黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

室町繚乱 義満と世阿弥と吉野の姫君(阿部曉子)

正直驚いた。
超絶面白かった!!!


立場の違いをイメージすることは、とても難しい。人は、自分が生きてきた人生しか経験出来ない。もちろん、物語を通じて擬似的に体験することは出来るのだけど、少なくともまだ「実体験」と呼べるようなものは一つしかない(VRのような技術がさらに進歩すれば、複数の「実体験」を持てる時代が来るかもしれないが)。

自分が辿ってきた道沿いにあるもの、そこから見えるもの、そこで出会う人々――そういうものが、僕らの人生を形作っていくことになる。

どれだけ、人はみな違う、と思っている人であっても、相手の価値観や考えなどを、自分の経験と照らして判断しようとしてしまうところがある。相手は、その人なりの人生の中で獲得してきた様々なものがあり、それはこちらのものとは絶対に違うはずなのに、同じものさしで両者を比べようとしてしまう。

貧富の差はまだまだ大きいとはいえ、インターネットやスマートフォンの登場によって、情報格差や経験値に大きな差が開かなくなった現代でさえ、そういう状況はまだまだ充分に起こる。貧富どころか、身分の差が絶対的なルールとして横たわっていた時代であればなおさらだ。

『今まで、正しいのは自分たちであり、足利とそれに従う者たちこそが悪なのだと信じて疑わなかった。まわりにいた誰もがそう言っていたからだ。――けれど、本当にそうなのだろうか?
この世に苦しみ、泣いている人たちがいて、その原因の半分を自分たちが担っているとしたら、自分たちは一点の曇りもなく正しいと言えるのか』

まったく異なる価値観を持つ者同士が邂逅するケースは、現代でも多々ある。例えば、日本ではあまりイメージしにくいが、宗教の違いによって戦争が起こったことは歴史上何度もある。また、インターネットが登場したことで、価値観が細分化しても同志を見つけやすくなった。それ故、同じ価値観を持つ者同士による小さな集団がたくさん生まれる時代となったが、それ故に、ちょっとしたことで対立が起こることもしばしばだ。インターネット上では「炎上」と呼ばれ、僕はあまり詳しく知らないが、日々色んなところで「炎上」しているのだろうと思う。

自分が正しいと思い続けてきた価値観を手放さざるを得ない瞬間に出くわすことは、そうそうない。現代であれば、セクハラなどはその筆頭と言えるだろうか。特に年配者が持っている「これぐらいなら大丈夫」という感覚が、どんどんと時代にそぐわなくなっている。頑なに自分の考えを変えない人もいるだろうが、時代に合わせようと頑張っている人もいるだろう。

あるいは、少し前であれば、終身雇用は絶対と思っていた世代は、それが崩れた時、価値観の転換を余儀なくされたかもしれない。

生きていく上で何を大切にしていくのか、という根本的な部分で食い違うと、対立は容易には収まらない。本書にも、こんなことを言う人物が登場する。

『そなたは先ほど、分かち合うのだと言った。美しい、尊い言葉だ。誰もがそうできればよいと、私も思う。しかし、これだけは分かち合うことはできぬのだ。真珠を砕き、かけらを分け持つなどということはできぬのだ。砕いた瞬間にすべては失われる。だが足利が我らに求める和平とは、そうしたことなのだ』

どちらも、「正しさ」のために戦っている。一方は正当性を主張し、一方は現実解を主張する。どちらの主張も理解できるし、どちらの主張も正しいと思う。正しさでやり合っている以上、どちらかが滅ぼされるまで争いが終わることはない。

幼い少女は知った。「正しさ」だけでは戦えないのだ、と。いくら自分たちにとってそれが正しいことであっても、別の誰かにとっては正しくないのだ、ということを、少女は初めて知ったのだ。

『だから何度も目にしましたよ。戦のたびに踏み荒らされる田畑。焼かれる家。手籠めにされる女に売られる子供。残り少ない麦まで兵糧に奪われて飢え死ぬ人。あなたは知っているんですか?そういう人たちのことをわかっていて、それでもなお戦のほうが大事だと言うんですか?』

見えないものは存在しない。これは現代でも同じだ。情報がいくら増えても、いやだからこそ、目に入らない情報が格段に増えた。見ようとしなければ見えないものにこそ価値がある、と僕は感じる。

『知らぬものは知ればいい。恥ずべきことは知らぬことではなく、知ろうとせぬことだ』

知ろうとする意思は、こんな場面でもよく現れている。

『まぶたを閉じてしまいそうになり、けれど、それだけは唇を噛みしめて耐えた。これは目の前の者たちが好き勝手に争っているのではない。そうさせているのは自分であり、吉野の兄帝と廷臣たちであり、透子が愛した父の兄なる人なのだ』

この物語は、単純に小説として面白いのだけど、読むと、自分が知っている知識・経験だけで物事を判断する怖さを実感できる。自分が今知らない世界にこそ、今の自分を揺り動かす何かが潜んでいる――できるだけ僕は、普段からそう意識して、狭い世界に留まらないように努めている。

内容に入ろうと思います。
時は室町、南北朝の時代。北の京と南の吉野、両方に帝が存在していた時代だ。武士が力をつけ国を治めるようになった乱れた世を、後醍醐帝が建て直さんとし、鎌倉幕府を打倒した。その際、北条が支配する幕府から離反し後醍醐帝についたのが足利尊氏だった。しかし尊氏は後醍醐帝に反旗を翻して打倒し、京に新たな帝を擁立した。しかし、隙をついて三種の神器と共に京を脱出した後醍醐帝が、吉野で朝廷を開いたために、二つの帝が存在することになったのだ。
いま、京の町を歩く一人の少年と母親らしき人物がいる。少年と見えるのは実は少女であり、名を透子と呼ぶ。母親らしき人物は彼女の乳母であり、唐乃である。彼女たちは、色々あって吉野山の麓からほぼ歩いて京までやってきた。
ある人物を探すためである。
透子は、かつて南朝の心臓であり、現在は北朝についているその人物を、もう一度南朝に引き戻したいと考えている。しかし、楠木正儀というその人物の居所については知らないのだった。
京の町をうろうろしていると、彼女たちは案内を頼んだ者に囚われてしまう。どうやら人買いだったようだ。どうにも身動きが取れなかった二人だが、そこに新たに超絶美少女が囚われてやってきた。その美少女は、簡単に縄抜けをしてみせ、透子らを解放し、そして美少女の仲間と思しき者たちが一斉に人買いたちを捕えてしまったのだ。
美少女だと思っていたのは実は青年で、名を鬼夜叉と言う。透子たちは、楠木正儀を探し出すためにまず観阿弥を探していた。観阿弥が楠木正儀の居場所を知っているはずと考える理由があったのだ。それを鬼夜叉に伝えると、なんと鬼夜叉が、当代一と名高い猿楽の名手である観阿弥を連れてきた。
喜んだのもつかの間、思いもかけない出来事が起こり、透子は自らの身分を明かさざるを得なくなった。後醍醐帝の孫であり、亡き父院から内親王宣下を賜った、まさに南朝における正当な血統持ち主なのである。
後醍醐帝は死の間際、朝敵をことごとく滅ぼせ、と命じた。朝敵とは言うまでもなく、足利一族だ。そして、透子に名を名乗らせた青年こそ、透子を人買いから救い出してくれた男であり、なんと征夷大将軍である足利義満だった…。
というような話です。

いやー、ビックリしました。超面白かった!歴史が苦手で、歴史を題材にした小説もそんなに得意ではないんだけど、本書はまったくつっかかるようなこともなく、するすると読めてしまいました。

本書の登場人物の内、誰が実在の人物で、誰が物語上の人物なのか僕には分からないのだけど、主要登場人物の内僕が名前を知っていたのは観阿弥ぐらいです。もちろん、足利尊氏や後醍醐帝や楠木正成なんかは名前ぐらいは知ってるけど、昔そういう人がいたという形で名前が出てくるだけで、本書の登場人物として出てくるわけではないんです。本書に登場する、という意味では、観阿弥ぐらいしか聞いたことがなかったです。

歴史のことなんか全然知らないから、南北に二つの帝がいたこともちゃんとは知らなかったし、もちろんどういう経緯でそうなったのかも知りませんでした。どういう対立が起こっていて、誰がどんな動きをしていてみたいなことも当然知らなかったわけなんですけど、本書を読んだらスイスイ頭に入ってきました。教科書の該当箇所を30回ぐらい読んでもきっと何も覚えられなかったと思うんだけど、本書を一回読めば、南北朝の時代の基本的な背景と、その背景の元で誰がどんな思惑を持って動いていたのかが凄くよく理解できました。

とにかく驚いたのは、読みやすかったこと、そして面白かったこと。ただ歴史の知識がわかりやすく書かれている、みたいな本ではなくて、とにかく物語が面白い!本書で描かれていることがどこまで史実をベースにしているのか分からないけど、仮に本書で描かれていることが史実として存在していたとしても、足利側(為政者側)が記録として残したくない、と考えるような事柄だろう、と思うので、恐らく本書で描かれていること(透子が京にやってきて足利義満に捕まって云々みたいな物語)は、恐らく著者の創作なんだろうと思っています(もちろん、史実として残されている事柄については歪めるようなことはしていないだろうけど)。

冒頭からしばらくは、難しい話はあまり登場しない。僕のような歴史の知識が皆無の人間でも読めるように、まずは、歴史上の人物としての「透子」「義満」「観阿弥」ではなく、小説の登場人物としての彼らを存分に描き出していく。それぞれが非常に魅力的なキャラクターであり、さらにその合間合間にちゃんと、僕のような歴史がさっぱり分からない人間向けに、最低限の時代背景の知識を入れ込んでくれる。それらが「歴史的な事実」ではなく、「彼らの個人的な事情」として描かれていくので、それもあってさらに読みやすくなっていく。透子と義満の因縁、義満と鬼夜叉の関係、観阿弥と鬼夜叉の関係、唐乃の不安、細川頼之の立ち位置と幕府内の対立などなど、様々な事柄が、物語の流れを断ち切ることなく、個人的な話題として描かれ、読者の頭にもすんなりと入っていく。

そんな風にしてしばらくキャラクター小説として読ませた後で、徐々に物語は真剣味を増していくことになる。物語は透子を中心に描かれ、透子が何をおいてでも京へと飛び出してきたその最たる理由をなんとか実行に移すべく、無邪気さと聡明さを発揮しながら行動していくのだけど、描かれるのは透子の物語だけではない。足利義満、楠木正儀、鬼夜叉、観阿弥など、それぞれに皆物語を抱えていて、それらが同時並行的に描かれていく。

特に印象的だったのは足利義満だ。

彼は当時18歳であり、征夷大将軍ではあるが、管領という政務を実際に執り行う立場の細川頼之に頼り切りで、家臣たちからも青二才と見られていることを理解している。本人は本人で、女装させた鬼夜叉と一緒に町へと出ては、勝手に自警団のようなことをやっている。とても征夷大将軍の振る舞いとは思えない。透子の素性が分かった後も、真剣さがまるで見られないようなふざけた振る舞いばかりしている男で、当初の印象は、イイトコのぼんぼんが優雅に生活してるな、ぐらいのものだった。

しかしそんな彼の印象はどんどんと変わっていく。

『俺の責なのだ。将軍として奉られるということは、そういうことだ。この国に起こることのすべてに俺は責を持ち、一刻も早くよりよい道へと導かねばならない』

当時と現代では年齢によって求められていたことが違っていたとは言え(以前はもっと若い頃から大人扱いされていただろうと思う)、それにしても義満はまだ18歳だ。その年齢で既にこんな考えを持っている。

また義満は、あらゆる機会を見て、力づくで南朝との和平を合意に持ち込もうとする。それに反発する透子は、『力のないことが間違っているの?弱い者は刃向かわず、強い者にただ黙って従えと、そなたは言うの』と詰め寄る。その時の義満の返答が非常に印象的だった。

『力があることが正であり、力なきことが否である――そのようなことはない。力がすべてを決し、強者のいかなる横暴もまかりとおる世は、あってはならない。為政者とは、そのような世を招かぬためにいるはずだ』

初めこそ、力に任せて南朝を説き伏せようとしているだけの男としてしか見ていなかったが、そんな印象は最後にはまったくなくなってしまう。義満には義満なりの正義がある。それは、正当性を主張できるものではないかもしれない。現に義満は、南朝の側に理がある、と透子に対して発言している。しかしそれでも、彼の正義は、無理やりにでも南朝と和平交渉を結ぶことなのだ。義満は、こうも言っている。

『世俗を離れた清い場所で白い真珠を守るのがあなた方なら、世塵にまみれ、手を血に染めて国を守るのがこの私だ。』

義満の印象は良くなっていく一方である。

それは透子も同感であり、だからこそ彼女は悩む。ずっと敵だと思っていた相手と対峙し、敵だと思って接してきたのに、自分が信じてきた「正しさ」とはまた違った「正しさ」があることを透子は徐々に理解していくことになる。義満の主張が、理解できるようになっていってしまう。

そんな価値観が総入れ替えされるような衝撃を味わいながら、透子はやはり父院のことを思う。

『それならばせめて、父が守ろうとしたものを自分も守りたい』

そう強い意思を持って、透子は京へとやってきたのだ。しかし透子には分からないこともあった。

『わたしは周りにいた者たちから、北朝とは偽帝を戴く偽朝であり、朝廷を割った足利は滅ぼさねばならない仇敵だと聞いて育った。けれど、ずっとわからなかったの。足利が敵だというなら、なぜお父様はその敵と手を結ぼうとされていたのか』

幼い透子は、短い期間の間に理解する。守るべきものを守るための戦いが、多くの人を傷つけ、さらに守るべきものを遠ざけているのか、ということを。戦い方は一つではない。そう思えるようになった透子は、自分に何が出来るのか考えはじめるようになっていく。

『確かにきみは非力かもしれない、だけど無力じゃないよ。人は、何かを願って努力する限り、無力ではないんだ』

透子は、多くの人に支えられ、励まされながら、今まで信じてきたものとは違う「正しさ」を受け入れる勇気を持てるようになっていく。その成長著しい少女の姿が、やはり一番光り輝く作品だと言えるだろう。

阿部曉子「室町繚乱 義満と世阿弥と吉野の姫君」

関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3602-c5b4bdb9

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
10位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)