黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

「羊の木」を観に行ってきました

これは面白かったなぁ。

何かの本で読んだ話で、印象に残っているものがある。アメリカの話だ。
「銃」と「プール」はどっちの方が危険か?という話なのだけど、これだけでは分からないだろう。正確な問いはこうだ。「銃」のある家と「プール」のある家では、どちらが死亡率が高いか?さて、あなたはどう思うだろうか?

瞬間的な印象で言えば、「銃」の方が危険だし恐いと思うだろう。しかし実際には(少なくともアメリカでは)「プール」がある家の方が死亡率が高い。子どもが溺れて死亡する事故が多いからだ。

これと同じような話ではないか、と僕は感じるのだ。

「一度も殺人を犯したことがない人(非殺人者)」と「過去に殺人を犯したことがある人(殺人者)」だったら、どちらが危険だろうか?瞬間的な印象であれば、「殺人者」の方が危険だろう。しかし、本当にそうだろうか?「

ここからの議論は、あくまでも僕の個人的な意見だが、僕はこんな風に考えている。

まずそもそも、殺人を犯して捕まる人間の大半は「非殺人者」のはずだ。もちろん、正確なデータは知らないが、例えば殺人で捕まった人間を100人集めてきたら、98人ぐらいが「非殺人者」で2人ぐらいが「殺人者」ではないかと僕はイメージしている。

まあ、そりゃあそうだろう。現実には、刑務所を出た後また殺人を犯す者もいるだろう。もちろん、ゼロではない。しかし、その割合は、普通に考えればかなり低いはずだ。何故なら、もしも本当にそんなことが頻発しているのであれば、ニュースでバンバン報道されるはずだからだ。過去に殺人の前科がある者が殺人を犯したことが判明すれば、報道されないはずがない。

もちろん、被疑者が分からないまま迷宮入りする殺人事件も存在するだろうし、そういう中に、殺人の前科者による犯行もあるだろう。しかし、ごくごく一般的に考えてみれば、その可能性はかなり低いはずだ。

それよりも、どう考えてみたって、「非殺人者」が殺人を犯す可能性の方が高い。何故なら、僕のイメージが正しければ、殺人を犯して捕まる者の内98%が「非殺人者」なのだから。ニュースで報じられる殺人のほとんどが、「非殺人者」によるものだ、ということを思い返してみても、そのことが理解できるはずだ。

もちろん、こういう不安はあるだろう。「殺人者」の方が、殺人を犯すことへの抵抗が薄いはずだから、確率としては低いのかもしれないけど、危険視すべきであることには変わりない、と。

しかし、本当にそうだろうか?

ここで、殺人を犯す者を「理由なき殺人犯」と「理由のある殺人犯」に分類しよう。殺人を犯した者が「理由なき殺人犯」であれば、確かにかなり危険だとは思う。「理由なき殺人犯」は、理解できない理由で人を殺しうるからだ。

しかし「理由のある殺人犯」の人はどうだろう。殺人事件にはもちろん色んな動機がある。どうしようもない理由があれば殺人が肯定される、というわけではもちろんないが、夫のDVから逃れるためとか、壮絶な介護に疲れた果てにとか、そういう殺人だって世の中にはたくさんある。そういう人たちは、目の前にあるどうにもしようがない現実を打破するために、不幸にも殺人という選択をしてしまった人たちだと言えるだろう。

もちろん、「理由のある殺人犯」の人たちにも、ストーカーの末に殺してしまったとかというような身勝手な理由もありうる。だから、理由があるという分類でひとまとめには出来ない。ただ僕の感覚では、身勝手な理由での殺人というのは報道されやすく、だから頻発しているように感じやすい。あくまでも個人的な感触だが、切実な理由によってどうしようもなく人を殺めてしまう人の方が多いのではないかと思う。

さて、「理由なき殺人犯」と「理由のある殺人犯」は、どちらの方が多いだろうか?これも僕の感触だが、圧倒的に後者、つまり「理由のある殺人犯」の方が多いだろう。

ここまでの議論で何を示したかと言えば、殺人を犯した者の大半は、止むにやまれぬ事情によって人を殺してしまったのであって、そういう理由さえなければ人を殺すという行動を取らないだろう、ということだ。

もちろん、人を殺した者の中には「理由のある殺人犯」も混じっているし、外形でそれを判断するのは不可能だと言っていいだろう。だから、殺人を犯した者をひっくるめて怖がったり排除したりする、という姿勢を取ってしまうのも分からなくはない。ただ、もしそういう判断をするのであれば、僕らの周りにいる普通の人たちに対しても同じ態度を取るべきだ。何故なら、僕らの周りにいるごくごく普通の人の中にも、将来的に殺人を犯す人間はいるかもしれないし、その中には「理由なき殺人犯」もいるはずだからだ。だから、外形から「理由なき殺人犯」を区別出来ないから、かつて殺人を犯した者全員を排除する、という論理が成り立つのであれば、世の中に存在するすべての人の外形から「理由なき殺人犯」を区別できないから、世の中のすべての人を排除する、という論理も同時に成り立つはずだ。

僕はこんな風に考えているから、かつて殺人を犯した者だからと言って、ただそれだけの理由でその人を怖がることはないのではないか、と自分では思っている。

そもそも、これも当たり前の話だが、僕らが普通に生きている社会のどこかにも、かつて殺人を犯した者が普通に生活しているはずだ。刑期が終わればいずれ刑務所から出てくるわけで、そういう人だってどうにかして生きていかなければならないんだから、僕らが生きているすぐそばで生活している可能性はいつどこにいたってあり得る。知らないだけで、元殺人犯と日常的に接しているかもしれないのだから、知ったから怖がるという態度を僕は取りたくないなと思ってしまう、という部分もある。

本書で描かれるのは、過疎の町に素性を伏せて元殺人犯を受け入れるという国家プロジェクトを背景にした人びとの話だ。こんなプロジェクト、当然現実には行われてはいないだろうが、しかし完全には否定できないだろう。個人的には、フィクションとは言え、非常によく出来た設定だと思っている。僕らが知らされていないところで、このような極秘プロジェクトがどこかで行われているかもしれない。そのことは、誰にも否定できないだろう。

内容に入ろうと思います。
富山県魚深市の市役所で働く月末は、ある日上司から、この町に引っ越してくる6名の受け入れを担当してくれと命じられる。事情を知らずに、新幹線や飛行機でやってくる男女6名を迎えに行く月末だったが、久しぶりに食べるかのようにラーメンを勢い良く食べたり、預かっていてもらっていたから服がカビ臭いと発言したりと、なんとなく不穏な雰囲気を感じている。そのことを上司に問いただすと、彼らは全員犯罪者だと告げられたのだ。
刑務所の経費削減を国としては進めていきたいが、そのためには大きなハードルがある。仮釈放には、身元引受人が必要なのだ。しかし新しく、自治体が住居と雇用を確保すれば、仮釈放に必要な身元引受人になることが出来る、と決まった。そういう仮釈放者は、受け入れる自治体に10年住むことが義務付けられており、過疎対策にもなると、市長肝いりで始まったプロジェクトだと言うのだ。
月末は当初、彼らがどんな罪を犯したのか知らなかったのだが、秘密を知るはずのない同僚の一人が上司のパソコンを覗き見たとかで、彼ら全員が元殺人犯であることが分かったのだ。
月末は、彼らの受け入れ担当として、先入観を持たずフラットに接しようとする。しかし、彼らを受け入れた直後、港で変死体が見つかるなど、胸中穏やかではない。狭い町のことであり、月末自身、あるいは月末の父親とも深く関わるようになっていくが…。
というような話です。

とにかく、設定が見事な物語だな、と感じました。いやー、面白かった。先がどうなるのか分からないというサスペンスフルな部分もあり、また社会的な深いテーマも隠されている。非常に見応えのある映画だった。

社会的なテーマということで言えば、この映画で描かれる元殺人犯の受け入れというのは、原発の問題に近いものがある。原発を稼働すると核のゴミが出るが、その廃棄場所は未だに決まっていない。日本で生み出されたゴミである以上、日本のどこかで処分するしかないが、その処分地の受け入れをどこの自治体もやりたがらないからだ。

刑務所を出た人間をどう扱うか、というのも、近いものがある。核のゴミと同じ扱いをするのも悪いとは思うが、彼らも生きる以上日本のどこかに住まなければならない。しかし、積極的にそれを受け入れたいと考える自治体は存在しないだろう。この映画では、そういう設定が描かれているわけだが、実際には描かれてはいないものの、このプロジェクトを引き受けるにあたって、莫大な補助金などが出るだろう(出なければ、自治体側にメリットはほぼないはずだ)。刑務所から出てくる人間の身元引受人の成り手というのは、今後益々減っていくだろうから(昔は、家族だから仕方ない、という感覚はあっただろうけど、今ではそういう感覚は昔よりは薄れているだろう)、現実的にこの映画で描かれるような方策が必要とされる日が来るかもしれない。

物語という点で言えば、本当に何がどうなっていくのか予測出来なかった。表向きには普通の住民が増えたというだけのことだし、市役所の月末にしても、彼らとは可能な限りフラットに接しようとしている。やってきた6人は、自分と同じような立場の人間が同じ町にあと5人いるなどということは知らない。彼らには家と仕事があり、仕事も真面目にやっている。

普通に考えれば、そのまま何も起こらなくてもおかしくはないのだ。実際、不穏な雰囲気は常にありながらも、物語の冒頭から中盤に掛けては、特別何か起こるというわけでもない。ただ、設定からして、何も起こらないということはあり得ない。だから、これから一体何がどうなるんだ、という気分をずっと持ちながら見ていた。

冒頭で僕は、殺人を犯した者だからと言って怖がることはない、と書いた。しかし、もし自分が月島と同じ立場に立たされていたとしたら、様々な判断に迷ってしまうだろう、と感じた。

いや、それは、市役所の人間としてではない。魚深市に住む、一人の人間としてだ。

月末は、6人の内2人と、かなり深く関わることになる。いや、内1人は関わらざるを得なくなったというべきだろうか。彼らが元殺人犯でなければ何の問題もないはずなのに、彼らが過去に人を殺しているという事実があるが故に葛藤させられてしまう部分というのが月末にはかなりある。

その中で、あぁこれはやっちまったなと誰もが感じるだろう場面がある。月末がベースで参加しているバンドの練習の時のことだ。観客も、月末の気持ちは分かるだろう。あそこでああ言ってしまいたくなる気持ちを、自分は絶対に持ってはいない、と断言できる人はいないはずだ。でも、あの発言はやっぱりダメだった。いや、結果から見れば決して悪くはなかったかもしれないけど、でもやっぱりダメだろう。

これは、実に難しい問題だ。確かに、人を殺したことは悪いことだ。しかし、人間の感情の部分はとりあえず置いておくとして、法律上は懲役刑を経ることで罪は償ったということになる。過去は決して消せはしないが、しかし罪は償ったのだからやり直すチャンスはあって然るべきだ。もちろんその通りだ。しかしその人が、自分の生活に深く深く入り込んで来るとしたら、やはりそれは話が変わってきてしまうだろう。僕も、過去に殺人を犯した者を、ただそれだけの理由で排除するつもりはないが、しかしそれは決して、他の人と同じレベルで受け入れるということとは違う。月末は、かなり頑張ったと言えるだろう。僕が月末と同じ立場だったら、月末と同じように振る舞えるかは、ちょっと分からないなぁ。

月末と同じレベルで振る舞えるかは分からないけど、せめて僕は、クリーニング店の店主の女性程度には振る舞える自分でありたいと思う。

「羊の木」を観に行ってきました

関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3502-5355e9b7

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
7位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

最新記事

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)