黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

爆走社長の天国と地獄 大分トリニータVS溝畑宏(木村元彦)

溝畑宏とは何者か?

『溝畑宏が行ったのはビルド・アンド・スクラップであった。グラウンドもクラブハウスも選手もいないところからチームを立ち上げ、高級官僚の座を投げ捨て、社長に就任。15年で日本一(2008年ナビスコカップ優勝)に導いた。』

凄い男である。
しかしそんな溝畑宏は、世間からこんな風に見られているのだという。

『自らの放漫経営で、チームが6億円もの借金(公式試合安定開催基金)をJリーグから借り受ける事態に追い込み、Jリーグ全体に多大なる迷惑をかけ、某サッカー誌によれば「選手や職員の生活をメチャクチャにしながら、自分はさっさと社長職を辞めて観光庁の長官に大栄転した男」』

とんでもない言われようである。本書には、こんな記述もある。

『現在もトリニータサポーターにおける溝畑の評判は最悪のようだ。流言飛語が飛び交い、中には「前の社長がカネを私的に使い込んだのでクラブがつぶれた」と信じている方もいる』

溝畑宏は、特に大分県ではもの凄く評判が悪い。
しかし溝畑宏の近くにいた人間の見方は大分違う。溝畑が大分トリニータの社長を「解任」させられたことを知った当時の監督は選手に向かって、『いいか、社長を絶対に戻すぞ!』と言ったという。大分の経済界の長老は、『私に言わせれば、一番かわいそうなんは溝畑なんや。「俺がおまえの親なら泣くぞ」って、ようあれに言ったもんや』と発言している。

溝畑宏とは何者か?


人を評価することは、とても難しい。そして、人から評価されることも、とても難しい。

世の中には、様々な人間がいる。その中には、「やっているように見せるのが上手い人間」というのもいる。特に何もしていないのに、功績だけかっさらって威張っているような人間。

僕はこういう人間が嫌いだ。好きだ、という人は多くないだろう。しかし、特に現代は、こういう人間がどんどん表に出てきて、どんどん階段を駆け上がっていく。SNSなどにより、個人による発信力が格段に高まったこと、そして話題性のある情報が拡散されるスピードが驚異的に早くなったことによって、「見せ方」さえ整えてしまえば名前を売ることが出来てしまう世の中になってしまった。

もちろんそういう人間も、中身が伴わなければ長続きはしない。そこは、昔と変わらないだろう。しかし、そういう「見せ方」の上手い人間による情報戦略に反射で反応してしまう世の中にあっては、本当に汗をかき、実直に物事を進めている人間に、光が当たりにくくなっている、ということもまた事実だろう。

そんな世の中だから、軽薄で、賞味期限が短そうなものばかり表に出てきて、長く価値を見いだせそうな事柄がうまく軌道に載せられなくなっていく。短い期間で少ない労力で成功しているような事例を日々目にすることで、長い期間に多大な労力を掛けて成し遂げる事柄への興味が益々薄れていく。

それでいいのだろうか、と立ち止まる隙さえ与えずに、ただ闇雲に前に進んでいく世の中に対して、強く違和感を覚えることは多い。

文化も伝統も教養も知見も、長い年月の積み重ねによって洗練され、その土台の上に新たな発見を見出すことが出来るようなものだ。それらは必然的に、長い期間と多大な労力を必要とする。しかし、時代がそれを評価しなくなった。評価できなくなった、というべきなのかもしれない。それは必然的に、それらに携わる人間を評価しなくなることでもあり、結果的に文化も伝統も教養も知見も廃れさせる。結局残るものは、明日なくなってしまっても誰も困らないような、単純で分かりやすく脊髄反射的なものばかりだ。

それでいいとは思えない。

その状況をどうにかするには、「評価者」を育てなければならない。

『この10年、行政によって作られた政治的なトリニータをウォッチし続けて、ブレなくその公益性を指摘したのは、皮肉なことに県庁にとっては天敵であったオンブズマンの永井であった。政治から離れて屹立していた人物のみが、そのあり方をしっかりと相対化できたのではないだろうか。教員不正採用事件やキャノンの工場誘致問題で徹底的に県政に切り込んだ永井が「トリニータには公的支援をすべきだ」と、発言することは極めて興味深い』

溝畑宏にとっての最大の不幸は、彼の行動を適切に評価してくれる有力者がいなかったことだろう。大分の発展のためにゼロからクラブチームを作り上げた男は、しかし大分の政財界やサポーターから嫌われ続けた。彼らも、本書に書かれていることを知れば、恐らく考えを改めることだろう。溝畑宏という人間を、正しく評価できるに違いない。しかし、溝畑の性格や様々な組織の軋轢など、様々な要因が絡まりあって、結局溝畑は正しく評価されないまま、不本意に大分トリニータを去ることになってしまった。

どれだけ凄いことをやってのけても、それを正しく評価できる人間がいなければ物事は回っていかないし、歴史が歪んで伝わってしまう。僕は、常に問いかけるようにしている。人や物事を、他人の意見だけで判断してしまっていないか、と。人や物事に対する自分の評価は、自分の内側にある考えによって構成されたものなのか、と。他人がどう言っていても、自分が直接見たり聞いたりするまでは判断を保留にしろよ、と自戒している。

それぐらい意識しなければ、正しく判断することは出来ないと思っているのだ。

内容に入ろうと思います。
本書は先述した通り、W杯を大分県に誘致するためにゼロからクラブチームを作り上げ、スポンサー探しに奔走しながら、県リーグから出発してチャンピオンに導くというJリーグ史上初の快挙を成し遂げながらも、間違った現状認識によって失墜させられた「暴走社長」である溝畑宏を描いた作品だ。

著者は自身のスタンスをこんな風に書いている。

『ことわっておくが溝畑の擁護をする気はさらさらない。私はむしろ長い間、アンチ溝畑の書き手であった』

著者は雑誌上などで、アンチ溝畑の論調の記事を書いていたという。しかし、大分トリニータの内情を調べていく中で、どうも溝畑宏という人物像が違って見えてきた。監督や選手から信頼され、常にお金に苦労しながら給料の遅配は一度もなく、スポンサーを速攻で口説き落とすほどの夢を語り、その夢を現実のものとし、私費を投じ離婚までして大分トリニータに人生を捧げてきた男。溝畑宏という男のイメージが変わっていった。

本書では、溝畑宏が自治省に入省した頃の話からスタートする。官僚とは思えない型破りな存在感を放ち続けていた男は、著名な数学者である父の一言がきっかけでサッカーにのめり込むことになる。大分トリニータというクラブチームを、作り上げた溝畑宏の視点から、そして溝畑宏を支え続けた者たちの視点から、そして県庁を含む大分県の視点から描き分け、「大分トリニータを壊した男」という溝畑宏のイメージがどのように作り上げられていったのかを丹念に追っていく。サッカーのクラブチームの話ではあるのだが、話はむしろ会社経営の話であり、地方政治の話である。サッカーに詳しくなくても(僕は全然詳しくない)、面白く読めるだろう。

溝畑宏の存在感は圧倒的だ。夢を語る力、その夢を実現に導く力、一緒に夢を見る相手を見つけ出し口説き落とす力、官僚でありながらプライドの欠片も持たずに奉仕できる力、現状を認識して必要なものを差配し、特には非情な決断を下して必要ないものを排除する力。それらすべての力が圧倒していた。その手腕は、J2という下部リーグにいたチームが、大分とは無関係の企業から何度も大金を引っ張ってくる、という事実だけ見ても理解できるだろう。民意によって生まれたわけではなく、地元政財界もまったく協力的でなかったクラブチームを何年も存続させ、さらに優勝にまで導くのは、並大抵の努力ではなしえない。

『溝畑のファイン・プレーは本人が講演で語る「ゼロから日本一のチームをつくった」ことではなく、叩かれても嫌われても全部自分でのみ込んだ愚直な献身にあった』

著者は本書の最後で、溝畑をそんな風に評している。『努力して、究極の努力をしてできないなら私は納得します』とは溝畑自身の言葉だが、その言葉に見合った、常軌を逸した努力をし続けた溝畑という男の凄さは、本書を読んで何度も実感することだろうと思う。

そんな溝畑を支援し続けた者たちもまた魅力的だ。トリニータの初期を支えた、朝日ソーラーの創業者である林は、大分から全国へと快進撃を続ける精鋭の営業部隊を育て、あのトヨタと対等のパートナーシップ契約をした男だ。中興の祖であるペイントハウスの創業者である星野も、中卒でありながらリフォーム業界を16兆円規模の市場に引き上げた。パチンコチェーンの「マルハン」の創業者である林は、朝鮮人でありながら日本国籍を持ち、パチンコチェーンのイメージ回復のために、どんな超優良企業よりも透明度の高い経営をすると決心して、パチンコ業界のイメージ回復に貢献した傑物だ。彼らは皆、溝畑が語る夢に共鳴して、広告の宣伝効果という意味合いを超えたところで大分トリニータに大金を投じた者たちだ。他にも、スポンサーや溝畑の周りの人間など、溝畑の夢を支え伴走した者たちの奮闘があって初めて溝畑の無謀な挑戦は形になった。溝畑の、人を巻き込み、金を引っ張り、結果を出し続けるという手腕を認め、評価し、頼りにしていた者たちの数多くの証言から、巷間知られているのとは違う溝畑像がジワジワと浮かび上がってくる過程は読みどころ満載だ(とはいえ僕は、そもそも溝畑宏という男を本書を読むまで知らなかったのだけど)。

そして、最後の最後まで溝畑とは敵対的な位置を占めていた大分の政財界の様子も、非常に興味深い。本書はサッカーのクラブチームの経営の物語だが、ここで描かれていることは、地方がなんらかのブランディングをする際に非常に重要な事柄が描かれていると感じた。ブランディングの仕方によって、地方同士にも多大な格差が生まれ始め、自分が住む地をどうアピールしていくのかを常に問われ続けている現状に対して問いを投げかける作品でもあるのだ。

著者は取材を続けていく中で、「溝畑憎し」の感情の源泉にたどり着く。そしてそれは、溝畑宏という男の問題ではなく、地方政治の問題であったのだ。大分の政財界が何故溝畑に非協力的だったのか。その原因を明らかにせずに、溝畑一人にすべての責任を被せて知らん顔を決め込んでいる面々に、著者は厳しく迫る。

また、大分トリニータの、民意によるものではないという成立過程の不幸さは、地方が地方主導で何らかのブランディングをする際には確実につきまとってくる問題だろう。大分トリニータは、他のクラブチームとは違い、地元民が望んで出来たチームではなかった。W杯のために必要だったから作ったわけで、大分にクラブチームが存在していることが重要だった。それは特殊なことではなく、地方行政が何かを始めようとする際、同じようなケースはそこかしこに存在するだろう。その場合、どうやって民意を取り込んでいくのか。

『2000年に大分市内で乗ったタクシー運転手にトリニータの話題を振ると、初老のドライバーは「あれは知事と県の官僚がやっているだけですよ」と首を振った』

民意が盛り上がらない状況を打破するために溝畑がしたのは、勝つことだ。勝てるチームを作ることだ。溝畑のその方向性は、正しかっただろう。実際に大分トリニータは強くなった。溝畑がトリニータを解任される直前などは、『Jリーグで一番いいサッカーをしているのは大分です』と評されるほどのチームだった。大分のサポーターもどんどん増え、盛り上がりを見せていた。
しかし結局、溝畑に不備がなかったとはもちろん言わないが、地方行政の不手際と判断ミスにより、民意をうまく取り込むことができなかった。本書を読み込むことで、ブランディングの際に地方行政が必要とされる役割が何であるのかが捉えられるのではないかと思う。

溝畑宏というとんでもない存在感を放ち続けた毀誉褒貶の男と、Jリーグ最高と言われたチームを擁しながら生かしきれなかった地方行政という二つの柱を描き出す作品で、サッカーという枠組みを超えて読まれてよい作品だと思う。

木村元彦「爆走社長の天国と地獄 大分トリニータVS溝畑宏」

関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3261-82cf3a7d

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
12位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)