発言にあった。
「あの事件をやったのは、もしかしたら兄さんかもしれない…」
祖父の23回忌でのことだった。大叔母は突然そんなことを口にする。
以後「彼」は、親族への取材を通じていくつかの証言を得、さらに、森達也が「彼」にインタビューする形でその連載は続いた。
またその後、諸永裕司という週刊朝日の社員記者が出した本「葬られた夏」、また前出の森達也が出した本「下山事件」でも同様に、「彼」への取材を通じての証言によって構成されていた。
しかし、本作の著者は言う。そのいずれに書かれた内容についても、「彼」の証言として描かれている部分は、不備や誇張などがある、というのである。
何故そんなことが言い切れるのか。
それは、「彼」こそが本作の著者柴田哲孝であり、その大叔母から直接話を聞いているのもまた柴田氏だからである。
柴田氏は、人の著作の中ではやはり不十分であると感じ、自らの親族の犯行を暴くことになるかもしれないリスクをおして、知っていることをすべて書こうと決意する。
そうやって生まれたのが本作である。
回りくどい説明をしたが、つまり、本作の著者である柴田氏の大叔母の発言がすべての発端であり、氏の親族が、何らかの形で「下山事件」に関わっているのではないか、という疑惑からスタートしたのが本作なのである。
柴田氏の祖父という人は、一体何者だったのか。
柴田氏の祖父、というところから、今までどの「下山事件」の研究者も辿り着けなかったある一つのキーワードが存在する。
それが、柴田氏の祖父が勤めていたという、「亜細亜産業」だ。
「下山事件」は、この「亜細亜産業」を中心として、いやむしろ舞台として起こった事件なのではないか…。その推測を元に柴田氏は、親族への取材、情報収集、「亜細亜産業」の社長だった矢板玄との接触、などを通じ、昭和史最大の謎である「下山事件」を解き明かしていく…。
という内容です。
本作は、ノンフィクションとして素晴らしいな、と僕は感じました。
まず、「下山事件」について、非常にわかりやすく書かれています。僕が本作を読む前に知っていた「下山事件」についての知識は、
「国鉄の一番偉い人が、何らかの理由で殺された」
というような陳腐なものでしかなかったのだけど、そんな僕でも、「下山事件」というものを非常によく理解することができました。
さらにいえば、僕は昭和史というものについてもほぼ無知で、右翼と左翼の違いも、当時誰が総理だったのかも、GHQと日本の関係も、M資金も、とにかくそうしたこと一切合切知らなかったし、しかも基本的に政治に疎いので、政治に関するあれこれを理解するのは苦手だし、戦争や満州やその付近のあれこれの事件というものも全然詳しくないのだけど、それでも本作を割と理解することができたし、昭和史の構造の一端にもきちんと触れることが出来たような気がします。とにかく、分かりやすく説明をしようと心がけているということが窺える作品です。
本作の面白いところは、その切り口ですね。これはもちろん、柴田氏の祖父が事件に関係していたかもしれない、という、ある意味ラッキーな(こんな言い方は失礼だとは思うけど)出自だったということなのだろうけど、でもその扱いが繊細でいいと思います。
つまり、親族、しかも柴田氏にとって尊敬に値する存在である祖父を糾弾するような内容になるだろう本作の執筆に関して、感情的な部分を一切排除して、とにかくノンフィクションとしての精度を高めようとしていることが伝わってきます。親族であるから、という感情的な部分は基本的に窺うことはできなくて、その絶妙な距離感がいいと思いました。
実際この柴田氏の親族の証言というのは凄まじいものがあって、例えば「亜細亜産業」で一時期事務の仕事をしていたという大叔母は、「亜細亜産業」にどんな人が出入りしていたかと聞かれて、吉田茂・佐藤栄作・三浦義一・白州次郎・児玉誉士夫など、戦後日本の重鎮とでもいうべき人々の名前がごろごろあがる始末だし、また、同じビルの四階の床下に、金の延べ棒が100本以上あったと証言してみたりとか。この金の延べ棒100本は事実であることが、後に矢板玄との会話で明らかになるのだが、その過程ももの凄いものである。
その矢板玄とのやり取りというのが、本作の中で最も緊張感溢れる場面だろう。
あくまでインタビューであり小説ではないので、心象なんかは極力排除して描かれているけども、それでも、そのインタビューをした時の緊迫感というものは如実に伝わってくる。表舞台に現れない矢板玄。今まで誰も取材に来たことすらないというほど恐れられた人物との会談は、その出てくる内容がどれももの凄い話ばかりで、昭和史に明るくない僕でさえもこれほど驚くのだから、昭和史を研究している人が本作を読めば、それこそ驚愕の真実とやらがあちこちに散らばっていることだろうと思う。
例えば、戦後の日本でまことしやかに囁かれた「M資金」というものがある。詳しくは知らないが、戦後にどこからか集まった多額の資金のことで、それを後ろ盾にしての詐欺も横行したようだが、当初からこの「M資金」の「M」はなんだろう、という話になっていた。
矢板玄はこれを、「ウィロビーだよ。ウィロビーのWを逆さまにするとMになるだろ。これは、ウィロビーの裏金と言う意味だ」と言って笑ったという。
柴田氏はこれは、矢板玄のジョークだろうと言っているが、あながち真実なのかもしれないと思う人はいるのではないだろうか。「ウィロビーの裏金」で「M資金」とは、なかなかしゃれているではないか。
「下山事件」はアメリカの謀略か、という柴田氏の問いに対する、矢板玄のこんな言葉が印象的だった。
「そうは言っていない。ウィロビーは事件を利用しただけだ。ドッジ・プランとは何だったのか。ハリー・カーンは何をやろうとしていたのか。それを考えるんだ。アメリカは日本の同盟国だ。東西が対立する世界情勢の中で、日本は常にアメリカと同じ側に立っている。過去も、現在も、これからもだ。もしアメリカじゃなくてソビエトに占領されていたら、どうなっていたと思う。日本は東ドイツや北朝鮮のようになっていたかもしれないんだぞ。それをくい止めたのが、マッカーサーやおれたちなんだ。日米安保条約は何のためにある。アメリカのフリになるようなことは言うべきではない」
本作はこのように、「下山事件」の考察だけに留まらない。いや、「下山事件」の考察のために、他のあらゆる物事の関連性を考えなくてはならない、という方が正確だろうか。とにかく、背景が複雑に入り組んでいる。あらゆる思惑がかみ合って、あらゆる情報が錯綜して、「下山事件」というのは一つの大きな謎になっている。
本作では、「下山事件」に関する偽情報についてもかなりページを割いて検証している。こと「下山事件」に関しては、様々な偽情報が飛び交っている。警察も偽の情報を流し、CIAやGHQもプロパガンダのために偽情報を流し、ジャーナリストは自説を補強するために偽情報を生み出す。こうやって累々と積み重なってきた偽情報を詳しく検証しより分けながら、柴田氏は、「下山事件」という謎の大枠を捉えようとしていく。
僕は正直、ノンフィクションを読み慣れているとはいい難いです。でもそれでも、本作はノンフィクションとして素晴らしい出来だと思います。大抵のノンフィクションは、まず仮説ありきで、そこから自らの仮説を補強する情報を集めていく、という形をとると思います。もちろんそれも、有効な一つの手段ではあると思います。しかしやはりこの方法だと、主観的で恣意的な結論が導き出される恐れがあります。
本作も、もちろん、「亜細亜産業」が関わっているかもしれない、という、スタート段階での仮説はあります。しかし、柴田氏は、それだけに囚われることなく、あらゆる可能性を検証し、あらゆる背景を炙り出そうとし、自説に不利な内容も載せるというやり方で、ノンフィクションとしての質を最高度に保っている、と僕は評価しています。
すばらしい作品だと思います。「下山事件」を知っている人も知らない人も、興味のある人も興味のない人も、読んでみれば恐らく興味を持って読めるだろうと思います。是非読んで欲しいなと思います。

柴田哲孝「下山事件」




関連記事
スポンサーサイト

Comment

[1176]

はじめまして。
先日、ネットニュースで銀座線新橋駅の幻のホームが公開されるというのを見て、この本のことを思い出しました。
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/071107/trd0711071743008-n1.htm
これって、関係あると思いますか?
本にはあのデパートの地下に駅があるといったようなことが書いてあったと記憶しております。

[1177]

初めましてです。
うーむ、もはや本の内容を覚えていないのでなんとも言えないんですけど、でも何で今さら公開されるのかって疑問はありますね。
もしこの件が下山事件に関係していたとしたら、このホームの公開なんかもアメリカが口出ししたりしているはずで(安全上の理由から職員しか入れない、なんて怪しいという見方も出来る)、まあそろそろ下山事件も過去の事件だしいいんじゃない、とアメリカさんが言ったのだろうか。
この本の著者も、このホームの公開に行ったりするでしょうかね。

[4186]

私がこの本の内容について調べた結果は、以下の様になりました。
http://www.geocities.jp/kosako3/shimoyama/nagashima_nengajo.html

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/466-d2e984c9

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
9位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)