黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

「パブリック 図書館の奇跡」を観に行ってきました

メチャクチャ、ハイパー、超良い映画だった!伊坂幸太郎の小説を観てるみたいな感じ。


日本にいるとあまり、「権利を勝ち取る」という場面に出くわすことはない。時代は少しずつ変わってはいるが、日本では(あるいは、アジアでは?)「個人の権利」よりも「集団の統制」の方が重視される場面が多く、何らかの実際的な(つまり、肉体的な痛みや、金銭的な損失)などの実害が生じない場合には、個人が自らの権利の行使に関して争うという場面はそう多くないと思う。

しかし、もともと欧米では歴史的に、個人の権利を闘争によって勝ち取ってきた積み重ねがあるので、そういうことに対する抵抗はないように思うし、僕の目からすると、ちょっとそれは過剰ではないかと思えるような権利の主張もあるように思う。

全体的に言えば、僕自身は、そういう社会には馴染まないな、と思う。日本みたいな、いわゆる「なあなあ」な感じで物事が進んで、全員がちょっとずつ不利益を感じていても、全体としてはまあまあ穏やかである、という方が平和だなぁ、と思ってしまう。それが良いとも思わないし、正解だとも思わないけど、僕自身は、やはり、何か権利の侵害があったとしても、実際的な実害がなければ、「まいっか」でこれからも終わらせるだろう。

その一方で、いつも考えていることは、弱い立場に置かれている人間こそ、権利がきちんと主張できる世の中であってほしい、ということだ。綺麗事を言うようだけど、本当にそう思う。

何故なら、自分がいつ、社会的弱者になるか分からないと思っているからだ。

僕は、現時点では、日常の生活に困窮し、明日をも知れない、という状態にはない。非常にありがたいことだ。しかし、今回のコロナ禍で誰もが実感したことだろうが、いつだって人生に躓くことはある。今回のコロナ禍は、確かに超絶特殊な経験だと思うが、しかし、ちょっと前まで、もしかしたら世間で「勝ち組」と呼ばれていたかもしれない人だって、今回のコロナ禍で状況が一変してしまったなんてことだってありうるだろう。また、コロナに限らずとも、ここ最近は毎年のように水害や地震で日本の各地が大きな被害に遭っている。自分の責任の及ばないところで、いつだって躓く可能性があるということだ。

ホームレスの人や、あるいは生活保護を受給している人に対しては、「探せば仕事はあるのに」とか「怠け者だ」などという批判もあるようだ。確かに、「怠け者」と指摘すべき人も中にはいるだろう。けど僕は、その大半は、頑張ってきたけどちょっとしたきっかけで躓いてしまった人たちだ、と思っている。僕自身も、過去のどこかの時点でホームレスになっていた可能性はあるし、これからの未来のどこかでホームレスになる可能性があると、リアルにイメージすることはある。決して、他人事だとは思えない。ホームレスを他人事だと思っている人は、よほど恵まれた環境で生まれ育ったか、あるいは、人生のリスクを正統に評価できない人だと僕は感じてしまう。

以前、哲学の本を読んでいて、ロールズという人が提唱した「無知のヴェール」という話を知った。これは、ある種の思考実験だ。あなたは今、真っ黒なヴェールを頭に掛けられているとする。何も見えない。そして、自分自身に関するすべての記憶・情報は失われているとしよう。つまり、あなたは男かもしれないし、女かもしれない。日本人かもしれないし、アフリカ人かもしれない。大富豪かもしれないし、ホームレスかもしれない。さて、そんなヴェールを被った人たちが集まって、国のルールを定めることにした。あなたは、どういうルールを提案するだろうか?というものだ。

この思考実験のポイントは、国のルールが決まった後でヴェールが取られ、自分が何者か知ることになる、ということだ。例えばあなたが、「大金持ちを優遇し、貧者をないがしろにする」というルールを提案しようと考えたとしよう。しかし、あなたはそこでこう思うはずだ。ヴェールを取った後、もし自分がホームレスだと分かったら?自分の提案したルールに、自分自身が縛られてしまうことになる。あるいは、「黒人を奴隷にしてもいい」というルールを提案した後、自分が黒人だと判明するかもしれない。

ロールズは、この「無知のヴェール」という思考実験を通じて、このヴェールを被った状態で提案することこそ、誰もが目指すべき正義ではないか、と主張したのだ。自分が何者であると分かったとしても自分が不利益にならないようなルールをみんなで決めれば、誰にとっても平等な世の中になるだろう、と。この話は、なるほど良く出来てるし、面白いなと感じたのでよく覚えている。

ホームレスの問題も同じだ。確かに今僕は、ありがたいことにホームレスではない。しかし、いつだってそうなりうる。格差が開きつつある今の日本のような社会では、ますます多くの人が、そういうリスクと隣り合わせで生きていくことになる。明日は我が身だ。そういう意識があれば、ホームレスとの関わり方もまた変わってくるだろうと思う。

それでも、「自分には関係ない!」と思いたい人に、また別の話をしよう。何かの本で読んだ社会実験の話だ。詳しくは覚えていないが、要するに、社会的弱者を放置することは、結果として社会全体のマイナスになる、というものだった。社会的弱者が増えることによって、社会保障費や犯罪などが増えてしまう。そしてそれに対処するために税金が余計に使われることになる。それよりは、最初から社会的弱者に対する保護や支援などに税金を投入した方が、結果としての出費は抑えられる、という結果が、フランスだったかどこかヨーロッパの国で出た、というのを読んだ記憶がある。

社会的弱者になっても最低限の生活が保障される社会であれば、安心してチャレンジも出来るだろう。社会的弱者になってしまえば、冬の寒さで凍死するかもしれない、なんていう環境では、とてもじゃないが、人生のリスクを冒すのは難しくなる。

内容に入ろうと思います。
シンシナティ公共図書館で職員として働くスチュアートは、毎日なかなか大変だ。「本に救われた」という彼は、図書館で本を扱えているかというと、そんなことはない。カウンターでは日々、ぶっ飛んだ質問が繰り出される。「ジョージ・ワシントンのカラー写真は?(あるわけないだろ、そんなの!)」とか、「実物大の地球儀は?(あるわけないだろ、そんなの!)」みたいなレファレンスに応じなきゃいけない。また、ホームレスへの対処も日常業務だ。特に冬、寒波に襲われるこの地では、朝からホームレスが図書館にやってくる。「開館後は誰でも入れる」という主義の公立図書館なので追い出すことは当然ないが、トラブルやら節度を守らない利用には注意しなくちゃいけない。そんなこんなで、ドタバタと日々が過ぎていく。
そんなスチュアートは、寝耳に水の話を聞かされる。なんと、同僚と共に訴えられている、というのだ。10週間前に、「体臭」を理由にある利用者(ホームレス)を追い出したことに対し、権利侵害で訴えが起こっているという。和解のためには、75万ドル支払えという。このように、「個人の権利」と「他の利用者の権利」の調整に日々苦労している。
シンシナティではいま市長選の真っ只中であり、黒人牧師の人気が圧倒的だが、スチュアートにホームレスの権利侵害の訴えを通告してきた検察官であるデイヴィスもまた候補者の一人である。とはいえ彼の参謀は、”今”選挙を行えば確実に負けます、と告げる。でも、”何か”が起これば逆転できるかもしれない、とも。
刑事であるビルは、署長に休暇を願い出ている。行方知れずになっている息子を探したいというのだ。ここ最近の寒波で、ホームレスの死亡が相次いでいる。ビルは息子をみすみす死なせたくないと考えているが、署長は、必ず休暇は出すからもう少し待ってくれ、と説得している。
さて、そんなある日。いつものように閉館しようとしていると、スチュアートが普段仲良くしているホームレスの一人が、「今日は帰らない。ここを占拠する」と言ってきた。今日の寒波で外に出れば死にかねないし、ホームレス用のシェルターも一杯で空きがまったくない。ここに一晩泊めてくれ、というわけだ。スチュアートは館長に、今日は彼らを泊めてあげましょうと説得を試みるが、逆に館長は、評議会がスチュアートを解雇したがっている、と告げる。館長としてはスチュアートの味方をしたいと思っているから、ここで事を荒立てないでくれ、というのだ。
しかし、なし崩し的にホームレスたちによる占拠は始まってしまう。しかも、この騒ぎに乗じて自らの支持率を上げようと乗り込んできたデイヴィスが、「武器を持っているかもしれない精神異常者による立てこもり事件」と事実を歪曲した話をメディアにしてしまい…。
というような話です。

凄く良い映画だったなぁ。冒頭で、伊坂幸太郎的って書いたけど、それは、「どことなく非現実的」でありながら「どことなく現実味がある」みたいなバランス感に対して感じたのだろうと思います。メインは、図書館の立てこもりなのだけど、同時並行でいくつかの物語が進行する。そしてそれらが一つに収斂していく。そういう、「よく出来た感」みたいなところは、ちょっと非現実的だと感じさせる。でもその一方で、その「よく出来た感」を抱かせる物語世界に生きる人物たちは、この上なくリアルな感じがするのだ。ホームレスに押し切られるようにして占拠の首謀者的な存在になってしまうスチュアートを始め、ホームレスたちのリーダー的存在や、文芸セクションに異動したがっていた同僚、前日に仲良くなったマンションの隣人、図書館の館長など、凄く人間味を感じる人物がたくさんいました。彼らはなんというのか、ちょっとズレている。ステレオタイプ的ではない、という表現は適切ではないかもしれないけど、目の前の状況に対して、「一般的にはこう行動するだろう」というものを外してくる。そして、その絶妙な外し方が、凄く人間っぽい感じがするのだ。理屈に合わないような行動をしているように見えるのだけど、その実、真っ当さを感じさせる、という意味で、凄く愛らしい感じがする。

そして、彼らと対比するようにして、非常にステレオタイプ的な人物が出てくる。市長を目指すデイヴィスや、この占拠事件を報じる自己顕示欲の強い女性キャスターなどだ。彼らの行動は、非常に分かりやすい。そして、そういう分かりやすい行動を取る人物が、この映画の中ではダメな描かれ方をされる。僕がこの映画で特に好きなのも、そういう一場面だ。色々あってくだんの女性キャスターが、電話でのスチュアートの単独インタビューを行うのだけど、その生放送で彼女は、恥をさらした意識のないままに恥をさらすことになる。これは、実に痛快な場面だった。スチュアートは、彼女の意図を理解し、彼女と正面衝突することなく、彼女の意図とはまったく正反対の主張を、国民に伝えることに成功したのだ。図書館を舞台にした映画らしい、絶妙な場面だったと思う。

ホームレスたちが取った手段は、手段だけ捉えれば褒められたものじゃない。どんな理由があれ、公共図書館を“占拠”すべきではないだろう。しかし一方で、彼らは厳密には誰にも迷惑を掛けていないといえる。もちろん、ルールは破っているのだが、閉館後の公共図書館にホームレスが泊まっていたところで、市民に何か不都合があるわけじゃない。それより、図書館の本に落書きをする人間の方がよっぽど不利益をもたらしているだろう。ホームレスたちはこの“占拠”を「平和的デモ」と呼ぶが、たしかにそうだなと思う。結果的に大事になったが、それは、大事にした人間にこそ非がある、と感じさせるものだった。

僕は、基本的には、ルールは守るべきだと思っている。しかし、相応しくないルールが存在することも時にはある。そうであったとしても、ルールを改正させる行動を取るべきだという意見は当然あるだろうし、理解できるけど、ルールが変わるまでには時間が掛かるし、その間ずっとそのルールに従っていたら、命に関わる問題になるとしたら、ルールが破られることも仕方ないと感じる。特に社会的弱者は、ルールを変えるための力を持っていなかったり、その方法を知らなかったりする。知識不足や勉強不足は指摘されて当然かもしれないが、やはり僕は、そもそも「ルール」というものが、社会的弱者を保護するようなものであってほしい、と思ってしまう。社会的強者が自分の立場を守るために利用する「ルール」なんて、どうでもいい(と言ってしまうと語弊はあるが、気分的にはそうだ)。

この映画を貫いている「公共図書館としての使命」という思想が、非常に良かった。図書館員たちは、折りに触れ、「公共図書館としてどうあるべきか」を自問し、自らの行動の指針とする。誰もが「知る権利」を持っているという、公共図書館の本来的な役割だけではなく、「公共」として何が出来るか、何をすべきか、という発想が、図書館員に通底している点が、清々しい。映画のタイトルが「パブリック」となっているのも、まさにその「公共」という部分を核にしているからこそだろうと思う。

【私は、市民の情報の自由のために生涯を捧げてきた。あんたらチンピラのために戦場にされてたまるか!】

痛快な場面だったなぁ。

映画館では、時折笑い声が起こるほど、面白い場面も多々ある映画だったが、それでもラストの展開はなかなか壮観だった。”占拠”が始まってから、これどうやって終わらせるんだろうな、と思っていたけど、最高の終わらせ方だったと思う。

こういう映画を観ると、いつも思う。僕も、何かあった時、スチュアートのような行動を取れる人間でありたいな、と。そして、絶対に、デイヴィス側にはなるいまい、と。

「パブリック 図書館の奇跡」を観に行ってきました
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/4013-9f52768d

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
7位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

最新記事

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)