黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

赤ちゃんをわが子として育てる方を求む(石井光太)

読んでる間、ずっと泣いてた。
こんなん、泣くしかない。


僕は、社会で生きている以上、法律は守るしかない、と思っている。
人間の価値観は皆違うのだから、「法律」という特定の「正しさ」を「みんなが守る」という合意がなければ、社会は成立しないと思うからだ。

だからこそ、法律よりも自らの信念を優先する人間を尊敬する。

信念がないまま法律を破るのはただの愚者だが、これが正しいんだ、という信念を持って法律に立ち向かっていけるのは、本物の勇者だ。

【問題があるのは、正しいことが違法になっている法律の方なんだ】

こういう物語を読む時、いつも思い出すことがある。アメリカの奴隷制度のことだ。アメリカ南部で奴隷制度が存在していた当時、「奴隷制度」は「完璧に正しいこと」だった。疑問を抱いていた人がゼロだったとは思わないが、「奴隷はいて当たり前」「奴隷を人間扱いしないのは当たり前」という感覚が「当たり前」だった。現代の感覚で言えば、その当時のアメリカ南部の人々は、頭がイカれているように感じられる。よくもそんな人間とは思わないような所業が出来たな、と。しかし、僕が当時のアメリカ南部に生きていれば、奴隷制度に疑問を抱かなかった可能性は十分にある。その時、大多数の人が「当たり前だ」と思っていることには、そもそも違和感を覚えることが難しい。

現在中絶は、妊娠22週まで認められるが、かつては7ヶ月(28週)までOKとされていたという。7ヶ月での中絶手術の場合、大体の場合死産となるが、生命力が強い子供だと、稀に息をして産声を上げてしまうことがあるという。

この場合、一体どうするか?

普通に考えれば、中絶に失敗し生まれてきたのだから、出生届を出さなければならない。しかし、それは大いに問題がある。中絶を望む者は、戸籍に出産の記録が残ってしまうことだけは避けたいと思っている。だからこその中絶でもあるのだ。それなのに、生まれてきてしまったから出生届を出します、と言って納得するはずもない。しかも、7ヶ月の未熟児で生まれてきてしまった場合、救命措置をしてもどのみち数日から数週間しか生きられない。

ではどうするのか。医師が殺すのだ。

【昇の脳裏に過ったのは、かつて大学病院や市立病院で先輩たちから聞いた話だった。このような場合、開業医は誰にも言わずに赤ん坊の顔に濡れた手拭いを被せたり、浴槽に沈めたりすることで葬り去っているという。医師が密室で子供の息を止め、”中絶”として手続きを済ませば、外部に知られることはない。万が一の場合、開業医にはそれができるからこそ、患者の方も信頼してやってくる】

これが、当たり前の時代があったのだ。

【後で知ったことだが、これは石巻だけでなく、日本全国の開業医が暗黙の了解のうちに行っていることだった。昭和三十五年には百万件以上の中絶手術が行われているが、そのうちの一定数は七ヶ月のそれであり、少なくない赤ん坊が医師の手によって命を奪われているのだ】

マジか、と思った。

この「マジか」は、ちょっと説明したい。僕は、「命を大切に」みたいな感覚があまりない。仮に延命処置をしても数日から数週間で亡くなってしまう命であるとするならば、早いか遅いかの違いだけだ、と思ってしまう。だから、生まれた赤ん坊が「殺されている」と知っても、「赤ん坊が可哀相だ」と感じているわけではない。

僕は、医師に対して「マジか」と感じている。よく、それを続けられるな、と。

確かに僕のようにドライな人間は世の中にいるだろうし、そもそも中絶手術そのものが生命を奪う行為だ。本書の主人公である菊田昇も、

【慣れることはねえけど、誰かがやらねばならねえ仕事なんだ。】

と語っている。そういう環境の中で、「生命未満の命を奪うこと」への感覚は麻痺するかもしれないし、「七ヶ月を過ぎて中絶に失敗して生まれてきてしまった赤ん坊」の命を奪うことがその延長線上に感じられるかもしれない。僕も、この当時産婦人科医をしていたら、「仕方ない」と思って、自分の心を殺して命を殺めていたかもしれない。

そこまでは僕も理解できる。

しかし、石巻の産婦人科医たちは、菊田昇がまずは医師会に、その後社会に問題を投げかけた後、菊田昇の敵になる。菊田昇がしていることに、賛同しないのだ。

そのことに僕は驚いた。

【お言葉ですが、この問題はここにいる全員に共通のもののはずです!今日俺が話したのは、俺個人の問題を解決したいのとは別に、産婦人科医が直面してきた不条理を正面から議論したかったからです。今の法律がつづく以上、俺たち産婦人科医は中絶に失敗して生まれて来てしまった赤ん坊をどうするかという難題を突きつけられます。問題を先送りしても何も変わらねえです!】

菊田は医師たちの前でこう訴え掛けるが、彼らには微塵も響かない。そして、そのことに僕は驚愕する。

自ら法律に楯突くことが出来なくてもそれは仕方ない。自ら声を上げることが出来なくてもそれは仕方ない。人間は誰しもがそんなに強いわけじゃない。でも、自分がしていることに仮に罪悪感を抱いているのであれば、自分の代わりに声を上げてくれた人の敵になるはずがない。

そして、彼らが菊田昇の敵になったという事実から逆に考えて、彼らは、赤ん坊を殺すことに罪悪感を抱いていなかった、と考えるしかないだろう。

そのことに僕は驚いた。それは、間違っていると思った。

もちろん、医師会の側にも事情があっただろうし、個人としては菊田に賛同していても組織の一員としては助けてやれなかったという人もいるだろう。

それでも僕は、そっち側の人間にはなりたくない。自分の立場が危うくなっても、法律よりも信念を優先している人間の側に立ちたいと思う。

【どんなことがあっても、私をここで働かせてください。優生保護法指定医師が取り消されても、何ヶ月かの業務停止処分が下されても、ここにいさせてください。私は、特例法が成立した時に、一緒になってよくがんばったって喜びたいんです。どんな困難があっても、先生が医院をつづけて、私たちを雇ってくれると約束していただけるのなら、全力でお力になります】

【お給料のことを心配されているなら、どうでもいいんです。数ヶ月ならなんとかやっていけます】

【先生!私も婦長と同じ意見です!業務停止になっても医院にいさせてください。再開まで待てばいいだけですから!】

【私も同じです。看護学校にいた時、私は菊田医院にいることを同級生にからかわれました。でも、私はその度に『赤ちゃんの命を助けることのどこがいけねぇんだ』って反発してきました。ここに勤めてからもずっとそうです】

まったく。菊田昇も、彼の周りにいる人間も、みんな良い人で困る。
僕を泣かせないでほしい。

内容に入ろうと思います。
宮城県の港町である石巻の歓楽街には、遊郭が軒を連ねていた。その内の一軒が金亀荘だ。菊田ツウという女性が、遊郭の経営なんかまったく分からないまま買い取り、蟻地獄のような客引きで繁盛させた有名店だ。
菊田昇は、そんなツウの5人目の子供として生を受けた。菊田家は貧しく、長男・長女・次男・三男は皆成績優秀で級長を務めていたのに、お金がなく進学させてやれなかった。その後ろめたさからツウは遊郭を買い取り、昇だけでも進学させてやりたいと願っていたのだ。
ツウは、18歳未満でやってきた女の子を家政婦として働かせていて、仕事が忙しくて家に帰ってこないツウの代わりに昇を育てたのは、アヤとカヤの姉妹だ。昇が小学生の頃、アヤは既に水揚げされていたが、カヤはまだ17歳で家政婦の仕事だけしていた。昇は6歳ぐらいまでは「アヤ姉」「カヤ姉」と慕っていたが、次第に遊郭の仕事を理解するようになったことで少しずつ距離を置くようになっていった。
遊郭の出身であること、そしてアヤ・カヤとの幼き頃の関わり。これが、菊田昇が「特別養子縁組」の特例法の制定にこぎつける上で大きな動機となる。
やがて彼は、兄弟の中で一番出来は悪かったが、東北帝国大学医学専門部を卒業し、産婦人科医となった。感情を包み隠さず喜んだり泣いたりする熱血医として妊婦らから慕われ、看護婦から「いつ寝たり食べたりしているのか?仕事ばかりしすぎている」と注意される始末だ。結婚してからも、患者の方が優先と、家に帰らない菊田を、医師や看護婦の方が心配する始末だった。
やがて彼は、いくつかのきっかけを経て石巻に産婦人科医院を開業する。産婦人科の開業医は、中絶手術が経営の柱にならざるを得ない。折しもベビーブームもあり、菊田も中絶手術を手掛けることになる。
しかしそうした中、ついに恐れていたことが起きてしまった。妊娠七ヶ月の中絶手術で、子供が息をして産声を上げてしまった。菊田は、やむにやまれずその赤ん坊の命を奪ったが、二度とこんなことはしたくないとあることを考える。
不妊治療をしている夫婦に子供をあげることにしたのだ。生みの親の戸籍を汚さないで、子供を殺さない方法はこれしかなかった。もちろんそのためには、出生届を偽造するなどするしかない。明確に犯罪だ。しかし、菊田の想いを汲んだ医院の面々は、協力を申し出る。その活動は順調に生き、多くの望まれない子供を、子供を望む夫婦の元へとつなぐことができた。
しかし、この斡旋には準備が必要な上に、ひと目につかないようにやるしかないから、常に順調に行くわけではなかった。ある時、生まれてしまった子供の引き取り手がどうしても見つからない時、菊田は思った。
新聞に、広告を出してみたらどうだろうか?
昭和48年4月17日。地元の朝刊二紙に次のような広告が載った。

【”急告”
生まれたばかりの男の赤ちゃんをわが子と
して育てる方を求む 菊田産婦人科】

そう、まさに本書のタイトル通りの広告である。
この広告を一つのきっかけとして、菊田昇は世論を大きく揺るがすこととなる…。
というような話です。

いや、ホントに、凄かった。
凄すぎた。
こんな凄い男がいたなんて、知らなかった。

もちろん、彼一人だけで国を動かせたわけではない。
本書に描かれているだけでも数多くの助けがあったし、描かれてはいない無数の協力というのは確実にあっただろうと思う。
しかし、確実に言えることは、菊田昇の声と行動がなければ、「特別養子縁組」の制度は未だに生まれていなかっただろう、ということだ。
それほどまでに、菊田への反発は大きかった。
それも、菊田が最も共闘したかっただろう医師たち、産婦人科医たちが、敵に回ってしまった。
そのせいで菊田は、かなり綱渡りの闘いを強いられることになった。
あとほんの少し何かが早かったり遅かったりしたら、流れが大きく変わって、法案は実現しなかったかもしれない。
ホントに、そんなギリギリの状況を想像させる展開だ。

菊田昇は、何故これほど強大な存在、つまり「国」を相手取って闘うなどという大それたことが出来たのだろうか。
もちろん、産婦人科医として経験してきた様々な違和感や納得行かないことが直接の理由にはなるだろう。
しかし、その背景には間違いなく、「遊郭で生まれ育った」という過去が絡んでくる。
もし彼が遊郭で育っておらず、アヤ・カヤとも出会うこともなかったら、国と闘うなんていう大それたことは続けられなかったかもしれないし、そもそも医者になっていなかったかもしれない。

【中絶はしかたねえと思ってる。でも、違法行為をしてまで生まれてきた赤ん坊を殺すのはどうかな。アヤ姉だったら許してくれっかな。それとも、やめれって言うかな。そう考えると、俺は自分が恥ずかしくねえ生き方をしてるって言い切れる自信がねえのさ】

350ページほどある本書の、最初の70ページほどを、遊郭時代の昇の話に費やしている。アヤ姉・カヤ姉とどういう関わりがあったのか。ツウはどのように遊郭経営をしていたのか。遊郭育ちという自分の境遇に対してどう感じていたのか。それらは間違いなく、「菊田昇」という人間の根幹を成している。

例えば、「どうしてそんなに仕事をしているのか?」と婦長に注意された菊田は、こんな風に答えている。

【俺の実家は遊郭だったんだ。そこの女性たちはみな、妊娠しても産むことが許されねえで、命の危険のある堕胎を何度もしてた。波乱でもおめでとうなんて言えねえし、本人も産みてえなんて言えねがった。初めから赤ん坊は殺されねばならなかった。それが当たり前だった。でも、俺はこの病院に来て初めて、家族に喜ばれるお産つうものを直に見た。(中略)悲しいだけの印象があった妊娠が、こんなにも大きな幸せを産むのかと驚いたよ】

彼が圧倒的な正しさで信念を貫き通すことができたのは、圧倒的に間違っている環境に長く身を置いていたからなのだ。

さらに、その「圧倒的に間違っている環境」が、自分を大学まで行かせてくれたのだ、という負い目が彼にはある。また、その「圧倒的に間違っている環境」の「諸悪の根源」に見えていた母親・ツウの、昇には見えていなかった側面を、折りに触れ兄弟たちから聞くことで、母親に対して抱いていた複雑な怒りやわだかまりが少しずつ解けていったことが、石巻で産婦人科を開業するという決断の背景にある。そもそも菊田が医師を目指したのも、遊郭という「圧倒的に間違っている環境」で生まれ育ったことにある。

すべてが繋がっているのだ。

普通なら、国を相手に個人が闘うことなど出来ない。もちろん彼には多くの仲間がいた。

【それに、昇が負けるってことは、地元に支える人間がいねがたってことだ。そんなことになりゃ、石巻の恥だ。石巻のためにも手伝わせてけろ】

様々な形で支援を申し出てくれた個人がたくさんいた。

それでも、矢面に立たざるを得ないのは、「菊田昇」というまさしく個人である。

彼は、「犯罪行為を行っている」と堂々と宣言しながら、逮捕されないでいた稀有な人間だ。赤ん坊の斡旋が法に反することだと分かっていて、それでも赤ん坊を殺さないために法律を破っているのだ、と記者や国会で堂々と語る。警察や検察が動かなかったのは、世論が彼を支持したからだ。つまり彼は、あるべき正しさを拾い上げたと言っていい。

自分の行動の正しさに対する圧倒的な自信がなければ、こんなことは出来ない。そして、彼の圧倒的な信念だけが、他の多くの人の心を揺り動かし、大きな流れへと繋がったのだ。今回の件では、表立って菊田を支援することが出来ない人が数多くいた。それでも菊田は、突っ走り続けた。すべては、「菊田昇」という個人の想い一つで変わっていくという凄まじい環境に身を置き続けていたと言っていい。

その人生は、凄まじいという言葉では足りないくらいのものだ。

本書の最後に、こんな文章がある。

【昇は平成三年四月に、国連の国際生命尊重会議がつくった「世界生命賞」の第一回受賞のマザー・テレサにつづいて、第二回受賞者として選ばれた。受賞理由は胎児を中絶から守り、その人権を訴えつづけたことだった】

あのマザー・テレサに比肩する人物。
うん、確かに、それぐらいの評価で正しいと思う。

(最後に。本書は“小説”と銘打たれている。事実を基にした小説の場合、どこまでが事実でどこまでが創作であるのか、いつも感想を書く際に悩む。本書は、ノンフィクション寄りだと勝手に判断したので、「客観的な事柄についてはすべて事実」「内面描写や会話については創作もありうる」という立場を取った。菊田昇は、「世界生命賞」の受賞から四ヶ月後に癌で亡くなっている。菊田の著作は複数あるようなので、そこからもかなり採っているだろうけど、本人への取材は恐らく叶っていないだろうから、ある程度創作を交えなければ書けないと判断しての“小説”なのだろう、と判断した。)

石井光太「赤ちゃんをわが子として育てる方を求む」

関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3951-4674e70f

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
7位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

最新記事

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)