黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

迷走するふたり 久保史緒里・山下美月

久保史緒里と、山下美月は、なんだかいつも迷走しているように見える。迷走というのは、決して悪い言葉ではないつもりだ。自分が今いる場所、これから進むべき場所に対して、悩み、言語化し、行動に落とし込んで、また悩む。そういう繰り返しは、アイドルに限らず、上を上をと目指そうとする時には、大事なものだろう。

ふたりは、同じようなことをインタビューで語っている。

【―例えるなら、自分は今、どんな道を歩んでいるように思いますか?
久保 暗いトンネルを1人、懐中電灯じゃないな…たぶんロウソクとかランプとかを手に持って、恐る恐る進んでいるっていう絵がしっくりきますね。
―その例えの意味するところは?
久保 今、乃木坂46として活動している自分に置き換えるなら、暗いトンネルの中を足場を確かめながら、少しずつ、少しずつ進んでいるような感じなんです。(昨年、約4ヶ月、体調不良で一部の活動を休止していた)休養中は道もないし、ロウソクとかランプのような頼りにできるものもなかったから、恐る恐るながら前に進むことすらできませんでした
―今、手に持っているその灯りは、何を象徴しているんでしょう?
久保 やりたいことへの意思や思いですかね。暗いトンネルの中、燃えている闘志を頼りにしていて。それって自分の中ですごい成長なんですよ!人に話しかけることさえためらってしまうくらい、自分から行動を起こすのが苦手なタイプだったのに、自分の中にある意思や思いを頼りに歩いているなんて。ただトンネルの先の景色はまだ何も見えてはいないんです、真っ暗…(笑)。外が見えて来るまでは、長い長い道のりかもしれません】「B.L.T. 2019年5月号」

【―例えるなら、自分は今、どんな道を歩んでいるように思いますか?
山下 すっごい迷路です。バスラ(バースデーライブ)が終わって、西野(七瀬)さんが卒業されたり、アルバムの製作中だったり、乃木坂全体ががんばるぞってなっている時に、私だけが今、迷走しているように思えて不安になっています。自分のアイドル像―山下美月っていうアイドルがどうあるべきかっていうことにすっごく迷っていて
―それはまた、どうしてでしょう?
山下 先輩方の卒業が続いている中で、選抜に3作連続で選んでいただいたり、卒業した先輩方のポジションをライブで務めさせていただくことも多かったり、そういう時に周りを見たら3期生がすごくいて、乃木坂が変わってきていることを年末くらいから強く受け止めていたんです。そんな中で今年に入ってから、ドラマ撮影など個人のお仕事が続いていて、メンバーに会うことがすごく減ってしまって、テレビや雑誌で乃木坂の活動を外から観る機会がすごく増えたんです。そしたらなんか、私はちゃんと乃木坂というグループのために、力になれているのかなとかって考えてしまうようになって】「B.L.T. 2019年5月号」

山下は「迷走」という言葉を使っているし、久保の発言の意図しているところも「迷走」に近いだろう。

他のメンバーのことを「考えていない」と言いたいわけでは決してないが、久保と山下は、考えすぎる人だ。そして、自分を認める力が弱い。外から見ている限りにおいても、久保と山下は「努力の人」に見えるだろう。少なくとも、僕はそう捉えている。

【―自分へのご褒美を買ったりもしますか?
久保 それについてすごく疑問に思うのが、頑張ったの基準がわからないから、自分にご褒美をあげられないんですよ
―今日は頑張ったなぁって思うことはない?
久保 ないです。何をやれば”私は頑張ったぞ!”って思えるんだろう?って】「BOMB 2019年10月号」

【山下 ファンの方が握手会に送ってくださったお花がたくさんあるんですけど、ひとつずつ写真を撮って、「ありがとう」ってブログに書いて感謝の気持ちを伝えました(中略)
私、バラエティ番組とかで爪痕を残すようなことをしたり、メディアに出て「引っかかりがある子だな」って気になるようなことを言えるタイプじゃなくて。自分の中では「ちゃんとやろう!」と思っていても、今まであまり結果を残せたことがないんですよね。だから、何かでパッって一気にブレイクすることはたぶんないと思うんです。でも、さっき言ったブログのお花とかは時間をかければできるじゃないですか。握手を大切にするのもそうだし、ファンの方に対しての姿勢は、才能とは関係ないと思うんです。才能がなくてもできることだし、ファンの方がよろこんでくれるのは素直にうれしいなって思います】「BUBKA 2019年1月号」

確かに、アイドルとして活動している年数が違うから、1・2期生を見て「天才」「才能のかたまり」と感じてしまうかもしれないし、それと比較して、「自分は出来ない」「才能がない」と感じてしまうのかもしれない。だから彼女たちは、いつも自信がない。

【―誰かにほめてもらっても、自信にはつながっていかないんですか?
久保 そうなんですよね、そこが不思議ですよね…。でも、昔はほめてもらっても、『そんな、そんな』ってとにかく否定していたんですよ。それが3期生として乃木坂に加入してから2年半がたってようやく、『ありがとうございます』って言えるようになったんです。そのもう1つ上の段階、自信に変えるっていう力が今はまだなくて。全然、自分の活動に対して何事も満足していないからなんでしょうね。】「B.L.T. 2019年5月号」

【―今、自分に自信ってありますか?
山下 自信はないですけど、度胸はつきました
与田 分かる!
山下 自信がなかったとしても、お仕事はやらなくちゃいけないじゃないですか。苦手なことにも、できないことにも直面しながらここまで来たから。なので、自信はついていないですけど、度胸だけはあります。】「B.L.T. 2019年11月」

自分が、アイドルに向いていない、という感覚も共通している。

【―アイドル力のなさって、どういうことですか?
久保 なんか儚い感じとか、繊細な感じとか…私は体格的にも大きいし、女性らしさみたいなものを醸し出すのが得意じゃないんだなと、ずっと思っていたんです。しかも「私はそれができないから良いんだ」と割り切っていた。例えばダンスにしても、私は体が硬いことを『乃木坂工事中』の中で「硬いからできないんです」と自分で言うことによって良しとしていたんです。
―キャラにするというか。
久保 だけどそれって良くないなと思った。できないことをそのままにしたくないし、それまでも自分をすごく恨むようになりました。】「BUBKA 2019年7月号」

【―山下さんの考える“エース”は、山下さんのキャラとは違う?
山下 私、自分にないものが全部アイドルとしての理想なんですよ。儚くて、線が綺麗で、一瞬一瞬が美しくて。そういうのが備わっている人が、私にとって理想のエースです。あと、あまり抱え込みすぎない人がなってほしいなと思います。真ん中に立つと、たとえみんなが認めていたとしても、その曲のことを全部背負うわけじゃないですか。私がもしそこになったとしたら、毎日、目の下にクマを作るんじゃないかな。
高山 本当に?
山下 考えすぎちゃうと思うんですよ。だから、ちゃんとグループのことを思って、そのために活動はするけど、あんまり背負っているのを感じすぎない人がいいなって思います】「BUBKA 2019年1月号」

しかしそれでも、彼女たちがアイドルというステージで努力を続けるのは、乃木坂46や先輩に対する想いがあるからだ。

【久保 乃木坂に対する思いが、あふれ出ているんですよ。ライブをしながら、「どうしよう、私、今後、これ以上に、恩がえしをしたいとか、大好きだとか、最上級の感情が出ることがあるのかな」と何度も思うくらい、乃木坂に対する思いが強いな、と自分でも分かるんです】「AKB新聞 2017年8月号」

【山下 先輩方が黙って努力する姿に、私ははかなさを感じるんです。それが「らしさ」を作っているんじゃないかなと思っていて。乃木坂46はそのはかなさが他のアイドルグループよりも強いんじゃないかなと、今メンバーとして強く感じています】「日経エンタテインメント 2017年10月号」

そんな久保は、「自分がそんなことをしていいのか」という葛藤を抱えながら、3・4期生のみで行われたライブにおいて、自発的に、メンバーを鼓舞する役を買って出た。

【久保 このライブ(※3・4期生ライブ)の開催を聞いて、3期生と4期生だけでステージに立つことには何か意味があると思いました。どんな意味かというと、3期生が先輩としての自覚を持つということです。それが私たち3期生の課題なんです。私たちの代って、2期生さんからかなり遅れて入ったので、1期生さんと2期生さんを完全に先輩として見ているわけです。だから、ライブでもテレビ出演でも、すべての面においていつも頼ってばかりでした。そんな甘えている現状が続いていてはいけないということを突きつけられたんじゃないか。私はそう感じました。そのためには経験えを積まなければいけない。私たちが先輩として4期生をしっかりと引っ張る。そして、乃木坂46のメンバーであるという自覚を手に入れる。今回の代々木ライブはそういう場所なんです。
-リハーサルがスタートしてしばらくたったある日、3期生の代表として久保が口を開いた。
久保 誰かが言わなきゃいけないと思っていました。そうじゃないと、ライブが成功しないかもしれません。どうせ言うなら早いほうがいいと思ったので、このライブが開催される意味を、私なりの解釈でみんなに話しました。『このライブを成功させるためには今までと同じ心持ちじゃいけないんだ。今までだったみんな本機で取り組んできたと思う。私がみんなより、できているわけじゃない。でも、みんなもっとできると思う。そのためにはリハから全力で踊ろう。全力で歌おうよ。私たちも頑張るから。ついてきてほしい』って】「乃木坂46×週刊プレイボーイ2019」

また、山下は、乃木坂46全体に対して、また違った捉え方をしている。

【山下 ただ、よく言われる「世代交代」という言葉に対しては、ちょっと違和感があります。個人的に感じるのは、乃木坂46って“一本の直線”なんです。期の間に大きな隔たりがなくて、全員が「乃木坂46らしさ」にこだわりを持って、一本の真っすぐな線を、みんなでつなげていっているような感覚なんですね。だから、「3期生が中心になって新しい時代を作っていく」となると、それは違うかなって。これからも一本の直線を崩さないように、私たちがしっかりと「乃木坂46らしさ」を次へつないでいくことが大事だと思っています】「日経エンタテインメント!乃木坂46スペシャル2019」

とはいえ、どちらも、乃木坂46に対して本気であることは確かだ。他のメンバーも、もちろん本気だろう。しかし、「本気感が見える」という意味で、ふたりはずば抜けている。それは、ある種の不器用さでもある。本気感を出さずに、スマートに努力することも出来る。それが個性になっているメンバーもいる。しかし、齋藤飛鳥が山下に対して言うように、【やまっきーは、「0か100かしかない女」というか。中途半端な加減はしないから、うらやましいと思うし、ある種の正解だと思う。(中略)アイドルが好きな人にとって、やまっきーみたいな子って、見ていて本当に楽しいんだと思う。】「乃木坂46新聞 「真夏の全国ツアー2019」全公演リポート」というのも、アイドルとしてのある種の正解だ。

また、その本気感は、お互いの存在から刺激されている部分も大きい。

【久保 山下はすごいんですよ。もちろん3期生みんな努力しているんですけど、私が見た中で一番頑張っているのは山下です。山下を見て私も頑張ろうって思ったので。必ず裏とかでずっと練習しているし、ノートとかに取ってるし、しっかり準備していて、いい意味で余裕があるから、自分の中での整理がついていて、ファンの方ともステージでコミュニケーションが取れるんですよ。陰で努力しているからこうしてファンの方の心をがしっとつかめるんだと思いました】「AKB新聞 2017年8月号」

【山下 久保ちゃんも含めて、自分には越えられない存在だし…。
―なぜそう思うんですか?
山下 そばで見ていると、アイドル性とか輝き方とか、やっぱり違うなにかを持っているのをすごく感じるので。最初の頃は、私はこの3人のうしろをずっとついていくんだろうなって思っていました。でも、それじゃあファンの方に申し訳ないし、最初から諦めていたら何もできないから、報われないかもしれないけどそこを乗り越えようとする姿勢は絶対に忘れないようにしよう、と思いました】「BRODY 2017年10月号」

【―個人的には、久保さんと山下さんの切磋琢磨する関係が乃木坂をいい方向に導いてくれると期待しています。
久保 山下には隣にいてほしいと思ってしまいますね。そのためには私が山下に追い付かなきゃいけないですよね。山下はすごくて、私はいつも見上げているから。そんな状態が自分の負担にならなくなったことが、私の中の大きな変化かもしれません。】「EX大衆 2019年9月号」

【山下 久保ちゃんみたいに歌もダンスも演技もうまくなりたいという思いで、『プリンシパル』は熱意と努力だけで頑張っていたところがあったかもしれません。逆に久保ちゃんがここまでじゃなかったら、自分もこんなに必死になってなかったかもしれないです。】「BRODY 2018年10月号」

ふたりは、お互いの存在がお互いを高め合っている。以前久保は、【たぶん、やましーとは前世で会ってるんですよ】【…こんな出逢い、もう一生ないかもしれない!】「BUBKA 2017年8月号」という話をしていた。確かに、そうかもしれない。それぞれの雑誌でのインタビューを読んでいると、乃木坂46に入る前は、積極的に行動できるわけでもなく、何かしていたわけでもない高校生だった、というようなことを言っていたように思う。もちろん、乃木坂46という場そのものがふたりを変えた、ということもあるだろうが、乃木坂46でお互いに出会ったことが、彼女たちを大きく変化させたこともまた、間違いないだろう。

最後に。久保のこんな言葉で、この記事を終えようと思う。

【―なんでこんな夢を見てしまったんだろうと考えました?
久保 すごい考えました。頭が痛くなるくらい毎日いろんなことを考えて。「なんで大好きな地元を離れようと思ったんだろう」とか「なんで上京する時に友達の連絡先を全部消してしまったんだろう」とか、どんどん後悔が出てきて。正直、「乃木坂にも地元にも戻れない」と自分の居場所がなくなって孤独を感じる時もありました。その時期に3期生が個人で活躍することが増えて、「もうダメだ」と気持ちが沈んでいたんです。
ただ、「乃木坂に入るんじゃなかった」という後悔はなかったです。乃木坂に入って大好きな人がどんどん増えて、愛であふれたメンバーに囲まれた生活が大好きなので。乃木坂に入ってよかったという気持ちはずっと持ってます。】「EX大衆 2019年9月号」

【―改めて、この3年間はどんな道のりでした?
久保 アイドルとしては順調じゃなかったと思います(笑)。ファンのみなさんを心配させたし、まわりの方たちにも迷惑もかけてしまった。ただ、ひとりの人間・久保史緒里としては、すごく正しい道だったと思います。これからも道は続いていきたいです。18歳の1年は基礎を固めてよろけても大丈夫な道にする期間にしたいと思ってます】「EX大衆 2019年9月号」
関連記事

Comment

[10363]

長文コメント失礼します。
くぼした(久保史緒里、山下美月)好きの自分としてはなんだか客観的に落とし込めれるところがあって凄く納得しました。
二人のアイドルとして、そして人間としても"揺れている"姿を「迷走するふたり」と表したのはまさにって感じで。
そしてふたりに共通している「考えすぎる人」、「努力の人」、「アイドルに向いてない(と思っている)」、「自分に自信が無い」という点。
そんなふたりが「お互いを高め合う」関係性。
自分が思う"くぼした"のロマンを見事にインタビュー記事から引用していて素晴らしいと思いました。
これからも是非"くぼした"の記事期待しています笑


そしていきなり話が変わるのが申し訳ないながらもお尋ねしたいのですが、
プラットフォーム「note」で記事を書いていらっしゃる「長江貴士」という方と当ブログ主様は同一人物でいらっしゃるのでしょうか?
その方が当ブログの記事と全く同じ記事を「note」に更新していらっしゃっていたので。
差し支えなければお尋ねしたく存じます。

[10375]

読んでいただいてありがとうございます!

僕は正直、インタビューを読むのと、テレビや動画などで見るぐらいのことしかしてないんで、
乃木坂についても、アイドルについてもよく知らないまま書いてるんですけど、
くぼしたファンの方から良いと言ってもらえて嬉しいです!
記事は、インタビューがある程度たまったら(自分が良いなと思ったインタビューを毎回Wordに打ち込んで保存してます)また書きますね~

noteについては、はい、そっちもワタクシでございます(笑)
こっちのブログは正直、あんまり見られてないと思うんで、
同じ記事をnoteの方にもどんどんupするようにしてます!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3865-b17256c6

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
10位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)