黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

教誨師(堀川惠子)

「死刑」というものに対する、今の僕の考え方をざっと書いてみよう。

まず僕は、「社会の中に存在してはいけない人」がいる、と思っている。例えば本書に登場する、こんな発言をするような人間のことだ。

『先生、私が弁護士の控訴を取り下げた時、新聞記者は被告人は半生を深めているなどと書いたようですがね、あれは違います。私はもう二度と外に出てはいけない人間なんです。外に出たら、私は必ず、また殺ります。自分の腹の底から衝き上げてくる衝動を抑えられないんです。だから、私のような人間は死刑になるより道はないんです』

本人が自覚している通り、(死刑にすべきかどうかはともかくとして)こういうタイプの人間は社会に出してはいけない、と思う。

さて、そういう前提の元で、僕はこう考える。基本的に、間違いを犯したからといって、その間違いによって永遠に社会から抹殺されるべきではない、と。「基本的に」と書いたのは、先に挙げたような、社会に存在してはいけないタイプの人のことは除いて、という意味であり、そういう人を除けば、僕は間違いを犯してもやり直すチャンスが存在すべきだ、と考えている。

僕の主張には、いくつか問題はある。一番の問題は、「社会に存在してはいけないタイプの人かどうかをどう判別するのか」ということだ。はっきり言ってこの判断は不可能だろう。だから、社会に存在してはいけないタイプの人を確実に社会から切り離すために、そうではない人(もちろん、重大な罪を犯している人なのだけど)がある程度犠牲になってしまうことは仕方がない、と思う。裁判においては「推定無罪」、つまり、有罪であるという確証がなければ無罪にする、という原則がある(はず)だが、同じ原則を当てはめることは出来ない。「社会に存在してはいけないタイプの人」であるという確証がなければ、そういうタイプではないと判断する、などとしていたら、リスクが大きすぎる。だから、「社会に存在してはいけないタイプの人」であるという、ある程度の確証があれば、そう判断すべきだし、そういう判断基準を採る以上、そういうタイプではない人も「社会に存在してはいけないタイプの人」と判断される可能性は充分にある。

まとめよう。「社会に存在してはいけないタイプの人」を、何らかの形で社会から切り離す方策(A)は必要だと思う。そして、その過程において、「社会に存在してはいけないタイプの人」ではない人(繰り返すが、重大な犯罪を犯した人だ)がそう判断されることもあるが、それはある程度仕方ない。そして、「社会に存在してはいけないタイプの人」ではない人は、やり直すチャンスがあるべきだ、と思っている。

さて問題は、(A)の方策として「死刑」が妥当かどうか、ということだ。僕の結論としては、これは単純にコストの問題だと思う。「社会に存在してはいけないタイプの人」を永遠に隔離し続けるのに掛かるコスト(主に金銭的なコスト)と、そういうタイプの人を死刑にするコスト(ここには、死刑を執行する人が被る心的被害も含む)を天秤に掛けて、どちらがよりコストが低いのか、で判断すべきだ、と思う。

そういう意味で僕は、「死刑」というものが絶対的に必要だ、とは思っていないし、死刑制度の是非はともかくとして、死刑にしなくてもいい人(社会に存在してはいけないタイプではない人)まで死刑にされているのだろうな、という印象を持っている。

そして本書は、「死刑にするコスト」について、ごくごく一般的な人(僕もそうだ)が知らない現実を描き出す作品だ。僕らは、「死刑制度に反対しない」という形で、消極的にであっても死刑制度に賛成している(そういう人が多いだろう)。しかし、死刑制度というものについて詳しく知らないが故に、死刑がどれほどのコストをもたらすのか、僕らは全然理解していない。

『世間を騒がす死刑事件が起きると、マスコミは繰り返し報道する。もう「死刑」という言葉を聞かされても、すっかり耳が慣れてしまって自分には無関係とばかりに考えることを放棄してしまう、と渡邉は言った。その背景には、法務省が一切情報を提供しないので考えようにも材料がないという事情があるのではないかと私が指摘すると、渡邉はこう漏らした。
「役所がね、情報を出したがらないのは、わしは理解できるんです。そりゃあ、外に出せるようなもんじゃないですよ、あれは。だから一般の人は死刑っていうものは、まるで自動的に機械が行うくらいにしか思ってないでしょう。何かあるとすぐに死刑、死刑と言うけどね、それを実際にやらされている者のことを、ちっとは考えてほしいよ」』

『死刑執行を行うのは、どこにでもいる普通の人間だ。たまたま刑務官という仕事に就いたばかりに、我が子を抱くその手で、今、目の前で生きている人間を処刑しなくてはならない。衣食住になんの不自由もなく、不条理な身分制度という鋳型もなくなった現代社会にあっても、いまだ「死刑執行人」という仕事が存在し、有無を言わさずそれをやらされている人たちがいる。渡邉があえて執行現場で目にした事々を詳細に語ったのは、その儀式にかかわる全ての人たちの気持ちを代弁しようとしたからではなかったかと思う。』

現在、先進国で「絞首刑」を行っているのは日本だけだという。僕らが「死刑」というものに“無関心”でいられるのは、「絞首刑」に伴う膨大なコストを人知れず引き受けてくれている多くの人々の存在があるからだ。

その中でも、本書でメインで描かれる渡邉普相は、『渡邉ほど長いキャリアを持つ死刑囚の教誨師は全国どこを探しても見当たらないし、恐らく今後も現れないだろう』と著者が書くほどの存在だ。組織的な存在ではなく、自然発生的に生まれた「教誨師」という存在が次第に組織化されていく中で、渡邉は自然とリーダー的立ち位置を取るようにもなっていく。

そんな渡邉が、『この話は、わしが死んでから世に出して下さいの』と著者に念押しして話したことをベースに、本書は書かれている。

何故そんなことを言ったのか。その理由は、教誨師には暗黙の了解として守秘義務が存在するからだ。

『このような場で人々の話に耳を傾けるにつけ、守秘義務のありようについて思う。個人の大切な情報が守られることの大切さについては論をまたない。だが苦役ともいえるこの仕事に、答えの出ない問いを抱え、苦しんでいる人たちが大勢いる。日の当たらぬ場所で、誰にも褒められることなく、それでも死を待つ人々に心身を捧げている宗教者たちがいる。そんな彼らに、同じ立場にある仲間どうしでも、家族の間でも一言も漏らしてはならぬと禁じる現在の守秘義務とは、一体、何を、誰を守るためのものなのだろう』

著者は以前から死刑制度も自身のテーマとして取材しており、その過程で渡邉普相と出会うこととなった。死刑囚と唯一自由に面会することを許された「教誨師」という立場で無ければ分からないこと、考えられないこと、見聞きできないことがあり、そしてそれらは、守秘義務という暗黙の了解と、世間の無関心とによって、表に出ることはない。本書によって明らかになる様々な事柄は、読む者に、死刑という制度の存在そのものについて考えさせるだろう。先進国が次々と「絞首刑」を廃止する中、先進国で唯一「絞首刑」を維持している国、というのは、見方によっては、国民の無関心の度合いを示しているとも取れるだろう。議論の結果、死刑制度は必要だ、と判断するならそれはいいが、現状では、昔から存在している死刑制度が議論されることもなくそのまま継続しているだけ、という感じだろう。そういう現状に、鋭く警鐘を鳴らす一冊だ、と感じる。

本書では様々な事柄が扱われるが、基本的には「教誨師の道に進むことになった渡邉普相の人生」と、「渡邉普相が出会ってきた死刑囚たち」の二つが主軸として描かれると言っていいだろう。

渡邉普相が教誨師になった過程は、非常に興味深い。広島出身の彼は、爆心地からほど近い場所で被爆した。『自分は大勢を見殺しにして逃げた』という悔恨が、教誨師という辛い道へと彼を進ませる原動力の一つだった。しかし、篠田龍雄との出会いがなければ、彼は教誨師にはなっていない。渡邉よりもずっと前から教誨師として活動していた篠田が、彼を教誨師の道へといざなったのだ。

死刑囚の扱いや教誨師の立ち位置の変遷などが、渡邉普相の個人史と折り重なるように紡がれ、教誨師という一般の人には馴染みの薄い存在の輪郭が浮き彫りになっていく過程は、非常に読み応えがある。

そして、そんな風にして教誨師となった渡邉が、どんな死刑囚と出会い、どんな教誨をし、どんな苦悩を抱えながら日々を過ごしていたのかという部分もやはり重厚だ。

生身の死刑囚と長きに渡り関係を続けてきた渡邉の目には、死刑囚はこう映っている。

『死刑事件の加害者である死刑囚には、大橋と同じような被害者的な怨みに捉われている者があまりに多く見受けられた。幼い頃から家や社会で虐げられ、謂れのない差別や人一倍の不運に晒されて生きてきた者が圧倒的に多い。そして成長するにつれ、自己防衛のために自己中心の価値観しか持てなくなっていく。だからと言って罪を犯すことが許される訳ではなく、自業自得と言ってしまえばそれだけのことだが、そうして行き着いた先が「処刑台」では救われない。事件のことはさておき、まずは彼ら自身に向き合って、その「被害感情」を取り払わなくては、事件に対する真の反省も被害者への慰藉の気持ちも永遠に訪れることはない』

『自分が被害者であり続ける限り、自ら手にかけた被害者に思いを馳せることなど出来るはずもない。そんな心の状態に「処刑」という形でしかピリオドを打つことが出来ないのだとしたら、あまりに不憫だ。せめて誰を怨むことなく静かな心境で逝かせたい。渡邉は、それが自分の仕事だと思った』

その通りだろうな、と思う。例外はもちろんあるだろうが、犯罪に走る者にも、その人なりの理屈がある。理屈があれば許されるという話ではないのだけど、しかしまずはその理屈を理解しようとしなければ、すべてが先に進んでいかない。その理屈は、「自分は悪くない」と、自らを正当化する理由としても働きうるし、それを取り除かなければ反省も悔恨もスタートしないだろう、と思う。しかし、世間はなかなかそうさせてはくれない。

『悲惨な事件が起きると、マスコミは犯人のことを“悪魔”のような人間と繰り返し報道する。そして、それからずいぶんたって死刑執行が行われた時、再び事件が取り上げられることになるのだが、その時も犯人像は変わらず“悪魔”のままだ。
しかし渡邉は、教誨師として死刑囚と長く過ごすうち、最初は事件について触れようともしない者でも、暫くするうちに被害者遺族と会わせても充分、心からの謝罪を伝えられると思うほどに変化を遂げる者がいるという。一方で日本の司法や行政の仕組みは、被害者やその遺族と加害者を向き合わせるような形にはなっていない。裁判の時、被害者遺族は加害者に怒りのたけをぶつけ、加害者は加害者で刑を軽くしようと自己保身に走る。そんな敵対関係をマスコミが事細かに報道して負の感情を煽り、憎しみの炎に油を注ぎ続ける。マスコミは往々にして被害者の怒りは取り上げるが、悲しみに寄り添うことはしない。そしていざ死刑判決が確定してしまえば、死刑囚となった加害者は外界との交流を断たれ、あらゆる人間の関係性から排除され、多くの場合、放置され、社会から忘れ去られる』

僕自身もそんな「世間」の一部であることを自覚しながら、一方で本書で描き出す構図への違和感も覚えてしまう。最終的に死刑にするのだから、という理由でどんな扱いも許容される、ということは決してないだろうし、そういうスタンスを渡邉自身も貫き続けた。自分たちがしている行為(教誨師は死刑執行にも立ち会う)を「人殺し」と表現し、様々な矛盾の中で、それでも、制度として「死刑」というものが存在する以上誰かがやらなければならない、それなら自分がやる、という強い意思で教誨という困難な仕事に挑んでいるのだ。

そんな渡邉自身の変化も非常に興味深い。

教誨師としてそれなりに活動をしてからも、渡邉には教誨という仕事に対して強いイメージがあった。それがどんなものであるのか、こんな表現から読み取れるだろう。

『渡邉は、篠田の言葉に納得することは出来なかった。
教誨師の仕事は死刑囚の世間話に付き合うだけでよいということか。それでは、わざわざ宗教の勉強を積んできた自分たちが教誨師になる意味などない。話を聞くだけなら民間のボランティアでも出来る。自分は死刑囚の機嫌をとりにやってきているのではない。そもそも教誨は茶飲みの場ではない。そんな感情的な言葉が心に次々と湧いて出た。』

その考えが後年、思わぬ形で変化することになる。その過程については是非本書を読んでほしいが、長く教誨師として活動をし、教誨師のリーダーとして大勢の面々を取りまとめる立場になってなお、そんなきっかけで変わり得るのか、という驚きがあった。

『「殺したくないな」と思いますよ。「死なせたくないな」という気持ちはありますよ。「こんな人間をなぜ殺さなければいけないのだろう」という疑問はありますよ。疑問はあるけれども、やっぱり日本の法律の下でわれわれは仕事をしていることですからね。それ以上のことは言えないね…、ええ。』

矛盾だらけの仕事(というか、無報酬のボランティア)に従事し続け、教誨という歴史の証人であった渡邉普相の人生と共に、教誨という仕事、死刑囚の存在、死刑制度の是非など、様々な方向にベクトルを伸ばしていく、非常に興味深い、重厚な作品です。

堀川惠子「教誨師」

関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3548-a53feb26

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
10位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)