黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

線は、僕を描く(砥上裕將)

僕はずっと、「言葉」を武器にして闘ってきたつもりだ。「闘ってきた」なんて、大げさに言ってみたけど、20代の頃頑張った自分への敬意を込めて。

文章を読んだり、文章を書いたり、フレーズを生み出したりするようなことを散々続けたことで、「言葉」は鍛えられたと思うし、明らかに見える世界が変わったと感じる。「言葉」が未熟であれば、認識できない状況や世界が世の中にはたくさんあって、まったく同じものを見ていても、「言葉」の差によって現実の捉え方はまったく変わってくる。そういうことにハッとさせられる瞬間は、面白いなと思う。

ただ、「言葉」を知れば知るほど、こんな風にも思うようになる。どれだけ「言葉」を磨いても、「言葉」では捉えられない現実は無数にあるのだな、と。

【描こうとすれば、遠ざかる。】

「言語化する」というのは、突き詰めれば突き詰めるほど、「細部を切り落とすこと」だと理解できるようになる。「言葉」は、無限にあるような気がするが、しかしやはり有限だ。そして「現実」というのは、毎時間、毎分、毎秒変化していく。その一秒一秒を、正確に等価に言語に置き換えることなど、不可能だ。

【命としての花も極限のところでは、刻々と姿を変えているのだ。(中略)命とはつまるところ、変化し続けるこの瞬間のことなのだ。】

だからこそ、「現実」の細部を切り落として、なんとか「言葉」の中に押し込めるしかない。豆腐やパン生地のように、柔軟に可変するものがやがて形を整えていくような、そういう「現実」であれば、「現実」の方をうまくこねくり回して「言葉」に合わせられる可能性もあるかもしれない。しかし、そんな「現実」ほとんどないだろう。本来であれば、「現実」のたゆまぬ変化に合わせるようにして、「言葉」の方が変化しなければならないのだが、「言葉」というものが、他者との共通理解のために使われる以上、急には変化しない。だから実際には、「現実」の細部を切り落として「言葉」にはめ込むしかないし、そうすればするほど、「言語化する」ことによって失われる「現実」の質感は大きくなっていく。

【株の根元も、絵では省略して描かれているが、しっかりとした存在感がある。見れば見るほど絵との違いは明らかだ。そして、どちらが間違っているのか、と考えれば、考えるまでもなく絵のほうが間違っているのだ。現物はこちらで、現実はここにある】

僕は、結果的に「言葉」が好きになって、「言葉」で世界を、そして自分自身を捉えようとしてきたつもりだ。そして世の中には、「言葉」以外にも様々な捉え方がある。

本書でのそれは、水墨画だ。

【水墨画はほかの絵画とは少し違うところがあります。(中略)線の性質が絵の良否を決めることが多いということです。水墨画はほとんどの場合、瞬間的に表現される絵画です。その表現を支えているのは線です。そして線を支えているのは、絵師の身体です。水墨画にはほかの絵画よりも少しだけ多くアスリート的な要素が必要です】

僕には、絵を描く素養はない。というかそもそも、映像的なもの全般が得意ではない。大人になってから、自分が人と違うことに気づいたが、僕は映像的な記憶が一切不可能だ。「りんごを頭に思い浮かべてください」と言われても出来ないし、人の顔は、その人が目の前にいなくなった瞬間に思い出せなくなるし、小説を読んでて映像が出てくることは一切ない。子どもの頃は、みんなそうだと思っていたのだが、大人になって、どうやらこういう感覚は珍しいのだと気づくようになった。

そして、僕は「言葉」を通じて、そして主人公は「水墨画」を通じて、「凄い人は凄い」という当たり前の事実に気づくことになる。

【だが、実際に自分が歩み始めると、知っていたはずの当たり前のことにさえ簡単につまずいてしまう。斉藤さんや千瑛さんの顔が浮かんだ。あの人たちはこんな悩みとずっと闘ってきたのだ。眺めているだけでは分からない。実際に手を動かし、描いて、つまずいてみなければ分からないことばかりだ。】

「現実」を捉えるための武器に近づけば近づくほど、「現実」の捉え方を見失っていく。

【我々の手は現象を追うには遅すぎるんだ】

この表現からも分かるように、水墨画というのは他の絵画と比べて、切り取っているものに大きな違いがある。長い時間を掛け、描き直すことも出来る絵画と違い、一気呵成に描き上げ、彩色もせず、描き直しも出来ない水墨画は、そもそもが「時間」を、もっと言えば「瞬間」を切り取ろうとしている。

【水墨画は確かに形を追うのではない、完成を目指すものでもない。
生きているその瞬間を描くことこそが、水墨画の本質なのだ。
自分がいまその場所に生きている瞬間の輝き、生命に対する深い共感、生きているその瞬間に感謝し賛美し、その喜びがある瞬間に筆致から伝わる。そのとき水墨画は完成する】

それは、途方もない挑戦に僕には思える。絵という、3次元ですらない空間に、4次元目である時間を組み入れようとしているのだから。
水墨画にも当然、様々に技法は存在する。しかし本書には、技法の習得や技術の高低ではない本質についての言及が多い。

【手先の技法など無意味に思えてしまうほど、その命の気配が画面の中で濃厚だった】

【けれども『絵を描く』ことは、高度な技術や自分が習得した技術をちらつかせることだけではない。それは技術を伝えてくれた『誰か』との繋がりであって、自然との繋がりではない】

【拙さが巧みさに劣るわけではないんだよ】

そして、究極的にはこの言及だろう。

【才能やセンスなんて、絵を楽しんでいるかどうかに比べればどうということもない】

水墨画、というものにまったく関心も知識もなかった僕だが、本書を読み、水墨画というものを少し理解することによって、水墨画を小説の中心テーマとして扱うことの巧みさも理解できるようになったと思う。水墨画が、「瞬間」を、そして「命」を切り取ろうとしているということ、そしてそれを成し得るのが「線」の良否であるということ。これらを理解することで、タイトルの「線は、僕を描く」という意味を著者の意図に沿って理解できるようになる気がするし、主人公の生い立ちが、「命」を描く水墨画と何故これほどうまく混じり合うのか、ということも理解できるようになる。

【現象とは、外側にしかないものなのか?心の内側に宇宙はないのか?】

水墨画の真髄を言葉で理解しようとすればするほど、それは「絵を描く」という印象から遠ざかって、「哲学する」というのに近づいていく気がした。【絵は絵空事だよ】という言葉など、まさにその最たるものだ。

【この人は、ただ単に技を突き詰めただけの絵師ではない。技を通じ、絵を描くことで生きようとしていた実直な人間なのだと、その瞬間に分かった。】

理解した、などとは到底言えない段階にいるが、水墨画を理解したい、と思わせる強さで漲っているし、その強さが、小説としての魅力にもなっている。

内容に入ろうと思います。
青山霜介は、世の中にあまり関与出来ない大学生だった。高校生の頃、交通事故で突然両親を亡くした彼は、きちんと生きるためのすべての気力を失い、自分の中にあるガラスの内側から外をぼんやりと眺めているような時間を過ごしていた。やがて、強制的に選択肢が提示され、大学に通い、一人暮らしをすることになった。
大学に入った後も、他人や世界とうまく対応できるわけではなかったが、古前という友人が出来たことで少し世界は広がった。常にサングラスを掛けた、恋にうつつを抜かす男だったが、そのシンプルな行動原理には好感が持てたし、彼と一緒にいることで少しずつ他人と関わる時間が増えていくことになった。
そんなある日のことだ。古前から手伝ってくれと頼まれたアルバイトで、人生を変える出会いをしたのは。
「飾り付けのアルバイトだ」と言われて行った青山を含む文化系のひ弱な男子数人は、展覧会の設営のために、自分の背丈よりも高いパネルを50枚以上、パーティションを100枚近く搬入しなければならなくなった。青山以外の面々が一人また一人と逃げ出す中、青山は現場にいたガテン系のお兄さんと仲良くなり、また古前の再度の采配もあって、展覧会の準備はどうにか片付いた。
そこで青山は、篠田湖山と出会う。美術の教科書に登場し、CMに出ていたこともある水墨画であり、日本を代表する芸術家だ。とはいえ、青山はこのおじいちゃんがそんな凄い人物だとは知らなかった。そして、弁当でも食べよう、などと誘われて話をしている内に、何故か湖山の内弟子になる、ということになってしまった。会場で、湖山の孫娘である篠田千瑛(同じく水墨画家だ)と出会った青山は、内弟子などほとんど取ったことがない祖父が、何故彼に目をつけたのか訝っていた。それは、青山自身が一番理解できないポイントだった。彼は別に湖山の前で絵を描いたわけではない。ただ話をしていただけだ。そして成り行き上、千瑛と青山は、来年の湖山賞(青山が手伝っていた展覧会は、まさにこの湖山賞のものだった)で勝負をすることになった。水墨画をまだ始めてもいない一介の大学生と、巨匠の孫娘として長い鍛錬を続けてきた若きエースとの闘いだ。勝負は見えている。しかし湖山は、その勝負を面白がり、勝手にその勝負を受けてしまう。青山にとっては、理解不能な展開ばかりだ。
そんな風にして、篠田湖山の家に通うことになった青山。水墨画のなんたるかも分からないまま、彼は墨をすり、筆を持ち、手を動かした。
そして水墨画の世界は、彼の人生を根底から変えていくことになる…。
というような話です。

主人公のキャラクターは、言ってしまえば弱々しいという感じなのに、そんな主人公がウロウロしながらさまよっている小説が、これほど骨太である、というギャップが新鮮な作品でした。ストーリーやキャラクターでガツンと訴えかける作品ではなく、そういう意味でインパクトが強いわけではない。でも、読んでいると、じわじわ染み込んでくるような意思の強さが感じられる。そしてその強さは、まさに主人公・青山の人間としての強さなのだ。両親の死をきっかけに自らの殻に閉じこもってしまった青山だが、その内側には、外からは見えにくい、そして彼自身も自覚できていなかった強さがある。それが、「水墨画」というものと出会うことでどう見出され、表に出ていくのか。そこにすべての焦点が当てられていて、面白い。

本書では、格言めいたというか、瞬時にその意味を捉えられないような含みを持つ言葉がたくさん登場する。

【まじめというのはね、悪くないけれど、少なくとも自然じゃない】

冒頭でも色々と引用したが、こういうものだ。こういう物言いは、時として雰囲気だけのこともある。何かそれっぽいことを言っている、という雰囲気を醸し出すために使われることもあるという印象だ。しかし本書の場合、そういう印象はない。何故そう感じるのかと言えば、青山らが対峙しているものが「言語では捉えられないもの」だと感じるからだ。

【ですが、湖山先生と私とで意見が一致していることが一つだけあります。それは、水墨画の筆法の本質は『描くこと』だということです】

何を当たり前のことを言っているんだ、という発言だし、主人公もそう感じるのだが、しかしその後で、「減筆」という言葉が出てくる。

【減筆とは端的に言えば描かないことです】

そしてここにこそ、水墨画の最高の技法は隠されている、という話になるのです。

水墨画の本質が『描くこと』であるのに、最高の技法は『描かないこと』にある。なんという矛盾だろう、という話ですが、しかしこれは結局、「水墨画」というものを「言葉」で捉えようとする限界だ、と受け取るべきなのでしょう。水墨画というものを、水墨画の論理・理屈(これは言葉によるものではない)で理解している人からすれば、その人の頭の中では矛盾はない。しかし、それを「言葉」で説明しようとすると限界がある。だから矛盾してしまう。

仏教の本を読んでいて、「悟り」について書かれているものを読んで納得したことがある。それは、「言葉では理解できないことを、自分の体験として捉えること」だと、「言葉」では表現できるだろう。言葉では理解できないのだから、言葉で教えることはできない。だから仏教は、「悟る」ために様々な素っ頓狂な技法を開発してきた。その技法そのものに意味があるわけではない。大事なのは「悟った」という状態であり、そこに行き着く方法は何でもいい。しかし、そこに行き着いたことがない人は、「悟った」という状態にたどり着くための技法に着目し、それを理解しようとしてしまう。しかし、技法そのものを理解したところで、「悟り」にたどり着けるわけではない。

本書でも、まさに同じような理屈が展開される。技量に圧倒的な差がある二人の水墨画家がいて、しかし技量の高い方が良い水墨画家なわけではない。技術というのはあくまでも、水墨画の本質にたどり着くための方法の一つであって、たどり着くための手段は色々ある。技量が高くなくてもたどり着けるし、技量が高くてもたどり着けない人はいる。

【本当はもっといろいろなものが美しいのではないかって思いました。いつも何気なく見ているものが実はとても美しいもので、僕らの意識がただ単にそれを捉えられないだけじゃないかって思って…】

ど素人の初心者である青山が、湖山から見出され、水墨画の力をメキメキとつけていくその理由には、まさにこういう要素がある。まだ本質にたどり着けないでいる人には、そこに行き着くために技術を学び、一歩一歩近づく必要がある。しかし時に、技術がなくてもその本質が見える人がいる。そして本来的には、まさにそのことにこそ価値があるのだ、ということを、本書は強く訴えてくるのだ。

【美しいものを創ろうとは思っていなかったから】

この答えはある意味で、何故青山が「たどり着けたのか」を端的に表すものだろう。

本書は、そういう水墨画の側面を深く深く掘り下げるが故に、必然的に「孤独」の物語でもある。本書の中でそう書かれているわけではないが、水墨画を通して世界を見るためには、孤独にならざるを得ない。それは、言語や技術、常識などの「装備」をつけた状態では不可能なことだからだ。もちろん、「言語化しようとしてもがく」とか「技術を徹底的に磨いて血肉にする」という経験が無意味なわけではない。そういう経験の蓄積によって、可能性が拓けていく。しかしだからといって、言葉や技術そのものでその本質が捉えられるわけではない。いずれ、その外側に出なければならない。そうなればなるほど、自分が持っている様々なもの(持っていると意識していなかったものも含めて)から遠ざかることでしか前に進めなくなってしまう。

そういう意味で青山は最初から強かったといえるだろう。

【僕にも真っ白になってしまった経験があるからです】

彼は最初から「孤独」側にいた。そのことが、水墨画という世界において武器になると気づけなかった彼は、「孤独であるということ」はポジティブなものとして捉えられなかった。そういう懊悩も、本書では描かれていく。青山ほど、社会や周囲から隔絶してしまう感覚を経験することはなかなかないかもしれないが、多くの人が、社会に受け入れられないとか、社会に関わる意思が持てないと感じたことがあるだろう。そういう孤独感みたいなものをネガティブに捉える(それは一般的な感覚だが)青山の姿が描かれていく。

しかし面白いことに、孤独を志向する水墨画に関わることで、結果的に彼は少し孤独感を薄れさせることが出来るようになる。

【二年前、父と母がいなくなったあの夏の終わりから、今日までたくさんの独りぼっちを味わったけれど、気づかないうちにその空気を忘れていることに驚いていた。たぶん僕が、与えられた場所ではなく、歩き出した場所で立ち止まっているからだろう】

説明的なことを書くのは野暮なのだろうけど、僕の解釈はこうだ。水墨画を始める前の彼は、人が多い場所にいて、その場所でガラスの内側にいた。しかし水墨画を始めることで彼は、自然と人が少ない場所に行くことになった(これが、水墨画における「孤独であること」だ)。しかし、その人が少ない場所には、その感覚を理解し合える少数の同志がいた。だからこそ彼は、孤独を志向しながらも、孤独を薄れさせることが出来たのだと思う。

【僕らはたぶんお互いが、自分の想いをそのままうまく口にすることができない人間同士なのだ。僕らはそれほど多くのことを語らないまま生きてきたのだろう。こんなときにお互いの距離を上手に埋める言葉を何一つ持っていないなんてカッコ悪すぎる。】

「言葉」ではうまくやりとりできなかった二人が、「言葉」ではない世界で分かり合うことができる。新たな世界の捉え方を知ることで、景色だけではなく人間の見え方まで変わってくる。墨一色で描かれる水墨画を題材にしながら、本書にはそういう鮮やかさを感じることが出来ると思う。

【あなたはもう独りじゃないわ。語らなくても、こうして描くものを通して、私はあなたを理解できる。私だけじゃなくて、私たち皆があなたのことを信じて、感じていられる。あなたはもう私たちの一員よ】

著者自身、水墨画家であるという。言葉ではないもので未知の領域を切り拓こうとしている人間が、言葉という武器を振り回した時の破壊力を、まざまざと感じさせられる作品だ。

砥上裕將「線は、僕を描く」

関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3778-4a0df76f

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
10位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)