黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

「この世界の片隅で」を観に行ってきました

「幸せ」は、与えられるものではない。決められるものでもない。
決めるものだ。
僕はいつもそんな風に思っている。

この映画の良さは、すずが「目の前には存在しない幸せ」を追い求めないことにある。

『お前だけはこの世界で、普通でまともであってくれ』

「普通」の連続を、僕たちは「日常」と呼んでいた。
呼んでいたはずだった。
「日常」が退屈に思えるのは、当たり前のことだ。
だってそれは「普通」がただ連続しているだけなのだから。
人間はずっと、そういうことを当たり前だと思って生きてきたはずだ。

どこかでそれが、少しずつ変わってきてしまったのだろう。
僕たちは、「日常」って退屈だ!と、声高に主張するようになってしまった。
それは、カラスって黒い、と言っているぐらい、当たり前のことなのに。
なんでそんな風に思うようになってしまったんだろう。

『ワシはいつの間にか、人間の当たり前から外れてしまったんじゃのぉ』

昨日と今日と明日が同じであることに、少しずつ人間は耐えられなくなってきている。
10年前と今と10年後が変わっていないことが、不幸だと感じるようになってしまっている。
「普通」の連続が「日常」であり、それ故に「日常」が退屈であることを、何故僕たちは忘れてしまったのだろう。

「幸せ」が与えられるものでも決められるものでもなく、決めるものであるというのは、「幸せ」というのが、「日常」の中から何を見つけ出すかという、その人の意志の積み重ねによってしか生まれないものだからだ。

『しみじみニヤニヤしとるんじゃ』

すずの強さは、そこにある。

『うちも強うなりたいよ。優しくしぶとうなりたいよ』

すずは、生活に対して強い。毎日毎日絶えることのない雑用をこなしながら、少しでも生活を良くするための工夫をこしらえる。生活の合間合間で、絵を描いたり何かを観察したりしながら、ちょっとした楽しいことを拾っていく。

『何でも使うて暮らし続けるのがうちらの闘いですけえ』

すずを取り巻く環境は、決して楽ではない。日本国民全員が等しく苦しい状況に置かれている時代だったからこそ、ふてくされずに前を向けたのかもしれない。そういう意味で、現代とは環境は全然違うだろう。
しかし、自らの意志によってある程度の生活は保障されている現代と比べれば、すずの生きた時代の方が遥かに厳しかっただろうと思う。

戦争は最悪だ。戦争を経験したことはないが、出来るだけ経験せずに死にたいと思う。しかし、戦争だから不幸だった、というのはやはり違うように思う。すずは、たまたま戦争の時代に生きた。しかし、すずのような心持ちを持つことが出来れば、どんな時代環境であっても、そこでの生活に何らかの幸せを見つけ出すことは出来るだろう。

僕たちはどうだろうか?
「幸せ」は、今自分がいるこの場所以外のどこかにあって、私はまだそれに出合えていないだけだ、と考えてしまいがちな僕らは、別の時代で生きることは出来るだろうか?

この映画は、そういう問いを投げかけているのだと僕は感じる。

『ぼーっとしたうちのままで死にたかったなぁ』

すずは、「幸せ」であるために、かつての自分を捨てた。すずは少しずつ理解していったのだ。「幸せ」は自分で決めることなのだ、と。そして、この苦しい環境から「幸せ」を取り出すために、ぼーっとしているわけにはいかないと気づいたのだ。

『お前はホンマに普通やのぉ』

それでも、すずの強さの芯は、「普通であること」にある。
当時、そういう「すず」が、日本中にいたことだろう。そういう「すず」が体現する「普通」が、戦時下の生活を成り立たせていたのだろう。
そういうことこそ、僕らは憶えておかなければいけないのだと思う。


広島市で海苔の養殖を営む一家に生まれたすずは、絵を描くのが大好きな女の子。ぼーっとしてるしおっちょこちょいだけど、ちびた鉛筆でも持たせればなんだって描いた。
決して裕福な暮らしではないけど、身近な人との関わりと日常の中のちょっとした変化を楽しみにしながら、すずもその家族も幸せに暮らしていた。
やがてすずに縁談の話が舞い込む。呉に住む北條家だ。お相手の男性の周作さんとはかつてどこかで会ったような気もするけど、ぼんやりしているすずはうまく思い出せない。
年老いた義父と足を患った義母の代わりに、北條家ですずは懸命に働く。周作さんの姉・径子さんとちょっとうまくいかなかったり、その子どもである晴美さんと仲良くなったりしながら、すずは少しずつ北條家に馴染んでいく。
自分から望んだ縁談ではないけれど、どんな風に生きていくのか、どんな風に生きていきたいのか何も考えないで大人になったすずは、ここ呉で生きていくんだという想いを、様々な経験を経ながら少しずつ固めていく。
やがて呉では、空襲が頻発するようになっていく。


例えば僕らは、現代の戦争のことをニュースで知る。
軍人が大挙し、砲弾が降り、瓦礫が山となり、片脚のない子供が地面を這う。僕たちはそういう映像を見る。
そういう映像しか、見ることが出来ない。

例えば僕らは、過去の戦争のことを教科書で知る。
「◯◯年に××」「△△年に□□」 僕たちは、そういう記述を読む。
そういう記述でしか、知ることが出来ない。

共通しているのは、その時最もインパクトがあった出来事だけが末端まで伝わる、ということだ。
現代の戦争でも過去の戦争でも、そこに何らかの形で記録者がいる。記録者は、自らの意志で目の前の戦争のどこを見てもいい。しかしその記録者は、ただそこにいるわけではない。恐らく報じるためにそこにいる。それ故、報じる価値があるもの、報じる価値があると大勢の人が信じているものを見ようとする。報じる価値がないと判断されたものは、記録者の視界に入っても、末端まで届くことはない。

ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する ジャーナリズムの現場で私が考えたこと」という作品を読んで、遠い他国の現実がどのように報じられるのかを知った。僕たちの日常ではない現実が、どんなフィルターを通って僕らの元に届くのかを知った。

メディアというフィルターを通った情報には、「生活」の匂いはない。

この映画は、メディアというフィルターを通ったらすぐに取り除かれてしまうものだけで出来ている。
「生活」の物語だ。

『すぐやってくるか思うた戦争じゃけど、今はどこでどうしとるんじゃろ』

「生活」から見た場合、戦争というのはほとんど見えない存在だ。見えるのは戦艦だったり、演習だったり、出兵する若者でしかない。それらは、戦争というものを取り巻くもので、戦争そのものではない。

戦争そのもののが見えない中で、うっすらと戦争の気配を感じるだけの日常。そこにははっきりした覚悟や明確な意志が求められる場面は少ない。軍港である呉に住みながら、すずのようなぼーっとした女の子であっても何とか生きていけてしまう、そんな日常だ。

とはいえもちろん、「生活」には大きな影響がやってくる。配給が少なくなる、砂糖の値段が高くなる、食べられる草は摘む、交換できる服は売る、少ないお米の分量を増やす工夫をする。戦争の陰で生活する者たちは、何かが「ない」状況を嘆く余裕を与えられないままに、厳しい生活を迎え入れざるを得なくなる。

しかし、彼女たちの毎日は、何故だか楽しそうだ。

『空襲もう飽きた』

彼女たち自身の目には見えない戦争は、なかなか意識されない。それよりは、モノが少ない中でどう工夫するかという前向きさがそこにはある。ないものはない。みんなない。嘆いたところで何かが変わるわけでもない。誰もがそういう気持ちを共有していたからこそ、厳しい状況でもみんなで前を向くことが出来たのだろう。

その日常を、僕らが「不幸だ」と決めつけることは出来ない。冒頭で書いたように、「幸せ」とは決めつけられるものではないからだ。

『みんなが笑ろうて暮らせりゃええのにねぇ』

もちろん辛いこともある。哀しいこともある。やりきれないこともある。でもそれは、いつのどんな時代にもある。

『あっけのう人はおらんようになる。姿が見えんようになれば、言葉は届けん』

しかしだからこそ、大事に出来るものもある。いつ失われるか分からない、いつ消えてしまうか分からない。だからこそ、未来ではなく今を大事にする。そういう生き方を自然と選択できる。

それはある意味で幸せなことだろう。

僕たちはもう、「生活」に対してあまり不安を感じずに生きられるようになった。それは、とても素晴らしいことだ。「生活」に対して不安を感じるような時代に戻りたいとは思わない。
しかし、「生活」に対して不安を感じないからこそ、人は別のことに不安を求める。おかしなことだが、何故か人間はそういうものらしい。SNSやスマホを手放せない人を見ると、僕はいつもそんな風に感じてしまう。彼らは、SNSやスマホがなくなると何を失うと考えているのだろうか?

人間は、どれだけ満たされていてもそこに不安を見つけ出すことが出来る。そういう生き物だ。だからこそ、もの凄く逆説的なことだが、「生活」に対して不安を感じるほどに、人は「生活」を大切に感じられるのではないかと思う。

衣食住が満たされた現代の僕らの不安は、大体「未来」の中にある。だから「未来」を大切にしたがる。でも「未来」はどうなるか分からない。どうなるか分からないものを不安がって、それに対処しようとする。そんな生き方をしてしまうから、なかなか「生活」から「幸せ」を取り出すことが出来ない。

改めて書くけど、決して戦争時代を良かったと言うつもりはない。そうではなくてこの映画は、どんな「生活」からでも「幸せ」を取り出すことが出来るのだ、というメッセージを感じる。僕らが生きる現実も、戦争ほどではないが、決して素晴らしいと絶賛出来るほどではない。しかしそんな人生でも、そんな人生なりの「幸せ」を手に入れることが出来る。

それを描き出すために、この作品は「戦争」を舞台にしているのだと思う。そういう意味でこの映画は、「戦争映画」では全然ない。

この映画は「居場所」の物語でもある。

『誰でもこの世界で、そうそう居場所はなくなりゃせんのよ』

すずは、慣れ親しんだ広島を離れ、呉へと嫁ぐ。知り合いもいない中、懸命に「生活」することで、少しずつ馴染んでいく。元来ぼーっとしているすずには、どこかに馴染んでいくことはさほど難しいことであるわけではない。

しかし、やはり「戦争」という環境が、すずを振り回していく。
すずは何度か、呉で生きていくことを悩む場面に遭遇する。久々に実家に帰った後で、かつての旧友が北條家まですずを訪ねて来た後で、そして右手を失った後で。
私は、ここにいていいんだろうか、と。

すずにとっての本来の居場所は、やはり生まれ育ったあの広島の家だ。ずっとそこに対する郷愁の念がある。普段意識することはない。しかし、消えることもない。北條家の人間になったつもりでいても、ふとした瞬間に「ここは自分のいる場所ではないのかもしれない」という意識が忍び寄る。

しかし、すずが「居場所」だと思っていた場所は、原爆投下により「居場所」ではなくなってしまう。

『やっぱりここへ置いてもらえますか?』

すずがそう言ったタイミングに、僕は救われた。すずにとってそれは、ギリギリのタイミングだった。もう少し遅ければ、すずは永遠に「居場所」を失っていたかもしれない。あの場面は、とてもホッとした。良かったと思った。

『呉は私が選んだ場所ですけぇ』

すずは流れるように、流されるようにずっと生きてきた。自分の意志でこうしたいと動いたことはほとんどない。それでも、戦争という厳しい環境をくぐり抜けることで、すずはこれまでの人生をひっくるめて、自分で選んできた道だ、と思えるようになった。それを「成長」と呼ぶのは少し違うのかもしれないけど、その変化が物語をグッと締めているように感じた。

『この先うちはずっと笑顔の入れ物なんです。晴美さんはいつでも笑っていたので、笑って思い出してあげようと思います』

そしてすずは、誰かの「居場所」になってあげようという決意をするようになっていく。これは「成長」と呼んでみても、いいのかもしれない。

「この世界の片隅で」を観に行ってきました

関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3227-0bcd1b7d

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
10位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)