黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

オシムの言葉(木村元彦)

僕は、人の上に立つような人間にはなりたくないが、それでも、そういう立ち位置にならざるを得なくなったら、こうなりたいという理想はある。そして、イビツァ・オシムというサッカー監督は、僕のあらゆる理想を体現している人物だと感じる。

『監督に、最後の佐藤のシュートが残念でしたね、と聞いたんだよ。そうしたら、「シュートは外れる時もある。それよりもあの時間帯に、ボランチがあそこまで走っていたことをなぜ褒めてあげないのか」と言われたよ』

『2004年の仙台戦で勇人が2ゴールを決めた時、そのことについて会見で記者が質問すると、オシムは、
「ユウトが点を取ったのではなく、ジェフというチームが点を取ったのです」と切り返した。』

物事をどう捉え、評価するかという視点が非常にフラットだ。自分なりの軸がきちんとあり、それを揺るがせにしない。どんな立場の誰に対しても、自分の中にある基準に沿って対する。だから、かつてジェフ市原の得点王だったチェ・ヨンスに対しても、オシムは『守備をしないと、お前は使わない』と言うのだ。

『ただ、それより重要なのは、ミスをして叱っても使い続けるということだ』

『ミスした選手を使わないと、彼らは怖がってリスクを冒さなくなってしまう』

僕はマイナス思考の人間だから、これはとても良くわかる。ミスするというのは大体、チャレンジした結果であることが多い(日常生活でのことならともかく、本書で描かれているのはプロサッカー選手の話なのだから、余計そうだろう)。であれば、ミスしたことよりも、チャレンジしたことを褒めなければ、誰もチャレンジなどしないだろう。

『試合前、オシムはこう言って選手を送り出していた。
「守備路はJの中でナンバーワンのチーム。だから、そこに負けても恥ずかしいことはない。まずは、自分たちのサッカーを思い切ってやろう。負けてもいいから」
負けてもいい。
厳格な監督がホッと漏らしたその言葉が「優勝」という未体験の領域に挑もうとする選手を呪縛から解き放った』

技術や練習方法を教えるのだけが、リーダーの仕事ではない。リーダーとは、自分が見ている者達の能力を、いかにして最大限引き出すのか、という点にこそ意味がある。そういう意味でオシムは、選手たちの気持ちを自在にコントロールする術に長けていた。

『常に考えているのは、選手たちの「勝ちたい」、「克ちたい」という強い気持ちを目覚めさせることなんだ。なぜ、勝ちたいのか。その問いに対する答えは11人いたら11人違うかもしれない。だからこそ選手を観察する必要がある。その上で、対戦相手のことを洞察し、まず、相手が何に長けていて何に劣っているのかを考えさせる。そして自分たちが何をすべきなのか、何をしてはいけないのかを言っていく』

オシムは、『サッカーにおいて最も大切なものもアイデアだ』と言う。走り込みを徹底させて身体を作らせる一方で、選手たちにひたすら考えさせた。ミスのないプレーでも、考えていないと見抜かれたら叱責される。1対1の練習をしろと言われたのに、一方が押されていると、なんで誰も助けに行かないんだ、と怒る。1対1をやれ、と言われてただ漫然とやっているだけでは駄目なのだ。『理解さえできていれば、やってはいけないことは何もなかった』というのがオシムのサッカーだった。

『何も言うことはないだろう。10分で代えただけで十分だ。水本自身があの10分で代えた意味が分からないようだったら意味がない。大事なのは言葉ではなく、自分でその意味を感じているか。前も話したが、時としては何も言わないほうが、100万語を費やすよりも伝わる場合がある』

『モチベーションを上げるのに大事だと思っているのは、選手たちが自分たちで物事を考えようとするのを助けてやることだ』

どういう行動を取ったら自分の意図が相手に伝わるのか、どうすれば選手たちが自分たちで考え始めるのか。そういう環境をいかに整えていくのかが自分の仕事であると、オシムははっきり認識していた。

『システムは、もっとできるはずの選手から自由を奪う。システムが選手を作るんじゃなくて、選手がシステムを作っていくべきだと考えている。チームでこのシステムをしたいと考えて当てはめる。でもできる選手がいない。じゃあ、外から買ってくるというのは本末転倒だ。チームが一番効率よく力が発揮できるシステムを、選手が探していくべきだ』

『無数にあるシステムそれ自体を語ることに、いったいどんな意味があるというのか。大切なことは、まずどういう選手がいるか把握すること。個性を活かすシステムでなければ意味がない。システムが人間の上に君臨することは許されないのだ』

オシムは、与えられた状況の中で最大の成果をどう引き出すかを考える。最大の成果を出すのにこれが足りない、などとは考えない。徹底的な観察と、数学の大学教授への道もありえたほどの明晰な頭脳で、オシムは、目の前にある要素をどう組み合わせて、あり得る最も大きな成果を生み出していくのかを真剣に考える。

そんなオシムは、勝ちにもこだわるが、しかしもっとずっと先を見ている監督でもある。

『私が思考するのは、観客やサポーターはいったい何を望んでいるのか、そして何が目的なのかということです。サッカーとは攻撃と守備から成り立っているもの。その要素の中でいろいろな方法をとることができるが、私としては、いる選手がやれる最大限のことをして、魅力的なサッカーを展開したいと考えている。そういうサッカーを目指すにはリスクが付きものです。しかし(中略)。観客が満足するようなことに挑戦することこそが、大切なことだと私は思っている』

オシムは、日本サッカーをいかに発展させるかと考えている。そのためには、スタジアムにもっとサポーターに来てもらう必要があるし、彼らが来たいと思うような試合をしなければならない、と考えているのだ。

サラエボでオシムのことを聞くなら彼が適任、と言われるほどの人物が、オシムのことをこう評している。

『指導を受けていた我々はイビツァ(オシム)をこう呼んでいたよ。「天国から来た人間」と。コーチであると同時に教育者だった。彼の教えのおかげで私は世界選抜に選ばれたと思っている』

もし何らかの指導者になるような機会があるとすれば、オシムのような人間でありたいと思う。

内容に入ろうと思います。
本書は、ユーゴスラビアの崩壊という現代史の混乱の真っ只中にいながら、信念に基づきサッカーチームを指揮し、また日本では弱小チームを再生し優勝へと導き、また日本代表をも率いた名将、イビツァ・オシムの生涯を描き出した作品だ。

僕は、サッカーにはほとんど興味はない。サッカー選手の名前もメジャーな選手を何人か知っているぐらいだし、サッカーの試合をまともに90分間通して見たこともない。だから、本書のサッカーに関する記述は、よく分からない部分もあった。とはいえ、それでも十分に楽しめる作品だ。何故なら、それほどまでに、オシムの言葉が強く、サッカー以外の場面でも響くからだ。

「オシム語録」とも呼ばれた、ユーモアとウィットに富んだ哲学的な発言は、様々な形で広がりを見せた。オシムは、言葉をとても大事なものと捉えていて、こんな発言をしている。

『実は発言に気をつけていることがある。今の世の中、真実そのものを言うことは往々にして危険だ。サッカーも政治も日常生活も、世の真実には辛いことが多すぎる。だから真実に近いこと、大体真実であろうと思われることを言うようにしているのだ』

『言葉は極めて重要だ。そして銃器のように危険でもある。私は記者を観察している。このメディアは正しい質問をしているのか。ジェフを応援しているのか。そうでないのか。新聞記者は戦争を始めることができる。意図を持てば世の中を危険な方向に導けるのだから。ユーゴの戦争だってそこから始まった部分がある』

そんなオシムが、通訳とどんなやり取りをしているのかという話も本書では触れられていて、それも実に面白いのだが、ここでは割愛しよう。

彼を世界最高の指揮官に足らしめた背景には、間違いなくユーゴスラビアの崩壊という激震があった。オシムはそのことを、こんな表現で曖昧に肯定している。

『確かにそういう所から影響を受けたかもしれないが…。ただ、言葉にする時は影響は受けていないと言ったほうがいいだろう。そういうものから学べたとするのなら、それが必要なものになってしまう。そういう戦争が…』

オシムは、1941年5月6日にサラエボで生まれた。そのちょうど一ヶ月前には、ドイツ軍がユーゴスラビアに侵攻している。そういう時代だった。ボスニアは、過半数を占める同一の民族が存在しない多民族地域であり、ユーゴスラビアの中で民族名を冠しない唯一の共和国だった。中でも首都サラエボは、セルビア・クロアチア・ムスリムの3民族が融和する多元主義精神の極めて発達した都市だった。そんなサラエボで生まれ育ったことは、間違いなくオシムの人格形成に大きな影響を与えている。

後にオシムはユーゴスラビアの代表監督に就任するが、試合を行う地域をホームとする選手を優先的に起用するようにという圧力をよく受けていた。しかしオシムは、どんな状況であれ、選手の実力だけで起用を決断した。どんな場面においても、フラットに、自分の信念に沿って決断をする。だからこそオシムは、どんな立場の人間からも支持された。

『私はユーゴスラビア崩壊後、すべての共和国のサッカーシーンを取材して来たが、驚くべきことにどの地域の関係者からも、オシムこそが最高の監督であったと聞き及んでいる。そう、バルカンの火薬庫と言われたコソボですら、である。分離独立した後の各共和国が、自民族ではない指揮官の名前を挙げる、それはある意味で国家の正史から外れる行為であり、タブーとすら言える。すべての民族と平等に接していたオシムが如何に求心力を持っていたかの証左である』

『オシムは、あの頃、サラエボの星だった。食料はなくなるし、狙撃を恐れて街を歩けなかった。寒くて、凍えて…。誰が誰にレイプされたとか…。信じられず、仲が良かった友人が、密告し合う…。想像を絶する暮らしが私たちを待っていた。そんな中で、オシムが我々に向けて言った言葉、「辞任は、私がサラエボのためにできる唯一のこと。思い出して欲しい。私はサラエボの人間だ」…そしてその後の彼の活躍を、皆が見ていた。間違いなく…、わが国で…、一番…、好かれている人物です』

オシムは、国内リーグの試合のハーフタイム中に、故郷ボスニアで戦争が始まったことを知る。試合に入り込んだら、何があっても90分間絶対に集中力は途切れないと言われていたオシムは、その日ばかりはピッチから気持ちが離れていた。結果的に、妻とは二年半も会うことが出来なかった。彼が指揮を取るパルチザンは、サラエボに攻めている人民軍のクラブなのだ。難しい決断だった。オシムはそれでも、一つの区切りまでは監督としての責務を果たし、そしてそれから、サラエボのために監督を辞めたのだ。

『オシムは内戦時に自分がサラエボにいなかったことを、強烈な負い目として感じている。心から愛して止まなかった故郷で人が殺されている時、別の場所にいたことを「一生かかっても消えない自分にとっての障害だ」とまで言い切る』

歴史の教科書に載るほどの現代史の渦に巻き込まれながら、自身はプロフェッショナルとして監督の仕事を全うし、同時に故郷を思う者としても何が出来るかと考える。そういう経験が、オシムという異次元の指導者を生みだした。本書の中には、オシムを讃える言葉がこれでもかと登場する。特にそれは、オシムと直接関わった者から発せられることが多い。厳しいが良い監督だ、という評価を、彼の指導を受けた多くの選手が口にする。そして、彼らの薫陶を受けた者たちが、その教えをさらに広めていく。

『現在のサッカーの常識になっていることを、ヨーロッパは百年かけて作りあげました。それを日本はたった十数年で身につけたかに見える。しかし、残念ながらそれらの常識は、まだ日本人の血肉となっているわけではないのです』

そんな、日本サッカー過渡期に強烈なインパクトを残したオシムは、その膨大な「オシム語録」がによって多くの者を鼓舞し続けている。凄い男である。

木村元彦「オシムの言葉」

関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3336-f5397e51

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
8位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)