黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

問いこそが答えだ! 正しく問う力が仕事と人生の視界を開く(ハル・グレガーセン)

まず、本書のエピローグに載っている、本書の中で最も好きなエピソードを紹介しよう。これは、「自分がそれまで指針にしてきた問いが間違っていたことに気づいた」という、チャールズ・シュワブのCEOであるウォルト・ベッティンガーのエピソードだ。

大学時代、経営学を専攻していた彼は、猛烈に勉強して常にトップクラスの成績を収め続け、三年生の時には卒業を早めるために取得単位を倍に増やしたがオールAを維持した。しかし最後の最後、オールAが崩れてしまったという。経営学部の別館で週2回、夜の6時から10時まで、10週に渡って行われる経営戦略のコースで、最後のテストで彼はAを逃した。

最後のテストで教授が配ったのは、真っ白な一枚の紙だった。そして、こう告げた。

【「もうみなさんは実際のビジネスの世界で仕事を始められるだけの知識を持っています。ですが、そこで成功するためにはもっと別のことも必要になります」。教授は学生たちに氏名を記入するよう指示してから、最後のテスト問題を発表した。それは次の一問のみだった。「この建物の清掃を担当しているのは誰か。彼女は何という名前か」】

この出来事をきっかけに彼は、その後の人生で最も役に立つことになる教訓を得たという。

【どうすれば優秀な戦略家として頭角を表せるかと問うのではなく、この会社の成功は誰の働きにかかっているか、それらの社員全員に卓越した働きをしてもらうには何が必要か、問うべきだと】

本で読んだだけの僕も、一生忘れないんじゃないかと思うくらい、インパクトのある話だった。


本書は、「問うこと」の大事さを説く本だ。マサチューセッツ工科大(MIT)のリーダーシップセンターの所長であり、これまで様々な企業のCEOなどに話を聞き、様々な企業で講演を重ねているという。その中で、多くの人が「問うこと」の重要性を語っていることに気づき、その事実をもっと広く伝えるために本書を著した。

【本書の核をなしているのは、よりよい問いが生まれるかどうかは―仕事でも私生活でも―環境に左右されるという主張だ】

確かに本書には、子ども時代の親からの教育などで、「問うこと」が習慣になっていたり、「問うこと」に馴染んだ思考法が身についたという人も出てくる。しかし、それ以上に、どういう環境の中に身を置くかによって、「問うこと」に対する人々の行動が変化する、ということを明らかにしていく。そして本書では、個人や組織が、どのように「問うことを活発化させる環境を作り出しているか」という点を、様々な観点から取り上げていく。

本書は、実例の宝庫と言っていい。本書の記述のほぼすべてが、著者自身が自ら話を聞きに行ったCEOたちの言葉や経験で占められている。普段であれば、本文から様々な話を引用して感想を書いていくのだけど、今回それをやってしまうとキリがなくなるので、最小限に抑えたいと思う。

本書を読んで僕は、自分はどうだろうか、と考えた。僕自身は、本書が主張する「問うことが何よりも大事だ」という感覚は、割と最初から持っていたと思う。「唯一の正しさ」を求めることはないし、「自分が間違っているかもしれない」と常に思っているし、「問いを生み出すために安定した場から出ていく」という意識もある。「問うこと」について、本書に登場する人たちほどの有能さを発揮することはまだ出来ていないし、本書にある「問いの資本」も僕にはない。この「問いの資本」というのは、「問う」だけではなく、その問いから生まれた解決策を実現させる力のようなものを指す。僕は、「問うこと」は得意かもしれないが、その先は不得意だ。そういう意味で、本書が示唆するレベルで「問うこと」が出来ているとは言えないが、前提についてはあっさり超えられているだろう、と思う。

一方、僕は、「問いを生む環境を作る」という方は、あくまで個人レベルの話だけど、得意だと思う。詳しくは後で触れるが、本書を読んで僕が思い出したエピソードがある。何の本で読んだのか記憶がないが、「手術ミスが報告される手術チームと、手術ミスが報告されない手術チームのどちらに手術をしてもらいたいか?」という問いから始まるものだった。詳細な情報がないので、これだけでは答えようがないだろうが、素直に考えれば、手術ミスの報告がないチームの方がいいと思うだろう。しかし実際には、手術ミスの報告がないチームの方が問題を抱えていることが多いという。それは、「手術ミスがあっても隠してしまう」からだ。手術ミスが報告されるチームは、ミスを申告することに対する心理的障壁が低いため、コミュニケーションもきちんと行われていて、チーム全体としてのまとまりは非常に良い。一方、手術ミスが報告されないチームでは、仮にミスがあってもそのことを申告できないような雰囲気があるため、ミスは隠蔽されてしまう。だからこそ、手術ミスが報告されるチームの方が、実際のところは安全である可能性が高い、というのだ。

【つい最近も、革新的な企業の労働者の研究が注目を集めた。グーグル社の数百の作業チームを対象に、数年を費やして実施された「アリストテレス計画」だ。この調査では、成績の優秀なチームとそうではないチームとでは何がちがうのかが具体的に探られた。ニューヨーク・タイムズ・マガジン誌の記事によると、その結果は研究者たちを驚かせるものだった。IQの高さも勤勉さも関係なかったからだ。チームの成功といちばん強い相関が見られたのは、先に紹介した心理的安全性だった】

まあそうだろうなぁ、と僕は思う。

何か思いついた時(それは、アイデアでも批判でもなんでもいい)、「これを言ったらバカにされるかな」「こんなことを言ったら無能だと思われるかな」という集団にいたら、それが口に出されることはない。しかし、そういうことを全然理解できないタイプの人というのは散見されるし、しかもそれは、組織の上の方にいる人間であることが多い。絶えず他人や状況をバカにしていたり、常に発言が否定から入るような人は、誰かの発言を制約している。しかし本人はそのことにまったく気付いていない。結果的に、素晴らしいアイデアの種も、改善すべき不備や不満も、表に現れないことになる。

そうでなくても、上の立場にいる人間には「生の情報」は入ってきにくい。

【わたしの研究で最も深刻な隔絶が見られるのは、大企業のCEOや幹部という地位においてだ。その理由は、部下に情報の収集と取捨選択を任せてしまうことにある。それらのリーダーたちがほかの一般の人に比べて、心地よさを求める傾向が強いわけではないはずだが、日々、極度の重圧にさらされる中で、自分は有能だという自信を揺るがされたくないという心理が働く。しかも周りには、上司を不快な情報から守ることを自分たちの仕事と心得ている部下がいる】

だからこそ、「未加工の情報」がどうしたら手に入るのか考えなければならないのだ。

ネット証券大手チャールズ・シュワブのCEOであるウォルト・ベッティンガーはこんな風に言っている。

【重役として成功を収められるかどうかは、意思決定の優劣で決まるのではありません。どんな重役も優れた判断を下せる率はだいたい同じで、60パーセントか、55パーセントぐらいです。ではどこがちがうかといえば、成功する重役は40パーセントないし45パーセントのまちがった判断にすばやく気づいて、それを修正できるのに対し、失敗する重役はしばしば事態をこじらせ、自分がまちがっていても、自分は正しいと部下を説き伏せようとします】

こんな風に、「正しく問うための環境」というのはあっさり崩れてしまう。より一般的には、次のような指摘が分かりやすいだろう。

【(政治家たちが問いを使うのは)相手に立場をわきまえさせるためか、相手の無知を暴いて、面目を失わせるためか、あるいは相手に今していることをやめて、こちらに応じるべきであることを思い出させるためだ。権力に飢えた者は、相手より優位に立つことを求め、真実を求めようとはしない。
このことからは、なぜふつうの人があまり問いを発しようとしないのかが見えてくる。問いが権力の追求者たちによってそのように使われているのを目にしているせいで、問うことが攻撃的な行為だという印象を植えつけられてしまっているからだ】

これも納得感のある話だろうと思う。だから本書では、創造的な企業のトップたちが、「問うことの心理的安全性をいかに生み出すか」という課題に常に取り組んでいることが、様々な実例から明らかにされていく。

例えばピクサーでは、制作中の映画の監督に対して容赦のない意見を浴びせる「ブレイン・トラスト」というミーティングがある。これは監督にとって相当過酷だそうで、「ブレイン・トラスト」が終わったら、その日は監督を家に帰すという。とても仕事にならないからだ。なぜそんなことをするのか?

【制作初期の映画は、みんなゴミだからです。もちろん、そんないい方は身も蓋もないわけですが、あえてそういういい方をするのは、オブラートに包んだいい方をしていては、最初のバージョンがどうよくないかが伝わらないからです。わたしは遠回りにいったり、控えめに行ったりはしません。ピクサーの映画は始めから傑作というわけではありません。それを磨いて傑作に仕上げることがわたしたちの仕事です。つまり”ゴミだったものをゴミではないものに”変えることです】

誰もが口を揃えてキツイという「ブレイン・トラスト」だが、しかしいい映画を作るためには欠かせないと皆がいう。そして、この場において、「作品への批判」が「作品をできるかぎりよいものにしたいという気持ちから発せられたものである」ということが参加者全員で諒解されるように工夫されている。

【わたしが提唱しているのは、自分の考えを覆される情報にもあえて耳を傾けられる場、その結果ひらめいた問い―ひねくれているとか、腹立たしいとか、的外れだとか思われそうな問いでも―を口にしたり、聞いたりできる場としてのセーフ・スペースだ】

僕は、個人レベルでは、こういう心理的安全性やセーフ・スペースを生み出すことが得意だと思う。だから色んな人から、普通他人には話さないだろう話を聞く機会もある。本書には「触媒としての問い」という表現が何度か出てくる。僕は問いそのものではなく、僕自身の存在を触媒にすることで、問いが生まれやすい雰囲気を作れている、と自分では思っている。

また、問う力を高めるために行うべきことも、元からやっていることが多い。知らない人ばかりの場に行くとか、やったことがないことに手を出してみるというような形で「不慣れな環境」に身を置くこともやっているし、「正直な意見を言ってくれる人」を求めていることが伝わるような振る舞いも出来ていると思う。また本書には、組織において「問うこと」が浸透しないのは、理想とする従業員像を「どんな問題が発生しても、手早く処理し、上司や同僚を煩わせない従業員」としていることに問題があると指摘し、その後こう文章が続く。

【しかしタッカーとエドモンドソン(※組織学習の研究者)にいわせると、それでもまだ足りない。同僚のミスをかばって、和を保つ者ではなく、めざとくミスを見つけてはいい立てる「うるさいトラブルメーカー」こそ、理想の従業員だという。この章の話に合わせるなら、それは「確信犯的エラーメーカー」といえる。完璧に業務が遂行されているというイメージを築こうとするより、公然とミスを認める従業員だ。そういう従業員は、ものごとをそっとしておくことのない「破壊的な質問者」でもある。「従来のやり方を受け入れたり、守ろうとしたりする前に、まずはそれでいいのかどうか、たえず問う」者たちだ】

程度はともかくとして、僕はこういう「確信犯的エラーメーカー」のような振る舞いをしている部分があると思う。僕は、頑張れば状況を整えられてしまうかもしれない場合であっても、そんな現場レベルの奮闘で急場の穴塞ぎなんかしてる場合なのか?とか考えて、「やりません!」とか反抗しちゃうタイプの人間で、だから、うまく使えば組織に役立てるはずなんだけど、なかなかそううまくはいかない。

さて、本書の内容に関して、ほぼほぼ何も伝えられていないと感じるほど、この感想では書けてないことの方が多いのだけど、最後にいくつか印象的だった話に触れて終わろうと思う。

【いちばん重要で、なおかつむずかしいのは、正しい答えを見つけることではない。正しい問いを見つけることだ。誤った問いへの正しい答えほど、むだなもの―危険ではないにしても―はない】(ピーター・ドラッカー)

【シーリグはアインシュタインのよく知られた逸話を紹介して、そのときにいわれた言葉を引用している。「もし問題を解決する時間が一時間あり、自分の人生がその問題の解決にかかっているなら、わたしは適切な問いを導き出すことに最初の五五分間を費やすでしょう。適切な問いがわかれば、問題は五分で解けるからです」】

問いの重要性についてはやはり昔から言われていた、という話。

また、『たった一つを変えるだけ―クラスも教師も自立する「質問づくり」』という本の中で、学校では質問づくりのスキルを身に着けさせるべきだという提案がされている、という紹介がある。この部分を読んで僕は、小説家の森博嗣を思い出した。森博嗣はかつて国立大学の助教授であり、その際受け持っていた講義で、試験をする代わりに生徒に質問を提出させていたという。その質問については、「臨機応答・変問自在」という本になって出版もされている。どういう質問をするかで相手を評価する、というのは非常に面白いと、同書を読んで当時感じたけど、やはりそれは学術的に考えても合理的なことだったのだなと改めて感じさせられた。

「正しく答えること」にばかり重点を置いている人は、「正しく問うこと」の大事さに気づけていないかもしれない。本書は、何よりも「問うこと」こそが大事であるという考え方をこれでもかと植えつけ、そのために何をすべきかという行動の指針や実例を大量に示してくれる作品だ。

ハル・グレガーセン「問いこそが答えだ! 正しく問う力が仕事と人生の視界を開く」

関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3943-f7037c33

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
10位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)