黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

嘘つき女さくらちゃんの告白(青木祐子)

僕は嘘は好きではないけど、絶対にダメだとも思っていない。誰かを救う嘘だってあるし、誰かを守る嘘だってある。嘘だ、という理由ですべてを斬り捨てるつもりは、僕にはない。

けれど、嘘をつく者には、義務があるとも考えている。嘘をつき続けるという義務、その嘘を本当であるかのように成り立たせ続ける義務があると思っている。嘘をつくというのは、それがどれだけ相手を救い、守るにせよ、やはり良くない行為だと思う。だからこそ、嘘をつく側に、その嘘を突き通すという覚悟がなければならないと僕は感じる。

だから、すぐバレる嘘をつく人、雑に嘘をつく人のことが、僕は嫌いだ。

仮に誰かの嘘に気づくことがあったとしても、その嘘をついた本人が隠し通そうと努力しているのが分かれば、気づかなかったフリも出来る。内容や状況にもよるが、嘘をついてくれてありがたい、と思うこともあるだろう。自分で嘘をつく場合にも、これはいつも意識している。すぐバレる嘘は、誰も幸せにしない。ただ現実に、微妙な跡を残すだけだ。ささくれのように、時折かすかな痛みを与えるような、微妙な跡を。

雑な嘘をつく人の中には、「自分が嘘をついているという自覚」がない人がいる。僕にとっては、とても恐ろしい人種だ。身近にそういう人がいるのだが、本当に、何故そんな嘘をつくのか、全然理解できないことがある。次第に、これは本人が「嘘をついている自覚」がないのだな、と判断するようになった。

そういう人間は、理想と現実の捉え方が異なるのだ。普通の人間は、理想は理想として、目の前にある現実をきちんと捉える。理想は、目の前にある現実との差という形で意識される。しかし、嘘をついている自覚がない人は、自分の中にある理想を「現実」と捉えるのだ。当然その理想は、目の前の現実とは大きくかけ離れている。しかし、そういうタイプの人は、自分が「現実」だと捉えている理想に合わないものはどんどん斬り捨てていく。そして、あらゆる力を駆使して、自分が見ている「現実」こそが目の前にある現実なのだと周囲に錯覚させようとする。

見ていて、いつも凄いなと感じる。基本的には破綻しているのだけど、破綻しているように見えないように振る舞うのが上手い。ある意味で天才なんだなと感じるが、「現実」と目の前の現実のギャップを埋めざるを得ない者にとっては、迷惑な人だ。

理想に対する想いが、とても強いのだろう。本書の主役であるsacraも同じ人種だ。理想に対する憧れが強い。自分はこうなっているべきだ、という想いが先行し、あらゆる手段を使ってその理想を現実にしようとする。苦手なタイプだ。

しかし、sacraの話を読みながら、同時にこんなことも考えた。美人であることの苦悩についてだ。

本書でsacraは、恐ろしいほどの美少女として登場する。そして、美少女であるが故に、皆sacraの中身に関心を持とうとしない。

…と断言してしまうのも少し違うと思うので、この作品はなかなか難しいのだが、とりあえずそういうことにして話を進めよう。

圧倒的に外見が良いと、外側しか見られなくなる。もちろん外見は、興味を持ってもらう入り口として良い役割を果たすだろう。それに中身に関心を持ってもらうことに興味がなければ、外側だけ良ければ十分だ。しかし、すべての美人がそういうわけではない。外見はともかくとして中身を見てほしいのだ、と感じる人もいるだろう。

僕は昔からずっと、こういう部分に美人の苦悩はあるよな、と感じていた。

僕は変人が好きで、自分の変人センサーに引っかかる人と関わりを持とうとすることが多いのだけど、僕がこれまで関わってきた変人は、美人が多い。これには色んな要因があるだろう。僕が外見の良い人しか視界に入れないから、そもそも美人ではない変人がいても気づかないという可能性ももちろんあるだろう(僕はそうではないと思っているけど、それを納得してもらうことは難しい)。けど、とりあえずそういうことを措いて、仮に「変人には美人が多い」というのが正しいとすれば、それは美人であることの苦悩故なのではないか、と思っている。

自分の中身にまで到達して欲しいけれど、外見がもの凄く良い人がいるとして、その人は、いつも自分の外見ばかりに注目が集まることに不満がある。だから、外見以上に内側から出る「変さ」みたいなものを表に出していけば、とりあえず外見にだけ注目が集まる状況を変えられるのではないか…。みたいなことを無意識に感じていないだろうか。もちろん。「変さ」を内側から出しても大丈夫、と判断できるのは外見が良いからという側面もあるわけで、どのみち外見の良さという呪縛から逃れることは出来ないのだけど。

こういうことを、割と普段から僕は考えている。
では、sacraはどうだろうか?

sacraは、「外見ではなく中身を見てほしい」と単純に思っているタイプではない。完全に、外見の良さを一つの手段として使っている。しかしそれは、中学の頃からだ。sacraが物語の中できちんと描かれるようになるのは、中学の頃からなのだ。だからそれ以前に、「外見ではなく中身を見てほしい」と思った可能性はゼロではない。

…ゼロではないが、やはり違う気はする。sacraはとても捉えにくい。sacraが何故嘘ばかりつき続けたのか、何故虚構ではなく自分の内側から出てくるもので生きようとしなかったのか、イマイチ捉えきれない。その理由を、圧倒的な外見に求めて理解しようとするのだけど、それも上手くいかない。

ただ一つ言えることは、sacraが圧倒的な美少女でなければ、sacraのこの生き方は間違いなく成立しなかった、ということだ。sacraがもし美しくなく生まれていたら、sacraはどんな人生を歩んでいただろう。ただの凡人として生きるしかなかっただろうが、その状況に耐えられたのか。美しさを武器に出来なくても、何か手を打ったのか。そのことに、とても関心がある。

内容に入ろうと思います。

sacraという、美人イラストレーターが失踪した。テレビに出たり、個展が大盛況だったりと人気を集めていた彼女だったが、彼女には盗作・経歴詐称・結婚詐欺などの疑惑が次々と持ち上がっていた。
彼女は一体何者なのか?
sacraの中学時代の同級生であり、現在はフリーラーターである朝倉美羽は、失踪したsacraとこれまで何らかの形で関わりがあった人間に取材を試みていた。同級生、絵画教室の先生、漫画家、芸術家…。彼ら彼女らは、自分たちが見たそれぞれの「sacra」を語っていく。
あらゆる場面で、息を吸うようにして嘘をつき続けたsacra。他人の好意を利用し、他人のエピソードを拝借し、他人の作品を剽窃し、他人の成果でステップアップする。sacraは全身、他人から奪ったもので出来ていた。sacra自身に属するものは、その恐ろしいまでの容姿の美しさだけだ。
容姿と嘘以外何も持たぬまま徒手空拳で世間を渡り歩き、自分では一切何も生み出さないまま人気美人イラストレーターとしての地位を確立したsacra。彼女は一体何がしたいのか?何故失踪したのか?その素顔とは?
嘘だけで塗り固められたモンスターのような少女の軌跡を、大勢の人の証言によって追う物語。

これは面白い作品だったなぁ。メチャクチャ面白かった。

とにかく本書は、sacraという少女の造型が素晴らしい。このキャラクターを生み出し、血肉を与え、作品の中で自由自在に躍動させたことがこの作品の勝利だ。sacraは、どこかにいそうな気もするし、どこにもいなさそうな気もする。そのギリギリのラインにちょうど立っているような感じがするのだ。これ以上エキセントリックだとリアル感が失われるし、これより大人しいと魅力に欠ける。実際的な存在感を保ちながら、ギリギリのラインまでエキセントリックさを追求している点が素晴らしいと思う。

この作品を読まずに、ちらっと聞いた内容だけで判断した場合、「美人っていうんだから男ばっかり騙されてるんだろう」と思うだろう。しかしそうではない。もしそうだったとしたら、この作品はもっとつまらなくなっていただろう。sacraは、男女だけではなく、全年齢的に、様々な人間に嘘をつき、信頼させ、自分のために利用した(とはいえやはり、sacraの嘘に気づいて離れていくのは、女性の方が多いのだけど)。

『断ったら終わりだってことはわかってました。さくらは深追いはしませんから。
それをつまらなく感じてしまった。さくらを失いたくなかったんですね。
さくらといると、面白いんですよ。ジェットコースターに乗っているみたいなの。上がったり降りたり。次はどうなるんだろうってわくわくするんです』

少なくない人が、sacraのおかしさに気づいていた。特に女性はそうだ。sacraが嘘をついていて、その嘘を駆使して様々な状況を打破しているということに、結構気づいていた。読者も、そうだろうなと感じるだろう。何故ならsacraの嘘は、雑だから。隠そう、という意志はほとんどない。というか、冒頭でも触れたように、嘘をついているという意識がないのだ。自分が口から発していることが真実だと思い込めるからこそ、sacraは様々な発言や行動の整合性を取ろうとしない。その美貌と、様々な苦労を連想させる経歴(それらもほとんど嘘なのだが)のせいで、ちょっと違和感があっても気にしなかったり、逆に信じたいと思う者もいる(特に男に多い)。sacraは、個々の嘘に真実味を持たせるのではなく、「sacra」という存在に真実味を持たせることで、嘘をつくことで生じる様々なズレに目がいかないようにした。もちろんそれは、sacraの超越した美貌があってこそ成せる業ではあるのだけど、とはいえそれだけでは女性も騙されているという事実が説明出来ないだろう。天性の勘とセンスの良さで、「sacra」という存在の真実味を押し広げていったのだろう。

朝倉美羽からインタビューを受けているその時点においても、まだsacraのことを信じている者もいる。人は自分が信じたいと思うものを信じるのだ、というのは、作中にも出てきたし、巷間よく言われることでもあるのだけど、まさにその通りだなと感じた。皆、sacraのことを信じたがった。sacraといると楽しいからという者もいれば、sacraに嫌われたくないと思う者もいただろう。守ってあげたいのだ、飾りにしたいのだ、褒められたいのだ…。皆、様々な理由からsacraを信じたがった。

sacraは、皆のそういう気持ちを、実に見事に利用し続けた。それはもう、見事というべきものだ。sacraは本当に、自分では何も生み出さなかった。sacraが生み出したとされる様々なものは、どれも誰かのものだった。

『わたしが欲しいのは才能だよ、由香さん。わたしは自分を人に認められたいの。わたしは、誰かの奥さんとしてではなくて、自分の名前で生きていくの』

彼女は「才能」という言葉を、果たしてどんな意味で使っていたのだろうか。sacraには、間違いなく才能がある。それは、良いものを見抜く嗅覚と、人たらしの能力だ。そしてこれらを駆使すれば、プロデューサーやキュレーターという立場で、自分の名前で生きていくことは十分可能だっただろう。
何故彼女は、そういう生き方を選択できなかったのか。
sacraは最後まで、「自分で作品を生み出すこと」、もっと言えば、「自分で作品を生み出しているように見えること」にこだわり続けた。彼女にとって「才能」とは、何かを、sacraにとってそれは絵だったのだけど、とにかく何かを自分の内側から生み出す能力のことだけを指していたようだ。
何故なんだろう。何故彼女は、プロデューサーやキュレーターでは満足出来なかったのか。

その理由となり得る要素も、作中では描かれている。古くから活躍する著名な漫画家の存在や、中学生時代の美術教師とのエピソードなどだ。絵はsacraにとって、ある種の成功体験と言えるのだろう。それを再現したい、という気持ちが、大人になる過程で一向に衰えることがなかった、ということなのだろうと思う。

とにかくsacraという女性の描写は圧倒的だ。近くにいたら、僕も間違いなく騙されてしまうような気がする。たぶん、すぐに胡散臭さには気づくだろう。でも、気づいたとしても、「sacraといると楽しいから」という理由で、その嘘に気づかないフリをしてしまうかもしれない。だから、作中に登場する「sacraに騙された人達」のことを責められない。

「sacraに騙された人達」の話は、とても面白い。様々な人間が断片的なsacraの姿を語っていくのだけど、ある人物の語りの中で謎だった部分が、別の人間の語りの中で明らかになっていく。そういうエピソードがもの凄くたくさんあるのだ。インタビューをしている朝倉美羽と読者だけは、複数の人間の話を総合的に聞いているから、sacraの嘘の悪質さがより理解できる。しかし、自分が見たsacraの姿しか知らない面々は、自分が見聞きした情報だけでsacraを判断してしまうから、sacraを疑いきれないし、信じたくなる。

この点がこの作品の構成の非常に面白い部分だと思う。みんなの話を聞いてる俺たちだけはちゃんとsacraの嘘が分かってるんだぞ、という謎の優越感もあるし、思いもしなかったところで様々な人間の話が繋がっていく展開も非常に魅力的だ。複数の話を突き合わせてやっと分かるsacraの嘘の真意もあるし、すぐバレてもおかしくない嘘をつきながら圧倒的な対応力で現実をねじ伏せてしまうsacraの力強さも体感できる。sacraの魅力には到底及ばないものの、「sacraに騙された人達」もそれぞれに一癖も二癖もある人間たちで、彼らの考え方や価値観にも興味が持てる。全体的に魅力溢れる人物ばかり登場する小説という印象だった。

最後の最後までsacraらしさが炸裂する物語で、ラストの展開には読者も唖然とするだろう。結局最後まで、そうまでしてsacraが追い求めたものが何だったのかは、はっきりとは掴めない。このモヤモヤ感も、この作品らしくてとても良いと思うのだ。最後までsacraの謎めいた魅力に振り回され続ける作品だ。

青木祐子「嘘つき女さくらちゃんの告白」

関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3250-dba6af3b

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
12位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)