黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

天才の思考 高畑勲と宮崎駿(鈴木敏夫)

まず本書がどういう過程で生まれたのか書こう。

文春文庫から出ている、「ジブリの教科書」シリーズという本がある。ジブリ作品を1作1作取り上げて、様々な角度から捉えようとする本だ。その本の中に、鈴木敏夫が各作品について語る箇所がある。本書は、それらだけを抜き出して構成した作品だ。

著者はあとがきで、

【ゲラを読んで驚いた。自分が体験したことを語った内容なのに、話の細部のほとんどが記憶に無い】

と書いている。それがどういうことなのか分からないが、【読みながら、歴史上の人物のやった出来事を読んでいる気分だった】と書いているように、本になったものは、ある種の他人事のように感じられた、ということだろう。

僕は鈴木敏夫の著作を読むのが初めてなので、そもそも彼がどのようにしてジブリと関わるようになったのか、という話から興味深かった。

70年代半ば、新聞記者や編集者が世間一般的には「生業」とはみなされない、「ヤクザ」な世界だと思われていた時代に、彼は徳間書店という出版社に入社し、『週刊アサヒ芸能』の記者、そして『テレビランド』の編集と関わっていく。そういう中で、『アニメージュ』というアニメの雑誌の創刊準備をしていた人から、外部のプロダクションとケンカしちゃったから俺はもう出来ない、校了まで2週間しかないけど、引き受けてくれないか、と突然話がきたそう。彼はアニメのアの字も分からないので断ったのだけど、引き受けざるを得なかったという。

118ページの創刊号を2週間でいかに作るか。それを試行錯誤している中で、元編集長から紹介されたアニメ好きの女子高生が、『太陽の王子 ホルスの大冒険』の話をしていたのを思い出す。これだ、と思い、まずアニメを見て、それから作った人たちに連絡を取ろうとしたことで、高畑勲と宮崎駿の二人と関わるようになっていく。

著者が初めて宮崎駿と会った時の話から、なかなか痛快だ。

【片や宮さん(宮崎駿監督)のほうは『ルパン三世 カリオストロの城』を製作中でした。あとで宮崎駿はその時の僕を回想して「うさん臭いやつが来たと思った」と言うんですが、会った最初に言われたのが「アニメーション・ブームだからといって商売をする『アニメージュ』には好意を持っていない。そんな雑誌で話したら自分が汚れる。あなたとはしゃべりたくない」。】

そう言われて頭にきた彼は、一心不乱に絵を描き続ける宮崎駿の横に3日間いて、ようやく口を利いてもらえるようになったそうです。彼は、二人と出会って、こう思ったという。

【二人を見て、これほどまでに働くのか、今や”作家”はこんなところにいるのかと思ったんです。そのころ、僕の持つ作家のイメージを体現する人はもう吉行淳之介さんぐらいしかいなくて、想像していたとおりのストイックな作家性を持つ人間が、高畑・宮崎だったんです】

さて、そんな風に二人と関わるようになるわけですが、彼はしばらくずっと『アニメージュ』の編集長でもありました。それはもう殺人的に忙しかったようで、『もののけ姫』や『となりの山田くん』の時期でさえ、こんな状態だったそうです。

【ジブリの母体である徳間グループの不良債権問題が本格化し、僕がその処理にあたる羽目に陥っていたのです。朝はメインバンクである住友銀行のある大手町、昼は徳間書店のある新橋、そして夜はジブリのある東小金井。三角地帯をぐるぐる回る毎日でした】

『となりのトトロ』と『火垂るの墓』を同時に作っている時も大変だったようで、朝から深夜零時ぐらいまでジブリにいて、それから新橋に戻って雑誌作りをする、という感じだったとか。彼はしばらく、ジブリとしてはなんの肩書きもない人でしたけど、面白かったからジブリにどっぷり関わっている内に、いつの間にかプロデューサーになっていたのだそうです。

プロデューサーとして、著者は様々な形でジブリ作品と関わることになります。

作品を生み出す際に影響を与えたエピソードとしては、『紅の豚』『ハウルの動く城』『ゲド戦記』があるでしょうか。

『紅の豚』は当初、JALの機内で流す15分ほどのショートフィルムとして制作されるはずでした。しかし、宮崎駿に絵コンテを描いてもらうと、「え?これで終わりなんですか」というところで終わっちゃってる。実際宮崎駿が最初に考えていたのは、実際の『紅の豚』の冒頭部分だけだったんだそうです。そこで著者が宮崎駿に、「ここはどうなってるんですか?」「みんなこういう部分も知りたいと思いますよ」とか言っている内に、93分の長編になったんだそうです。

『ハウルの動く城』は、まず城の造形から始まりました。映画公開後、この城の造形は絶賛されたようで、リベラシオン紙では「現代のピカソ」と評されたそう。

その城のスケッチを著者は最初に見せられて、「これ城に見えるかな?」と聞かれます。

【正直にいえば、城には見えません。でも、そう言ったら、また制作はストップです。ぼくは「いいじゃないですか。見えますよ」と言いました。ともかく先に進むことが大切だと思ったんです】

彼は要所要所でこんな風に、宮崎駿と高畑勲をうまく動かしていきます。本書を読んでいると、この二人を動かすのは本当に大変だろうなぁ、と思います。凄かったのは『平成狸合戦ぽんぽこ』の制作中のこと。高畑勲が作っていたことの映画を、宮崎駿が「制作中止にしよう」と真剣に言ってきたことがあります。それは大変な修羅場だったようで、著者としてももう八方塞がり、という状態だったそう。このままじゃジブリが終わってしまう、と思った著者は、一か八かの賭けで「無断でジブリを休む」ということをしたそうです。それで、なんとかうまくいったみたいですね。ホント、綱渡りの連続です。

『ゲド戦記』では、著者は当初から、宮崎駿の息子である宮崎吾朗に監督をやってもらおうと考えていました。しかし、最初からいきなり息子の名前を出せば、宮崎駿は絶対に反対される。だから、2人ダミーの名前を出してから、「吾朗くんはどうですか?」と聞いたそうです。これも著者の手腕が発揮された場面ですね。

しかし、作品全体をプロデュースするという意味で、著者が最も苦労したのが、『もののけ姫』と『千と千尋の神隠し』だったでしょう。

しばらく、いわゆる冒険活劇から離れていたジブリが『もののけ姫』を作ろうと思った理由の一つは、【じつはあのころ、僕はすごくムシャクシャしてたんですよ】という理由がある。不良債権の処理などに明け暮れていたからだ。だから冒険活劇でもやったスカッとやろう、と思って作り始めたのだけど、関係各社が賛成だったわけではありません。

【二年かけて、いつもの倍の予算で作る-そう決めたものの、じつは関係各社が諸手を挙げて賛成したわけじゃなかったんですよ。長年協力関係を続けてきた日本テレビ、今回から出資者に加わった電通、そして配給の東宝、三社とも『もののけ姫』という企画には懐疑的でした。というのも、当時の日本映画界には「チャンバラものはもう終わり、興行的に成功しない」という雰囲気があったんです。「いくら宮崎駿が作るといっても、リスクが大きすぎる」。そうした意見が大勢でした。】

とはいえ、彼らの疑念も真っ当ではありました。というのも、

【制作費や宣伝費から計算すると、収支をトントンに持っていくためには、『南極物語』が持っている日本映画の最高記録、配給収入59億円を超えなきゃいけないことになる。本当にそんなことができるのか?彼らは僕に事実を突きつけてくれたんです】

なるほど、それなら多くの人が、「さすがに無理」という気持ちも分かるというものでしょう。結果的に、日本における最高記録である『E,T,』の96億円も抜くことになったわけですが、さすがに公開前の時点でここまで予想できる人はいなかったでしょう。

だから、映画が完成しても、東宝には知らせなかったそうです。見れば、あれこれ言われるのが分かっているから。完成が遅れていることにして、もう状況をひっくり返せないというタイミングになってから試写をする、ということにしたそうです。実際、試写後の反応は、芳しくなかったようです。

この点に関して著者は、【映画にも哲学的なメッセージが必要な時代だと考えていた】という風に書きます。「生きろ。」という宣伝コピーに対しても、「こんな哲学的なコピーじゃ…」という反応があったそうですけど、押し切りました。他にも、公開前には、色んな懸念や問題があったわけですが、結果的にとんでもない興行収入を記録したわけです。

さらにこの『もののけ姫』は、ジブリの世界進出のきっかけになります。とはいえ、元から海外進出を目論んでいたわけではありません。

ジブリ作品のビデオ販売を外部に委託する、という話が出て、様々な会社から申し出があったのだけど、その中に、ウォルト・ディズニー・ジャパンがあった。最も悪い条件を提示してきたのだけど、鈴木氏は相手方の人柄と、様々な情報から、ディズニーに決めます。その際、ビデオ販売を任せる代わりに、『もののけ姫』をアメリカで公開してほしい、という条件を出し、そこから世界に広がっていくことになります。

『もののけ姫』の中身についてはこんな風に語っています。

【世間では「宮崎アニメの集大成」という言われ方をしましたけど、僕はそう思いません。集大成というなら、空を飛ぶシーンを含め、得意技を満載にした映画を作るはずです。ところが、宮さんは得意技をすべて封じて、これまでやってこなかった表現に挑戦した。そのせいで、大きなテーマを掲げながら、それを具体化できないじれったさみたいなものが滲み出た映画になっています。だから、完成度という意味では必ずしも高くない。その代わり、『もののけ姫』という映画には、新人監督の作品のような、荒々しいまでの初々しさと勢いがありました】

さて、次は『千と千尋の神隠し』ですが、こちらに関しては、著者自身の葛藤でした。

『千と千尋の神隠し』の内容について宮崎駿が滔々と語るのだけど、その時語られた展開には鈴木氏はあまりピンとこなかった。しかしそれを率直に言うわけにはいかないから、「このストーリーだと3時間ぐらいにはなりますね。でも、3時間でもいいじゃないですか。今回は思い切って長くしちゃいましょう」と言った。宮崎駿が、長い映画を作りたくないと知っていてのことです。

案の定、宮崎駿はそれを嫌がって、じゃあその代わりにと言って描いたのが、カオナシの原型となるキャラクターです。

この時著者は、こんな風に考えます。

【それを聞いて、僕の中に二律背反、二つの考えが浮かびました。
新しい案はたしかにおもしろい。ただ、カオナシの中に心の闇のようなものを見てしまう子もいるんじゃないか?意識化でいつまでもこの映画を引きずり、人格形成に影響を受ける子も出てくるかもしれない。十歳の子どものために作ろうとしている映画で、そういうことをやるのは不健全じゃないだろうか…】

逡巡している間にも、宮崎駿に「どっちか決めてよ」と言われ、鈴木氏は「カオナシで」と言ってしまったそうです。

【でも、本当にそういう映画を作っていいものかどうか、僕はその後もずいぶん悩みました。正直なところ、ヒットするのはカオナシのほうだと思いました。『もののけ姫』のときから感じていたことですけど、単純な勧善懲悪の物語では、もうお客さんは呼べない時代になっていました。娯楽映画にも哲学が必要な時代になっていたのです】

また、そういう懸念を抱く一方で、別の意味でも著者は、この映画をヒットさせていいか悩むことになります。

【ご承知のとおり、『もののけ姫』は日本の映画興行史を塗り替える大ヒットを記録しました。社会現象にもなって、宮崎駿という名前は一人歩きするようになった。それがもういちど起きたら、宮さんという人はおかしくなっちゃうんじゃないか…そんな不安を感じたのです】

そこで著者は、息子の宮崎吾朗に相談してみたんだそうです。その時の会話が奮っています。

【「『もののけ姫』の倍、ヒットさせてくださいよ」
「なんで?宮さんがおかしくなって、家族がばらばらになっちゃうかもしれないよ」
「いや、ぼくは美術館を成功させたい」
僕は内心、すごいやつだな…と思いました。仕事のためには家族のことも顧みない。そういう点は宮さんの血を引いています】

また、「『もののけ姫』の半分ぐらいのヒットにはなるんじゃないか」という程度の期待しかされていないことも知ってしまい、それで彼は、だったらメチャクチャヒットさせてやろうじゃねーか、と考えます。

そのために鈴木氏は、カオナシを前面に押し出すことにしたわけですが、みんな怪訝そうな顔をしたそうです。そんな宣伝でヒットするだろうか、と疑問だったんですね。でも著者は、【カオナシで売れば、この映画は当たる。いや、それどころか、お客さんが来すぎてしまうんじゃないか-そんな心配すらしました。不遜に聞こえるかもしれませんが、それぐらい深い確信があったんです】というぐらい自信がありました。結果は、皆さんご存知の通り、308億円という驚愕のヒットとなります。ただ、この結果には功罪あったと言います。『千と千尋の神隠し』が当たりすぎたせいで、他にヒットしそうだった映画が軒並み割を食ってしまったからだそう。これ以降、『千と千尋の神隠し』のようなメガヒットは出さないようにしよう、という空気が生まれることになったと言います。

さて、この宣伝に関して面白かったのが宮崎駿。

【質量ともに前代未聞の宣伝を展開する中、普段、宣伝に関心を示さない宮さんが珍しく僕の部屋へやってきて言いました。
「鈴木さん、なんでカオナシで宣伝してるの?」
「いや、だって、これ千尋とカオナシの話じゃないですか」
「えっ!?」
宮さんは衝撃を受けていました。「千尋とハクの話しじゃないの…?」
その後しばらくして、映画がほぼ完成し、つながったラッシュを見た宮さんはしみじみ言いました。
「鈴木さん、分かったよ。これは千尋とカオナシの話だ」
宣伝関係者だけじゃなくて、監督自身も気づいてなかったんです。作っている当人も気づかない。それが作品というモノだと思いました】

まったく、凄いエピソードですよね。

さて少し、宮崎駿について色々書きましょう。

映画監督としての宮崎駿というのは、自分にも他人にも厳しいようです。宮崎駿にしても高畑勲にしても、アニメを作るとなったら、社内から使いたい人間をピックアップするのだけど、

【宮崎駿がスタッフに求めているのは、その人の中にいいものを見つけて伸ばすというよりも、”自分の分身”なんですね。】

ということになる。

【一本の作品を完成させるためには、机を並べていた人に対して厳しいことを言わなければならないこともある。アニメーターの描いた芝居が自分の意図と違う方向に向かっていると「違う」と指示を出さなきゃならない。その一言ごとに、みんなが離れていく。宮さんは、この孤独に耐えられないと言うんですね】

なるほどなぁ、と。

『風の谷のナウシカ』を作った時は、まだジブリという会社は存在しなくて、アニメを作るには制作会社を探さなければならなかったのだけど、皆口を揃えて同じことを言ったそうです。

【宮崎さんが作るならいいものが作れるだろう。それはわかっている。でも、スタッフも会社もガタガタになるんだよ。今までがそうだった】

どれほど過酷な環境か、ということが伝わりますね。

一方、『借りぐらしのアリエッティ』の監督である米林宏昌や、『ゲド戦記』の監督である宮崎吾朗なんかは、皆が明るく仕事をしていたようです。まあ、単純に宮崎駿と比較するのは酷でしょう。ジブリが専従のアニメーターを雇って長い間作品作りをしていたからこそ、アニメーターたちの基本レベルは上がっていたのだろうし、そういう基本レベルの上がっているスタッフを最初から使えただろう二人は、宮崎駿よりも有利だった、とは言えるかもしれないからです。

また宮崎駿は、才能のあるアニメーターを使いたいと思っているけど、【才能よりも作品に対する誠実さがほしい】とスタッフに言ったことがあるそうです。

ジブリには、それはそれはもうとんでもない腕を持つアニメーターがいるそうですが、彼らは一方でなかなか扱いづらいんだそうです。ジブリの社員なのに、仕事を頼むと断られたりする、とか。しかし、そういう凄腕のアニメーターがいるからこそ、例えば『ハウルの動く城』での、荒地の魔女が王宮の長い階段を上る名シーンが生まれたりするのです。

そもそも、日本のアニメの表現の多くは、高畑勲と宮崎駿が生み出したんだそうです。

【宮崎駿は、「日本のセルアニメーションの技術の大半は高畑さんの発明だよ」と言います】

【そもそも、いま日本のアニメーターが使っている波の描き方って、『未来少年コナン』で宮さんが発明したものなんですよ】

化け物ですよね。

さて、宮崎駿の話に戻すと、彼は絵の才能だけではなくて、経営能力もあるそうです。それが遺憾なく発揮されたのが『紅の豚』。少し前まで『おもひでぽろぽろ』の制作をしていたジブリでは、エース級のスタッフは疲弊している。できるだけ制作の負担を減らして、早く作りたい。

そこで宮崎駿は、「重要な仕事はすべて女性にやってもらう」「背景は海と空を基本にする」という方針を立てます。言い方はともかく、エース級のスタッフに次ぐ実力である女性スタッフたちを登用しエースを休ませ、一方、背景を細かく描かずに済むようにして負担を減らそうとしたわけです。「エースを休ませる」という言い方だと色々軋轢も生まれそうですけど、「女性に重要な仕事をやってもらう」という言い方だと誰も不快には感じないですよね。なるほどなぁ、と思いました。

また宮崎駿は、新社屋の設計にも類稀な手腕を発揮します。建材を選ぶところからすべて自分でやり、カタログから最も安い建材を選び、それらの組み合わせで、非常に上等な建物を作り上げてしまうのです。

これに関して、固定資産税評価のためにやってきた税務署の人の、こんなエピソードがあります。

【私たちはこういう建築物を見て資産価値を計算するプロです。でも、ここまで創意工夫して安くできている建物は見たことがありません…。いったいどなたが設計なさったんですか?】

プロをも唸らせる手腕だったそうです。

さて、この感想の中ではあまり触れられませんでしたが、高畑勲もまた、とんでもない人です。ざっとエピソードを書いてみると、

【1999年9月、アメリカで『もののけ姫』の英語版が公開されるのにあわせて、MoMA(ニューヨーク近代美術館)で、スタジオジブリ全作品の上映会が行われました。その最終日、すべての催しが終わった後、僕はMoMAの映画部門の責任者に呼ばれました。
「上映会への協力、本当にありがとうございました。私も全作品を見せてもらって、その中で一本、ものすごい作品に出会いました。『となりの山田くん』、この作品をMoMAのパーマネントコレクション(永久保存作品)に加えさせてもらえないでしょうか」】

【『火垂る』の現場で、最初のころ、僕が驚いたのは、B29が神戸の街に空襲にやってくる場面がありますよね。すると高畑さんは、当時、B29がどちらの方向からやってくるのかを調べた上で、清太の家の玄関と庭の方角を考慮して、清太が見上げる顔の剥きを決める。焼夷弾がどう爆発するかについても、どこで手に入れたんだか、使えなくなった焼夷弾を一個、現場に持ち込んでいた記憶があります。とにかく何を描くにしても、自分で納得するまで徹底的に調べ上げる】

【結局、『火垂るの墓』は、多くの映画賞を獲得し、特に海外での評価が非常に高く、フランスでは、約20年間、連日上映されるという快挙を成し遂げました】

【挙句の果てには、取材した(紅花の)栽培法について「あれはすこし間違っているんじゃないでしょうか。僕の研究によると、米沢の人の作り方が正しい」と言って、もういちど取材に行くというんです。(中略)ちなみに、高畑さんが書いた研究ノートを見た方は、「この方はどなたなんでしょうか?」と驚いていたそうです】

エピソードの尽きない人です。

まだまだ書きたいことは山程ありますが、これぐらいにしておきましょう。鈴木氏は、宮崎駿と高畑勲を「天才」と評していますが、彼自身もまた「天才」でしょう。ジブリのアニメの本質を誰よりも理解し、それを時代に合ったやり方で世に問う手腕はずば抜けていたといえるでしょう。ちなみに、一時期ジブリの見習いにきていた、当時ドワンゴの社長だった川上量生氏は、こんなことを言っていたそうです。

【表向きはコンテンツビジネスを学ぶとか、マーケティングの勉強とか言っていたようですけど、本音はそうじゃない。
「いわゆる世の中で成功者といわれている人たちに会うと、なぜかみんな幸せそうじゃないんです。でも、鈴木さんだけはなぜか幸せそうにしている。それが不思議だったんです」。】

二人の天才に対峙して、それはもう大変な目にさんざん遭いながら、それでも「幸せそう」なのは、やはり「天才」の証左だろうなぁ、と思います。

鈴木敏夫「天才の思考 高畑勲と宮崎駿」

関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3892-3e943055

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
7位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

最新記事

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)