黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

武器になる知的教養 西洋美術鑑賞(秋元雄史)

引っ越してから、意識的に美術館に行くようにしている。
以前と違って土日休みになってしまったので、混んでいるタイミングで行かなければならない、というのがなかなか難点ではあるのだが、手軽に美術館に行ける場所に住んでいるので、時間を見つけて行くようにしている。

とはいえ、やっぱりよく分からない。まあそうだろう、とは思っていた。分からなくて当然だろう、と。しかしこの「分からなくて当然」だと思っていた理由を、僕は勘違いしていたということを本書を読んで理解した。

【絵画の鑑賞法として、よく「感じたままに感性で観ればいい」という人がいます。もちろん、何の予備知識もなく偶然出合った絵に、心を打たれるような体験をする人もいるでしょうが、多くの場合、何の予備知識もなければ「何を感じて良いかもわからない」状態になるはずです。
そのような事態を避けるためにも予備知識は必須なのです。
「感性のおもむくまま観る」といった鑑賞の仕方は日本特有のもので、日本美術の歴史とも深く関わっています。一般の日本人が西洋美術に触れたのは、明治の文明開化以降のことでした。その頃の西洋美術は、「印象派」全盛の時代でした。印象派の作品は、理屈抜きで純粋に目の娯楽として楽しめます。
神話や古典を基盤とした従来のアカデミスム絵画は、鑑賞するにあたって高度な教養が求められていましたが、印象派の絵を見る際に、専門的な知識・教養はさほど必要ではありません。
多くの人は幸か不幸か、印象派の作品が西洋絵画を代表するものとすり込まれてしまいました。以来「アートは感じたままに観ればいい」となってしまい、本来知識や教養が必要とされるはずの西洋美術に馴染めなくなってしまったようです】

なるほど、これは非常に分かりやすい説明だな、と感じました。要するに、美術の鑑賞には知識が要るぜ、ってことです。
アメリカでは、美術鑑賞の教養がない人間は社交界で話にならないそうです。

【ニューヨークの社交界では、ニューヨーク近代美術館(以下MoMA)のボードメンバーかどうかが非常に重要視されます。どんなにお金を持っていようが、芸術の話題を出せないようでは、まったくもって話になりません。
つまり、美術鑑賞という行為は、品格のある者に求められる教養である、という共通認識があるのです。
そのため、地位も名誉も資産も勝ち取った初老のセレブリティや富豪たちが、こぞってMoMAの主宰する講習会に参加し、ボードメンバーになるべく勉強するのです】

「美術鑑賞」というのは「勉強する」ものだ、ということがよく分かる文章ですね。確かに日本人は、この時点で感覚的にズレているんのだなぁ、と感じさせられました。

じゃあ例えばどういう知識を持っているべきなのか。それは本書に様々に描かれていますが、一つ「人間の描き方」もあります。

【西洋において、人間は全知全能の神が自らに似せて創ったものとされます。ですから、人間を徹底的に観察することで、神や宇宙を知ろうと考えました。
(中略)
そのため、キリスト教絵画では、自然を描く風景画は、格が低いものとみなされ、産業革命を経て写実派が登場する以前、西洋では風景画はほとんど描かれてきませんでした。
一方、日本では太陽や月、風や雨、動植物も人間もみんな神様です。人間もあくまで自然の一部でした。そうした視点で自然を描いた日本の浮世絵などに19世紀のヨーロッパの画家たちが衝撃を受けたことも、日本と西洋の文化的な違いを知っていれば、理解できることでしょう】

なるほど、「人間の描き方」一つとっても、日本と西洋では大きく違うわけです。日本的な常識で西洋美術を捉えることがそもそもふさわしくないわけで、だからこそ「西洋の常識」を知らなければならないし、もっと言えば「西洋の時代時代における常識」を知らなければ、絵画は理解できない、ということになります。

本書では、ルネサンスから現代アートまでが取り上げられていますが、現代アートについてこんな風に書かれています。

【よく現代アートを「わからない」という人がいますが、マネやマティス、ピカソやゴッホも当時からすれば今でいう現代アートの扱いでした。彼らも当時は「よくわからない」と批評されたのです。正直にいうと、専門家でも「よくわからない」という状況はよくありますし、それは今も昔も変わりません】

本書の著者は現在、東京芸術大学美術館と練馬区立美術館の館長を務める人ですが、そんな人でも「よくわからない状況がある」と言ってもらえるとちょっとホッとしますよね。また、ピカソたちも当時はそういう扱いだった、と言われると、なるほどという感じがします。例えばそのピカソについては、こんな文章があります。

【しかし、この時代にピカソと交流していたモンマルトルの仲間たちですら、この作品を初めて観たときは「ピカソは気が狂ったのではないか」と本気で心配したといいます。それほどこの作品は当時の常識からかけ離れていたのです】

また、後で触れますが、デュシャンの「泉」という芸術作品は、さらにとんでもない代物ですが、しかし今では、

【2004年に、世界の芸術をリードする500人に「最もインパクトのある現代美術の作品」を5点選んでもらったアンケート調査でも、あのピカソの<アヴィニョンの娘たち>を抑えて1位となりました。多くの人が現代アートの出発点と考えているのが、デュシャンの<泉>なのです】

という評価を受けています。芸術というのは、それが時代を揺るがすインパクトを持つものであればあるほど、発表された時には評価されにくいという状況になります。だからこそ、「現代アートがわからない」というのは、当たり前と言えば当たり前なわけです。

では、そんな現代アートに触れる価値はどこにあるのか。次に引用する文章が、僕が本書で一番共感・納得した箇所です。

【あなたも今はまだ、これまでに見たこともない現代アートに遭遇したら、違和感を覚えるかもしれません。
しかし、その違和感こそが新たな目が開かれるチャンスでもあるのです。美術鑑賞は、自分がそれまでに知らなかった価値観があることに気づいたり、「むむっ、私はこういうものに対して、こんなふうに考えていたのか」といったことに気づいたりできる絶好の機会なのです。
現代アートを楽しむことは、知的なゲームのようなもの。あふれかえる情報で凝り固まった頭のストレッチにもなります。文脈を把握してみると、自分が今、どういう時代に生きているのかもわかります。
つまり時代が読めるようになるのです。そこにビジネスのヒントも隠されているかもしれません】

突然「ビジネス」の話が出てきましたけど、これは冒頭で、【欧米では今、ビジネスシーンでアートが注目されています】と書かれていることを受けてのことです。

アートがなぜビジネスと関係するか。それは、こんな言葉からもイメージできます。

【まだ世の中にないもの、自分自身でも何かわからないものを徐々に言語化して表現していくことが、遠山氏(※Soup Stock Tokyoで知られるスマイルズの遠山正道氏)にとってのビジネスだといいます。
実際、テクノロジーの急激な変化で、さまざまな分野がボーダレスとなっている時代に、遠山氏や前澤氏(※ZOZOTOWN)らは、異質なものを結びつけながら新たな価値観を創造して、社会的な成功を収めました。それが創造プロセスとそっくりだというのです】

これも、なんとなく分かる感じがします。要するに、「価値を見出す」「言語化する」ということが、「ビジネス」でも「芸術」でも大事だということだし、だからこそ、「芸術」に触れることが「ビジネス」に活かせる、ということになるというわけです。

さてそれでは、本書で書かれている、西洋美術の流れをざざっと書いてみましょう。

まず「ルネサンス」から始まります。それまで絵画と言えば宗教画でしたが、教会の権威が揺らぎ始めたことで、「見る聖書」とも呼ばれた宗教画から、人間が描かれるようになっていく。

その後「バロック」に移る。教会の権威が失墜し、プロテスタントが生まれたことで、旧約聖書で偶像崇拝が禁じられていることもあって、プロテスタントでは宗教画が禁じられる。そこでフェルメールのような、日常を描いた、裕福な市民の邸宅を飾る絵が出始める。一方カトリックは、復権のためにかつての宗教画をさらに劇的にしていこうとする。

それから「写実主義」が生まれる。急速な近代化によって「陰」も生まれた世の中を描き出すために、画家たちは社会や人間をより客観的に描き始めるようになる。【「目に見えるものしか描かない」態度】が顕著であり、このスタンスが、後の印象派に繋がっていく。

その「印象派」は、権威を笠に着る「サロン」に背を向け、独自の表現を目指すようになる。その特徴は、モノの色が固定されていると捉えるのではなく、光によって見え方が変わる、その一瞬を切り取るという捉え方だ。この「印象派」の誕生には、二つの発明が関係している。「チューブ入りの絵の具」と「写真」だ。チューブ入りの絵の具が開発されたことで、画家たちは外で絵を描けるようになった。また写真の発明により、写実的に描く肖像画家たちが仕事を失っていくことになったのです。

「印象派」と言えばセザンヌだそうですが、そのセザンヌは「現代アートの父」とも呼ばれているそうです。彼は、【絵画は、現実に存在している物体の模倣ではなく、それ自体で本物の価値に匹敵する一つの創造物】だと考えていて、【絵画は堅固で自立的な再構築物であるべきだ】という考え方が、その後のアートの主流となったからです。またセザンヌは、「多視点で捉えた構図を画面内で再構築する」という手法を試みた人でもあり、これが後のキュビズムに繋がっていきます。

その後「フォービスム」に移ります。先ほどのセザンヌが、【絵画とは「色と形」の芸術である】という新解釈を探求したことで、20世紀の画家たちは「色」と「形」の表現を突き詰めるようになりますが、「フォービスム」というのは色の革命でした。現実の色を描くのではなく、色によって感情を描き出す、という手法を採り入れ始め、【「どんな色で対象物を描いても構わない」という自由を与えたことは、20世紀の絵画史で最大の革命といえます】という評価をされているそうです。

さて、そこからピカソで有名な「キュビズム」です。「フォービスム」は「色」の革命でしたが、今度は「形」の革命です。セザンヌの「多視点」をさらに突き詰めたピカソが、「気が狂ったのではないか」と心配されるような絵を描いて、また新たな領域を広げることになります。

そこから「抽象絵画」へと進んでいきます。

【すでにフォービスムにおいてはリアルな感情を反映した絵画になり、キュビズムにおいては絵画を視点も自由になりました。また、ともに対象物をリアルに表現することをすでに放棄しています。それを突き詰めていった先にあるのが抽象画です】

というように、芸術の制約をなくして行った先に「抽象画」があります。

そしてさらにその先に「ダダイズム」があります。この最も有名な実例が、先ほども話に出したデュシャンの<泉>です。この話はまた後でしましょう。

そこから、アンディ・ウォーホルに代表される「ポップアート」が生まれます。

【そうした批判の声にウォーホルは、こう反論しました。
「人が美術作品として買うなら、それは美術作品だ」
つまり芸術かどうかは、鑑賞する側が決めることだと彼は言うのです。デュシャンは既存の芸術を否定しましたが、ウォーホルは、芸術品とそうでないものの境界を破壊してしまいました。そもそもアートとは何なのか、ウォーホルはこの作品でデュシャン同様、私たちに問いを投げかけたのです】

さて、大雑把に流れを見たところで、最後に、本書で印象的だった3作品について触れましょう。

まずは、エドゥアール・マネの<オランピア>です。これは娼婦の裸婦像なのですが、当時としては大スキャンダルだったそうです。そもそも裸婦というのは、神話をモチーフにする場合のみに許されているものだったし、しかも「娼婦」を描いているということで、伝統ある「サロン」は大騒ぎでした。

しかし、マネが何故この作品を描いたのかを知ると、納得できます。当時のパリは、富の再配分などの仕組みが整わないまま急激に経済成長を遂げたため、貧富の差が拡大していました。当時女性は、妻になるか娼婦になるか選択肢がなかった、とまで言われています。一説によると、パリの女性の2割が娼婦だった、という話もあるほどです。つまり当時、多くの男性が娼婦を買っていたわけで、その後ろめたさもあって批判が殺到したわけですが、マネからすれば、パリの当たり前の光景を描いたに過ぎなかった、というわけです。

2つ目は、ポール・ゴーギャンの<我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか>です。本書ではこの絵は「印象派」として分類されていますが、ゴーギャンは実際には「反印象派」というような立場だったそうです。この絵そのものというより、ゴーギャンのこの手紙の文面が印象的でした。

【あまり忠実に自然を写してはいけない。芸術とは一つの抽象なのだ。自然を前にして夢見ることにより、自然から抽象を取り出さなければ。そして結果よりも想像の行為に思いをこらすのだ。それこそが主がしたのと同じやり方、すなわち創造によって、神の世界にまで昇っていくただ一つの道なのだ】

最後に、何度も話に出している、デュシャンの<泉>です。これは、男性用小便器を上向きに置き、偽名でサインを書いただけのものです。しかしこれが、影響を与えた現代美術1位なわけです。

もちろん、当時から高い評価を受けていたわけではありません。【アンデパンダン展でも実行委員から「こんなものはアートではない」と展示を拒否されています】と書かれています。まあそうでしょう。意味が分かりませんからね。

では何故この作品が今では評価されているのか。それは、

【「ただ一つだけのハンドメイドにこそ価値があり、美こそ善である」といった、美術界の既成概念を打ち破るためでした】

【<泉>を見た人は「芸術とは何か」を自らに問わざるを得なくなりました】

【この作品によって、これ以降の芸術家は「デュシャン以降、何が芸術なのか」という問いに応えるような、新たな発想で作品をつくるようになりました。それこそ、デュシャンが現代アートの生みの親とされ、高く評価される理由なのです】

というような理由があるからです。こういうことを知らなければ、正直ただの便器なわけですから、良いも悪いも感じようがないですよね。そういう意味でもやはり、芸術作品の鑑賞のためには、知識が欠かせないのだなぁ、と感じさせられました。

秋元雄史「武器になる知的教養 西洋美術鑑賞」

関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3777-d8c4c160

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
7位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

最新記事

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)