黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

「ヤクザと家族 The Family」を観に行ってきました

【生きる権利奪ってんのはそっちだろうが】

現代を舞台にヤクザ映画を撮るとしたらこれしかないよなぁ、と思うような、今僕らが生きている社会の問題を炙り出す作品だった。

先に書いておくと、僕は「ヤクザ」という存在を肯定しているつもりはないけど、アンダーグラウンドの世界そのものが無くならない限り、アンダーグラウンドを管理統率するような集団は必ず湧き上がってくると考えているので、そういう存在を「必要悪」と呼ぶのであれば、ヤクザは必要悪だろう、というのが僕の基本的なスタンスだ。

この映画は一見、ヤクザという存在が時代を追うことでどう衰退していったのかが描かれているように見える。でも、実際のところ、切り取られているのはヤクザではない。社会の方だ。この映画は、ヤクザという鏡を通して、今の社会を映し出そうとする。

そして僕には、この映画が、「こんな世の中でいいのか?」と問うているように感じられる。それは、制作側の意図とは違うかもしれないし、僕の勝手な感じ方だけど、この映画は、ヤクザを肯定しないまま、同時に、社会も肯定しないという立場を取っているように思う。

【これからヤクザを取り締まるのは法や警察だけじゃない。世の中全体に排除されるようになりますよ】

マル暴の刑事の言葉だ。確かに僕らが生きている社会は、ヤクザを含むいわゆる「反社(反社会的勢力)」への締め付けがかなり厳しい(はずだ)。映画の中で印象的な話が出てきた。ヤクザが一般人に車をぶつけられ、真っ当に修理代を請求しただけで警察に逮捕された、という。この対応の是非はともかく(僕は正しくないと思うけど)、それが当たり前の世の中になってしまった。

それでいいんだろうか?

【義理人情を重んじ、男を磨き、男の道を極めることです】

ある人物が、ヤクザとは何かと問われてこう答える。

【義理人情じゃ、もう飯は食えねぇってことです】

ヤクザではない男がこう言う。

僕が、ヤクザを必要悪だと考える理由はここにある。ヤクザというのは、法以上に義理人情を重んじる。そして、法律の範疇を超えた出来事への対処は、法以外の規範で動く集団が適している、と思うのだ。

もちろん、法より義理人情を重んじるが故に起こる悲劇や被害もあるだろう。そういう出来事に巻き込まれたことがあるという人からすれば、ヤクザが必要悪だなどという意見には首肯できないだろうと思う。しかし、どんな社会にもアンダーグラウンドな世界は存在するし、そのアンダーグラウンドな世界が存在することによる悲劇というのは無くなることはない。

暴対法などによってヤクザを締め付けるということは、すなわち、アンダーグラウンドの世界を法律によって管理しよう、ということだ。でも僕は、それは無理だと思う。法律や条例やルールや規範など、一般社会を構成するような決め事で管理できるような世界ではないと思う。そしてさらに問題だと思うのは、法を最上位に置くことで、「法律の範囲内だったら何をしてもいい」という勢力が台頭するだろうということだ。さらにこの流れは、最終的に「金を稼げればなんでもいい」という発想に行き着く。それは、義理人情に支配される世界より、よっぽど殺伐として危険なのではないか、と僕は感じる。

その殺伐さは、アンダーグラウンドの世界のみならず、僕らの日常でも普通に散見される。再生回数さえ稼げればいい、大量にRTされさえすればいい、際どい嘘をついても売れさえすればいい、どうにかして信者を増やして金を吐き出させればいい、というような雰囲気は、じわじわ広がっていると感じる。まだ、社会全体を覆い尽くすような雰囲気にはなっていないとは思うが、時間の問題だと思う。別に金儲けが悪いと言ってるわけではない。でも、「金儲けのためなら手段なんか選ばなくていいでしょ?」というような雰囲気が蔓延し始めているような気がして、僕は怖い。

それでいいのだろうか?

ヤクザももちろん、際どいことをして、時には法律を犯して金を得ようとする。しかし、すべてのヤクザがそうだったわけではないだろう。ヤクザも玉石混交で、薬物をシノギにするところもあれば、それをしないところもある。主人公が所属するヤクザは、基本的な描かれ方としてはそういう、金儲けのためなら何をしてもいいというようなところではなかった。

義理人情を重んじ、あくまでもそれなりに真っ当に生き延びようとするヤクザの衰退は、社会が真っ当さを失っていくことの合わせ鏡だと思う。映画を見ながら、そんな対比を感じた。

さらに、社会が真っ当さを失っていると感じるのは、社会全体が私的制裁権を無意識に行使している、という点だ。

映画の後半は、誰もがそういう展開になるだろうと予想できると思うが、主人公がヤクザであるということが明らかになることで、様々な人生が破滅していくことになる。100歩譲って、主人公の人生が破滅するのは仕方ない(それも、僕は、法律が定める刑を全うしたのだから、少なくとも一般市民が制裁を加えることに正義があるとは思えないけど)。しかし、他の人の人生まで同時に破壊する権利などあるんだろうか?もちろん、そういう歪んだ正義感を発揮して他人の人生を積極的に破滅させようとする人はごく僅かだ。しかし、そういう人たちが作り出す流れに飲まれて(あるいは積極的に流されて)、緩やかに他人を排除していく空気みたいなものは、僕は好きじゃない。

もちろん、「私は◯◯さんが嫌いです」という感情は持ってもいいし、私の個人的な意見だということで表明することも自由だ。しかし、今の時代、そんな些細なことでさえ、誰かの人生を簡単に破滅させることができてしまう。そんな時代になってしまったことは、特定の誰かのせいではないし、今更元に戻せるとも思えない。けど、こういう社会になってしまったのだから、一人ひとりが意識的に、普段発揮しないかもしれない寛容さを表に出さなければ、時間経過と共にどんどんと社会が殺伐としていくだけだと思う。

【あんたさえ戻ってこなければ】

こう言われた人間はもちろん傷つく。しかし恐らく、一番傷ついているのは、こう言った側の人間だ。そして、こう言わなければならないのは、僕らがそういう社会に生きているからだ。

殺伐としてんなぁ、世の中。

内容に入ろうと思います。
この映画は、1999年、2005年、2019年という3つの時代を、山本賢治という男を中心に描き出す。
賢治は、父親がシャブ漬けになって自殺したことで天涯孤独の身となる。いつもつるんでいる仲間と三人で、定職にも就かずにフラフラしているが、知り合いの焼肉屋で勃発したトラブルを収めたことで、柴咲組の組長に気に入られる。しかし、ヤクザに入る気などないと一旦は断った賢治だったが、とあるトラブルに巻き込まれたことをきっかけに盃を交わす決意をする。
6年後、組内での立場も高くなった賢治は、シマの店で働いている由香を気に入り、関わりを持とうとするが、由香はヤクザである賢治にも臆せず気の強いところを見せ、賢治の思う通りにならない。一方、柴咲組は、同じシマを争う侠葉会と小競り合いを繰り広げているのだが、3年後の再開発に伴い、侠葉会がのさばるようになってきた。怒りを覚える賢治は、難癖をつけてきた侠葉会の幹部を瓶で殴り大怪我をさせてしまう。柴咲組と侠葉会の全面戦争の様相を呈する状況の中、賢治はある決断をする。
そして時は流れ、2019年、賢治は様変わりした世の中を彷徨うことになり…。
というような話です。

世の中というのは「善」と「悪」に簡単に切り分けることなどできない、ということを改めて実感させられる映画だなと思いました。2時間以上あったと思いますけど、割とあっという間だったなという感想です。

以前、「プリズン・サークル」という映画を観ました。確か島根県だったと思いますけど、日本で新しいタイプの刑務所が出来て、その内部にカメラを初めて入れて撮ったドキュメンタリー映画です。

その刑務所は、受刑者を個室に隔離するようなことはせず、30人程度の集団を作り、そこで様々なプログラムを受けながら更生を目指す、というスタイルです。その根底となる考え方は、「加害者も実は、別の場面の被害者なのだ」ということです。頭では理解しているつもりですけど、日常生活を生きているとなかなかそこまで思い至らないなぁ、という現実を描き出す映画でした。

犯罪者自身も、ネグレクトやDVなどの被害者で、彼らが自身の罪と向き合うためにはまず、自分が被害者であることを認め、それを他者も受け入れていく過程が必要だ、という感じの考え方だったと思います。自分が犯した罪を反省しろと言われても、彼らとしては、犯罪に走らなければ生きていけなかったというような状況がある。もちろん、どんな状況であれ犯罪は許されるべきではないけど、一方で、厳しい現実をくぐり抜けてきたわけではない人が無理解のまま非難するのも違うように思う。彼らにも、そうせざるを得なかった事情があり、それをまず本人も周囲も理解するところからしか更生は始まっていかない、というのは、その通りだなと感じました。

この映画でも、似たようなことを感じました。

【ヤクザしか生きる道がなかった連中だ。どこがあいつらを拾ってくれるよ】

ヤクザになりたくてなった、という人ももちろんいるでしょう。しかしその一方で、ヤクザしか生きる道がなかった、という人もいるはずです。日本だけに限らないでしょうが、風俗やヤクザなどの存在が、ある種の最後のセーフティネットになっている現実というのはあると思います。それ以外の道があるのならもちろんそうしたい、でもそれを選ぶことが不可能だから、やむを得ずこの道に進むしかなかった、という人はたくさんいると思います。特に今、コロナで社会が混乱を来している状況では、これまでのような、特別でもなんでもないどこにでもある普通の生活さえ継続出来なくなっている人がたくさんいると思います。国家のセーフティネットの対象外だったり、対象であっても知識不足や手続きの煩雑さなどによって足が遠のいてしまう人たちは、やむにやまれず意に染まない選択をしてしまうこともあるでしょう。

その辺りの事情を理解しようともせず、「ヤクザだった」というレッテルしか見ないというのは、傲慢だなと思うし、想像力の欠如でもあると感じてしまいます。

僕は、過ちを犯した人間は、それが過ちであったと理解できてさえいれば、今度は、他人の痛みに優しい人間になれる可能性があると思っています。むしろ、過ちを犯してこなかった人間の方が、他人の痛みをリアルに実感することができずに、想像力が欠如したままじわじわと他人を傷つけることもあるかもしれません。しかし今は、「過ちを犯したことがある」という記号に対する拒絶反応が強すぎると感じます。それが、個人の内側から自然と現れる生来的な拒絶であれば仕方ありませんが、現代の拒絶反応は、「少しでも悪いやつを叩くことで自分を優位に見せる」という一部の人間によって増幅させられたまやかしのようなものだけから生まれているように僕には感じられてしまいます。

僕は観たことがありませんが、森達也の「A」というドキュメンタリー映画(僕は、同じく森達也が著した同名のノンフィクションを読んだことがある)は、「オウム真理教」という「悪」から世間という「善」を眺めることによって、善悪の境界を揺さぶろうとするものだったと思います。そしてこの「ヤクザと家族」という映画も、ヤクザという「悪」から世間という「善」を眺めるという構図は同じだなと感じました。「当たり前の悪」も「当たり前の善」も存在しない、という前提に皆が立てなければ、社会は益々、「100%の悪」か「100%の善」かですべての物事を判断しようとするでしょう。そして、「100%の善」など存在し得ないのだから、どんな物事に対しても、批判する点を見つけられてしまいますし、そうなると、誰もがいつ炎上の対象になってもおかしくない世の中が生まれてしまう、ということになります。

そんな社会は息苦しいと思う。

もう一度繰り返すけど、別にヤクザという存在を肯定したいわけではない。無くてもきちんと世の中が機能するなら要らないでしょう。しかし、アンダーグラウンドの世界そのものは永遠に無くならないし、アンダーグラウンドの世界をすべて法で支配するのは不可能(というか逆効果)だと僕は考えています。そういう意味で、義理人情という別軸の論理で行動するヤクザは必要悪だと言っていいし、今の有象無象がアンダーグラウンドの世界を仕切っている状況よりは、よほど管理しやすかったのではないかと思うのだけど、どうなんだろう。あくまでも僕の勝手な想像だから、実情をまるきり無視した意見かもしれないけど。

ちなみに、全然どうでもいい話なのだけど、エンドロールを見て、映画の舞台として富士市が使われていることを知りました。映画の中で、煙をもくもく吐き出す煙突のシーンが結構登場して印象的だったのだけど、なるほどあれは製紙工場だったか、と感じました。僕は静岡県富士市の出身(正確には、合併する前の富士川町)なので、なんとなくちょっと嬉しい気もします。柴咲組の事務所がある辺りとか、焼肉屋がある商店街とかも、富士市なのかなぁ。

「ヤクザと家族 The Family」を観に行ってきました
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/4107-83a11156

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
7位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

最新記事

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)