黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

巡査長 真行寺弘道(榎本憲男)

脳科学的に言うと、人間には「自由意志」というものはないらしい。

有名な実験に、こんなものがある。細部を省略してざっくり書くとこうなる。人間は、「何かをしようと思う」よりも前に「それをしている」のだ、と。

例えば、目の前にあるボールを掴むことを考える。普通に考えれば、「目の前のボールを掴もうと思う」という脳の判断が先にきて、それから「腕を動かす」という実際に動作に映る、となるはずだ。しかし何度実験してもそうはならない。実際には、「腕を動かす」という動作が先に起こり、その後で「目の前のボールを掴もうと思う」のだ。

そんな馬鹿な、と思うかもしれないが、現時点ではそんな風に考えられている。人間の脳というのは、「無意識」の領域が非常に広く、そして「意識」は「無意識」にアクセス出来ない。人間の行動のほとんどは「無意識」によって決定され、「意識」はただそれを追認しているだけなのだ、という。確かに僕らは、自分の脳で物事を考え判断しているのだが、判断のほとんどを「無意識」が担っており、さらにその「無意識」に「意識」はアクセス出来ないというのだから、自分の意思で何かを判断している、などと言えないという感覚になるだろう。

意思より行動が先にある、と書くとなかなか受け入れがたいかもしれないが、こんな状況を考えてみれば受け入れやすいかもしれない。例えば車を運転していて、事故を起こしそうになったとする。その時、「意識」で「あれをしよう」「こうしよう」と判断してから行動していたらとても間に合わないだろう。そういう状況になれば僕らは、何かを判断したという意識もないままで、ハンドルを切るとかブレーキを踏むと言った行動を取る。これはまさに、意思より行動が先にある実例と言えるだろう。それが、僕らのありとあらゆる行動に適応される、というだけの話だ。

『でもね、真行寺さん、自由なんてものはもうないと僕は思ってるんですよ。自由を守るって言うけれど、自由はどこかに行って消えちゃったんです。GoogleやFacebookやTwitterやクレジットカードやメールやカーナビでネットにつながれ、科学のメスで切り刻まれ、僕らはもう情報のレベルにまで解体されちゃってる』

脳科学の世界から離れて、僕らが生きているこの社会全体を考えてみても、確かに「自由意志」というものが個人の領域に留まりにくくなっている、と感じる。ネットの検索窓に打ち込んだ検索キーワードが収集され、それぞれの個人に合った検索結果や広告が表示される。SNSが発達し、インターネットによって世界が繋がったことで、「世界に対して自分をどう見せるか」という発想が行動原理の根幹になり得る。人間がそんな風に行動することは、もはや「自由意志」を自ら手放していることと同じなのではないかと思う。

『ジャンクフードを食って、満員電車で通勤し、広告に踊らされ、予算と売上を気に病み、テレビのバラエティ番組が語る薄っぺらい道徳になんの考えもなしに怒ったりうなずいたりしながら、次の休暇の旅行を楽しみに生きている会社員って、家畜じゃないんですか』

そうなのだ。そういう人生は、僕は家畜だと思うのだ。「自由意志」を自ら手放し、手放したことにさえ気づかないまま、インターネットという広い遊び場を手に入れたことで、自分が広い世界に住んでいるような気になって、本当は牢獄のような狭小な空間に閉じ込められているんだってことに気づかないままで生きていくのはゴメンだ、と僕は思っているのだ。

ただ、「自由意志」を手放すことは本当に不幸せなのか、という問いは慎重に考えなければならない。

『やさしく管理された畜舎で餌を与えられ、惰眠を貪りながら家畜として生きることが、過酷な自然環境の中で餌を求めてさすらいながら生きる人より不幸だってどうして言えるんです』

確かに、こう問われたら反論は難しい。私はそれで満足しているんだ、という理屈ほど堅牢なものはない。まだ知らない幸せがあるんだとか、もっと広い世界があるんだ、などとどれだけ説得しようとしたところで、そんなものを求めておらず、今の自分の立ち位置に満足しているとすれば、それを非難することはほぼ不可能だ。

『もう自由なんてものはない。それでも自由って言葉だけは残っていて、真行寺さんみたいな人がそこにロマンを感じて、自由を守るんだって言う。言うとなんだか自由になった気持ちがするだけなんです』

自由か自由でないかは、本人の感覚次第で、それが家畜のような人生でも、本人が自由だと思っているのであればそれは自由なのだ。中島らもの奥さんが、中島らもを評して言った言葉を思い出す。正確な引用ではないが、「あの人は、頭の中が自由でありさえすれば何でも良かった」というようなことを言っている。どれだけ肉体的に不自由な環境にあろうとも、頭の中さえ自由ならそれでいい。確かに、そういう自由もあるし、自由であるかどうかは個人の感覚一つだ。

それでも僕は、この言葉を支持したい。

『不幸になる自由を手放すなって』

「科学とは何か?」という問いは、昔から発せられてきた。かつて科学は宗教と区別がなかったし、錬金術が科学として扱われていた時代もあった。今では、宗教も錬金術も科学ではないとされているが、じゃあ科学と科学でないものとの差は一体どこにあるのか。

科学を定義することは非常に難しかったが、ポパーという人が「反証主義」という主張をした。現在、科学を定義する二つの柱の内の一つが、「反証可能性」というものだ(もう一つは「再現性」、つまり、いつ誰がやっても同じ結果が得られる、というもの)。

「反証可能性」とは何か。それは、「これこれこうだったら、その理論は間違いだと判明する」という要素を持っているかどうか、ということだ。たぶんこの説明だと意味が分からないだろう。

例えば、あの有名な相対性理論は、天体現象の観測によってその正しさが証明された。正確には忘れたが、アインシュタインが相対性理論を元に、日食(だったかな?)の日に、太陽の周囲でこういう現象が観測されるはずだ、という予測をした。そして観測隊が実際に、その予想にぴったりと合う天体現象を観測した。それで、相対性理論の正しさが証明されたのだ。

この場合、もしアインシュタインが予想した通りの天体現象が起こらなければ、相対性理論は間違っていたと判定されることになる。これが、「これこれこうだったら、その理論は間違いだと判明する可能性」ということになる。

じゃあ、反証可能性を持たないものにはどんなものがあるだろうか。

例えば透視能力の実験をするとしよう。実験者と、透視能力を持つとされる被験者、そして観客がいるとする。さて実験者は実験を行う前に、観客に向かってこう宣言する。「この被験者の透視能力は、観客の中にその能力を疑っている者がいる場合発揮されない」

さて、この実験によって、被験者が透視能力を持たない、と判断される可能性はあるだろうか?透視が成功すれば、もちろん透視能力を持つという結論になる。一方、透視が失敗しても、実験者は「観客の中に被験者の能力を疑っている者がいたから能力を発揮できなかったのだ」と主張できる。

つまりこの実験の場合、どんな結果が出ようとも、被験者が透視能力を持たない、という結論が導き出される可能性はない。それはつまり、反証可能性がない、ということであり、つまりこれは科学ではない、と判定出来るのだ。

さて、話を戻そう。何故この反証可能性の話をしたのかと言えば、「不幸になる自由を手放すな」という言葉がきっかけだ。僕はこの、「不幸になる自由」と「反証可能性」を重ねて捉えている。自分の人生が絶対に不幸にならない、と知ることは、反証可能性がないことと近い。そして、科学が好きな僕としては、そういう状況はやはりちょっと気持ち悪く感じられる。それよりも科学のように、もしかしたらいつか間違っていると指摘されてしまう(いつか不幸になってしまう)という可能性がある人生の方が豊かなのではないか、と感じる。

もちろん、本書でも指摘されているように、現時点で莫大な不幸の中を生きている人もいるわけで、そういう人に「不幸になる自由」の話が出来るのか、と言われれば出来ないだろう。そういうことを考える余裕があるのは、今さほど不幸ではない人だけだ。今絶望的な不幸に閉じ込められている人には、恒久的な幸福を求めるだろうし、そのためになら多少のものは差し出してもいい、と考えるかもしれない。

そういうことも、一応頭の片隅で理解したつもりでいるという前提の上で、やはり僕は思う。「不幸になる自由」を手放すような人生はゴメンだな、と。

内容に入ろうと思います。
警視庁の捜査一課、いわゆる殺人などを扱う花形の部署にいる真行寺弘道は、53歳にして巡査長という異色の経歴を持っている。普通この年齢であればもう少し出世しているはずなのだが、真行寺は末端の末端だ。とはいえ、捜査一課に在籍し続けているのだから、決して能力が低いというわけでもない。実際真行寺は、信念を持って巡査長という立場に居続けているのだ。
日々様々な事件が起こるが、先日発生したのはいささか奇妙な事件だった。老人ホームで導入した介護ロボット<お孫さん>が、突然老人たちを罵倒するようなセリフを言うようになったのだ、という。それだけなら事件でもなんでもないが、その暴言に驚いてショック死してしまった高齢女性が現れ、もしかしたら殺人の可能性も捨てきれないと捜査することになった。しかし、コンピュータ方面の知識がかなり必要とされる事件で、捜査はなかなか進まない。
オーディオを趣味にしている真行寺は、休日に秋葉原のショップで真空管を買おうと思ったのだが、その店頭でちょっと気になる若者と遭遇した。アンプだけ自作してデジタルの音楽を聞くというのだが、それで良い音が出るという。じゃあ聞かせてくと、黒木と名乗った男の自宅まで一緒に行くことになった。黒木はハッカーだと名乗ったので、直近で発生した老人ホームでの事件について、推理小説を書いている、という体で相談に乗ってもらうことにした。
老人ホームでの事件が一段落ついた頃に、新たな事件が起こった。尾関という議員がホテルで変死していたのだ。デリヘルの女が部屋に出入りしているのを確認し、毒物も発見されたことから殺人に切り替えて捜査が始まるが、しかし真行寺は、この事件の背後に、壮大な構図を感じるようになり…。
というような話です。

物語の序盤こそ、よくある警察小説かなと思っていたんですけど、読み進める内に、これは斬新な警察小説だなと感じるようになりました。その斬新さは、いくつかの要素から生み出されているのだけど、まずは本書が、既存の警察小説のある種アンチテーゼとして描かれている、という点に触れてみましょう。

一般的な警察小説を乱暴に描写してみるとこんな感じになります。警察という組織の中で、出世争いや足の引っ張り合いなんかは色々ありつつも、組織の駒として足を棒にしながら歩き回り、その一方で多少の逸脱をしながら独自の路線を突き進む。聞き込み、現場百遍など、とにかく人に会ったり現場を見たりと動き回りながら、事件の概要を掴み、犯人を追い詰めていく…。
まあ、色々ありますが、大体こんな感じでしょう。

一方で本書は、それとはまったく違います。警察という組織の中で、駒としての立ち位置を完全に捨て去って好き勝手に動き回り、足を棒にするのではなく、凄腕のハッカーと組んで、バリバリの違法捜査を繰り返しながら、時には相手を罠に嵌めたりしながら犯人を追い詰めていく…。

もちろん、そういう要素を持つ警察小説もあるでしょう。組織に馴染まず一匹狼を貫いて、というような。しかしそういう警察小説は、方向性としてはハードボイルド的なベクトルを持ちがちですが、本書の主人公である真行寺は全然そんなタイプではありません。真行寺は元々一匹狼的ではあるんですが、今回の一連の事件ではそもそも違法捜査をしまくってるので、一匹狼にならざるを得ない、という側面があるのです。

また、バリバリ違法捜査を繰り返しているという要素からは、ノワール的な作品が連想されますが、本書はそんなこともありません。真行寺は、確かにルールは破っているし、正しくないことはしているんだけど、とはいえ真行寺にも彼なりのモラルがあり、そのモラルには沿っている、という感じがするんです。そういう意味で、本書はノワール的でもない。

真行寺という刑事は、一般的な警察小説ならむしろ脇役なんじゃないかというほど、彼自身の存在感は薄いのだけど、そんな男がひょいっと軽やかに違法捜査に手を染めている、というのが非常に違和感があって斬新なのだ。

また本書が普通の警察小説と異なるのは、そのスケールの大きさにある。もちろん、事件の背景にとんでもない事態が隠されていた、というような物語はよくある。しかしそういう物語の場合、物語の根幹は、そういう巨大な背景といかに闘っていくのか、という部分に移っていくことになる。

しかし本書はそうではない。巨大な背景といかに闘うかという一歩手前、つまり、その背景と闘うべきなのかどうか、という部分に焦点が当てられるのだ。これは非常に面白いと感じた。

確かに、本書の中盤以降で明らかになる、事件を貫く大きな背景は、非常に難しい問題を孕んでいる。僕自身は、直感的には大反対だが、しかしならば対案があるのかと言われれば返答に窮してしまう。この解決法は決して良くはないが、しかし他に選択肢はないのだ、と言われてしまえば、納得したくはないが納得せざるを得ないかもしれない、という感覚は持っている。いやだな、とは思うが、例えば、あることを受け入れるか、受け入れないならば死ぬか、という二択しかないとしたら、仕方なく受け入れる、というような感じで、この未来を受け入れざるを得なくなるのではないか、という予感がある。

巨大な背景が登場する場合、普通の警察小説であれば、それと如何に対峙するかが描かれる。そういう意味で本書は、警察小説の格好をしてはいるのだが、実際には警察小説ではないと言えるだろう。その背景は、あまりに巨大過ぎて、闘うことすら不可能に思えるものなのだ。それでも闘うべきか否かを、様々な段階で議論する本書は、警察小説の形を借りた思想小説(と言うと堅苦しいイメージになっちゃうかもだけど、そんなことは全然ない)とでも言うべきかもしれないと思う。

それは、こんな文章からも感じとることが出来るだろう。

『でも、なぜ僕らは音楽を聴くのかってことを考えてみましょうよ。キング・クリムゾンにせよ、バッハにせよ、ソニー・ロリンズにせよ、バリ島のガムランにせよ、僕らが音楽を求めるのは、それは言葉以外の方法で世界に触れ合おうとしているからです。つまり、意味の外、情報の外へと旅立って、世界と魂を共振させようとしているんですよ。
世界が奏でる調べに、魂が震えなくなった時、それは感情をなくした時です。感情がなくなれば、音楽は消え、なっているのは音の情報にすぎなくなり、記号とノイズだけが残る。
ある音の列なりを聴いて、これは音楽だと思い、そして、音楽を聴きたいと思い続ける限り、感情を持った存在として、僕らは嫌なものは嫌だと踏みとどまろうとしてもいいんです。踏みとどまれるかどうかはわからないし、それが正しいかどうかもわからないけれど』

こんな文章は、まず一般的な警察小説では見かけないでしょう。

僕らが今当たり前に存在していると思っていること(物質だけではなく、概念も含む)のほとんどは、先人たちの膨大な努力や闘争の堆積物だったりする。そして、その努力や闘争を止めてしまえば、すぐにではないにせよ、いずれどこかのタイミングで過去の遺物を使い切り、当たり前に存在するはずのものが当たり前ではなくなる日が来るだろう。

「自由」というのもその一つであって、過去様々な人間が「自由」のために言葉を尽くし、血を流し、剣で斬りあった、その果てに今がある。ただのその上に安寧としているだけでは、僕らは「自由」を守りきることは出来ないだろう。しかし、様々な環境の変化によって、人類は恐らく史上初めて、「自由であるべきなのか?」という、今まで追い求めることが当たり前だった「自由」という概念への疑問を抱くようになった。その時代の揺らぎみたいなものを、警察小説という仮面を被った物語が描き出そうとしている。その挑戦的な冒険心が、非常に斬新だと感じられる物語だった。

榎本憲男「巡査長 真行寺弘道」

関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3532-bbe775f7

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
7位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

最新記事

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)