黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

ヒキコモリ漂流記(山田ルイ53世)

本書は、最初から最後まで実に面白い作品だが、一番良いことは最後の最後に書いてある。

【殆どの人間は、ナンバーワンでもオンリーワンでもない。
本当は、何も取柄が無い人間だっている。
無駄や失敗に塗れた日々を過ごす人間も少なくない。
そんな人間が、ただ生きていても、責められることがない社会…それこそが正常だと置くは思うのだ】

これは本当にその通りだなと思う。
もちろんこれは、自分への非難も含んでいるわけだけど。

僕は、比較的広く他人を許容する人間だ、と自分では思っているのだけど、それでもやはり、許容しがたい人というのは存在する。もちろん、そういう人であっても、大抵の場合は、「僕の目の前にいさえしなければ別に何をしていても構わない」と感じる。ただ、本当に時々、「こいつマジでいなくなって欲しい」「自分の視界からじゃなくて、この世から消えて欲しい」と感じるタイプの人間もいる。

本当は、そういう人も許容して、ただ生きていても責められることがない社会が良いのだと思う。それでも、そういう社会を切に望んでいる僕自身さえも、そういう社会の成員としてふさわしいとは言えない感覚を抱いている。難しいものだ、と思う。

僕自身も、引きこもっていた時期がある。

山田ルイ53世は6年間だったようだ。世間には、もっと長く引きこもっている人もいるだろう。それらに比べれば、僕は短い。二回に分けて、合計で半年、という感じだ。

しかし、その半年間は、本当に辛かった。

大学二年まで、小中高大学と成績はとても良かった。まあ頑張って勉強したからなぁ。そして、大学三年の春から授業に一切出ず、家からほとんど出ない生活をするようになった。理由は色々あるが、まあそれは置いておこう。とにかく僕は、優等生から一転、立派な引きこもりになった。

その当時の生活を、もう正確には思い出せないのだけど、大体こんな感じだったと思う。

昼夜逆転の生活をしていた記憶はない。早いとは言えない時間だったかもしれないけど、ちゃんと夜に寝て、昼に近かったかもしれないけど、午前中には起きていたと思う。そして、起きている間はひたすらテレビを見ていた。ずーっとだ。当時は、既に本をたくさん読んでいる時期だった。でも、引きこもっている間に本を読んだような記憶がない。理由ははっきりしている。読めるような精神状態じゃなかったのだ。とにかく頭の中はずっとぐるぐるしていた。問題が何なのかもはっきりと分からないまま、今すぐに答えを出さなければならないような焦燥感にずっと駆られていた。考えなければならない問題はたくさんあった。大学はどうするのか。ここにずっと住み続けられるのか(実家ではなく一人暮らしだった)。働けるのか。友人たちとはもう会えないだろうか…などなど。でも、考えると言っても、まともな思考能力は残っていなくて、考えれば考えるほど悪い方向に思考が進む。だから考えたくない。でも考えずにはいられない。そんな風に頭がぐるぐるしていたから、とても本なんか読んでいる場合じゃなかった。それで、一日中ずっとテレビを見ていた。

僕が住んでいたところは、建物内に食堂や大浴場があるようなところだった。食堂は専用のカードで支払いで、その請求は親に行ったから、とりあえず手持ちのお金がほとんどなくても生活は出来たのだと思う。親は、僕が大学に行かなくなったということを知ったが、山田ルイ53世の両親と同様、すぐに大学に復帰するだろうと考えて、学費も生活費も出してくれていた。山田ルイ53世と同様、僕もそれまでずっと優等生で通してきていたから、ここでダメになるはずがないと期待したかっただろうし、これまでワガママらしいワガママを言わなかったんだからここはなんとか踏ん張ってあげよう、みたいに思ってくれていたかもしれない。

実際どう思っていたのか、聞いたことはないが、しかしどう思っていたにせよ、それらはすべて間違っていただろう。

【中学受験はある日突然、ただの思いつきで僕が勝手にやると言いだし、勝手に勉強して、勝手に合格しただけのことだったし、入学後の学校での成績や生活態度もすこぶる良かった。そんなわけで親は安心しきっていたのである。僕のこと、その現状をまったく把握していなかった。
それが彼らにとっては仇となった。もっと手のかかる子供なら、何かにつけ知る機会も多かっただろうに…。】

これも、物凄く分かるな、と思った。僕も、ずっと優等生で通していたから、親からすれば、僕が突然大学を辞め、引きこもるようになったことを「何かの間違いだ」ぐらいに思っていたことだろう。ただ、僕の感覚からすると違う。僕は既に、中学生ぐらいの頃から、後に引きこもることになる要素をずっと隠し続けていたのだ。僕がもっと普段から問題を起こすような子供なら、親も注意深く観察したかもしれないけど、僕も山田ルイ53世と同じく、超がつくぐらいの優等生っぷりで通していたから、親も安心しきっていたんだろう、と思う。僕からすれば、ずっとカウントダウンの中を生きていたようなものだったのだけど、まあ気づくわけもない。

引きこもっている時は、本当に何をしていたかほぼ記憶がない。たぶん、テレビを見る以外のことを何もしていなかったんじゃないかと思う。それぐらい、気力がなかった。動き出そうという気力もなく、とはいえこのままで良いはずもなく、だからってどうもしたくないという堂々巡りの中で、ただただ脳みそが溶けるようなレベルでテレビを見続けいただけだった。

山田ルイ53世が引きこもりを脱するきっかけになったのが、成人式だったという。かつては神童だった自分が、既に周りから置いていかれているのに、成人になってしまえば、その差を埋めることはほぼ不可能になる――そんな焦燥感から、彼は無理やり引きこもりを脱することにしたという。

僕のきっかは、実家に強制送還されたことだった。さすがに引きこもったまま一人暮らしさせるわけにもいかず、僕は実家に帰らざるを得なくなった。しかし僕は子供の頃からずっと、実家が嫌で嫌で仕方がなかった。そして、結果的にはそれが良かった。もし僕にとって実家が居心地の良い場所であったら、そのまま社会に出られないままだっただろう。僕は、実家からどうにか抜け出したくて、それで、ずっと避け続けてきた「働く」という選択肢について真剣に考えるようになったのだ。

著者は取材などで引きこもりについて聞かれる度に、ある違和感を覚えていたという。それが、取材の終わりに放たれる、「その6年間があったから、今の山田さんがいるんですよね?」という類の質問だ。彼は、場の空気が悪くなることを承知で、「あの6年は完全に無駄でしたね」と答えるのだと言う。

そうだなぁ、僕も、引きこもっている時間そのものは、無駄だったな、と思う。僕は、「大学を辞めた」ということは、今でも最大級に最良の選択だと考えているのだけど、それに続く引きこもっていた時期は、はっきり言って無駄だなと思う。とはいえ、結局実家に強制送還されるまでは動けなかっただろうから、すべてが繋がっていると言えるのだろうけど、それでも、僅か半年間といえ、あんなしんどい時期を過ごす必要はなかったと思う。うん、はっきり言って無駄だったな。

でも、「引きこもっている」ということが、社会に生きる人間としてマイナスにならない世の中であって欲しいと思っている。人を負傷させたり、金品を盗んだりというような、積極的に他人に迷惑を掛けるような行為はダメだと思うけど、弱かったり頑張れなかったり苦しかったりして、普通の人が普通に出来ることが普通には出来ない人、というのがやっぱりいるわけです。そういう人たちも、消極的には周りに迷惑を掛けるだろうけど、それが受け入れてもらえる世の中というか、他意なく無視してくれるような世の中であってほしい、と僕も思ったりします。

内容に入ろうと思います。
本書の著者は、お笑い芸人「髭男爵」の太ってる方。彼は、小学生の頃からなかなかの神童だったようだ。勉強もスポーツも出来、地元の名門中学に入学を果たした。国語の授業で出された詩の課題(実は優秀作は新聞に掲載される)で、姑息にも新聞に載るような作品を必死で考えて載ったり、学校の面々を「主役」「脇役」「エキストラ」などに区分けして見ていたなど、本人が「嫌な人間だった」「救いようがない」「なかなかのクズ」と評するエピソードも多々登場するが、本当にそれぐらい、周りから頭一つ抜けた存在だったようだ。
しかし、うんこをもらしてしまったことをきっかけにして、彼は引きこもりになった。そう、うんこをもらしたことは、あくまでもきっかけに過ぎなかった。ただそれだけのことなら、きっと彼は学校に行き続けることが出来ただろう。しかし、あらゆる意味で、彼は限界だった。そして、夏休み明け、いつもなら夏休みに入って一週間程度で終わらせる夏休みの宿題を一切やっていないという理由で学校をサボり、そこから6年間の長きにわたり、引きこもることになる。
本書では、引きこもりを脱してから芸人になるまでの軌跡も描かれていて、まさに「山田ルイ53世が出来るまで」という感じの作品である。

面白かったなぁ。芸人だから、という面もあるかもしれないけど、文章が非常に面白い。ただ面白いだけじゃなくて、なんというか教養に裏打ちされている感じがする。伝わるか分からないけど、【あの先生の太鼓判には朱肉がついていなかったようだが】なんていう、知識とユーモアが入り混じったような表現が結構随所にあって、さすが子供の頃から大人向けの難しい本を読んでいただけのことはある、という感じだ。

そもそも、引きこもることになった初日の朝の描写がこうだ。

【実際、その時の僕は「なんか俺、今、カフカっぽいな」などと、チェコの文豪の作品と自分を重ね合わせ、その類似性に、意味不明の高揚感を覚え、さらにはこのたぬき寝入りになんらかの「正当性」があるのではないかと文豪の権威を悪用してそう思い込もうとしていた】

この時、14歳である。僕なんか、未だにカフカの「変身」を読んだことがないというのに(笑)

文章だけではなく、著者の、「書きにくい話も臆せず書く」という姿勢も良いなと思う。その最たるものが、既に少し触れたけど、「当時の自分がどんな風に感じていたのか」を露悪的に描くようなスタンスだ。例えばこんな感じ。

【我が家は、学校や、彼らの自宅からはかなり遠い。にもかかわらず、わざわざ来てくれたのだから、あの人達は、本当に僕を心配してくれていた友人であり恩師だったに違いない。
しかし、当時の僕は、「なんや?あわれな同級生の見舞いに来て点とりか?」とか、「あーあー、来てどうすんの?迷惑やわー!笑いに来たか!」とか「そもそも、俺のこの現状を、何とかできると思ってる時点でおこがましいわ!」とか思っていた。なかなかのクズである。】

【そんな状況が続いて、屈辱に耐えきれなくなった僕はバイトをやめた。
親には、「ほんま続かんね~!情けない!」、「もう学校も行ってないねんぞ?働け!お前みたいなもんに飯くわせる義理ない!」などと言われたが、その時も、「こんなに優秀な俺に、ただただ働けて…もったいないと思わんのか?この才能を!…アホやな~…」とか思っていた。救いようがない】

確かに救いようがない(笑)。なかなかの酷さである。しかしこういう自分を、隠すことなく露わにしている、という点が、本書の面白さの背景にはあると思う。もちろんその面白さというのは、「こんなこと考えててアホやな~」という面白さでもあるのだけど、決してそれだけではない。その説明のために、以下の引用をしよう。

【「これはあくまで、世をしのぶ仮の姿だ。暴れん坊将軍とか、遠山の金さんとか水戸黄門とか、そんな感じなんや!」と思っていた。本気で例の着ぐるみ(※自分は着ぐるみを着ているだけで、本当の自分はその中にいるんだ、という妄想の話)を脱げたら…強くそう思った。
そうでも思わなければやってられなかった。この、思い込みの逃げ道がなければ、本当の話、死んでいたかもしれない。】

この感覚は分かるなあ、と思う。僕も、引きこもっている間は、自分を支える考え方が必要だったと思う。それが何だったのか、具体的には覚えていないけど、今の自分のあり方を正当化するような理屈をこねて、自分は決して間違っているわけではない、と虚勢を張らなければ、とてもじゃないけど毎日をやり過ごせなかった。引きこもりの切実さを示している、という意味でも面白さを感じられる描写だと僕は思う。

引きこもりを抜け出してからも、著者は相当に苦労した。色んな紆余曲折があり、お笑い芸人という道に進むことになったのだけど、あまりにも壮絶で後戻り出来ない人生を歩んできたが故に、周りと感覚が合わなくなっていく。

【俺とお前らでは、本当は全然立場が違う!お前らは、最悪芸人やめても、売れなくても、就職できる。でも、俺みたいに、学歴がない、借金はある、友達もおない、人脈、コネもない、実家とも断絶している、こんな人間はもう就職などできない!俺にはこれしかないんや!これアカンかったら死ぬしかないねん!所詮、お前らはセーフティゾーンでやってるに過ぎないねん!】

みたいなことを相方に言ってしまったりするわけで、彼がくぐり抜けてきた人生の壮絶さは推して知るべし、という感じである。

読み物としてとてもおもしろい作品なのだけど、本書から何か教訓を引き出すとすればこうなるだろう。

『優等生こそ、危ないぞ』

山田ルイ53世「ヒキコモリ漂流記 完全版」

関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3648-9cbf1fe9

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
10位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)