黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

「浅草みどり」を経た先の齋藤飛鳥


最近のインタビューで齋藤飛鳥は、「毒舌キャラを止めた理由」をこんな風に語っていた。

【―そのキャラをやめようと思ったことはありました?
スタッフさんから「飛鳥は何を言うかわからないから、放送に出すときはヒヤヒヤする」と言われたことがあって(苦笑)。私はちゃんと言葉を選んで発言しているつもりだったけど、そういう話を聞いてからはほかの子の発言に注目するうちに、「みんなはこうじゃないんだ!」と気づいたんです。その頃の私は自分のことが好きじゃなくて、「万人受けしない顔だし、キャラもそうだし、出てくる言葉もそうだから、私は万人受けしないアイドルなんだ。だから選抜に選ばれないんだ」と思うようになって、毒舌キャラはよくないなということに気づきました。】「WHITE graph 004」

芸能の世界で生きている限り、「自分をどう見せるのか」というのは大きな課題だろうし、齋藤飛鳥自身、乃木坂46のメンバーとしてここまで活動を続けてくる中で、意識的にせよ無意識的にせよ、様々にキャラクターが変わっているだろう。変化することに関して彼女は、

【でも、逆にコアなファンの方というのは確実に存在していて、そういう方々を失うのが怖かったんだと思います。しかも、私みたいに10代前半から表に立つ仕事をしていると、自分の変化を全部見られているわけじゃないですか。そういう変化を嫌う層も一定数いるわけで。】「WHITE graph 004」

と発言しているように、あまりプラスの印象を持っていなかった。「変化を嫌う」という感覚は僕にはよく分からないが、「自分が好きになったその時のままのアイドルでいてほしい」というのは、アイドルに限らず、熱心なファンの心理としてあるのだろう。毒舌キャラを続けることで、具体的なデメリットが出てきてもなお、「このままでもいいんじゃないか」という考えを捨てられずにいたという。確かに、変化することは怖いから、気持ちは分かる。

そんな齋藤飛鳥が、最近、「明るくなった」と言われることが増えてきたのだという。その背景の一面としては、

【あとは、今は一側面だけを見せる必要がなくなったというか。昔はダークな面やネガティブな面ばかりを見せて、「私はこういう人です」というのをファンの方に認識してもらおうという考えがあったけど、今は一つの面だけを見られるのが嫌になってきたというか。いろんな顔があることを知ってほしくなったので、幅広いジャンルのものを読むし、読んだことを表に出すようにもなった。そういう意味では変わったんだと思います】「WHITE graph 004」

という考え方があるようだ。もちろん、「ネガティブな部分」が作り物だというわけではないだろうけど、かつての彼女は、キャラクターを定着させるために、意識的にネガティブな面を押し出すことにしていたようだ。その考え方が少し変わってきたらしい。

しかし、より大きかったのが、映画『映像研には手を出すな!』だったという。

【映像研の浅草役が大きかったんだと思います。特殊なテンションとしゃべり方だったので、演じていくうちに自分の中の恥じらいが取っ払われた感じがあって。あと、そんな浅草を好きだと言ってくださる方が割と多くて、「もし、こんな自分がいても受け入れてもらえるんだ」って気づいたんです。そこから、徐々に子供っぽい部分を出せるようになったりして、肩の力が抜けました。「私がちょっと明るい方向に変わることで、もしかしたらグループに何かいいことが起きるかも」って考えるようにもなりましたね。】「プレイボーイ 2020年10月12日号 no.41」

撮影中も、山下美月・梅澤美波という共演者や、マネージャーなどにも、演技以外の場で「浅草みどり」のテンションで接する機会も多かったようで、「明るい齋藤飛鳥」を喜んでくれる人が多かったことが意外だったそうだ。まあ、それを「意外」と感じる彼女の感覚は、やはりネガティブ側だなぁと思うけど、「浅草みどり」との出会いは彼女にとって大きいものだったようだ。

そんな自身の変化について彼女は、

【飛鳥 自分的にも、中学生の頃に見てきた乃木坂のすてきなところって、お姉さんメンバーが無邪気でいるところだったから。年少メンバーのほうがおとなしくて。だから、今自分が大人になって「明るくなったね」って言われることが増えたってことは、もしかしたら私も、今までのお姉さんメンバーと同じように”無邪気への道”をたどっているんじゃないかと思って、ちょっとうれしいんです。だから、大無邪気でやらせてもらっています(笑い)】「乃木坂46新聞 2020秋新章突入」

という風に語っている。自身の変化をポジティブに捉えている、という点でも、齋藤飛鳥は大きく変わった、と言えるかもしれない。

しかし、当然と言えば当然だが、

【―最初は『映像研』の実写化に不安もあったんですよね。
浅草みどりは自分とかけ離れている役にしか思えなかったし】「映像研には手を出すな!オフィシャルブック」

というように、「浅草みどり」役に不安を感じていた。まあそうだろう。原作か映画を観た人なら分かると思うけど、浅草みどりの振る舞いはなかなか突拍子もないもので、「極度の人見知り」みたいな部分は共通項があるだろうけど、齋藤飛鳥とはなかなか大きく離れたキャラクターだと言っていいだろう。

とはいえ、次第に「浅草みどり」という人物に対する共感を抱くようになったという。

【―それぞれ演じたキャラクターについてはどう思いますか?
私、浅草って最初すごくヘンな子だと思っていたんですよ。でも意外と普通のことを正しくできる人だなと感じる部分も出てきて。”浅草ならこう動くだろうな”みたいなことが、だんだん自分の中に自然と浮かんでくるようになりました。監督に話したら”オレも同じように思ってた”って返されることが増えていったので。撮影が終わるころには、浅草は近い存在というか、親近感を覚えましたね】「BOMB 2020年6月号」

実際に演じてみることによって、浅草みどりという人物への理解が深まり、深いところで繋がれる存在だと思えるようになったのだろう。浅草みどりという人物に対しては、こんな共感も抱いたそうだ。

【―浅草は自分を作ってしゃべることもありますよね
浅草は接する人によって態度が変わるじゃないですか。知らない人には挙動不審な態度だけど、金森や水崎の前だと違うし、大・生徒会の前では啖呵を切ることもあって。いろんな顔があるじゃないですか。私はそういう人が好きなんです。全員に同じ態度で接する人がどこか怖いと感じることもあるくらい。浅草のことが素敵だなと思ったし、自分もそういう人になりたいんです。】「映像研には手を出すな!オフィシャルブック」

僕もどちらかというと、人によって態度を意識的に変えようと思っている人間なので、「全員に同じ態度で接する人がどこか怖い」という感覚は分かるなぁ、と思う。「自分もそういう人になりたいです」と発言しているが、齋藤飛鳥は割と、誰とどのように関わるかによって自分の見せ方を絶妙に調整できている印象があるので、もう十分な気もする。

映画を観たメンバーからは、【「飛鳥らしくない」っていうより「元々浅草っぽい」】「週刊ビッグコミックスピリッツ 2020年5/11・18号」と言われることも多かったそうだ。その理由を、齋藤飛鳥自身は、

【浅草みどりという人間は臆病なところがあって、
変な喋り方をして自分を守っているところがあるんですけど、
私もヘンに戯けたり、素直に言えないときもあるかなって…。】「週刊ビッグコミックスピリッツ 2020年5/11・18号」

と分析している。

さて、そんな「浅草みどり」を演じた齋藤飛鳥について、『映像研には手を出すな!』の関係者から、「齋藤飛鳥の凄みを感じた」という感想が多くが上がっている。

【そのあとの彼女たちってすごいプロフェッショナルなんですね。セリフを覚えてこないなんてことはまずないし、齋藤さんなんてあの膨大なセリフを全部入れてきましたし、本当にプロなんですよ。
―今回はどのタイミングに「腹を括った」と感じましたか?
本人的にあまり言ってほしくない気がするんですけど、齋藤さんが一度「何が作りたいのか一度指示して下さい。私はそれを叶えるので」と言ったことがあって。なので本読みのときに、僕や長野(晋也)くんが一行ごとに「ここの言い回しはこう、どういう声で喋ってほしい、どう動いてほしい」と指示をして、それを齋藤さんが何度も繰り返す。ドラマ全話と映画、ひととおりやったと思います。で、彼女は全部覚えて、撮影のときに完成させて持ってくるんですよ。あんなの初めての経験でしたね。男前すぎますよ。】「映像研には手を出すな!オフィシャルブック」(英勉監督)

【そういう意味で、座長としての齋藤飛鳥の凄みは、役者の皆さんが一番感じていたんじゃないかと思います。主役がこれだけ完璧にやっているんだから、絶対に足を引っ張れないというくらい、彼女の仕上げ方はすごかった。しかも、「家でこれだけやってるんです」みたいなことを絶対に言わないので、それがまた迫力を増すという】「映像研には手を出すな!オフィシャルブック」(プロデューサー・上野裕平)

もちろん、齋藤飛鳥自身は自分でこんな話をするタイプの人間ではないから、こんな風に監督やプロデューサーなど周りの人物の話が出てこなければこういう話は知り得なかった。映画を観た人は分かると思うけど、「浅草みどり」のセリフは膨大で、しかもただ膨大なだけじゃなくて、人生で一度も発する機会がないかもしれないような専門用語がバンバン含まれているような恐ろしいもの。それを撮影前にすべて頭に入れ、さらに喋り方などの指示も完璧に仕上げてくる。もちろんその間、乃木坂46としてのアイドルの仕事もあるし、雑誌のモデルの仕事なんかも普通にあるわけだ。その中でこれをやりきるというのは、本当に凄いものだと思う。

さらに齋藤飛鳥は、現場に台本を持っていかなかったそうだ。

【―齋藤さんは台本を持たずに撮影に臨んでいたようですが
確かに1度も持ってなかったですね
―他の作品でもそうしてました?
いや、持って行ってました。『映像研』は知らない単語や難しいセリフが多くて心配だったけど、なぜかいける気がしたんです。実際、現場で「なんだっけ?」ということはなかったと思います。】「映像研には手を出すな!オフィシャルブック」

凄いもんだなぁ。「なんかいける気がした」としても、一応持って行っちゃいそうだけど、僕なら(笑)。それで実際に完璧だったわけだから、凄まじいですね。

セリフをどう覚えたのかと問われて、「私にもそれが不思議で」と笑った後、こんな風に答えている。

【でも、実は移動中とか乃木坂46の仕事の楽屋とか、家以外では1度も台本を開いていないんです。だけど、本番になるとスラスラとセリフが出てくる。自分でも本当に不思議な感覚でした。きっと、文字としてというよりは、音として覚えていたんだと思います。台本のセリフを暗記するというよりは、全体を1つの写真みたいに記憶していた感じです。】「日経エンタテインメント!2020年6月号」

彼女がこんな風に全力で取り組んだのには、過去の演技経験に対する反省があるらしい。

【これまでお芝居の経験はそこまで多くないし、演技についてあまり深く考えたことがなかったから、『ザンビ』のときは役に対する理解もお芝居に対する熱も、今より低かったと思うんです。撮影が終わってから「もしかしたら、お芝居としてすごく甘かったのでは」と気付いて、『映像研』ではそういう気持ちになりたくないと思って、撮影に臨みました。】「乃木坂46 Special2020」

もちろん、どんな仕事であっても「手を抜く」なんてことはないだろうけど、どうしても熱量に差が出てしまうことはあるだろう。それを意識的に調整していくというのはなかなか大変ではないかと思うのだけど、『映像研には手を出すな!』は、「アイドル・齋藤飛鳥」ではなく「女優・齋藤飛鳥」として座長を務めなければならないという感覚が強かったのだろう。「浅草みどり」という役に出会ったこともそうだが、乃木坂46というグループを離れて(共演者に後輩がいたので完全に離れているわけではないけど)、『あの頃、君を追いかけた』の山田裕貴のような座長たる存在もいない現場で、自分が引っ張っていくしかないという感覚を抱けたこともまた、齋藤飛鳥を覚醒させたのかもしれません。

また『映像研には手を出すな!』は、乃木坂46のメンバーとしての齋藤飛鳥にも影響を及ぼしています。撮影前、後輩である山下美月と梅澤美波とは、あまり接点がなかったという齋藤飛鳥。しかしそのままの関係性では、作品内の仲の良い関係を構築できないと考え、山下美月・梅澤美波との関係性を自ら縮める努力をせねば、と考えたようです。

【3人の中では私だけが先輩だから、現場では自分から距離を縮めていかなくちゃいけないのかなという不安もあって、すごく憂鬱でした(苦笑)】「日経エンタテインメント!2020年6月号」

ここで「憂鬱」という言葉を使ってくる感じが、齋藤飛鳥たる所以という印象ですね。

普段より子どもっぽくしたり、休憩中も喋ったりと、彼女なりに頑張ったお陰もあって、【今はもう仲が良いし、そう伝えているつもりです。】「日経エンタテインメント!2020年6月号」と言うぐらいの関係になりました。また、

【おかげで二人からなめられました(笑)
―その関係性がいま乃木坂46での活動にも活きてますよね
そうですね。いままではプライベートでメンバーと関わることが少なかったし、楽屋でもひとりでいることが多かったので、エピソードトークをする時にメンバーを絡めた話ができなくて。でも、いまなら山と梅のことをしゃべることができます。】「映像研には手を出すな!オフィシャルブック」

と、バラエティ番組でのやり取りにもプラスになる経験になったと言います。

また、気持ちの面でも大きな変化があったそう。

【でも乃木坂46で長くやっても捨てられなかった変な恥じらいや、いらないプライドをこの作品で捨てられたかな】「anan No.2199」

確かに、最近『乃木坂工事中』(テレビ東京)を見ていても、齋藤飛鳥が「恥じらいを捨ててやりきってる感」を強く感じる場面が多い。この記事を書いているタイミングで言うと、「乃木坂46声カワイイ選手権」が行われていて、その中で、「チンピラ風のセリフを可愛く言う」とか「(何故か)ロボットの動きをしてパンを食べる」などの場面で、「全力でやりきることにしたんだなぁ」と感じた。もちろん彼女の中にも恥じらいはあるし、それも感じるけど、「恥ずかしいからやらない」ではなく、「やった上で恥ずかしさをきちんと感じる」という風に切り替えたのだろうな、と思う。

【『映像研』のおかげで、これまでどこかにあった恥じらいみたいなものが取り払えたので、次に演技ができる機会があれば、もっと自信を持って臨めるんじゃないかと思います。今後も、自分が納得できるお芝居ができる人になりたいです。】「日経エンタテインメント!2020年6月号」

演技というのは、オファーがないと始まらないものだけど、齋藤飛鳥は普段のアイドルのフィールドでも、演技に通じる何かを実践していくことが出来る。その強みが今後どのように生かされていくのか、楽しみだ。

一方、『映像研には手を出すな!』への出演は、演技以外の関心を掘り起こすきっかけにもなっている。

【私は元から裏方に興味があったのですが、この作品(※『映像研には手を出すな』)に携わって、誰かと一緒にモノを作る面白さを知れました】「月刊ザテレビジョン 2020年6月号」

【―ちなみに、今は将来の夢は見つかりましたか?
そうですね。私、お芝居の現場で大人たちが照明を替えたり、「アングルこっちにしまーす」とか言いながら、バーっと一斉に動く姿が好きで。あと、もともと文章を書くのも好きなので、今はディレクターさんとか脚本家さんとか、裏方の仕事に興味があります。】「プレイボーイ 2020年10月12日号 no.41」

齋藤飛鳥の場合、容姿だけ見ると、圧倒的に表舞台に生きる人に見える。しかし、彼女自身の感覚としては、以前から話していたことではあるが、裏方に関心があるらしい。乃木坂46を卒業した橋本奈々未も確か、裏方への関心を示していたように思う(現在、何をしているのかは知らないけど)。確かに両者とも、外から見ている感じ、「自分に注目が集まっている状態」に対して違和感を抱くような、そんなタイプの人に見える。

【特に、私は裏方さんのお仕事に興味を持っているからなのか、自分のためというよりも、「作る方が一番気持ちよくなるようにしたい」という意識があって。】「乃木坂46 Special2020」

【―以前のインタビューで言っていた、「自分のため」ではなく「誰かの期待に応えたい」という気持ちが強いのかなと思いました。
そうですね。自分が率先してやりたいと思うことをやったことは数える程度なので。
―「自分のため」ではモチベーションが上がらないですか?
いざやってみると変わらないのかもしれないけど、もともと欲がない人間なので、人のためにやるしかないというか…。逆に自分のために何でもしていいなら、そもそも仕事をやってないかもしれない(笑)。ずっと家にいたいタイプなので。】「OVERTURE 2020年3月号」

「他人のために」という言葉は割と空疎に聞こえがちだけど、齋藤飛鳥の場合、「自分にやりたいことがないから、何かするなら人のためにやるしかない」という、これまた消極的な理由だから、素直に受け入れやすい。【性格的に夢や目標を作れないタイプなので、目の前のことを精一杯やるだけです】「日経エンタテインメント 2020年2月号」とも語っているので、望まれている限り自ら表舞台から姿を消すことは無さそうだけど、裏方の齋藤飛鳥も見てみたい(特に、脚本なんかにチャレンジしてほしい)。

さて、ここまでで、齋藤飛鳥の最近の変化について書いてきたけど、「齋藤飛鳥の変化」と言えば、やはり「人間になれた」というワードが強いと思う。度々齋藤飛鳥は、「乃木坂46に入ったお陰で、自分はちゃんとした人間になれた」という発言をしていて、最近のインタビューでも、

【-今、飛鳥さんは人間になれましたか?
ふふふ(笑)。実は『裸足でSummer』で初センターを務めてからしばらくして、生駒(里奈)ちゃんから「ちょっと人間に近づいてきたね?」と言われたことがあったんです。私、生駒ちゃんに「人間になりたい」なんて一言も話したことがなかったのに…。「これはいい傾向だ!」と思って。でも、生駒ちゃんに「人間になったね」とようやく言ってもらえたのは、つい最近のことですけどね(笑)】「WHITE graph 004」

と発言している。

この「人間になれる」という感覚の背景には、坂口安吾の『白痴』という作品が関係しているという。

【―その時期に読んで心に残ったのが、坂口安吾の『白痴』(新潮社)だそうですね。
はい。この作品の中では登場人物の女性のことを「虫の如き」などと表現していて、周りがその女性を人間以下として観ているように描写されているんです。でも物語が進んで登場人物たちが戦争に直面したとき、彼らの常識や偏見は崩壊し、女性と他の登場人物たちが実は同じ地平に立っていることに気づかされる。その頃は私、自分のことを周りのメンバーよりもすごく下に見ていて。自分に置き換えるのも変な話ですけど、この本を読んで「私も同じ人間になれるんだ」と思えたんです。「今は人間以下のように感じているけど、これからはお姉さんたちと対等のつもりで、ちゃんとやるんだぞ」って自信がついた。】「WHITE graph 004」

『白痴』を読んだのは10代の頃だっただろうけど、その時点で「今は人間以下のように感じているけど」という感覚を持っていて、それが『白痴』を読むことでちょっと払拭された、という経験は、なかなか普通じゃないなぁと思うけど、齋藤飛鳥らしくもあるなと思う。

そもそも、本をたくさん読むきっかけも、乃木坂46への加入だったそうだ。

【―乃木坂46に入る前から、読書は好きでしたか?
本をたくさん読むようになったのは乃木坂46に入ってからです。当時は自分より年上の人と接する機会が断然多かったので、自分の発言や考えに対して子供だなという自覚がありました。また、選抜メンバーに入れなくなっていく中で、「お姉さんメンバーにあって自分にないものってなんだろう」「その差を何かで埋めなきゃ」と思うようになって。でも、そういうことを教えてくれる人が周りにいなかったので、だったら本から学びを得ればいいのかなと思ったんです】「WHITE graph 004」

本当によく思うことだけど、齋藤飛鳥みたいな人が「読書の良さ」みたいなのをもっと発信してくれたらいいなぁ、と思う(今でもしてくれてるとは思うんだけど、もっと強くという意味)。現実に、「本をたくさん読んだことも要因となって、アイドルのトップにたどり着いた」という明確な実例となる人物だなぁ、と思う。それに、齋藤飛鳥の言動にちゃんと触れている人は、彼女の知性や思慮深さみたいなものは感じとっていると思う。そういうものが滲み出てくるのもやはり、読書が背景にあるだろう。知性や思慮深さは、読書以外によっても出せるものだとは思うけど、読書もその選択肢の一つになればいいなと思う。

最後にこんな話。生田絵梨花との話の中で、「1期生として乃木坂46の中にどう存在するか」という話をしているインタビューがあった。

【生田 今や、後輩のほうが多くなっちゃっているから。どっちかって言うと、逆に、居場所が分からなくなったりするというか。乃木坂は乃木坂なんだけど、若い子たちが多くなったりしているから、雰囲気も変わるし。「いかた」を考えるというか。今までは何も考えないで、結構委ねちゃって、甘えて、みたいな感じだったんですけどね。だから今は、すーっと寄っていって、励ましを求めたりしています(笑い)
―誰に近寄るんですか?
生田 結構、誰にでも行きます。あすにも、結構いっちゃいますね。
(中略)
生田 それだけで私の存在意義が生まれるから…(笑い)。結構、そういうことを考えない?
飛鳥 確かに、自分の「いかた」はめっちゃ考えるかも。私はどっちかというと、いくちゃんよりも、3,4期生とか、後輩と一緒の仕事も多かったから、早い段階からずっと考えていたけど、卒コンを経て、「後輩が見る乃木坂」をあらためて意識しちゃうと、どうしても「私も歴代のお姉さん方みたいにならなきゃいけないのかな」みたいに思っちゃうというか】「乃木坂46新聞 2020秋新章突入」

これらの発言が「卒業」を匂わせるものなのかどうか、僕にはよく分からないが、「今までは何も考えずにいられた場所で、自分の「いかた」を考えなければならなくなった」という感覚は、なんとなく分かるような気がする。特に女性アイドルの世界は、メンバーの卒業という形での新陳代謝が必然みたいなところがあって、そういう中にあって「卒業せずに残っている」ということが(本人たちにとって余計な)意味を帯びてくることになるだろう。その難しさについて語っている。

そういう中で齋藤飛鳥は、「群れない飛鳥」というキャラクターのまま溶け込めるようになったという。

【飛鳥 私としては、初期の頃、自分があまり活躍できていなかったという思いがあるので。いくちゃんとかまいやんとかを、やっぱり、ちょっと遠い人として見ちゃっていたから。
生田 へええー。
飛鳥 だからやっぱり、どうしても自分が後ろに下がっちゃう気持ちがあったけど、ここ最近1期生が卒業していって。まいやんだけじゃなくて、みんながそれぞれに「1期生だけで写真撮ろう」とか、そういう機会をちょくちょく設けてくれる。単純にその中にいられるのがうれしいし、もちろん私も1期生だけど、「あ、入れてもらえるんだ」みたいな気持ちも、なくはない。昔の遠慮した感じがあるから。
生田 ちょっと、(お決まりの)くだりみたいになっているよね(笑い)。「飛鳥!飛鳥!」って呼んで、最後にこう、全員で
飛鳥 それは確かにある(笑い)
生田 最初は遠慮しているって感じだったかもしれないけど、今はむしろ、みんなもそれが好きって感じ。「出た、出た」みたいな(笑い)
飛鳥 「また飛鳥いないよ!」って(笑い)
生田 今は、遠慮とかはないよね
飛鳥 今はもう、昔に比べたら全然なくなったし、みんながそれをなくしてくれたので、全然平気】「乃木坂46新聞 2020秋新章突入」

こういう関係性が成り立つということ、そしてそれを普通にエピソードとして出せること。改めてだけれども、こういう部分が、目には見えにくい「乃木坂46というグループの強み」だよなぁ、と思う。そして改めてだけれども、齋藤飛鳥は本当に、まさにここしかないというピンポイントのタイミングで、絶妙な居場所へと足を踏み入れたのだなぁ、と思う。本当に、「乃木坂46」がなかったら、齋藤飛鳥は「人間」ではなかったかもしれない。
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/4083-1a2ba0a4

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
10位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)