黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

アストロボール 世界一を成し遂げた新たな戦術(ベン・ライター)

本書は、「野球」と「ビッグデータ」の話だ。

と書くと、それだけで、興味の失せる人がたくさんいるだろう。

しかし本書は、「直感」や「運」の物語でもある。

【「人間が気づくことは、人間が数値化できる」シグは言う。「数値化できれば、そこから学ぶことができる」】

これが本書を貫く考え方の一つの軸だ。本書はまさに、「ビッグデータ」を活用して「野球」の世界に革新をもたらした者たちの物語だ。

しかし彼らは、データ至上主義だったわけではない。

【アストロズがコンピューターだけで球団運営を行っていたら、プエルトリコ出身の高校生のショートをドラフトで指名しなかっただろうし、身長168センチの二塁手を入団させなかっただろうし、40歳のフリーエージェントの選手と契約しなかっただろうし、年俸200万ドルを支払わなければならない30代半ばの投手をトレードで獲得しなかっただろう】

この文章の意味は、本書を読めば理解できる。アストロズという球団を運営していたのは、データ分析の専門家たち、つまり技術者たちだ。野球は好きだったが、野球の経験がきちんとあるわけじゃない。そんな男たちが、野球の世界に革命をもたらしたことが過去にもあった。その話は、本書の中にも頻繁に登場する『マネー・ボール』という本に詳しく書かれている。

しかし、『マネー・ボール』では、データがあまりにも重視されすぎていた。

【『マネー・ボール』では、スカウトたちは主に抵抗勢力として描かれており、進展の前に立ちはだかる間抜けで時代遅れな人間だと扱われていた】

僕も『マネー・ボール』は面白く読んだ。ちゃんと覚えていないが、確かに、スカウトを「敵」のように描いていた記憶はある。日本でもスカウトという職はあってイメージできるだろうが、大リーグでも、スカウトと呼ばれる人たちが、全米を、時にはアメリカ国外にも飛び出して様々な選手を見て、自分の目で良い選手を引っ張ってくる。

確かに、人間の判断はファジーだ。本書に、「行動経済学」という分野を立ち上げた二人の心理学者の話が出てくる。

【2人の主張によると、かなり複雑で多属性の意思決定、例えば野球選手の評価方法や結婚式のプランの立て方などに直面した時に限って、人間が非合理的な選択を下すのには、認知バイアスに原因があるという。人間が全体的な問題の中の薄っぺらい一部の断片―「利用可能性」と呼ばれる、気持ち的に満足度が高くて、しばしば最近の出来事の記憶―だけに基づいて判断を下す心的なショートカット、すなわち「ヒューリスティック」に依存しているのは、人間の脳が問題の全貌を認知的に評価できないようにできているためだ】

アストロズの立て直しに貢献した、GMであるルーノウと、データ分析の責任者であるジグは共に、野球の世界に入る前にこのことを自らの体験として実感している。

【アーキタイプ・ソリューションズというアパレル会社では、J・クルー、ランズエンド、トミーヒルフィガーなどのブランドの顧客たちが、自分でサイズを測って各ブランドのウェブサイトに入力した数字に基づいて、ぴったり合う服をデザインできる仕組みを作った。ここでルーノウは、シグがブラックジャックのテーブルで発見したのと同じことを学ぶ。顧客たちが結果的に自分のためにならないような行動を取ることが、それなりにあるという事実だ。問題になったのは、顧客たちが自己申告するサイズの数字がしばしば間違っている―ほとんどの場合は小さすぎるという点で、そのせいでオーダーメイドのはずなのにウエストが細すぎて入らないジーンズができてしまったりする】

少し触れられているように、シグもカジノのディーラーのアルバイト時代に、同じことを理解している。

人間が判断する以上、「認知バイアス」から逃れられない。だから、スカウトの判断のみによるスカウティングではうまくいかない。しかし、データがあればいいというわけではない。本書は、まさにこの点に関する本だ。

【ここで重要なのは、彼らがビッグデータの欠点についても認識していたことで、それについて世間一般では、まだようやく取り組み始めようとしている段階だった。ある意味では、それが本書のテーマに当たる。】

野球には、様々なデータがある。そもそも『マネー・ボール』で描かれていた、データ重視のチーム作りが行われた背景には、一人の野球ファンが長年に渡り記録し続けていた膨大なデータの存在があった。野球の世界には、一野球ファンでさえ集められる情報が膨大に存在する。

もちろん、球団フロントはさらに高度な情報を手に入れることが出来る。アストロズはかなり早い段階から、ハイスピードカメラや、加速度計とジャイロメーターを内臓したシステムを使うなどして、投球や打撃に関する様々なデータを収集、それらを活用する形で選手の評価をしてきた。

しかし、そういうデータだけでは不十分だ。彼らは「直感」をも、システムへの入力変数として利用した。非常に印象的な、こんな文章がある。

【変数の中にはスカウトたちの直感に基づくものもあり、直感はスピードガンの数字や長打率と比べると一貫性に欠けているものの、価値としては等しい。いや、より価値があると言えるかもしれない。なぜなら、スピードガンの数字の読み方ならば、ほかの全球団も知っているからだ】

最後の、「スピードガンの数字の読み方ならば、ほかの全球団も知っているからだ」という文章は、非常に面白い。確かに、ルーノウやシグがアストロズの改革を始めた当初は、同じスタイルを目指そうとする球団はさほど多くなかった。しかし次第にそれは当たり前になっていく。”正確に”測ることができる数値であれば、機械や設備を用意すれば誰にでも手に入れられる。だからこそ、”不正確”にしか測ることが出来ない要素を、どのように数値かし、どのように重みをつけてシステムに入れ込むのか。この点にこそ、データ分析の要が存在するのだ。

【入力された情報は選手が残した記録上の数字にとどまらず、スカウトたちの手で大部分の収集と評価が行われた情報―選手の健康状態や家族の経歴、投手の投球フォームあるいは打者のスイングの軌道、選手の性格にまで及んでいた】

このような情報も収集し数値化していた彼らは、さらに踏み込んで「チームの和」というものの正体まで掴もうとしていた。結局彼らは、その数値化には至らなかったようだが、この「チームの和」に関する、カルロス・ベルトランという選手のエピソードは、非常に印象的だ。彼に関しては、以下の2つの引用で、その凄さが十分伝わるだろう。

【目には見えない形で、しかもしばしば分類できない形で、チームを後押ししてくれるベルトランの力に1600万ドルの年俸を支払っていることについて、球団はまったく後悔していなかったが、グラウンド上での成績はその数字に見合うものとは言えなかった】

【第7戦にまでもつれ込んだこのシリーズで、ベルトランは12回打席に立ち、ヒットは1本しか打てなかった。しかし、もし彼がいなかったら、アストロズはALCSを勝ち抜けなかっただろう】

本書には、こんな文章もある。

【だが、ベルトランはワールドシリーズでヒットを1本も打てなかったものの、もし彼がいなかったらアストロズは頂点に立てなかっただろうということを予測する方法は、今のところ存在しない】

これは、結局彼らが「チームの和」を数値化出来なかった、ということを示す文章だが、しかし、その数値化が可能だと考えている文章でもある。さらに、数値化出来ないことでも無視してはいけない、ということを伝える文章でもある。

さらに、常に「プロセス」を重視する、という意味でもある。

【しかし、ルーノウはケリーを選択した。その時、ルーノウ自信もどこかで失望を覚えていた。
それは選択そのものに対しての思いでは決してなかった。ケリーを選ぶのが正しいと信じていなかったら、ルーノウがアンジェロ・ソンコのマグネットではなくジョー・ケリーのマグネットをつかむことはなかった。問題なのはそのプロセスだった。「シグに対して決定を弁明できる合理的な説明が存在しなかった」ルーノウは言う。】

彼らは「直感」や「運」までも取り込もうとした。しかし、神頼みはもちろんしない。何か決断をする時、常にそこに合理的な判断があるべきだ、と考えている。その価値観を、野球の世界に持ち込んだのだ。

彼らは、自分たちのやり方を信じつつ、過信はしない。

【2人は自分たちがほかの誰よりも上手な球団運営の方法を心得ているという考えは抱くまいとした】

【シグの言葉を借りると、「自分たちは賢いという勘定は自分たちの敵でもある。私たちはそれを何としてでも避けようとしている」】

【「誰かから未来がどうなるかわかると聞かされた時には、その相手を信じてはいけない」シグは言う。「未来は私たちが想像するよりもはるかに不可解だ。私たちの想像が及ぶよりもはるかに不可解なんだよ。未来を解明できたと思ったとしても、少し待ってごらん。たぶん間違っているから」】

そして彼らにはもう一つ、非常に強い信念があった。

【エリアス(※スカウトの一人)は続ける。「僕たちにとって競争優位性になりうるのは、間違っているとしか思えないような場合でも自分たちの情報への信頼を貫くという、自制心と自信を持つことだ」】

ルーノウは元々、セントルイスという球団のスカウティングを取り仕切っていた。セントルイスというのは、非常に好調な球団で、データ分析によるチーム改革を急がなければならない理由は特にないチームだった。だから、ルーノウの扱える範囲はスカウティングに限られていた。チームを良くする方法を、データ分析などから発見しても、コーチの決定権などはなく、球団全体にルーノウの思想を行き渡らせることは難しかった。

アストロズというチームは、ルーノウが引き受けた2011年の時点で、【その半世紀で最悪の野球チームだった】。それもあって、ルーノウは、チームの建て直しの全権を手にすることができた。だからこそ、誰もが驚くべき短期間で、アストロズというチームを立て直すことが出来たのだ。

【おそらく何よりも重要なのは、未来を予測し、同時に変えていくための新しい方法をこれからも積極的に受け入れようという、球団としての意識が定着していることだろう】

本書は、確かに「野球」の物語だ。しかしある意味では「野球」の物語ではない。「データ」という、ともすれば無味乾燥とも思えるものに、いかにして「人間」を組み込むのか。その奮闘の物語だと言っていいだろう。

【アストロズのプラスの結果は、成功とは「人間か、それとも機械か」の問題ではなく、「人間+機械」の問題だということを示すものとなりうる】

【これから先も、直感が果たす役割はきっとあり続けるはずだ】

さて、本書には魅力的なエピソードが満載だが、あと2つ触れて終わりとしよう。

一つは、アストロズの世界一を予言した、という話だ。これには、著者も関わっている。

『スポーツ・イラストレイテッド』という、アメリカで非常に有名な雑誌がある。定期購読者を含めると、300万人の読者がいるという、スポーツ雑誌だ。この、2014年6月30日号に、「2017年のワールドシリーズ覇者」というタイトルをつけて、アストロズの外野手であるジョージ・スプリンガーを起用した。この記事は、アストロズの地元も含めて、不信と怒りの大合唱を招いた。なにせ2014年時点でもアストロズは、【その半世紀で最悪の野球チームだった】という状態だったのだ。誰もそこから、ワールドシリーズで優勝するとは思わなかった。実際の結果はどうか。2017年、アストロズはワールドシリーズの覇者となった。

この記事を書いたのが、本書の著者だった。著者は、【負けていることの何かが腑に落ちない】という理由で、編集長にアストロズを取り上げるよう説き伏せたという。凄い話だ。

さてもう一つは、カイケルという投手についてだ。

この投手は、ルーノウがアストロズのGMに就任した当初から、アストロズに所属していた。しかし、球速は140キロ台という、パッとしない選手だった。これと言った球種もなく、常に名前の呼び方を間違われるような、目立たない選手だった。ルーノウはカイケルをトレードに出そうとしたが、誰も欲しがらなかったのでアストロズに残っていたに過ぎなかった。しかし2015年には、その年の最高の投手に与えられるサイ・ヤング賞を受賞し、アストロズの主力と言える投手になった。

何故か。

そもそもルーノウのアストロズ立て直し策は、「年俸の高い選手を放出し、有望な若手を取る」のと同時に、「元々アストロズにいる選手から資質のある選手を見つけ出す」というものもあった。ルーノウは、オーナーであるクレインと共に、「たった一度勝つため」ではなく「勝ち続ける」ためにチーム作りを行うことに決めていた。だからこそ、チーム内から有望な若手を見つけ出すことも重要だった。

シグは、どの選手をスカウティングすべきかを導き出すためにシステムを洗練させていったが、その同じシステムに、同じチームの選手のデータも入力していった。チーム内の選手であれば、データも取りやすい。そこから、より正確データ分析が出来るようになる。

そういう中で、アストロズのデータ分析者たちは、負け続きのアストロズに選手に「守備シフト」を提案する。今となってはあらゆる野球チームが採用しているものだが、アストロズが最初に採り入れた。これは、対戦相手の選手の打球が飛ぶ方向などを分析したデータから、打者毎に守備位置を大きく変えよう、というものだ。そして、この「守備シフト」に実は反対だったカイケルにとって、この「守備シフト」が生命線となっていく。元々、異様なほどの正確なボールコントロールが出来る投手で、球速がなくても、データの力と適切な指示によって、相手を抑え込めることが証明できたのだ。

他にも面白いエピソードはたくさんある。マルティネスという選手にまつわる「失敗」は非常に印象的だし、ヴァーランダーという選手の獲得の舞台裏はかなりドラマティックだ。また、ハッキングなどの映画のような展開もある。

さて、これで本当に最後だが、このアストロズというチームに関しては、残念な情報もある。ワールドシリーズを制覇した2017年に、電子機器を用いて相手チームの捕手のサインを盗み、球種を打者に伝えていたという告発があり、2020年1月に、メジャーリーグのコミッショナーはこの疑惑に対して、不正行為があったと断定した。本書の訳者もあとがきで、

【不正行為があったと知ってから読むと、本書の内容の一部の信憑性に疑問が出てくることは否めない】

と書いている。まあ確かにそうだろう。しかし、ルーノウやシグは関わっていなかっただろう、と見られているようだし、この一件で、彼らがメジャーリーグの世界で成し遂げたことがすべてゼロになってしまうのはちょっと正しい評価ではないように感じる。

「ビッグデータ」が人類にとって最良の結果をもたらすために何が必要か、本書を読めばすべて理解できるだろうと思う。そういう意味でもやはり、本書は「野球」の本ではないと思う。

ベン・ライター「アストロボール 世界一を成し遂げた新たな戦術」

関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3907-fdeeda84

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
6位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)