黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

オーマイ・ゴットファーザー(岡根芳樹)

本書で描かれる父親の考え方に、僕は凄く共感する。

僕自身は、本書の父親のような考え方(それは今の僕を形作っているものとかなり近い)に自力でたどり着いた。人生の色んな場面で違和感を覚え、周りとうまくやっていくことが出来ず、普通の人が普通に出来るはずのことが出来ず、自分の中でかなり苦労しながら生きてきた。そういう自分をなんとか自立させていくために、僕は自分の力で考えなければならなかった。自分が何を良いと感じ、何を悪いと感じるのか。何に喜びを感じ、何に苦痛を感じるのか。そういう様々なデータを収集しながら(別にそういう意識でやっていたわけではないが)、自分がどんな価値観を持っていて、どんな物事に対してどう感じるのかということを少しずつ理解していった。その過程は、世の中の「普通」から外れていく過程でもあったのだけど、でも外れれば外れるほど、僕は生きやすくなっていくのを感じていた。

本書で父親は、子どもたちに対して、様々な形で「あれをするな」「これをしろ」と言う。これだけ聞くと、自分の考えている方向に無理やり誘導しようとする教育に思えるだろう。しかし、本書を読んでみれば分かるが、それはまったくの誤解だ。逆にこの父親は、子どもたちを自由にするために「あれをするな」「これをしろ」と言う。

『しかし真と良樹は進んだ道こそ違いはあるが、どちらも誰かに選ばされた人生ではなく、自分で選んだ人生だから本人たちに悔いはないのだ。たとえ道に迷おうが失敗しようが自分で何とかするしかないし、なんともならなかったとしてもそれはそれでいいのだ。人生はある程度、適当であることが必要である』

僕たちは、何も考えないで生きていると、世間の「常識」とか「当たり前」みたいなものに自然と絡め取られて生きていくことになる。この父親は、それに抵抗する意識と手段を与えるための子育てをしているのだ。「あれをするな」「これをしろ」というのは、確かに何かの方向に誘導しようとしているような感じがするが、そうではなく、そのままにしていたら「常識」とか「当たり前」の方向に流されていってしまうのに抵抗する方向に力を向けることを教え込もうとしているのだ。

『良樹、人生はな、面白いかどうかが大事やぞ。どんな結果であってもやな、面白ければ人生は大成功なんや。
人生で最優先すべきことは、成功でも儲かることでもない。むしろ人生は失敗したほうが面白いんやぞ。変な人と言われることは光栄に思え。
ええか、「変なことをするな」って大人が子どもによく言うやろ。そんな言葉繰り返し聞かされ続けとったら、子どもたちは変なことができんようになるやろ。それはとんでもないことやぞ。
「平凡な人生が一番いい」なんて言う奴がおるが、世の中すべて平凡な人間しかおらんかったらこんなに人類は発展しとらんぞ』

僕は、こういうような発想に、大人になってから自力でたどり着いた。25歳は過ぎていただろう。もしもっと子どもの頃に、こういう考え方を知ることが出来ていたら、僕の人生は大きく変わっていたに違いない。今より良い人生になっていたかどうか、それは分からないが、少なくとも、無駄な苦労はせずに生きられただろう(必要な苦労はした方がいいが)。そういう意味で、子どもの頃どんな教育を受けるかということは、本当に大事だ。

『ずいぶん後で聞いた話だが、あの時比沙子は毎日貧しい食事をして、たまにとんでもない贅沢をするという岡根家の風習が無性に悲しくなり、貧乏ならば無理しないでもっと「普通」の生活がしたかったそうだ』

もちろん、この父親のような教育は、ある意味で劇薬だ。悪い方に作用する可能性もゼロではない。

『この本に含まれた毒は、希望が持てない不安な時代にこそ必要な価値観であり、いつしか精神を鍛え育てる術を無くしてしまった現代の日本の教育に必要な、健全なる哲学である。
その毒は、無難に収まろうとする人生に疑問を投げかけ、奇人変人と呼ばれようが異端児と言われようが、自分というかけがえのない個性に誇りを持って生きるための一つの道標となるだろう』

そう、その通りだと僕も思う。まさに今、「普通」では生きられない時代に突入しているように僕には感じられる。しかし、今の親世代は、子どもに「普通」を与える以外の教育が出来ないだろう。自分たちが、「世間から外れない普通の生き方をしていれば普通の幸せを手に入れられる」という価値観の中で育ってきたからだ。しかし、時代は変わった。あらゆる意味で生きにくい時代になった今、「普通」からどれだけはみ出せるかで人生が大きく変わっていく、そんな時代になっているのだと思う。そういう時代の変化を捉え、これからの世界を生きていく子どもたちに何を教えるべきなのか。それを本書から学ぶことが出来るのではないかと思う。

内容に入ろうと思います。
本書は、著者が自身の父親とのエピソードを書いた「小説」だ。「小説」とカッコで括ったのには理由がある。

『この物語は事実に基づいたフィクションである。フィクションを取り入れたのは、実際には父が酒を飲んだ時以外はあまりに無口だったため物語としては成立しそうにもないからだ。だから実在する岡根徹和の価値観と精神を引き継いだ「岡根哲和」なる架空の登場人物から、本人に代わって大いに教育という観点から物申してもらおう』

だそうである。ちなみに本書には「良樹」という人物が出て来るが、恐らくこれが著者である岡根芳樹氏だろうと思う。フィクションだということで、著者自身も別名で登場する。

本書は冒頭で、

『この物語はそんな「変」な父のでたらめで型破りな子育ての物語である』

と書かれている。まさにその通り、本書で描かれる父親は、ちょっとぶっ飛び過ぎている。
父親のぶっ飛んだ話として、本書の中で最もインパクトがあるのが、良樹が仲間と共にアルバイト先のファミレスに深夜忍び込み食べ物などを勝手に食べていたことがバレた時の話だ。父親は良樹と共に店まで行った。誰もが謝るものだと思ったはずだが、その予想は大きく外れた。父親は、こう言ってのけたのだ。

『お前が経営者か、俺の息子が何したか知らんが、警察に通報して退学でも何でも勝手にしろ!その代わりええか、未成年を夜十時行こう働かせた罪で訴えてこの店潰してやる!』

著者自身、『もちろん百パーセント良樹が悪く、哲和の言っていることは屁理屈であり、社会的にも決して許されることではないだろう』と書いている。そりゃそうだ。ただ、良樹はこの父親の姿を見て、『この人は、社会的とか世間体とかどうでもいいのだ。善も悪も損も得も関係ない。この人は、ただ命懸けで家族を守ろうとしているのだ』と感じ、さらに、『その哲和の強い思いに完全に打ちのめされ、良樹は自分のやった愚かな行動を心から強烈に反省した』と書いている。

こんな風に、この父親の言動は、決して手放しで褒められるようなものではない。しかし、父親の価値観を支えるベースとなる考え方は、厳しい子供時代をなんとか独力で乗り越えてきた父親ならではのシンプルで力強いものであり、完全に同じように子育てするのは無理にせよ、取り入れることが出来る部分はあるのではないかと思う。

僕は結婚するつもりがないが、もし自分に子どもが出来たら、この父親と同じようにしようと思っていることがある。それが、

『子どもを子ども扱いしていないということだ』

という父親のスタンスである。これは、子育てする上で一番重要なスタンスなのではないかと僕は考えている。子どもを一個の人格と認め、「子どもだから甘やかす」「子どもだから怒る」というのではなく、他の大人にするのと同じ判断基準によって子どもへの態度を決めるというのは、とても大事だと思うのだ。

また、

『岡根哲和は、まったく子どもに無関心な男である』

というのも示唆に富むスタンスだ。

『少なくとも関心を持たれなかった岡根家の子どもたちは、変なプレッシャーを受けることもなく、親の被害者になることもなく、のびのびと真直ぐに育つのであった』

『子どもに期待しない』

『親の期待に応えるために人生があるんじゃない』

哲和は、実際には子どもに無関心なわけではない。本書でも、それを示唆するエピソードが載っている。ただ彼は、意識的に関心を持たないようにしていた。自分が関心を持つことで、子どもが進むべき方向性に影響を与えてしまうからだ。それを何よりも恐れていたのだろう。だからこその、無関心なのだ。

また、これは子どもの頃に誰かに教わりたかったと感じたことがある。

『せやから人間の心には、光も大事やけど同じように闇も必要なんや』

これは、僕は本当にもっと早く知りたかったと思う。確かに、その通りなのだ。今ならそのことがよく分かる。でも僕は子どもの頃は、闇を抱えながら、それは捨てたり手放したりしなければならないものなのだ、と思っていた。自分のマイナスな部分を、ダメだと感じてしまっていた。それで、無用な苦しみを抱えることになった。今では本当に思う。人間には、闇が必要なのだ、と。闇だけでは人生は成り立たないが、同時に、光だけでも人生はうまくいかないのだ。

『そんなクジラのようにや、ある時期は好きなだけ引きこもっとってもええやないか。いや、むしろそんな時間が誰にでも必要なんちゃうか。
無理に急いで闇から引きずり出すよりも、闇の中の面白さやら、遊び方やら、光の世界に戻ってくる方法やら、そんなことを子どもに教えてやることの方が重要なんちゃうか』

あぁ、本当にその通りだと思う。特に、「光の世界に戻ってくる方法」を教えるべき、という話には物凄く頷いてしまった。自分が闇に囚われている時、そこから出られるのかどうか、僕はずっと不安だった。光と闇は行き来できるんだ、片道切符ではないんだ、ということを教えてくれる大人がいたら、もっと楽に生きることが出来たのではないかと思う。

他にも、

『ええか、人間は好きなことばかりやっとったらあかん。』

『ええか良樹。勉強でもスポーツでも何かを成し遂げるためにはやな、やせ我慢が必要やぞ。自己責任において何かを犠牲にすることが交換条件ちゅうことや』

『そうやない。(本は)わかるために読むんやない。わからんようになるために読むんや』

など、含蓄に富んだメッセージが次々に放たれていく。今の僕は、これらの考え方をすんなり受け入れることが出来る。でも、子どもの頃、誰かからこういう意見だけを聞いて、「はいそうですね」と言って受け入れることが出来たかどうかは分からない。しかし岡根家では、父が口で言うばかりではなく、態度や行動や環境などによって、口で言ったことが実行されるような状況を可能な限り作り上げている。そこが凄いところだ。例えば岡根家は、つっかい棒が必要なほどのボロ屋だったそうだが、

『しかしそんなハイオク同然の岡根家の茶の間の薄汚れた壁には、カレンダーや画集を切り取ったものではあったが、ゴッホやシャガールやモディリアーニといった有名画家の作品が飾られ、ちょっとした美術館のようであり、いくつもの本棚には百科事典や図鑑や、少年探偵団シリーズ、怪盗ルパンシリーズ、芥川龍之介、夏目漱石、遠藤周作から世界名作分学習、さらにはドストエフスキーやニーチェに至るまで揃っていて、さならが小民間の図書室のようだった。
またステレオの棚んはクラシックやシャンソンやポルトガル民謡やフォルクローレのレコードがずらりと並んでいたり、おまけになぜか顕微鏡や天体望遠鏡まであり、さらには中古だがピアノまであった。
ピアノはいらないから、せめてつっかい棒がない家に住んだ方がいいのではないかと思うのだが、すべて主である哲和の「必需品より嗜好品を優先させる」というこだわりだった』

というように、ある意味では充実した環境を整えていた。父親の凄い点はまさにここで、決して言うだけではなく、それが実行できる状況を作り上げる点にある。それには相当の覚悟と努力が必要となるだろうが、うまく行けば子どもたちに最高の教育を与えることが出来るだろう。

そんな哲和の妻はどうかと言えば、こちらもなかなかぶっ飛んでいる。さすが、哲和と結婚するような女性である。一番好きなエピソードは、哲和が働いていた従兄の会社が倒産し、翌日差し押さえが来るという夜のことである。妻は、「家電まで取り上げられたらかなわん」と考え、一計を案じる。子どもたちにマジックを渡し(子どもたちは倒産のことなど何も知らない)、『今から落書き大会をやるよ!机でもテレビでも箪笥でも好きなだけ落書きしな!』と言ったのだ。これによって、倒産による陰鬱な時間となるはずだった夜は、子どもたちにとってとても印象深い楽しい夜になった。この夫にしてこの妻、という感じである。

本書は、自分の考えなしにただ形だけ真似しても火傷するような、ある種危険な子育ての考え方が描かれている作品だ。しかし、こういう教育こそが、生きづらい世の中を生き抜く子どもを育てることになるのではないかと思う。哲和のように振る舞うことはとても困難だろうが、本書で描かれている考え方を理解した上で、取り入れられそうなものは取り入れてみてはどうだろうか。

岡根芳樹「オーマイ・ゴットファーザー」

関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3351-db63f439

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
11位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)