黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

世界は贈与でできている 資本主義の「すきま」を埋める倫理学(近内悠太)

メチャクチャ面白い本だな、これ!


僕はもう15年くらい、ずっとブログで本の感想を書いている。
そのブログについて以前、僕は何かの時に、「別に読んでもらいたくて文章を書いているわけじゃない」と発言したことがあって、それに対して、「読まれなくてもいい文章をどうして書いているんだ?」と問われたことがあった。その時には、まあそれっぽい理由を適当に答えたはずなんだけど、その理由の一端は、本書の「贈与」という言葉で表現できるかもしれない、と思った。

とはいえ、後でまた触れるが、贈与の差出人は、自分が差出人であることを明かした時点で、それはもう贈与ではなくなってしまうので、こういう文章を書くことは、あまり良いことではないのだけど。

【贈与は宛先に届かないかもしれない。
あるいは受取人が受け取っていることに気付いてくれないかもしれない―。
贈与にはそのような不安定な側面があります】

【祈りとは、贈与の差出人の「届いてくれるといいな」という倫理でした。
それは「届かない可能性」を前提とする態度です。
届くことがないかもしれないから、祈りながら差し出すのです。】

そういう意味で言えば、僕も届くことを祈っているな、と思う。

例えば、本を読んだ感想を誰かに直接話してもいい。SNSでフォローしてくれる人に向けて呟いてもいい。依頼があれば、新聞や雑誌の書評欄に文章を書いてもいい。
でもそれは、ほぼ確実に「届くこと」が分かってしまう。「届かないかもしれない」という可能性が非常に低い。

昔は、「確実に届くこと」を望んでいた時期もあったけど、今はちょっと違う。「届くかもしれないけど、届かないかもしれない」という感じがとてもいい。僕は、15年もブログを続けてきているくせに、アクセス数とかは別に全然高くない。コメントをもらう機会もほとんどない。僕が一方的に文章を垂れ流しているだけで、それに対する反応はほぼない。

そして、そういう環境だからこそ、「届いてくれるといいな」という祈りが成立する。

何故、「確実に届く」のではなく、「届いてくれるといいな」が良いのか。それは、「確実に届く」ものは、「交換」の論理に絡め取られてしまうからだ。

【「これは贈与だ、お前はこれを受け取れ」と明示的に語られる贈与は呪いへと展示、その受取人の自由を奪います。手渡される瞬間に、それが贈与であることが明らかにされてしまうと、それは直ちに返礼の義務を生み出してしまい、見返りを求めない贈与から「交換」へと変貌してしまいます。そして、交換するものを持たない場合、負い目に押し潰され、呪いにかかってしまうのでした】

本書には、「最近の若者は献血のコスパが悪いと考えている」という話が出てくる。ボランティアへの関心は高いのに、何故か献血は不人気だ。その理由を著者は、【自分の行為がどれくらい人の役に立っているのかが認識しにくいから積極的になれないということらしいのです】と書いている。これは、「感謝というレスポンス」を求めているということで、つまり贈与ではない。ボランティアという行為と、感謝というレスポンスを「交換」するという行為に他ならない。

「誰が」与えてくれたのかが分かってしまったら、そこにはどうしても「返礼の義務」が生じる。そして、そう思わせてしまえば、もはやそれは「贈与」ではなく「交換」なのだ、と著者は言う。

この理屈を回避するために生み出された有名人がいる。サンタクロースだ。サンタクロースは、「親」からのプレゼントという記号を覆い隠す。そして、「誰が」与えてくれたのか分からないものとして子供に届く。子供は、サンタクロースを信じている間は「交換」の論理に絡め取られないで済むのだ。

僕は、文章を書くという行為が「交換」の論理に絡められないようにしたい、と思っていう。文章を書くことで見返りをもらえることもあるが、少なくともブログで文章を書いている時は、それは「交換」ではない。僕は、少なくない時間を費やして、日々長々と文章を書く。目に見える見返りは特にはない。ただ、「誰かに届くかもしれない」という祈りを抱くことは出来る。そして、どこかの誰かがひっそりと、僕のブログを読んで、「こういう考え方もあるのか」「こんな面白い本があるのか」と思って、それでその人の人生がちょっとでも変わるといいなぁ、と思ったりする。

さてしかし、差出人として名乗らない、というだけでは「贈与」には足りない。贈与に参入するには、あるルール存在する。そのルールについて説明するために著者は、「ペイ・フォワード」という映画を引き合いに出す。

理由は分からないが他人から親切にされた新聞記者が、自分に親切にしてくれた相手に理由を聞くと、「自分も親切を受け取ったからだ」と言う。親切をしてくれた人にお礼をするのではなく、次に渡す(Pay it forward)という善意が連綿と続いているというのだ。記者はその人の流れを逆に辿り、ついに最初の人物を見つける。それが、トレバー少年だ。トレバー少年は、「ペイ・フォワードは自分が考えて始めた」とインタビューで答え、その直後に死んでしまう。

この結末を著者は、贈与論的に正しい、と解釈する。何故なら「贈与」というのは、「自分は誰かから過剰に受け取ってしまった」という感覚無しには始まらないからです。トレバー少年は、自分は誰からも受け取っていないのに「贈与」を始めてしまった。だからこれは、「贈与」ではなく「供犠」であり、「ペイ・フォワード」というのは「贈与の失敗」の物語なのだ、と著者は言う。

僕も、本の感想を書いているのは、自分が本に救われたという感覚があるからだ。本だけがすべてではないけど、適切なタイミングで適切な本に出会うことで、人生が救われることがある。僕はこれまで、本を読んで様々なものを受け取ってきた。少なくとも、そういう感覚を持っている。だから、自分が受け取ってしまったものを「次に渡す」ために文章を書いている、という側面はあるかもしれない。

著者はあとがきでこんなことを書いている。

【そんな僕の取るに足らない愚痴に、加藤(典洋)さんはこうおっしゃいました。
「文章を書いて、自分がからっぽだ、って思わなかったら嘘だよ」

からっぽだと自覚するところから文章は始まる。
それで正しいんだよ。
そう言ってくださった気がしたのです。

「自分はからっぽ」ということは、今自分が手にしているものは一つ残らず誰かからもらったものだ、ということです。他者からの贈与が、自分の中に蓄積されていったということです】

なるほどなぁ、と思う。こういう感覚は、確かに僕の中にもあるように思う。

さて、ここまでで、「贈与の差出人は名乗ってはいけない」「これは贈与であると告げてもいけない」ということが明らかになった。それでは、しかし、だったら「贈与」というのはどうして存在しうるのだろうか。というのも、誰が与えてくれたのかも分からないし、そもそも「これが贈与だ」ということさえ宣言されないのだ。「贈与」という現象は、どんな風に立ち上がるのか?

それに対して著者は、「受取人の想像力」だと答える。

【贈与者は名乗ってはなりません。名乗ってしまったら、お返しがきてしまいます。
贈与はそれが贈与だと知られない場合に限り、正しく贈与となります。
しかし、ずっと気づかれることのない贈与はそもそも贈与として存在しません。
だから、贈与はいつかどこかで「気づいてもらう」必要があります。
あれは贈与だったと過去時制によって把握される贈与こそ、贈与の名にふさわしい。
だから、僕らは受取人としての想像力を発揮するしかない】

【だとするならば、受取人が現れさえすれば、あらゆるものが贈与になります。
贈与はどこから始まるかと言うと、第1章で見た通り、「受け取る」という地点からでした。
僕らは受取人としてのポジションからゲームをハイメルのです。】

これらの説明として著者は、「16時の徘徊」と、「『テルマエ・ロマエ』のルシウス」という2つの例を出す。

「16時の徘徊」は、酒井穰『ビジネスパーソンが介護離職をしてはいけないこれだけの理由』という本に出てくるエピソードだ。ある男性の母親が認知症になり、毎日16時になると外出しようとして暴れる。男性が母親に、どうして16時なると外に出ようとするのか聞いても答えない。そこで、男性はベテランの介護職員に助けを求めた。その介護職員は、母親の兄に連絡をし、「16時」というキーワードに心当たりがないか聞いてみた。すると、「幼かった頃の息子が幼稚園からバスで帰ってくる時間ではないか」という。そこで介護職員は母親に、「息子さんは幼稚園のお泊り会だから帰ってきませんよ」と告げると、「そうだったかね?」と言って大人しく部屋に戻った、というのだ。

さて、このエピソードから何が分かるのか。それは、「受取人が現れることで、それが贈与であることに気づく」ということだ。母親は、「息子を迎えに行く」という行動を取ろうとしていた。それは、愛情から来る行動だ。しかし、その行動を「徘徊」と捉えている男性には、それが愛情だとは分からない。そこに介護職員が現れ、母親の行動を解明した瞬間、男性は「受取人」となり、その瞬間に「贈与」が立ち上がる。こんな風に「贈与」というのは、「受取人」が現れることで存在することが出来るのだ。

さてではもう一方の『テルマエ・ロマエ』の話をしよう。有名だろうから『テルマエ・ロマエ』の内容についてはほとんど触れないが、古代ローマの浴場設計技師であるルシウスが現代にタイムスリップしてしまう物語だ。この物語において、現代のお風呂事情を知ったルシウスは、そのあまりの秀逸さに驚嘆する。しかしそれらは、現代人にとってはなんの変哲もない、ごく当たり前のものなのだ。

【ルシウスは、現代を生きる僕らに何が与えられているのかを教えてくれます。
ルシウスが見て驚くもの、驚く対象。それは、古代ローマには存在していなくて、現代においては存在しているもののおよそすべてです。
それらは、僕らが気づかぬうちに受け取っていた贈与なのです。
なぜなら、古代ローマには存在していなかったということは、この世界に初めからあったわけではないものです。
ということは、歴史の過程で、それを生み出した誰かがいるということになります。
だとすれば、それは誰かからの僕らに宛てた贈り物と言えます】

こんな風に「贈与」には、差出人が存在しないものもある。これも、受取人が出現することで初めて存在しうる「贈与」なのだ。

【贈与は差出人に倫理を要求し、受取人に知性を要求する。
これは本書の贈与論において、決定的に重要な主張です。
そして、倫理と知性はどちらが先かと問われれば、それは知性です。
つまり、受取人のポジションです。
なぜなら、過去の中に埋もれた贈与を受け取ることのできた主体だけが、つまり、贈与に気づくことのできた主体だけが再び未来へ向かって贈与を差し出すことができるからです。その主体は「もし私が気づかなかったら、この贈与は存在しなかった」ということを痛いほど理解しています。つまり、「この贈与は私のもとへ届かなかったかもしれない」と直覚できているからこそ、今から差し出す贈与も他者へと届かない可能性が高く、届いてくれたならこれほど素晴らしいことはないと分かっているからです。
この贈与は私のもとへ届かなかったかもしれない。
ということは、私がこれから行う贈与も他者へは届かないかもしれない。
でも、いつか気づいてくれるといいな―。
かつて受取人だった自身の経験から、そのように悟った主体だけが、贈与が他者に届くことを待ち、祈ることができるのです】

さてでは、どうしたら「贈与」に気づくことができるのか?という話の前に、本書における「資本主義」の話を書こう。

【資本主義というシステムに「資源の分配を市場に委ねる」という側面があるのだとすれば、資本主義は、ありとあらゆるものを「商品」へと変えようとする志向性を持ちます。
市場の拡大、資本の増殖。
そのためには、あらゆるものが「商品」でなければならない。
したがって、資本主義のシステムの内部では「金で買えないもの」はあってはならないことになります。資本主義を徹底し、完成させようとするのならば、僕らは金で買えないものを排除し続けなければなりません。
「金で買えないものはない」のではありません。そうではなく、「金で買えないものはあってはならない」という理念が正当なものとして承認される経済システムを資本主義というのです】

本書の初めの方で、著者はこう書く。この文章は、受け取る人によってポジティブにもネガティブにも取れるだろうが、著者はネガティブなものとしてこういう文章を書く。すべてが金銭的な価値を媒介として「交換」できてしまうことが、色んな問題を引き起こしているのだ、と。

しかしじゃあ、「交換」をすべて「贈与」にすればいいのかというとそうではない。この感想の中では詳しく触れていないが、「贈与」は容易く、他者を縛る「呪い」として機能してしまうのだ。

じゃあどうすればいいのか。そういう問いを最初の方で提起しておいて、後半で著者はこう書く。

【ですから本書が論じた形の贈与は、市場経済を否定していません。
それどころか、むしろ、市場経済を必要としているのです】

どういうことだろうか?それを理解するためのキーワードとして著者は、「不合理性」を持ち出す。

【他者の不合理な振る舞いの中に、差出人としての姿が隠されている。
僕らは不合理性を通して、他者からの贈与に気づくことができる――。】

【贈与にはある種の「過剰さ」「冗長さ」が含まれています。なぜかというと、ある行為から合理性を差し引いたときそこに残るものに対して、僕らは「これはわたし宛の贈与なのではないか」と感じるからです】

例えば本書には、こんな会話表現の例が出てくる。「座れ」「座りなさい」「おかけください」「もしよかったらおかけになってはいかがですか」という風に、文字数が増え、冗長度が増すほど丁寧になる。合理的に情報を伝えるだけなら「座れ」でいいのだが、そうではない不合理な部分が含まれる。その不合理の分が、自分に対する敬意(=贈与)である、という風に理解することが出来る。

このように「贈与」というのは、「不合理なもの(本書ではさらにこれを「アノマリー」と呼んでいる)」として現れるのだ。つまり、「アノマリー」に気づくことが出来れば「贈与」に気づける、ということだ。

しかし、「アノマリー」に気づくのは容易ではない。例えばこんな例が出てくる。人間の心臓は、一日に6000キログラムもの血液を送り出しているという。これを聞いてあなたはどう思うだろうか?「心臓って凄い!」と思うかもしれないが、「不思議だ」「矛盾」だ、つまり「不合理だ」と感じる人はいないだろうと思います。

しかし、この事実を発見した、17世紀に生きたハーヴェイという人物は、心臓が一日6000キログラムもの血液を送り出していると知って「おかしい」と感じた。何故なら、当時「血液」というものは、「肝臓で作られ、体中に運ばれ、末梢組織で消費される」、つまり、血液は手や足などの末端で消えてなくなるという一方通行の流れだと思われていたからだ。「手足で毎日6000キログラムも消費されるなんてことがあるだろうか?」とハーヴェイは考え、「血液は体内を循環している」という事実に気づいたのだ。

さて、ここで整理しよう。ハーヴェイが「血液の循環」という新事実を発見できたのは、「心臓が一日6000キログラムもの血液を送り出している」という事実に気づいたからだ。しかし実はもう一つ、重要な要件がある。それは、「当時血液は、末端で消費されると考えられていた」という「常識」も理解していた、ということだ。つまり、「一日6000キログラム」という「事実」を知っただけでは、それは「アノマリー」として捉えることは出来ない。それが「アノマリー」であるためには、「血液は末端で消費される」という「常識」を知っていなければならないのだ。

【パラダイスという枠組み、つまり科学者たちの常識の総体が存在しなければ、そもそもアノマリーが発生することができないという点です】

さて、これで、「贈与」に「市場経済」が必要な理由が説明できる。

【ですから本書が論じた形の贈与は、市場経済を否定していません。
それどころか、むしろ、市場経済を必要としているのです。
なぜなら、無時間的な等価交換、相手を問わない形の交換が日常となっているからこそ、贈与がアノマリー、すなわち「間違って届いたもの=誤配」として立ち上がるからです】

贈与者は名乗らないし、そもそも「これが贈与だ」という形で提示されない。だから受取人は想像力を駆使して、「あれは贈与だったのか」と気づかなければならない。その気づきがなければ、自身も贈与者になることはできない。ではどうやって贈与に気づくのか。それは「アノマリー」を見つけることによってだ。「贈与」は、不合理なものとして届く。そしてその不合理さをきちんと理解するためには、「合理」、つまり「世界の常識/当たり前」を理解していなければならないのだ。だから「勉強」しなければならないのだ、と著者は主張します。

また、この「贈与」の議論を通じて著者は、「仕事のやりがい」や「生きる意味」などについても論じていく。

【なぜ僕らは「仕事のやりがい」を見失ったり、「生きる意味」「生まれてきた意味」を自問してしまうのか。それが「交換」に根ざしたものだからです。
ギブ&テイク、ウィン-ウィン。残念ながら、その中から「仕事のやりがい」「生きる意味」「生まれてきた意味」は出てきません】

【不当に受け取ってしまった。だから、このパスを次につなげなければならない。
誤配を受け取ってしまった。だから、これを正しい持ち主に手渡さなければならない。

誤配に気づいた僕らは、メッセンジャーになる。
あくまでも、その自覚から始まる贈与の結果として、宛先から逆向きに「仕事のやりがい」や「生きる意味」が、偶然帰ってくるのです。

「仕事のやりがい」と「生きる意味」の獲得は、目的ではなく結果です。
目的はあくまでもパスをつなぐ使命を果たすことです。
だから僕は差出人から始まる贈与ではなく、受取人の想像力から始まる贈与を基礎に置きました。
そして、そこからしか贈与は始まらない】

「贈与論」という難しそうだが、本書は、『テルマエ・ロマエ』の他にも、平井堅やbacknumberの曲の歌詞、シャーロック・ホームズ、小松左京や星新一といったSF作家の作品など、身近に感じられるモチーフが様々に登場する。哲学者や思想家の引用もあるが、全体的には非常に親しみやすい内容になっていると思う。メチャクチャ面白いぞ。

近内悠太「世界は贈与でできている 資本主義の「すきま」を埋める倫理学」

関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3944-e643877c

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
10位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)