黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

「1917 命をかけた伝令」を観に行ってきました

僕はよく、事実を基にした映画を観に行く。その映画を作る者たちは、「物語を生み出す者」であると同時に、「事実を伝える者」でもある。

同列に語るのもおこがましいが、僕も、書店で働く身として、「誰が生み出したものを伝える者」である。そして、その経験をそれなりに長く積み重ねてきた身として感じることは、「伝えるための手段」は、「伝える中身そのもの」とマッチしていなければ意味がない、ということだ。

そういう意味でこの映画は、見事な選択をした、と僕は感じる。

アカデミー賞の最優秀賞も有力視されていたこの映画は、「全編ワンカット」という非常に斬新な手法で撮影されている(後で触れるが、実際には数箇所、カットを割っているだろうが、冒頭からワンカットに見える手法で撮影されている)。

この手法がもし、「斬新なことをやってやろう」という理由のみで採用されていたとすれば、この映画が感動を与えることは難しかっただろう。この映画が、アメリカで大いに話題になり、アカデミー賞にノミネートされるほどに注目されたのは、手法の斬新さが、物語を伝える手法として最善だったと感じられたからだろう。

物語は、1917年4月6日の昼頃から翌朝に掛けての、1日未満の時系列で展開される。設定は後で触れるが、事態は急を要する。一刻一秒でも早く行動し、伝令としてのミッションを完遂することが何よりも肝要だ。そのミッションの成否によって、多くの人物の命が左右されることになる。しかも、それをたった2人で成し遂げなければならない。

時間はない。道のりは険しい。人員は僅か。しかも、失敗は許されない。個人に託されるには、あまりにも重すぎるミッションだ。実際、戦場では、こうしたミッションはよく発生していたのだろうとは思う。しかし、だからと言って、その指令を受けたものは「よくあることだ」などとは思えない。戦場でよくあることであっても、その個人にとっては一生に一度あるかないかだからだ。

何が言いたいのか。それは、このミッションを請け負った人物は、半端ではない重圧にさらされている、ということだ。

そして、「全編ワンカット」という撮影手法は、観客をこの「半端ではない重圧」にさらす効果をもたらす。

もちろんそれは、錯覚だ。僕らは、この映画が映画として完成していることを知っている。人に見せられるレベルのものに仕上がっているということを知ってる。既にアメリカで公開され、高い評価を得ているということを知っている。だから、撮影がきちんと行われている、ということは、もちろん頭では理解している。

しかし、映画を見ていると、頭では理解しているはずのその事実が、すっぽり抜けていく。そして、「役者たちはミスしないだろうか」「カメラマンは段取りを間違えないだろうか」という”不安感”と共に、映画を見ることになる。

いや、こう書くと、誤解が生じるかもしれない。僕は何も、物語そのものとは関係ないことに気を取られたまま映画を見ることになる、などと言いたいわけではない。僕も、公式HPに書かれているような、『常に主人公のそばにいるかのような臨場感』を常に感じながら、その世界に没入するかのような映像体験を味わった。それは間違いない。しかしその一方で、頭のどこか片隅で、この特殊な映像手法が、別の緊迫感を与えるのだ。今、映画を観ていた時の自分のことを振り返ってみても、やはりその時感じていたドキドキ感の何割かは、「ミスしないでこのカットが終わるだろうか」という感覚から生まれていたように思う。もしこの映画が、「全編ワンカット」という手法を採用していなかったとすれば、物語の展開そのものからくるドキドキ感は当然感じるだろうが、映像手法がもたらすドキドキ感は当然味わうことはなかっただろう。この撮り方が、確実に観客に、プラスの感覚を与えていると感じる。

だからこそ、この特異な映像手法は、彼らが戦場で感じていた重圧を、観客にも疑似体験させるものとして機能していると、僕は感じた。

この映画がどんな風に撮られたのは分からない(その辺りのことも後で触れる)。しかし、一度実現出来たものは、別の誰かが再現出来るだろう。しかし、手法だけ真似をして観ても、同じ感動を観客に与えることは難しいだろうと思う。この撮り方は、この物語の設定や展開だからこそ、見事にハマった。そこに、大いなる必然性を感じた。

確かに、凄い映像手法だった。この映像手法単体で取り上げても、色んなことを言いたくなるだろうし、真似してみたくもなるだろう。しかし僕は、何よりも「必然性」が大事だと考えている。この「全編ワンカット」というアイデアが、どのタイミングで着想されたものなのかはもちろん分からない。しかし、制作者たちの思惑通りだったのかどうかはともかくとして、この撮り方には必然性があった。

僕は、そのことが、何よりも一番見事だったと感じる。

内容に入ろうと思います。
1917年4月6日、ブレイクは上官から呼び出され、あるミッションを言い渡される。
明朝までに、攻撃中止のメッセージを別部隊に伝えろ、というのだ。
前線の向こう側にいるはずのドイツ軍が退去した。退去するドイツ軍を叩くために、第2大隊が彼らを追い、明朝攻撃を仕掛けるとの情報が入った。しかし、航空映像の解析により、退去したドイツ軍が罠を仕掛けていることが判明したのだ。マッケンジー大佐率いる第2大隊1600人の兵士がその罠に嵌って命を落とす可能性があるのだ。
何故そんな重大なミッションを、一兵卒であるブレイクに託すのか。理由は、第2大隊に、ブレイクの兄がいるからだ。この伝令を成功させなければ、兄の命が危ない。
ブレイクは、たまたま傍にいたスコフィールドを伴って上官の元へ向かっており、成り行きでスコフィールドもこの困難なミッションに駆り出されることになってしまった。上官によると、ドイツ軍は前線から退去しているというが、それすら正しい情報かどうか分からない。スコフィールドはブレイクに、夜を待つべきだと伝えるが、兄の危機に気を取られているブレイクは、スコフィールドの忠告など耳に入らず、明るい内から行動を開始することに決める。
距離だけ考えれば、時間が掛かっても8時間程度で第2大隊のいる場所までたどり着ける計算だ。明朝までには十分間に合うはずだったが…。
というような話です。

いやはや、凄かった。これはホント、見るべき映画です。凄すぎました。

ストーリー展開は、これ以上ないくらいシンプルだ。「明朝までに、第2大隊がいる場所まで行き、攻撃中止を伝えること」。以上。シンプル過ぎてビックリするくらいだ。「全編ワンカット」だから当然過去の回想はないし、上記のミッションに関わらないサイドストーリーもほとんどないと言っていい。とにかく、「ついさっきまで敵陣だった場所を突っ切って、幾多の困難を乗り越えながら、伝令としてのミッションを完遂する」というだけの物語です。

映画の冒頭で、「実話を基にしている」というような表記はなかったが、映画の最後に、「この映画を、この物語を話してくれた◯◯に捧げる」みたいな表記が出たので、実話を基にしているのだろうと思う。やはり、実話の重みというのは凄い。「実話である」ということが、物語そのものに、さらなる重みを与えていることは間違いない。

しかしやはり、「全編ワンカット」という手法が、あまりにも凄まじすぎて、その凄さについて語りたくて仕方がない。

僕は、この映画がどう撮られたかについてまったく知識がない。だから、ここで僕が書くことは、すべて僕の想像に過ぎない。映画製作に関する知識があれば、もう少し詳しく分かるかもしれないが、あいにくそういう経験も僕にはほとんどない。だからはっきり言って、この映画を観ながらずっと感じていたことは、「どうやって撮ってるんだかさっぱりわからない」ということばかりだ。

僕が理解できたことで、まあまず間違いないだろうということは、「画面が真っ暗になるシーンでカットを割っているのだろう」ということだ。この映画の中に、真っ暗闇の空間に入ることで、画面全体が真っ暗になる箇所がいくつかある。それでも5箇所くらいだが、そこで一度カメラは止まっているんだろうと思う。また同じような理由で、川に飛び込んだ場面でもカットが割られているはずだ。

それ以外のところでは、とてもじゃないけど、映像が途切れているようには感じられなかった。もし、凄まじい努力や技術によって、暗闇や川以外の場面でカットが割られているんだとすれば、驚愕でしかない。

しかっし、暗闇と川のシーンのみでカットが割られているんだとしても、驚愕であることに変わりはない。そこだけでカットを割っているとするなら、2時間の映画を6~7分割で撮っている、ということになる。単純計算で、1シーン20分程度だ。僕自身の体感では、もっと長い。20分間、屋外の撮影で、役者が多数いる現場で、一切ミスなく、カメラワークも完璧に行うというのがどれほど大変か、想像するだけで恐ろしい。

しかもこの映画、全編ワンカットという手法で撮ろうと思ったのが信じられないほど、かなり動的に状況が展開する。戦争映画なのだから当然なのだけど、全力で走っている人間を追いかけたり、濁流に飲まれてほぼ自由が利かない中で川で流されたり、戦闘機が墜落したりする。ネズミや牛や赤ちゃんなど、タイミングを計るのが恐ろしく困難なものも出てくる。そういうものもすべて含めてコントロールし、一連の流れの中で撮影を行うのだ。

マジでどうなってるんだ。

しかも、映画製作の現場について僕が無知すぎるからかもしれないが、カメラマンがどうやってこの映像を撮ってるのか、まったく分からない。僕のイメージでは、レールが敷かれた上に台車みたいなのがあって、その上に乗って撮影するか、あるいは手ブレ補正がなされるカメラを手持ちで撮影するぐらいしか思いつかないが、そのどちらであってもこの映画は撮れないように思う。ドローンにカメラを設置して飛ばして撮影してるっていうなら映像的には納得できるけど、でも現実的に、あれほどきちんとしたカメラワークの映像を、ドローンをコントロールすることで撮れるとはちょっと思えない。カメラマンは、空を飛べるのか?

もっと不思議だったのは、ちょっとネタバレかもしれないが、ある人物が死んだ後、顔色が急速に悪くなる場面だ。あれは一体どうやってるんだろう。確かにその人物は、顔色が悪くなる前に少しだけ画面から外れた。その瞬間に、何かしたのだろうと思う。でも、何をどうすれば、あんなに一瞬で顔色を悪くすることが出来るんだろうか。

そんな風に、どうやって撮ってるんだか全然分からない場面が多々ある。凄い。

また凄かったのは、セットだ。セットと呼んでいいのかすら分からないが、塹壕や爆撃された建物の跡など、まさに戦場そのものでしかなかった。少し前に、「彼らは生きていた」という、白黒だった第一次世界大戦当時の映像をカラー化し、様々なシーンを繋げて一本の映像に仕立てたもの凄いドキュメンタリー映画を観たが、そこで映し出されていた「本物の戦場」を彷彿とさせるセットだった。リアルなんてもんじゃない。映像の撮り方も凄いが、戦場を再現するその緻密さみたいなものも凄まじかった。

もちろん言うまでもないことだが、こう言った撮影手法をセレクト出来るようになったことは、技術の進歩も大きいはずだ。ひと昔前の映画監督が、同じことをやりたいと思ったとしても、技術の壁を乗り越えることが出来なかっただろう。しかし、技術の進歩だけでこの映画が生まれ得たともまた思えない。映画を観ながらひしひしと感じることは、制作者たちの「熱」だ。圧倒的な「熱」を、この映画に関わるすべての人間が持ち続けなければ、まず完成しなかった映画だろうと思う。

そしてその「熱」は、当然だが、「戦争なんか無くなればいい」という根底の元にしか共有しえないだろう。この映画で殊更にその点が強調されるわけではないが、観れば当然分かる。戦争のバカバカしさが。命を賭けることの無意味さが。

戦争の悲惨さを描く物語は多い。それらは個々に、人びとの心に残るだろう。しかし、革新的な映像手法を用いたこの映画は、その映像手法を選択したことで、より大多数の心の中に、強烈な印象を伴いながら残ることだろう。そして、個々人の中に残ったその感覚が、いずれ、「戦争を始めないという決断」に繋がっていくかもしれない。

そんな期待さえ抱かせる、凄まじい映画でした。

「1917 命をかけた伝令」を観に行ってきました
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3900-ebb2b7d1

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
7位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

最新記事

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)