黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

砂と人類 いかにして砂が文明を変容させたか(ヴィンス・バイザー)

【にもかかわらず、人は砂を世界で最もあたりまえにある天然資源だとみなしている。砂について、どこから来たのか、手に入れるために何がなされているかといったことを考える者などほとんどいない。だが、そのような贅沢な態度はもはや許されないのだ】

さて、この文章の意味が分かるだろうか?「砂?」と思うだろう。僕も思った。「砂が、資源?」しかし、状況は、僕らが思っているよりも遥かに深刻だ。

【このような状況からして、遅かれ早かれ砂不足になることは避けられない。実際、すでに起こりつつある。カリフォルニア州の環境保護局は2012年の報告書において、砂と砂利については今後50年間で必要量の3分の1程度しか州は入手できないだろうと警鐘を鳴らした。英国では、陸地での砂採掘に圧力がかかっているため、徐々に海砂の採掘へと転じており、今では必要量のおよそ5分の1が海底の砂でまかなわれている。だが、これらの砂の供給はあと50年しか続かないと予測されている。ベトナムの建設省は2017年に、このままでは15年未満で国内の砂を完全に使い果たすことになると警告している】

なかなかの深刻さだ。しかし僕らは、石油や水はたくさん使っている意識は持てるかもしれないが、砂を使っている印象はなかなかないだろう。

しかし、そうではない。

【本書の主役は、誰からもほとんど顧みられないのに、誰もそれなしでは生きられないものである。それは世界でも最も重要な固体であり、現代文明の文字どおり土台をなす物質なのだ。
その物質とは砂である】

【実は、砂は、現代の都市を形づくる主原料なのだ。都市にとっての砂とは、パンにとっての小麦粉、人体にとっての細胞にあたる。】

【空気と水を別とすれば、砂は私たちが最も利用している天然資源である。人間が消費する砂と砂利の量は、推定で毎年500億トン近くにのぼるという。】

僕自身、きちんと認識していなかったと思うが、そもそも、コンクリートは砂が原料だ。また、これは驚いたのだけど、ガラスも原料は砂だという。しかし、それだけではない。

【あなたは起きてから部屋の明かりをつけただろうが、その光の源であるガラス球は溶かした砂からつくられている。よろよろと入った洗面所では、砂を原料とする磁器製の洗面ボウルの上で歯を磨いたと思うが、そのとき流した水は近隣の浄水場で砂を通して濾過されたものだ。使った歯磨き粉には含水ケイ酸が含まれていただろう。これも砂の一種で、刺激の少ない研磨剤として、歯のプラークや着色汚れを除去するのに役に立つ。
あなたの下着が適切な位置に留まっているのは、シリコーンと呼ばれる人工的な化合物でつくられた伸縮素材のおかげだが、このシリコーンの原料もやはり砂である。(中略)
こうして着替えて身支度を整えたあなたが職場へと車を走らせたその道路は、コンクリートやアスファルトで舗装されている。職場では、コンピューターの画面も、コンピューターを動かすチップも、インターネットに接続する光ファイバーケーブルも、すべてが砂からできている。作成した文書を印刷する用紙は、プリンターのインクの吸収をよくするために、砂をベースとした薄い層でコーティングされているだろう。貼って剥がせる付箋に使われている粘着剤さえも、砂からつくられている】

皆さんもきっとそうだろうが、僕もかなり意外だった。こんなにもたくさんのものが砂から作られているとは。そもそも、「砂」と呼ばれるもののイメージが違うのだ。僕らにとって「砂」とは、砂漠の砂や砂浜の砂だが、厳密に定義すると「砂」というのは、

「直径が0.0625ミリメートルから2ミリメートルまでの、ばらばらの粒状になっている硬い物質」

であればなんでもそう呼ばれるのだという。たとえば、砂浜に限ってみても、もちろん山や岩などが砕けたものも砂浜の砂になるのだが、

【多くの砂浜には生物由来の砂もある。貝殻やサンゴや海の生き物の骨が砕けて粉々になったものだ。ピンク色や極端に真っ白な砂浜があるのはそのためだ。(不思議な色をしたたくさんの砂浜のなかでも特に珍しいのが、ハワイが誇るカウアイ島のグラスビーチだろう。砂の大部分が、長らく侵食されてきた色とりどりのガラスの無数のかけらなのだ)】

と、小さくて硬いものであればなんでも「砂」になりうる。その中で最も多い、地上の砂粒の70%近くを占めるのは、石英だという。

さて、「砂が無くなる」という話を冒頭でしたが、「ンなわけないだろう」と多くの人が思う理由に、「砂漠にメッチャあるやん」という感覚があるだろう。僕もそう思う。しかし、どうもそうではないらしい。

【ほとんどの場合、砂漠の砂が産業用途に使われることはない。建設に用いるには、砂漠の砂粒のほとんどは丸すぎる。(中略)丸い物体は、角のある物体のようにはうまく固定されない。たくさんのビー玉を積み重ねる場合と、たくさんの積み木を積み重ねる場合との違いのようなものだ】

じゃあ、砂浜の砂はどうなんだよ、というと、こちらは産業用に使える。だからなんと、世界中の砂浜の砂が採掘されているのだ。アメリカのある砂浜では、業者に操業中止を求める訴えが何度も出された結果、2020年に止めると決まったものもあるが、国によっては砂浜の砂の無許可の盗掘は、公然の秘密のように行われていて、世界中の砂浜が危機に陥っている。

しかし、砂浜からの違法な採掘を阻止できても安心できない。

あなたが「リゾート地」や「ビーチ」と言った単語から思い浮かべるだろう、世界中の様々な砂浜の大半は、人工物だ。マイアミもハワイも、あの美しい砂浜は人の手によって生み出されたものなのだ。そして、もともとそこにはなかった砂を敷き詰めているだけ、ということもあって、普通にしていたら、その砂浜は無くなってしまうのだ。

じゃあどうするのか。現在、「養浜」が世界中の砂浜で行われている。

【言わば砂浜の継ぎ足しである養浜は、すでに一大産業となっている。アメリカではここ数十年で70億ドルを費やして、全国的に何百キロもの砂浜を人工的に再建しており、その費用の大部分が税金でまかなわれている】

驚くべきは、以下の事実だ。

【だが同時に、養浜とは、現実となったシューポスの神話のようなもので、果てしなく同じ処置を繰り返すことになる。この砂浜に限っていえば、約6年間はもつだろうと予測されているが、それからまた次の養浜が必要となるのだ】

「この砂浜」というのは、著者が取材を行ったブロワード郡のもので、5500万ドルの費用がかかる。約60億円の費用を掛けて、6年しかもたないのだ。しかも、世界的に砂はどんどんなくなっていく。6年後、同じ値段で養浜ができる可能性はほぼないだろう。

しかし、人類が砂を消費する最も大きなものは、文句なしにコンクリートだ。本書で最も驚いた記述が、以下のものだ。

【ロバート・クーランドは著作『コンクリート・プラネット』にこう書いている。「コンクリートという素材は、地球上のすべての人に対して、1人あたり40トン存在していることになる。そして毎年、1人あたりのその量に、1トンずつ加算されているのだ」】

想像できるだろうか?今地球の人口は50億人ぐらいだったと思うから、地球上にコンクリートは、2000億トン存在する、ということだ。しかも毎年、50億トン増えているのだという。想像もつかない。

しかも、【ほんの100年ちょっと前には、コンクリートがほとんど使われていなかった】という。人類がどれだけ、コンクリートに依存してきたかが如実に分かるデータだ。

何故人類はこれほどコンクリートに依存するようになったのか。それは、コンクリートが持つ、非常に特殊な性質によるところが大きい。

【コンクリートの形をとった砂がなくては、都市がこれほどの速さで成長することは不可能だ。コンクリートは超自然的なまでに安価かつ扱いが容易な建材であり、比較的頑丈で衛生的な住居を非常に多くの人のために迅速につくることを可能とする。コンクリートは強靭で、何万トンにも相当する人や家具、水などの重量に耐えられる。燃えることもなければシロアリがつくこともない。そして驚くほど取り扱いが容易だ。1人だけでも、基本的なコンクリートの材料を混ぜて、ベタベタと塗り固めて、ちゃんと使えるシェルターをつくることができるくらいだ】

コンクリートは、登場した時から認められていたわけではない。世の常で、レンガ職人や石工たちが、コンクリートによって自分たちの職が奪われることを危惧して、コンクリートの安全性は保証されているわけではない、と反発したのだ。

しかし、そんな状況が一変する出来事が起こる。1906年の、サンフランシスコ大地震だ。この地震によってガスの本管が破裂、大規模な火災が発生し、丸3日間火は消えなかったという。

さて、火が静まった後、奇妙な光景が現れた。ミッション通りと13番通りの交差点に、1棟だけ無傷で残った建物があった。それが、当時物議の対象だった、鉄筋コンクリートによって作られたビーキンス社の倉庫だったのだ。実際には、この地震で倒壊した鉄筋コンクリート造の建物もあったし、倒壊しなかったレンガ造りの建物もあったが、このビーキンス社の倉庫は、鉄筋コンクリートの安全性のある種の象徴として広く知られるようになり、これをきっかけの一つとして、鉄筋コンクリートという素材が爆発的に広まるようになったのだという。

【コンクリートによって数え切れないほどの命が救われ、それをさらに上回る数の人々の暮らしが豊かになった。コンクリートのダムにより電力が供給される。病院や学校を建てるのも修理するのも、日干しレンガや木材や鉄鋼よりもコンクリートのほうがはるかにたんき間ですむ。コンクリートの道路によって、天候に左右されることなく、農家は市場に農作物を出荷し、子どもたちは学校に通い、病人は病院に行き、医薬を村へと運ぶことができる。調査の結果、舗装道路によって、地価や農業賃金、就学率が上昇することが示されている】

しかし当然だが、コンクリートも、何もかもを解決する素晴らしい手段、というわけではなかった。

【バーツラフ・シュミルの推定によると、これから数十年のうちに、全世界で粗雑な製造のコンクリート1000億トン―ビルや道路、橋、ダム、ありとあらゆるもの―を交換する必要が生じるという】

「粗雑な製造のコンクリート」だからといって、先進国が関係ないかというと、そんなことはない。

【アメリカの高速道路の5分の1と都市部の道路の3分の1は「粗悪」な状態にあり、アメリカの運転手に課される追加修繕費と運用費は1210億ドル相当にのぼるという。連邦高速道路局によると、アメリカの橋の4分の1近くは、構造面で欠陥があるか、機能面で旧式に過ぎるという】

コンクリートによる建造物の多くは、50年もすれば崩れ始め、2世紀もつものは存在しないという。最近、そんな状況への改善策が提示されはじめているようで、それはそれで驚いた。

【コンクリートの主な欠点の1つは、亀裂に対する脆弱性である。亀裂があると水分が浸透して内面の鉄筋を腐食させるのだ。では亀裂をコンクリートが自分で埋められるとしたら?実際にこの自己治癒コンクリートが実現可能であることがわかっている。ヨーロッパの研究者たちが注目するバクテリアは、炭酸カルシウムを排出し、しかもコンクリートの中で休眠状態となって何十年も生存できる。亀裂ができるとそこから浸みこんだ水分によってバクテリアが目覚め、炭酸カルシウムを排出して、亀裂を塞ぐというわけだ】

他にも、同様の自己治癒能力を持つ別の方法も研究中だというが、いずれもまだ実用化に至っているわけではないし、世界中に既に存在するコンクリートに対する解決法になっているわけではない。コンクリートは、再利用可能らしいが、再利用する場合は耐久性などが劣るため建材などには使えないらしい。つまり、1人当たり40トンものコンクリートが、これからどんどん、ただの不要物になっていく、ということだ。

さらにコンクリートは、地球温暖化を促進するものでもある。コンクリートを作るのにも熱が必要、そもそもコンクリート自身が熱を溜め込む(ヒートアイランド現象の引き金となる)、コンクリートで作られた道路の上を走る車が排気ガスを出す、という具合だ。

【全世界で排出される二酸化炭素の5%から10%は、セメントの製造工程でつくられたものだ。その結果、セメント製造が二酸化炭素排出量のトップスリーに名を連ねることとなった。さらに上位にあるのは、石炭火力発電所と、そこらじゅうにある自動車だけである】

コンクリートに限らず、現代の都市生活を支える「砂」を巡っては、他にも様々なマイナスがもたらされる。

【台湾では2000年に砂の採取によって基礎が揺らいだ橋が崩落した。その翌年、ポルトガルのある橋は1台のバスが通っただけで崩れ、70名が亡くなった。2016年にインドで起きた橋の崩壊では26名が亡くなったが、これも砂の採取が原因となった可能性がある】

【2014年以降、インドでは、砂の採掘者によって少なくとも70名が殺害されている。警察官7名と政府の役人や内部告発者6名以上がこれに含まれる】

【「私たちがこのままのやり方を続けられるのは、これから5年、もしかすると10年といったところでしょう。ですが、その後は、今の調子で土地を失うと完全に行き詰まりますよ」。国連砂漠化対処条約で渉外・政策提言部の部長を務めるルイーズ・ベイカーは、イギリスのある新聞記事でこう話している。「干ばつと砂漠化によって毎分、23ヘクタールの土地が失われています。世界の人口はすでに70億人に達し、2050年までには90億に達すると予測されています。より多くの食料凄惨が必要ですが、生産性のある土地の面積は年々減り続けているのです」】

とにかく本書には、これまで知らなかったような事実が満載に盛り込まれていたので、僕自身の意見よりも、本からの引用を優先したが、他にも興味深い話は多々あった。「ガラスをさらに加工して作られたレンズによって科学革命が起こった」「15年前まで水しかなかったドバイが何故あそこまで栄えたのか」「州間高速道路の誕生で、アメリカに「郊外」が生まれた」「湿地帯だったフロリダ州をリゾート地に変えた男は、晩年にはほぼ一文無しのアルコール中毒になっていた」「スプールスパインという小さな町で採れる砂がなければ、シリコンチップは作成できない」などなど、「砂」というテーマの周辺に、非常に魅力的な話を多々結びつけていく。アメリカ在住の著者なので、日本の話はほぼないが(若干は出てくる)、しかし、置かれている状況はアメリカだろうが日本だろうが大差はない。

誰もが「石油は枯渇しかかっている」という話は知っているだろう。実際に枯渇しかかっているのかどうかはともかく、そういう話は聞いたことがあるはずだ。しかし、「砂が枯渇しかかっている」という話など、聞いたことがないだろう(実は僕は、ここ1年ぐらいの間にやっていたテレビ番組で、ちらっとその話題に触れたことがある)。しかし、本書を読めば、石油よりも早く砂が枯渇するだろうということがイメージできるはずだ。

じゃあどうしなければいけないのか。根本的な解決はない。著者は端的にこう書いている。

【結局のところ、長期的な解決策は1つしかない。人間が砂の使用量をへらすことに取り組まねばならないということだ。もっと言うと、人間は”あらゆるもの”の使用量を減らすことに取り組まねばならない】

「砂」は、あまりにも日常の様々な場面で使われているが故に、「何か」の使用量を減らす程度では対応できない。「あらゆるもの」の使用量を減らすしかないのだ。

そうしなければ、人類が地球上で、ある程度の文明レベルを保った上で生き延びる手段はないと言っていいだろう。

ヴィンス・バイザー「砂と人類 いかにして砂が文明を変容させたか」

関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3913-e96f8272

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
10位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)