黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

白い衝動(呉勝浩)

色んなことを考えた。

僕は昔からこんな疑問をいだき続けている。
「何故人は、夕日を美しいと感じるのか?」

調べたわけではないが、人間は誰しも夕日を見て美しいと感じるのではないかと思う。夕日を見て不快だと感じる人の話は聞いたことがないし、なんとも思わないという人も少ないのではないか。夕日を見ると、何故か人は美しいと感じるのだろうと僕は思っている。

何故だろう、と思うのだ。

物事に対する美醜というのは、バラツキが出るのが当然だと思う。人の顔でも、絵でも、服でもなんでも、誰しもが美しいと感じるものなどそうそうないと思う。しかし、夕日に限っていえば、夕日を美しくないと感じる人間を想像するのがちょっと難しいくらい、全人類的な感覚ではないかと僕は思う。そして、何故そんなことになっているのか、と思うのだ。

この感覚が後天的に身につくものだとはちょっと考えられない。生まれた時には誰もが夕日というものに対してフラットな感覚でいるのだけど、成長していく過程で夕日を美しいものだと認識するような流れは不自然だろう。そういう流れであれば、夕日を美しいとは思わない、という人間が一定数出てきてもおかしくないはずだ、と思えてしまう。

だから僕は、夕日を美しいと感じるこの感覚は、遺伝子レベルに刻まれた衝動なのだろう、と考えている。恐らく太古の昔から、何らかの理由があって、夕日を美しいと感じる人間が生き残ってきた、ということなのだろう。そういう感覚が、今も脈々と受け継がれているのだろうと思う。

だから僕は、「何らかの理由で生まれながらにセットされた抗いがたい衝動」の存在を許容することが出来る。



別の話をしよう。
僕は、恋愛が長続きしない。恋愛を始めてから数ヶ月で、とある衝動に襲われる。それは、「もう終わりにしたい」という衝動だ。どうしてもこの関係を続けていけないぞ、という強い衝動が湧き上がってくる。僕の中でこの衝動をどうにも抑えきれなくて、僕は恋愛というものを諦めることにした。

自分の中でこの衝動を何とかしようともがいていた時期がある。恋愛経験がそこまであるわけではないが、この衝動を押さえ込もうと、自分なりに出来る範囲で対策を取ろうとした。また、恋愛ではない人間関係を観察することで、恋愛と恋愛ではないのとで何が違うのかを見極めようとした。そういう試行錯誤を色々と繰り返すことで、僕は自分の内側から湧き出てくる「もう終わりにしたい」という強い衝動を、一応それなりに理屈で説明できるようにはなった。

どうにも抑えられない衝動、というのは存在するのだと思う。しかし、その衝動に何らかの説明がつけば、多少は落ち着く。僕の場合、その衝動は、「何かをしたい」というものではなく「何かを止めたい」というものだったから、単純に比較は難しい。「何かをしたい」という強い衝動が、何らかの理屈がつくだけで収まるのか、不明な部分は多い。それでも、誰かが説明をつけてあげることは大事なことなのだと思う。



今10万円もらうのと、1年後に11万円もらうのとではどちらがいいか、と問うような心理学の実験がある。多くの人が、今10万円欲しい、と答えるのだそうだ。

僕にはイマイチこのことが理解できない。僕は、1年後に11万円もらう方を選ぶ。もちろん、これは状況にもよる。借金まみれで返済に追われているとか、常に金欠だというような状況なら答えも変わるだろう。しかしこの質問は、「純粋に、今の10万円と1年後の11万円のどちらに価値を感じるか」という意図を持った問いなのだから、生活が逼迫するような財政状況を思い描く必要はないだろう。そういう、生活をすることは出来る、という状況でなら、僕は1年後の11万円を選ぶ。

アメリカでの話だが、プールと銃、どちらが危険かという問いがある。子供のいる家庭でなされた質問のようだ。多くの人は、銃だと答える。しかし、子供の死亡事故は、銃のある家よりプールのある家の方が圧倒的に多い。子供がプールに落ちて溺れてしまうからだ。しかしそれでも、人々は銃の方が怖いと感じてしまう。

飛行機の死亡事故と車の死亡事故を比較したら、圧倒的に車の死亡事故の方が多いだろう。しかし多くの人は恐らく、飛行機の方が危険な乗り物だ、と感じるだろう。飛行機事故の悲惨なイメージは、多くの人に鮮烈な印象を残すのだ。

何が言いたいのか。僕はこう問いたい。一度殺人を犯した者と、一度も殺人を犯していない者とではどちらが危険だろうか、と。

もちろん多くの人は、殺人者を危険だと考えるだろう。それは、当然の思考だと思う。先程の銃や飛行機と同じだ。さらに今回の例では、「殺人者」と「非殺人者」の違いは明白だ。「殺人者」は、既に一度殺人を行っている、という点が圧倒的に重い事実になる。この点が、銃や飛行機との明白な違いとなる。

しかし僕は、どちらが危険かという問いに、大差はないだろう、と答えたい。僕は、本当にそう思っている。何故なら、常に「非殺人者」の間からも「殺人者」が生まれているのだから、「非殺人者」を殊更に信頼する理由がない、と感じるからだ。

新たな殺人者は、常に「非殺人者」から生まれてくる。もちろん、かつての「殺人者」が再び殺人を犯すケースだってあるだろうが、殺人事件の大半は「非殺人者」が殺人を犯すケースだろう。恐らく厳密な調査をすれば、銃や飛行機の時と同じように、「殺人者」が再び殺人を犯すよりも「非殺人者」が殺人を犯す方が可能性が高い、という結論になるのではないかと僕は思っている。

けれど、人はやはり「殺人者」を拒絶する。
何故か。
それは、理解できないからだ。理解したくないからだ。

人が「非殺人者」を受け入れるのは、理解できるからだ。その人物が、これから殺人を犯すかもしれないのに、それでも受け入れられるのは、これまでに殺人を犯したことがないからだ。殺人という、普通受け入れられないような行動を起こしたことがない人間だからだ。「殺人者」を受け入れることが出来ないのは、今がどうあれ、過去に殺人という、絶対に許容できないような行為をしたためだ。

そんな風にして僕らは、「殺人者」を拒否していく。

僕は想像してみる。自分の近くに「殺人者」が住んでいる状況を。その人物が、過去に殺人を犯した人間だと知らなければ、知らないのだから平穏に過ごせるだろう。そしてそれを何らかの形で知った場合は、気をつけることが出来ると思う。想像力が貧困なだけかもしれないが、「殺人者」であることが分かっているなら、その人物と出来るだけ関わらないようにしたり、避けたり、誰かに注意したりということが出来る。

それは、ある日突然「非殺人者」が殺人を犯すという状況と比べたら、とても安全なのではないか、と思う。「非殺人者」が殺人を犯す場合、気をつけようがない。自分がいつ何時被害者になるか分からない。僕はそっちの方が怖いのではないか、と感じる。繰り返すが、僕の想像力が貧困な可能性はある。現実は、そうはいかないかもしれない。近くに「殺人者」が住んでいることが分かったら、僕も動揺するかもしれない。しかしその動揺は、「殺人者」がもたらすのではなく、「「殺人者」に動揺する周囲の人間」によってもたらされるのだ、と僕は信じたいのかもしれない。

今の10万円と1年後の11万円。銃とプール。飛行機と車。これらの問いは僕らに、僕らはイメージによって物事を判断しているに過ぎない、という現実を突きつける。実際の価値や危険ではなく、イメージの価値や危険に囚われているのだ、と。そういう視点で「殺人者」と「非殺人者」を捉えなおしてみる。ある物事に対して感じてしまう感覚を裏切ることは難しいが、そう感じてしまうという感覚を脇において物事を見る視点が求められる機会は多くあるだろう。自戒の念も込めて、僕はその重要性を伝えたいと感じる。

内容に入ろうと思います。
スクールカウンセラーの奥貫千早は、「人を殺したいという衝動を抑えられない」という高校生・野津秋成と出会う。
天錠学園は、私立でありながら、県が進める都市開発事業の一環として創設された学校であるという公的な性格を帯びているために、スクールカウンセラーが常駐しているという珍しい学校だ。千早は週に3日、敷地中央の森のなかにある「Cルーム」と呼ばれる場所で生徒を待っている。友人との関係がこじれてめんどくさいと悩み相談を持ちかける、中等部二年の桜木加奈を始め、ちょっとした相談から大きなものまで色んな話をしにやってくる。最近では、ゲンシロウという名の山羊の足の腱が鋭利な刃物で傷つけられるという事件があり、それと前後して「シロアタマ」というバットを振り回す怪物の噂も出回り始め、不安を感じた生徒がやってくることもある。
秋成は、ある日Cルームにやってきた。物腰は丁寧で、明瞭な物言いで、緊張もないように見えた。知性が高く、「正常と異常の定義」や「普通とは何か」という会話に対して的確な問いを挟んでくる。そしてしばらくして告白したのだ。人を殺したい衝動があるのだ、と。
どうしたものか千早は悩む。千早は「絶対悪」という概念を認めていない。「包摂」というのが彼女の研究の根底にあり、罪を犯した人間であっても社会は罪を償ったその人物を受け入れるべきだ、と考えている。そう考える以上、「絶対悪」という考えを認めるわけにはいかない。殺人にしても、純粋に殺人を犯したいのだという衝動の存在を認めない。殺人には、かならずそれ以外の理由がある、というのが千早の信念だ。だから秋成の主張を鵜呑みにすることは出来なかった。しかし、かと言って何もしないままでいいのか。千早は、もう一人いるスクールカウンセラーである大草登美子とも相談しながら、様子を見ることにした。
地元ラジオの局アナをしている夫の紀文が、ある情報を仕入れてくる。彼らが住んでいる箱坂町に、入壱要が住んでいるというのだ。16年前に、いわゆる「関東連続一家監禁事件」を犯した男だ。殺人は犯さなかったので出所も早く、親族の元に身を寄せているのだという。
やがて入壱の存在が、この町を混乱に陥れることになる…。
というような話です。

色々考えさせられる話でしたし、面白かった。物語の後半の展開や閉じ方には不満もあるのだけど、全編を通じて訴えかけてくる即答し難い問いかけに、自分だったらどんな答えを返すだろうか、と考えながら読んでいくのはとても楽しかった。

この物語は、犯罪者と社会、あるいは犯罪を犯すかもしれないと訴える個人の戦いなどが核となっていて、人によっては身近に感じることが出来ないテーマに思えるかもしれない。しかし決してそうではないと思う。

この物語は、究極的には、人間は人間を理解することが出来るのか、という問いかけだ。そしてその問いかけは、すべての人間が生きていく上で避けては通れないものだろう。

物語に、入壱要という男が登場する。かつて異常な事件を犯した男だ。人々は、彼のことを理解できないと強く訴え、排除しようとする。
気持ちは分かる。守るものがある人であればなおさら、そういう行動に出るだろう。

しかし僕は、一定の理解をしながらも同時に、怖さも感じた。人々は入壱要に対して「理解できない」と怒鳴る。しかし僕はその背後に「俺達は理解し合っている」という無垢な信頼が見えてしまう。その信頼が、僕には怖く感じられる。

他人のことを理解することなど出来ない。僕にとってそれは、生きていく上での大前提だ。理解できた、と思った時には、いつも立ち止まるようにしている。そして、そんなわけがない、と自分を落ち着かせる。

『自分の理解を超えた他人を信じることが、耐えられないのだよ。そもそも本質的に、理解できる他人などあり得ない。だからこそ我々は、まるで理解可能であるかのような振る舞いを日々積み重ねる必要がある。それを怠った者を、人は容易に受け入れない』

千早の学生時代の指導教授だった寺兼英輔は、人間が生きていく上で構築する人間関係の本質を、こうズバッと説明する。僕もその通りだと思う。そして多くの人は、「理解可能であるような振る舞い」を見て「理解可能だ」と思う。そう思いたいのだ。思いたい気持ちは分かる。分かるが、しかしそれはただの思いこみだ。

そういう思いこみを捨てられないからこそ、「理解できない」という理由で入壱要を排斥する動きが生まれる。「理解できない」他人などそこらじゅうにいるのに、その事実には目をつぶって、分かりやすく「理解できない」人間だけを排除しようとする。

僕は普段、意識的に「理解できない」行動を取るようにしている。そうすることで、「理解できる」という無言の圧力・囲い込みから脱することが出来ると信じているからだ。「こいつは理解できない、でも排除するほどでもない」という立ち位置をきちんと確保することが、僕が新しい集団に入り込む時の基本スタンスだ。この立ち位置をきちんと確保できないと、その後の人間関係が色々と厳しくなる。

「理解できる」と思われれば思われるほど、そこから外れる行動を取ることは難しくなる。僕はそれを肌感覚と言葉で分かっているから、「理解できる」病に囚われた人々と距離をおくことが出来る。「理解できる」病から脱することさえ出来れば、入壱要は問題ではなくなる。入壱要は、他の多くの他人と同じく、ただ「理解できない」人間だ、というだけに過ぎなくなるのだから。

僕にとって問題なのは、むしろ野津秋成の方だ。

野津秋成のことを考えると、僕は思考停止に陥るしかない。
僕が野津秋成と同じ立場だったら、一体どうするだろうか?いくら考えても、ある一定のところから先へと進めなくなってしまう。

野津秋成にも、そのことは理解できている。

彼は、自分の内側の「人を殺したいという衝動」を、どうしようもないものだと捉えている。それは、美味しいものを食べたい、とか、歌いたい、というようなものと同じくらい、本人には消しようのない衝動なのだ。もちろん彼は理性的な人間だから、殺人を犯したらどうなるのか理解している。家族に多大な迷惑を掛けてしまうことを、絶望的なこととして捉えている。しかしその理性は、殺人衝動を押しとどめる役には立たない。そのこともまた、彼は理解してしまっている。

彼は、まだ殺人を犯していない。そして、別に精神的に異常があるというわけでもない。秋成を診断する千早は、彼がどんな障害も有していないことが分かってしまう。至って正常だ。ただ、殺人衝動が抑えられないだけだ。

そんな人間はどうやって生きていけばいいのだろう?

これは決して殺人に限らないだろう。どうしても買い物が止められない、どうしてもパチンコが止められない、どうしてもゲームが止められない…。もちろんそれらは「依存症」という名前がつくだろうし、れっきとした病気だろう。秋成のケースと同列に比較は出来ないに違いない。しかし、物語を受け取る、という意味では、そこまで厳密になる必要はない。自分の中のどうしても消すことが出来ない衝動。それに囚われたまま生き続けなければならない人。そういう人には秋成の切実さは理解できてしまうだろう。

正直に言って僕には、そういう衝動はない。何もない。しかしそれでも、秋成が気になる。どうしようもない殺人衝動を抱えたまま生きていくという、自分ではどうにもならない十字架を背負った人間がどう生きていくのか。そのことを考えると、なんだかザワザワする。自分がもし秋成と同じ立場だったらどうしよう、という思考をふと続けてしまう。

この物語は、展開と共に様々な問いが放たれる。千早は様々な状況に直面することで揺れ動く。その葛藤と共に、即答できない問いが投げかけられる。「殺人者」を受け入れるという状況は、そうそうあるものじゃない。しかし、「理解できない(ように見える)」人を組織や社会の中に受け入れる、という状況なら日々起こりうるだろう。そういう時、自分がどういう態度を取るか。取っているか。取るべきか。

『入壱要や野津秋成のような人間と折り合いをつけられる社会を求めるのは、回り回って、それはあなたのためなんだ。あなたが、何かの拍子に人を殺してしまったり、心を病んでしまった時に、それでも幸福を諦めなくてもいいように』

祈りにも似た千早のこの想いが、少しでも広まればいいと、僕は思う。

呉勝浩「白い衝動」

関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3256-91451c5f

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
9位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)