黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

タイタン(野崎まど)

とんでもない作品だった。
野崎まどは凄いと「know」の時に思っていたけど、僕が思っている以上の天才だった。
読みながらずっと、「よくこんなこと考えたな」という言葉が、脳内から離れなかった。



【僕より以前から存在して、僕はずっとそれをやっていて、そしてこれからもやっていきます。つまり仕事とは僕のようなもので、僕は仕事です】

「働きたくないなぁ」と、僕も思うことがあるし、そう言っている人の発言を耳にすることもある。確かに、そう思う。「働きたくないなぁ」と思う。そう思う自分は間違いなくいるし、そう思う感覚は100%理解できる。

でも、ふと自分がそう思ってしまった時、あるいは、誰かがそう言っているのも耳にした時、同時に僕はこうも思う。

「でも、仕事をしてなかったら、ヒマだよなぁ」

本書では「仕事」についてかなり深堀りされ、その中で、「どういうものが『仕事』と呼ばれるのがふさわしいか」という議論もある。ただ、そういう話を含めると面倒なので、ここでは「生活のためのお金を得るために働くこと」を「仕事」として話を進めよう。つまり、宝くじに当たるなどして「生活のためのお金を稼ぐ必要がない」という状況について考える、ということだ。

僕は何をするだろうか、と思う。

普段自分がしていることを思い浮かべてみると、色んなことが、結局仕事と絡んでくる。「仕事そのもの」の他にも、「仕事そのものではないが、仕事のためにやっていること」もある。例えば、ビジネス書を読んで自分の見識を広げたり知識を得たりすることは、仕事そのものではないが仕事のためにやっていることだろう。そういうイメージだ。「仕事そのもの」がなくなれば、同時に「仕事そのものではないが、仕事のためにやっていること」も無くなる。

例えば僕は日々、本を読んで、読んだ感想を文章にしている。これは「仕事そのもの」ではない。僕は書評家ではないし、本を読むことそのものや、読んだ感想を書くことそのものが仕事なわけではない。しかし一方で、本を読み、その感想を文章にする、ということを日々やらないと、僕自身の仕事は成立しない。まったく成立しないとは言わないが、僕が「その他大勢の一人」としてではなく、何らかの立場を取って社会と関わっていくために、本を読み感想を書くことは必要だ。

じゃあ、「仕事」をしなくなったら、僕はどうするだろうか?

本は読むかもしれない。本の感想も書くかもしれない。でも、それまでと同じ熱量で、同じぐらいの努力をそれに費やせるかというと、無理な気もする。今、「仕事にも関わるから」という理由で本を読み感想を書くのを「100」とすると、「仕事」をしなくなった後で本を読み感想を書くのは「50」ぐらいでしか出来ないかもしれない。今僕が続けている、本を読み感想を書くという行為は、一般の人からしたらかなりハードなことをしていると思う。僕は、月に20冊ぐらいの本を読み、それらについて毎回5000字程度の感想を書いている。これを毎月毎月、ずっと続けている。正直、かなり大変だ。でももうこんなことを15年も続けている。これが「仕事そのもの」であっても続かなかったと思うが、逆に「100%趣味」でも15年も続かなかったかもしれない。これをやり続けることが、仕事にも関わってくるのだ、という意識が常に頭の片隅にあったからこそ、15年間も続けてこれているんだと思う。

【まあ何をするとしても好きなようにやればいい。少しでも不安ならやめればいい。差し迫るものも、追ってくるものも、何もない】

本書では、「仕事」というものが社会からほぼ消え去った世界が描かれる。そういう社会で生きる主人公・内匠成果の感覚だ。「仕事」から解放されているのだから、何をしても何をしなくてもいい。やってみて、何か「不快」だったらすぐに止めればいい。彼女はそう考えている。そしてそれは、「仕事」がなくなった時代に生きる一般的な人の感覚だ。

まあそうだろうと思う。人間は、ある程度の強制力があるから、大変なことでも続けられる。本当に好きで好きで仕方のないことは、誰に止められてもやり続けるだろうが、そういうものに出会えることはそう多くない。「熱中」という状態になれないのであれば、続けるためには強制力が必要だ。

「仕事」というのは、「熱中」という状態になれない僕にとって、そういう強制力を与えてくれる存在だ。

だから、「仕事」をしなくていいとなれば、今みたいな形で本を読んだり感想を書いたりすることはなくなるんじゃないかと思う。だから、「仕事」をしなくなり、強制力から解放された僕が一体何をするのか、あまりイメージできない。

誰もが迎えうる「定年後」というのが、まさにそういう状態だと言えるだろう。僕は、50歳ぐらいには死んでいるのが理想なので、定年後というものがない想定をしているのだけど、まあきっとあるだろう。人間、そう簡単に死なない。もちろん、僕が生きている間に「定年後」という概念はなくなるかもしれない。既に「定年」の年齢は後ろ倒しにされつつある。年金ももらえないだろう。僕らは、死ぬまで働き続ける世代になるかもしれない。それが良いことなのか悪いことなのかさえ、もはやよく分からなくなりつつある。

【<仕事>。
興味がないといえば嘘になる。これまで一度も触れたことがなかった世界。ほとんど全ての人が知らないまま死んでいく社会のブラックボックス。】

「AIが人間の仕事を奪う」という言い方と、「仕事なんかAIにやらせればいい」という言い方が表裏一体なのか、あるいはまったく別のベクトルを向いているのか、僕には正直良くわからない。AIが人類の生活をどう変えていくのかは、誰も予測が出来ないだろう。「インターネット」というものが世の中に出始めた頃、今日のようなネット社会を予見出来た人がどれだけいるか、ということを考えた時、AIがもたらす変化もまったくの予測不能に僕には感じられる。

だから、本書で描かれる未来も、あり得る選択肢の一つであるという実感は持てる。AIの登場が、人類に最も良い形で貢献するという、考えうる限り最も理想的な世界が、ここでは描かれる。

しかし、そんな理想的な世界にも落とし穴があり得る、ということを、本書で野崎まどは指摘する。「AIの登場が人類を危機に陥れる」という物語は、古今東西様々に描かれているだろう。しかし本書では、AIが最も理想的な形で人類社会に実装された場合に起こりうる危機が想像されている。

本書を読むまで、本書で野崎まどが指摘する”危機”について、頭の中に一瞬足りとも浮かんだことはなかった。しかし本書を読んだ今、起こりうる”危機”だと感じる。いや、もっと強い言葉を使える。起こらなければおかしい”危機”だとさえ感じられる。

【仕事がしたいのかしたくないのか判断できないのは、仕事についての認知が不足しているから。貴方は”仕事とはなんなのか”を解っているつもりで解っていないの】

「仕事」という概念が150年前から徐々に無くなっていった世界で、この発言が成されるのは、まあ理解できる。しかしじゃあ、「仕事」という概念に人生の多くを囚われている我々は、きちんと理解しているといえるだろうか?「仕事とはなんなのか」を解っているだろうか?

「仕事」という概念が失われた世界で「仕事」について議論をして、「仕事」の本質が理解できるのか、と思うかもしれない。ただ、「仕事」という概念にどっぷり浸かりながら「仕事」について考えることは、地球上にいながらにして地球の形を知ろうとすることに近いかもしれない。今では僕らは、宇宙から見た地球の姿を知っているが、まだ人類が宇宙に行けなかった時代は、地球の形がどうなっているのかについて様々な議論があった。

近すぎると、理解できないことがある。

【異性を性的にからかうような頭のおかしい男とも、仕事というだけで我慢して付き合わなければいけないというのか。職場とはつまり地獄という意味なのか。】

【自分より経験豊かな年長者に敬意を払えと言うならまだわからないでもないが、ここで知った<上司>とかいう機能上のポジションに敬意まで払ってやる必要はない。人間的に評価できない相手ならばなおさらだ】

【そう。仕事には期限がある】

【しかしいくら識別に便利とはいえ別々の人間が一様に同じ服を着るというのは多少違和感がある】

近くにいると当たり前すぎて疑問にも感じられないことが、離れてみると分かることがある。

「『仕事』というものについて考える物語」という捉え方をすると、その実現のために大層な世界観を創り上げたものだ、と感じる。しかし、逆にいえば、それぐらい御大層な世界観の創出をして飛躍しなければ、あまりにも日常すぎる「仕事」について、客観的に考えることは難しいのかもしれない。

純粋に、「物語」として面白い。面白すぎるほどだ。しかし、「『仕事』というものについて考える物語」という意味でも、本書はずば抜けている。「仕事」について考えるためにSFエンタメ小説を読むというのも奇妙な話ではあるが、本書は、それが成立してしまう作品だ。

内容に入ろうと思います。
舞台は2205年。2048年に、世界標準AIフォーマットとして発表された『タイタン』が世の中を一変し、現在では「仕事」と呼ばれるものはほぼ無くなっている。生活のためのライフラインも、家の建造も、ショッピングやその配送も、恋人探しのマッチングも、すべて『タイタン』がやってくれる。生活のありとあらゆる部分を『タイタン』がサポートしてくれ、地球上に125億人にいる人類は、世界中の12の知能拠点に配された『タイタン』のサポートのお陰で、趣味ややりたいことだけをして暮らしていけるようになった。
内匠成果も、そんな恩恵を受け、趣味で心理学の研究をしている人物だ。【大昔ならいざしらず、現代で心が不健康な人を見つける方が難しい】という時代に心理学の研究などほとんど意味はないが、しかし趣味なのだから問題はない。やりたいことには手を出し、ちょっとでも不安があればやらない。何をしてもいいし、何をしなくてもいい。生まれた時からそういう環境で生活をしてきた彼女は、その状況になんの不満も覚えていなかった。
ある日彼女は、想定もしなかった展開の末に、ナレインという人物から「仕事」を依頼された。
そう、この世界にもまだ若干の「仕事」は残っており、その数少ない労働者は「就労者」と呼ばれている。ナレインは「就労者」であり、そのナレインから、強引すぎる形で、とあるプロジェクトに引き入れられたのだ。
それは、一言で説明するなら「カウンセリング」だ。趣味で心理学を研究している彼女に、ピッタリの「仕事」と言えなくもない。
しかし、”一言で”という制約を外すと、それはとても「カウンセリング」などという枠組みに収まるような「仕事」ではなかった。
彼女は期せずして、今までまったく関わったことのなかった「仕事」に従事することになり、さらに、人類の明暗を握る存在になってしまう…。
というような話です。

冒頭でも書きましたけど、凄すぎました。今までさんざん色んな小説を読んできて、それらを同じ土俵に上げて語ることは無理だと思いつついうと、これまで読んだ小説の中でもトップクラスに面白かった作品でした。

これまでももちろん、AIが登場する作品や、近未来を描いた作品を読んできましたけど、本書ほど、「リアルさ」と「非リアルさ」を同時に感じさせる作品はなかなかないだろうと思います。

「リアルさ」については、始めの方でつらつらと書いた「仕事」の話と関係してきます。本書は「AIのお陰で人類が仕事をしなくて良くなった世界」を描いているにも関わらず、「仕事とは何か?」という議論がかなり深くなされます。そしてその議論と結論は、2020年現在働いている人、そしてこれから働く人に、直結するものだと感じさせられました。この小説で描かれているのは、現在とはまったくかけ離れている世界です。設定だけであれば、2020年現在と地続きであるようには感じられないほど、まったく違う世界です。しかし、そんな世界で語られる「仕事」の話が、まさに2020年現在の「仕事」を照射する。こんなことが出来るんだ、と感激しました。この物語の構成は、メチャクチャアクロバティックだなと思いました。

そして「非リアルさ」。こちらについては、詳しくは書きませんが、2章の終盤から最後まで、「いやいや、ンなアホな!」というような展開が連続します。ホントに、正直なところ、「バカバカしくて笑っちゃう」というレベルの、あまりの「非リアルさ」が展開されます。特に2章の最後の辺り、「嘘でしょ!」っていう展開は、さすがに衝撃でした。

ただ、映像的には「バカバカしい」にもほどがあるような描写がなされるんですけど、ただ、世界観や『タイタン』の設定が非常に絶妙に精緻になされるので、「バカバカしい」って感じるんだけど、でも「冷静に考えると、まあそれしかないか」という、妙な納得感もあります。「バカバカしい」んだけど、一笑に付して終わるわけにもいかないという感じもあるわけです。

この「リアルさ」と「非リアルさ」の表出と融合は、驚きました。「リアルさ」も「非リアルさ」も、どちらも振り切った極北のような感じになっていて、両極端である「リアルさ」と「非リアルさ」がきちんと混じり合っているのがまず素晴らしかったと思います。

「リアルさ」をもたらしている「仕事」に関する議論は、本書の中で明確な結論を持ちます。その結論はここでは書きませんが、この世界観の中で、内匠と彼が長い議論を続けた果てに行き着いた結論だからこそ受け入れられる結論だ、と感じました。例えば、本書に登場する「仕事」に関する議論の結論部分だけポンと聞かされたら、「ふーん。で?」って感じになると思います。しかしそうではなく、この壮大な物語すべてを使って行き着く結論だからこその納得感がある。

さらに、その「仕事」の議論の延長に、物語全体のラストがある。このラストについてもここでは触れないが、これも凄かった。確かに、「AI」というものについて、論理に論理を重ねて考え続ければ、こういうラストに行き着ける可能性はある。しかし、僕の頭の中からは、この発想が生まれ出ることはなかっただろうな、と思う。それぐらい、ハッとさせられる部分だった。さらに、「言われてみれば確かにね!」とみんなが思うだろう結論だと思うし、「なるほど、そんなところに”危機”の可能性があったのか」と思い知らされる感じがした。

「仕事」に関する議論や、『タイタン』がどうなるのかみたいな部分についてあまり具体的に書きたくないので、内容について触れられることが少ないが、本書を読んでいて面白かったのが、「人類の幸福を願い続けて動き続けるAIがいる世界で、人類はどうなるのか?」という部分に関する著者なりの考察でした。

【混乱している様子もなければ憤りを見せるような人も見当たらない。その気持ちが私には容易に想像できた。
彼らは”待っている”。
この後どうすればいいのか、どうしたら最善なのか、それをタイタンが教えてくれるのを待っている。そして待っている間はほとんど何も考えていない。なぜならそれが最も効率的な生き方だからだ。
私達は多くの<判断>をタイタンにアウトソーシングしてきた。】

【そもそも大半の人は”綺麗な写真”しか撮らないのだ。その「何が綺麗か」という判断すらも私達はタイタンにアウトソーシングしてしまっている。】

どちらも、「タイタンにアウトソーシングしている」という話なのだけど、意味合いは大きく変わると思っています。

前者のアウトソーシングは、”正しい”と感じます。ここでの正しさというのは「最適解」という意味です。これは、ちょっとした(とは言えないレベルだけど)トラブルが起こった際の人々の様子を描写した場面だけど、トラブルが起こった際には、「最適解」が存在すると信じることは”正しい”と思う。そして、その「最適解」にたどり着くのに最も適した能力を持つのは『タイタン』なのだから、その判断に身を任せるという行動は”正しい”と感じる。

しかし後者についてはどうだろうか。どんな写真が綺麗かということには、確かに理論上の「最適解」はあるでしょう。写真の学校などで、「こういう時はこう撮るのが最善だ」と教えるというような意味での「最適解」は、きっと存在するのだろうと思います。しかし、結局のところ、「何が綺麗か」の判断は、個々の感性に委ねられているはずです。理論上の「最適解」より、個々の感性の方が優位に来るはずだ、と僕は感じます。だからこそ、「何が綺麗か」という判断をアウトソーシングする行動を”正しい”とは感じられない。

しかし実際のところ、『タイタン』のようなAIが生まれたら、その両者を区別することなく、どちらもAIの判断にアウトソーシングしてしまうようになるんだろうな、とも一方では感じます。そして、自分がそうなってしまうのを、嫌だなと感じます。

まあ、僕が死ぬまでの間に、本書で描像されている世界が到来することはまずないでしょう。しかし、少しずつではあるだろうけど、何らかの形でAIの判断が社会の各所に入り込んではくるでしょう。そうなった時、個人の感性より優位である「最適解」の判断はAIにアウトソーシングし、理論上の「最適解」より個人の感性が優位になる場合は自分で判断する、という使い分けがきちんと出来るかどうか。「自信がある」とは、ちょっと言えないだろうなぁ、と感じました。

もう一つ。これも詳しくは書けないのだけど、ナレインの人生的背景は、本書全体のテーマをまた別の角度から貫くような部分があって、非常に興味深いと感じました。彼が言う、【唯一俺の価値観を認めてくれたのが、タイタンだ】という言葉は、非常に深く、示唆的です。これは、「正しさ」というものとも関わってくるでしょう。AIは「正しい判断」をすると思われているでしょうが、じゃあその「正しさ」とは一体何なのか、ということは、最後まで問題になるでしょう。ナレインの主張は、「正しさ」というものを考える時のノイズになる。とはいえ、はっきりとこれを「ノイズ」と言ってしまっていいのかもちょっと難しい。そんな、ある種のスパイス的な存在として、ナレインはいい味出してるなぁ、という感じがしました。

あと、読んでてずっと感じてたことは、この物語、アニメで見たいなぁ、ということ。絵になるシーンが、メチャクチャたくさんあるんだよなぁ。

とにかく、凄まじい作品でした!

野崎まど「タイタン」

関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3957-952da363

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
10位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)