黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

歪んだ波紋(塩田武士)

「正しさ」は、常にそれを判断するための「基準」とセットだ。そうあるべきだ。
しかし僕らは、そのことを忘れてしまいがちな、もっと言えば、忘れてしまえるよのなかに生き始めている。

「正しさ」の「基準」について考える時、僕はいつも戦争のことを考える。僕らは今、「人を殺してはいけない世界」に住んでいる。当たり前だ。それが「正しい」と、僕らは何の疑問もなく感じている。もちろん人を殺す人間はいつの世にも現れるが、それはごく少数であり、人を殺した人間に対してはほとんどの人が何らかの悪感情を抱くはずだ。

しかし、戦時中はそうではなかったはずだ。少なくとも兵士たちは、「人を殺すことが正義である世界」に生きていたはずだ。そう思い込まされたと言った方がいいか。いずれにせよ、人を殺すということについて、今の僕らとは違った価値観が存在していた。

何かを「正しい」という時に、僕らが無意識の内に想定している「基準」は、いわゆる「常識」というやつだろう。多くの人が、この「常識」というものを判断基準に、「正しい」「正しくない」を判定している。

「常識」について、僕が好きな言葉がある。物理学者のアインシュタインの言葉だ。

【「常識」とは、18歳までに身に着けた偏見のコレクションである】

この言葉を初めて知った時、あぁ分かる、と思った。僕の中にも、そういう感覚はある。多くの人が、何故なのか理由は分からないが、世の中の人が自分と同じ「常識」を持っている、と想定して話をする。特に日本は、(一応)単一民族国家であり、さらに島国で国境を接している国がないために、余計にそういう感覚が強まってしまうはずだ。

しかし、「常識」が「偏見のコレクション」なのであれば、そもそも一人ひとり違うことになる。というか、そんなことは当たり前だと僕は思うのだけど、それが当たり前だと感じられない世の中になりつつあることが怖いと思う。

ネットが出てきて、近い「常識」を持っている人同士が繋がりやすくなった。これはもちろん、様々にプラスの状況を生み出しもするだろうが、危険な側面もある。自分が持っている「常識」が、世間の「常識」と勘違いしやすくなってしまうのだ。自分の周りにいる人が、みんな同じ「常識」を持っているのだから、日本全体が、あるいは世界全体がそう思っててもおかしくない――そういう発想に行きやすくなってしまうだろう。ヘイトスピーチや排外主義などが、そういう感覚から生み出されているのだろうし、セクハラ・パワハラやいじめなども、そういう感覚が温床となってさらに被害が拡大しているような印象がある。

僕は理系の人間で、物理学が好きだ。物理学は、「誰が見ても正しい」「誰がやっても同じ結果が出る」ことしか「正しい」と認めない。そうであるためには、個人の感覚を判断基準から厳密に排除しなければならない。

例えば、提唱者がノーベル賞を受賞したヒッグス粒子は、「99.999%」の信頼度で発見された。物理実験においては、何かを「発見した」と主張するためには、この「99.999%以上の信頼度」が必要とされるらしい。僕らの感覚で言えば、「99.9%」信頼できる結果なら、「正しい」と言ってしまっていいような気もするが、そこは物理学は厳密だ。何故「99.999%」なのかは、確か統計学的な裏付けがあるはずだけど、ちゃんとは知らない。ともかく、物理学はそんな風にして、個人の感覚を一切排除して、「正しさ」を判定するルールを自らで生み出している。

物理学ほどの厳密さは求めないにしても、僕らにも出来るはずなのだ。「正しさ」の背後にあるはずの「基準」に目を向けることぐらいは。

本書に、こんな文章がある。

『テレビの本質は消費や。君の言うように虚実関係なく「分かりやすさ」と「面白さ」に無上の価値を置くから、短い時間でシロかクロかはっきりさせなあかんし、飽きっぽい視聴者のために常にオモチャを探してる』

これを読んで僕は、熱力学第二法則を思い出した。いわゆる、エントロピー増大の法則だ。世の中のエントロピー(いわゆる「乱雑さ」)は、外部から熱や力が加わらない限り、増大する方向にしか進まない、というものだ。マスコミと受け手の関係にも、近いものを感じる。受け手は、自然な状態では「分かりやすさ」と「面白さ」を求める方向にしか進まないから、それを押し止めようとするマスコミの努力はあまり意味をなさないし、であれば受け手が望む方向に進んでいくしかない。

僕らは、マスコミが何をどう報じるかが「正しさ」を決めるような感覚を持っているのだが、結局のところマスコミは、僕らが「正しさ」を感じるような情報を流しているだけであって、「正しさ」は実は受け手である僕らが決めているのだ、とも言える。

そう、本書は、警告をしているのだ。「正しさ」を決めているのが受け手である僕らに留まっている内に、自浄努力によって状況を改変させろ、と。そうしなければ、僕らは「正しさ」を決する権利すら奪われることになってしまうだろう。そういう世の中は、まさに間近に迫っている。本書を読めば、背筋が凍るような感覚と共に、そのことを強く実感させられることだろう。

内容に入ろうと思います。
本書は、マスコミの「誤報」に焦点を当てながら展開される5つの物語を描く連作短編集です。

「黒い依頼」
近畿新報の記者である沢村政彦は、息子が総合学習で作っている新聞の取材に張り切っているという話を妻から聞きながら、いつものように「満田タバコ店」の道路の話を振られる。道幅が狭く危険だから取り上げろというのだが、13年目の中堅記者の仕事ではない。
休日だったが、デスクの中島から呼び出された沢村は、ちょっとした取材を頼まれた。中島は、近畿新報が年間200万円という破格の予算をつけてスタートさせた「プロジェクトIJ」という調査報道の責任者で、今は、同社のエース記者である桐野が追っている政治ネタを進めている。関西で有名なコメンテーターが出馬する予定だが、彼が犯罪に関わっている疑いがある、という線らしい。しかし沢村が頼まれたのは、ひき逃げ事件の取材だ。読者からの投稿で、ひき逃げしたと思しき車が見つかったのだが、それがなんと被害者遺族の家にあるという。その情報が正しいとすれば、被害者遺族が一転加害者になるが…。

「共犯者」
定年後、殺風景な部屋でブラームスの交響曲を聞くことを趣味にしている、元新聞記者の相賀正和は、大日新聞時代の後輩である能美から、垣内智成が死んだと連絡を受けた。亡くなったのは一週間ほども前で、自殺だという噂らしい。垣内はかつて一緒に消費者金融の取材をした戦友だ。以前の住所を尋ねると、そこには垣内の妻だった女性がいた。離婚していたことも知らなかったが、もっと驚いたことは、垣内は消費者金融から借金をしていたというのだ。あれほど消費者金融の取材にのめり込み、その悪事に迫った男が何故…。相賀は、垣内の家まで行き、遺品を整理し、そして垣内の死について調べてみることに決めた。そしてその取材は、長い長い時を経て、相賀へと戻ってくることになる…。

「ゼロの影」
かつて大日新聞の記者だった野村美沙は、社内結婚をしたことで配置換えさせられ、その不満もあって会社を辞めた。今は「K―コミュニケーション」というところで韓国語を教える講師をしているが、なかなかうまくいかない。特に、美沙にちょっかいを掛けてくるように思える生徒が一人いて、非常に億劫だ。谷崎という名のその生徒との授業中、廊下が慌ただしくなり、谷崎も警備員に加勢して一人の男が取り押さえられた。盗撮だという。
しばらくして美沙は、娘の杏が通う保育園でその盗撮犯を見かけた。まさか。そのことを夫の新一に伝え、調べてもらうと、警察に盗撮事案の記録がない、と分かった。どういうこと…?美沙は、自分でも調べてみることにしたが…。

「Dの微笑」
近畿新報の上岡総局のデスクである吾妻裕樹は、「よろず屋ジャーナル」という関西ローカルの深夜バラエティを他の記者と一緒に見ていた。俳優の谷垣徹にセクハラ疑惑が噴出しており、その番組でも、被害に遭ったという女性がモザイクで出演していた。セクハラ問題は記者としては関心事だが、同時に、物証が提示されないまま記憶だけで「リンチ」のような状況が作り出されてしまう現状に怖さも感じている。
会社に、かつて入社面接で顔を合わせ、彼のような記者になりたいと思った大先輩である安田隆がやってきた。安田に送ってもらいがてら話をしていた二人だったが、安田が、バブル期に「闇社会の帝王」の異名を取った安大成の親戚だと言い出し、彼のインタビューを取りたいと吾妻に頼んできた。吾妻はお世話になった先輩の頼みと、安大成の行方を探してみることにした。
安大成は最近、「よろず屋ジャーナル」に登場していた。大物フィクサーと接触寸前まで行った、という内容だった。その件で知り合いのプロデューサーをつついてみると、その番組の構成作家がちょっときな臭いと分かった。さらに吾妻は、「よろず屋ジャーナル」の映像を見返してみて、衝撃的な事実を発見してしまう…。

「歪んだ波紋」
硬軟取り揃えた記事を常に出し続け、裏取りもきちんとやると評判のネットメディア「ファクト・ジャーナル」の三反園は、不倫報道を連発する「週刊文潮」のエース記者の不倫をすっぱ抜くなど、PVの稼げる記事を出しつつも、かつて全国紙で記者を経験していたという自負もあり、きちんとした記事を書きたいと思っていた。しかしそのためには、軟派な記事も取り混ぜて、母体を盤石にしなければならない。
三反園は、あるマスコミの捏造の背景にさらに大きな思惑がある、とする、近畿新報の吾妻からの連絡に辟易しながらも、程よくあしらっていた。そして今日の、吾妻がさらなる背景と言った人物と会うのだ。
そこで吾妻は、ずっとやりたいと願っていた硬派な記事が書けるチャンスをものにした。取材前から世間がざわつく様が想像できるほどの記事になるだろうことは間違いなく、事情があって行けなかったその取材がどんな記事に変わるのか楽しみに待っていたが…。

というような話です。

これは面白い小説だったなぁ!始めのウチは、よくあるような、新聞記者を主人公にした事件モノの小説だろうと思って読んでいたのだけど、全然違いました。これ、ちょっと凄かったなぁ。

物語全体の大きな枠組みはとりあえず置いておくとして、まずこの物語は、決して僕らとは無関係ではない。「新聞記者による誤報」の話であって、一般人である僕らが同じようなミスをするわけがないから関係ない――なんて言えるような物語ではない。

ネット社会が当たり前になったことで、僕らは、誰でも自分の意見を発信できるようになった。かつては、一部の人間に限られていたことが、誰にでも出来るようになったのだ。もちろん、誰もがミスをするが、発信する人間が専門職に限られていた時代は、専門職に就く以上最低限のリテラシーは身につけさせられるし、その枠の中で時々、どうしようもないミスが生まれる、という状況だっただろう。あるいはミスではなく、意図的な情報操作というものもあったのかもしれないけど、だとしてもその総数は非常に少なかったはずだ。

しかし今は、専門職としてのリテラシーを持たない人間が発信側に回ったことで、混沌とした状況が生まれているはずだ。流れてくる情報の真偽を判定しない(できない)ままに拡散に関わったり、善意の振りをした悪意をばら撒く手助けをさせられていることだってあり得る。本書では、新聞記者であるが故の虚栄心や特落ちの恐怖などに根ざした誤報が描かれることが多いが、しかしそれらは決して、僕らとは無関係ではないのだ。

「ファクト・ジャーナル」の三反園は、こんな実感を抱いている。

『心地のいい情報に包まれやすい現代ほど、真っ当なジャーナリズムが求められる時代はない』

僕らは、ほんの一昔前と比べても想像を絶するほどの情報に日々さらされながら生きている。そういう中にあって、情報の真贋を見極めることは非常に困難だ。しかしだからと言って、真贋を見極めなくていい、などということにはならない。だからこそ、真っ当なジャーナリズムがきちんと機能し、裏付けのあるきちんとした情報がより強度を保ったまま世の中に広まる社会を目指さなければならないのだが、「分かりやすさ」や「面白さ」にすぐに飛びついてしまうような時代環境では実現はままならない。そのもどかしさを、三反園も感じている。

こんな時代だからこそ、誰もが「誤報」と無関係ではいられないと強く実感させられる物語であると同時に、本書が訴えかける「ある危機」の怖さにも震撼させられる。

本書は、実に緻密に構成された物語だが、その緻密さは、既存のメディア(「レガシーメディア」と呼ばれているそうだ)の欠陥を際立たせる点においてさらに発揮される。「レガシーメディア」が元々カバー出来ていなかった領域が、様々な外的要因によって膨らんでいき、その現状を無視したままこれまでのやり方を踏襲しようとする「レガシーメディア」のあり方に一石を投じるような構成は、もちろんマスコミという仕事に携わる人々に多大なる衝撃を与えるだろうが、受け手である僕らにとっても破壊力を持つ。「レガシーメディア」であっても情報を精査すべきである点に変わりはないが、もはやそんな次元の話ではないのだ、ということが本書を読めば理解できるだろう。それはもう、「情報」とは何か、「情報が持つ価値」とは何か、という領域の話であり、本書で描かれていることが、現実を広く侵食していくとするならば、「情報」に依存している僕らの生活はある種の破綻を迎えることになるのだろうと思う。既にある程度壊れかけているとはいえ、まだまだ多くの人の幻想によって成り立っている「情報社会」が、音を立てて崩れるような日が遠くない内にやってくるのだろう。

そうなった時、きっと僕らは、迷惑メール程度の価値しかない情報のゴミに埋もれて、手近な情報にさえ手が届かなくなるような、そんな世界に生きることになるのかもしれない。

塩田武士「歪んだ波紋」

関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3625-e8b74138

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
7位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

最新記事

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)