黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

装丁、あれこれ(桂川潤)

本を読む際には、出来るだけ先入観を持たないように、と意識しているつもりではある。とはいえ、常に100%となると、なかなか難しい。

仕事柄、自分で読もうと決めて買ったわけではない本を読む機会もある。それは、自分の読書の幅を広げるという意味で非常に助かっているのだけど、やはり自分では選んでいなかった本であることもあって、そういう本で自分的に当たりを引くという経験は決して多くはない(とはいえ僕は、当たりの本だけ読んでいればいい、と考える人間でもないので、当たりでなくてもそれもまた良し、と思うのだけど)。

さて、本書も、自分で読もうと思って買った本ではない。だから、やはりある程度は、(どうなんだろうなぁ)という先入観はあった。

でも、読み進めていく内に、あぁこれは面白い本だなぁ、とジワジワ感じられてきた。自分の仕事と関係する部分もある、という近さがそう思わせるという部分ももちろんあるのだろうけど、仕事でも考え方でも自身の立ち位置を決して固着させることなく、常に“遊び”(余裕という意味と、遊んでいるという意味を込めているつもり)をもたせながら思考し、作品を生み出し、そうした中で少しずつ塊になっていった想いや考えを丁寧に言語化している、という印象の作品で、予想していた以上に良い作品だった。

一応先にこれだけは書いておこう。本書は、確かに「装丁」というものに軸足を置いている作品なのだけど、両足を「装丁」の上に載せているのではない。片足は常に「装丁」の上にありながら、もう一方の足を縦横無尽に様々な領域へと伸ばしていく。電子書籍や出版社・書店の話に飛んでいくのは分かるが、社会批評や、ある種の芸術論的な部分にまで話が展開していくので、「装丁」というものに殊更興味のない人(実は僕もそうだ)にも楽しんで読める作品である。


自分の仕事と関係する、と書いたのは、単純に僕が書店員だから、というだけではない。ここでは具体的には書かないが、僕が本を売る際に行ってきた企画やアイデアなどは、広く括れば「装丁」という枠組みに入れてもらえるのではないか、と感じたからそう書いたのだ。

『装丁という仕事の本質は、結局のところ「予感」に尽きるのだ』

本書の中で著者は繰り返し、「装丁」の役割を書く。要約すれば「予感」を与える、ということになるのだが、本に触れる者はまずテキストに出会うのではなく装丁と出会う。だから装丁が作品の中身を予感させるような佇まいをしていなければならないのだ、と繰り返し語る。

そして、僕の本の売り方も、似たような部分がある。本には様々な面があり、様々な切り取られ方がある。それは読む者個人個人がそれぞれで切り取っていけばいいのだが、最近は特に、こちらがあらかじめ切れ込みを入れてあげないといけない、と感じるようになってきた。書店に送られ、店頭に並べられる本は、著者・編集者・装丁家など様々な人の手を経て、作品として完璧なものに仕上げられる。一昔前であれば、その状態から本の「予感」を感じ取ることが出来る人がたくさんいた。しかし今の時代は、完璧に仕上げられたものに切れ込みを入れて、中の匂いを少し出してあげないと、その「予感」を感じ取ることが出来ない人が増えている印象がある。

だから、僕がしていることは、その本が持つ「予感」を増幅させることだ。そう捉えると、僕がしていることは、広義の「装丁」という枠組みに入る可能性がある。

しかし難しいのが、切れ込みを入れ「予感」を増幅させる過程で、僕は本来の「装丁」を否定する手法を取ることが多い。「どのように届くのか」を一番に考えて装丁がなされているとして、僕がしていることは、「どのように」を削ってでもとにかく「届ける」ことを最優先にする、というものだ。もしかしたらそれは、「装丁」が目指すものの対極にあるのかもしれない、とも思う自分もいて、自分の売り方に迷うことはないものの、「どのように」を削ぎ落としてしまうことで本来の価値を減じた形で本を届けることになってはいないか、と考えてしまう瞬間はある。

とはいえ、やはり本は、売れなければどうにもならない。

『売れた本は、企画、内容、装丁・造本がぴたりと一致したものばかり』

これは僕も同じ感覚を持っている。本を売り出す際のアイデアが、本そのものやその周辺の状況とピタッとハマった時、あぁこれは売れるな、という感覚を持てることがある(常にではない)。本書を読むと、作品にピタッと合う装丁を仕上げることの難しさをひしひしと感じることが出来る。

僕は、絵やデザインと言ったものにまったく造詣がない。そもそも僕は、恐らくこれは脳の機能障害だと自分では思っているのだけど、映像的な記憶がまったく出来ない。例えば、目の前にリンゴを置くとする。それをじっと見つめて、その後目を瞑って、頭の中にリンゴを思い浮かべてください、と言われても、僕には出来ない。頭の中に映像やイメージを浮かべる、という感覚が、何を言っているのか全然分からないので、視覚的な記憶は脳に全然残らないし、そういう意味で、装丁というものへの関心も低い。

書店員として長く働いていて、「装丁」という観点から印象深く思い出せる本は二冊しかない。一つは、東野圭吾の「白夜行」。東野圭吾という作家がまださほど有名ではなく、僕自身もその名前を聞いたことがなかった頃に、表紙のインパクトだけで手に取り読んだ本だ。もう一冊は、森博嗣の「スカイ・クロラ」シリーズの単行本。本の本体に絵や文字を印刷し、その上から透明なカバーを掛ける、という装丁が斬新で、今でも憶えている。

そんな、絵心もデザイン力もない僕だが、仕事柄デザイン的なことを考えることもある。実際に僕がデザインをするわけではないのだが、そのアイデアを考える、ということは時々ある。

昔は自分にそんなことが出来るとは思っていなかったのだが、ある本の記述を読んで、デザインへの印象が変わった。

僕は乃木坂46が好きで、「別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46 Vol.1」というムックも買って読んだ。その中に、乃木坂46のCDなどのアートワークを分析するというようなコーナーがあって、その中にこんな文章があった。

『デザインにおいて、「ただなんとなく」は絶対に成立しません。少なくともデザインした人はあらゆることを考えているし、クライアントに理由をプレゼンしているはずですから』

要するに、商業デザインであればクライアントが必ずいて、プレゼンをしなければならないから、デザインの意図などを言葉で説明しているはずだ。つまり、デザインとは言葉で捉えられるものなのだ、という内容だった。

この記述を読んだ時、あぁそれなら僕にも出来る!と思えた。もちろん、すべての商業デザインが言語化出来るのかは僕には分からないのだけど、デザインは言葉で捉えうるのだ、という発想が僕の中には今までなかったから、この文章は僕に結構大きな影響を与えたと思う。その後僕は、問題をデザインで解決する、というような手法で色んな本の装いを変えてきたのだけど、その発想の大元には、デザインは言葉で捉えうる、という今まで知らなかった考え方がある。

本書を読んでいても、「装丁」における「ことば」の重要性が書かれている。

『しかし、杉浦さん(※建築家出身の装丁家・杉浦康平)と菊池さん(※広告界出身の装丁家・菊地信義)の対照もまた際立つ。杉浦イズムの核心を「批判=criticism」とするなら、菊池さんの方法論は「批評=review」だと考える』

『「“本は人の心をつくる道具”という気持ちで、本づくりに関わってきた」という菊池さんは、「本は物である」から、さらに進んで「ことばは物である」と述べる。「芸術性の高いことばは、物体のように表があって裏がある。表とは、世間に流通している額面どおりのことばであり、裏とは、なぜこのことばがここで使われているかという一人ひとりが考えることば。この裏のことばに“気づく”こと、自明の了解をひっくり返すこと、無意識のなかで迷子になることが、すなわち「読む」という行為であり、そこに批評性や批判性が生まれる」と、菊池デザインの核心へと迫る』

装丁というのは、綺麗な表紙を付ける、というような単純なものではなく、ことばによる「批判」や「批評」の上に成り立っている、という。完成された装丁から、その批判性・批評性を読み取れるかどうかは人それぞれだろうが、ビジュアルの背景にことばが存在している、ということが大事なのだ。

ここで語られているのは、著者自身の装丁観そのものではないのだろうが、著者のいう「予感」を孕ませるための装丁というのもまた、ことばは不可欠だろう。予感を感じる側は、それを言語化出来る必要はないが、予感を与える側は、やはりある程度その予感の正体をことばで捉えておかなければならないと思うからだ。

また、『書店の風景を一変させてしまった』というほどの影響力を持つ鈴木成一デザイン室(僕の記憶では、前述の「スカイ・クロラ」シリーズの装丁は、鈴木成一デザイン室のものだったはず)の鈴木成一は、『装丁とはテキストをビジュアル化し、物質化することである』と語っている。ここでもやはり、装丁の出発点は「テキスト」ということばだ。

ことばがどんな役割を担うのかという点は、何のデザインであるのかやデザイナーの個性に拠るのだろうが、デザインの背景にことばがある、ということは、やはり本書を通じて感じることができた。

「装丁」とは少し違うのだが、本書を読んで思い出した映画がある。「すばらしき映画音楽たち」という映画だ。これは、「スター・ウォーズ」「スーパーマン」「インディー・ジョーンズ」「ET」「ジュラシック・パーク」「パイレーツ・オブ・カリビアン」「JAWS」など、誰もが一度は聞いたことがある映画音楽がどのように生まれたのかを、様々な作曲家たちに話を聞きながら、映画における音楽というものの存在感を浮き彫りにする映画だった。

著者の言う「予感」という言葉を借りれば、本の「予感」を滲ませるのが「装丁」であり、映画の「予感」を滲ませるのが「音楽」と言えるだろう。装丁も映画音楽も、それを必要とする対象は既に存在していて、その作品世界をより良く見せるために機能するものとして存在する。そういう意味で両者は非常に近い存在だと感じる。

その映画の中で一番印象的だった言葉が、

『映画音楽のルールは一つだけだ。“ルールはない”』

である。これはまさに、本の装丁でも同じことが言えるのではないかと思う。

本書にも、様々な挑戦的な装丁の例が紹介されている。極限までコストカットさせられたが故に生まれた装丁や、世界初の手法を使った装丁など、決まったルールなど感じられないように思う。映画音楽家たちが様々な世界から業界にやってきたように、装丁家も、建築や広告など異業種からの参入も盛んだ。それは、本という長きに渡って存在してきた安定力抜群のメディアであるが故に、既存のルールや常識を打ち破ろうとはっちゃけても本という存在自体が揺るがない、という強さ故という可能性もあるかもしれない。

とはいえ、そんな物質としての本は、電子書籍の登場によって揺らぎを見せている。2012年に書かれた文章では、電子書籍の話題が非常に多いが、これは時代を反映したものだ。Amazonなどによる参入で電子書籍の流れが加速するという予測がなされていた時期であり、電子化が進めば進むほど装丁家としての仕事も細くなっていくだろうという危惧もあり、著者は電子書籍方面の話題を多く書いている。電子書籍業界についても逐次情報を仕入れていたり、自身でも電子化を手がけてみたりと、様々な形で電子化の流れの中に身を置いている。

著者は決して電子書籍を頭ごなしに否定しているわけではない。得意・不得意を見極め、電子化するメリットも十分に理解した上で、デバイスによって文字の大きさや組方向を変えられる方式の採用に不満を抱いたり、『だが、そんな現状を認めつつも、筆者はやはり“装丁”はモノから切り離せない、と考えている』など、本という存在そのものの有り様から出発して、装丁というものの役割を捉え直そうとする。自分の仕事が危ぶまれるから電子化には反対だ!というような立場であれば受け入れがたかっただろうが、現状をきちんと認識し、受け入れ、その上で理想と最善の間のどこで着地させるべきかという思考を常にしているような印象があって、そのスタンスが非常に好ましい。

電子書籍について僕自身のスタンスを少し書いてみようと思う。僕は賛成でも反対でもないのだが、「ツールの変化は、思考や行動に大きな影響を与える」という観点から電子書籍を捉えている。

それを僕は、「文字を書く」ということを通じて実感している。僕は普段、パソコンのキーボードで文字入力をしている。そして、僕にとって、「キーボードで文字入力するスピード」と「頭の中で思考するスピード」がかなり心地よい関係にあり、それ故にキーボードで文字入力することは、僕の思考そのものに影響を与えている、と考えている。

これが手書きになると、思考のスピードに対して文字入力が遅すぎてイライラするだろう。また、今以上に早く文字入力出来るツールが存在しても、思考のスピード以上の早さで文字入力出来るはずもないので意味がない。そういう意味で、僕にとっては、文字入力をするツールであるキーボードは、思考を司る脳の働きを拡張するような道具だと言えるのだ。

同じようなことは、文字を読むということについても起こりうるだろうと思う。紙の本とデバイスとでは、どんな影響差が出るのか、それは今の時点では想像出来ないのだけど、何らかの違いは出るだろう。それが良い影響なのか、悪い影響なのかも、今の僕にはまだ想像出来ないことだけど、もしもそれが悪い影響であったとして、それがデバイスの変化によるものだと判明するのには時間が掛かるだろうから、その間に紙の本がかなり衰退してしまっていれば、取り返しはつかなくなるな、という感覚を持っている。

僕自身は、本は紙で読みたいので、デバイスで読むことはないだろうが、デジタルネイティブと呼ばれる世代にとってはむしろ、デバイスで物語や情報に触れることの方が自然になるだろう。その大きな流れは変えようがないが、電子化によって失われるものが一体なんなのか(得られるものは分かりやすいからあまり気にしていない)、それを注視しておかないと怖いなぁと考えている。

そんなわけで、正直本書の内容にはほとんど触れていないような気もするのだけど、僕にとっては、読んだことで思考が様々に展開され、文章にしたいと思うことがたくさん浮かぶ本が良い本だという感覚があるので、そういう意味で本書はとても良い本だった。装丁というものを中心として、本周辺のことについて(あるいは社会や仕事について)、様々な情報や自身の体験、様々な人の考え方などを織り込みながら、今ある危機や未来への希望や可能性を浮かび上がらせる良書です。

桂川潤「装丁、あれこれ」

関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3510-750d9a8e

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
7位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

最新記事

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)