黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

「何者」を観に行ってきました



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6432176788840966"
data-ad-slot="9019976374"
data-ad-format="auto">



僕は、逃げてなんとか生き延びた。

僕は、拓人の気持ちが、よく理解できる。
拓人は、観察者だ。一步引いたところから物事を捉え、分析し、言語化する。
観察者でいるのは、「観察することが好きだ」という部分も、当然ある。客観的に物事を見て、それらを凝縮するようにして言語化するのは、好きな人にとってはなかなか快感だ。僕にも、その快感は理解できる。

でも、観察者でいることのより大きなメリットは、「輪の内側にいなくてもいい」ということだ。あいつは観察者だ、という立ち位置が定まれば、輪に入らなくても場が成立するようになる。入りたい時は輪の内側に入り、出たい時は外から見る、ということが出来るようになる。

そしてそれは、「輪の内側に入ることが出来ない」という場合には、より強力に力を発揮することになる。自分が今輪の外側にいるのは、僕がこういう立ち位置が好きだからです、というポーズが出来る。入れない、のではなくて、入らないだけなんですよ、というフリが出来る。
そんな風に、自分を守ることが出来る。

この感じは、とてもよく分かるのだ。

だから僕は拓人に共感できるし、実際に自分のいつもの立ち位置がどこにあるにせよ、拓人のようなあり方が「分かってしまう人」は多くいるのではないか、と思う。
だからこそ「何者」という作品は、人の心を抉り取るのだ。

輪の外側に「居場所」が確保出来てしまうと、輪の内側に入ることが少しずつ怖くなる。何故なら、輪の内側にいる自分は、同時に、輪の外側にいる誰かから観察される存在になってしまうからだ。自分が外側から観察しているが故に、観察されることが怖くなる。観察して誰かを見下しているなら、なおさら怖くなる。
そうやって、ますます自分の「居場所」に固執するようになってしまう。「観察者である」という自分の立ち位置を手放すことが出来ず、観察される誰かになることが怖くなってしまう。

先程僕は、観察者でいることのメリットとして、「輪の内側にいなくてもいい」というのを挙げた。また、観察者という立ち位置は「居場所」だとも書いた。
しかし、これらは幻想に過ぎない。「輪の内側にいなくてもいい」なんて周りは思っちゃいないし、「居場所」だと感じているその場所は、自分の思いこみだけで成立している。

でも、観察者として居続けると、そういうことがわからなくなってくる。輪の内側があるからこそ、輪の外側が成立出来るのに、まるで自分のいる場所が確固たる場所であるように思えてくる。ドーナツの穴は、ドーナツをひとかじりすれば消えてしまう脆い存在だけど、そういうことが分からなくなっていくのだ。

さらに、この観察者問題(観察者として存在することが許容されているかのように感じられる問題)は、ネットが広がることでより顕在化しやすくなったと思う。

僕が学生時代の頃は、まだSNSなんて言うものはほとんど存在していなかったと思う。学生時代の僕はたぶん、観察者として生きていたように思うのだけど、SNSがなかったお陰でそれは酷くならなかったと思う。SNSを使うようになって(今は全部止めたけど)、しばらくして感じたのは、これが学生時代になくて本当に良かった、ということだ。

現代では、SNSを駆使することで、観察者というのが「居場所」としてより確固たるものであるかのように自分に見せかけることが出来るようになってしまっている。凄い時代だ、と思う。

SNS時代では、先程挙げた、観察者は輪の内側に入りにくくなる、という問題を簡単に乗り越えることが出来るようになる。何故なら、「輪の内側にいる自分」と「観察者」という二つの自分を所有することが出来るからだ。SNSを駆使すれば、二つと言わず色んな自分を持つことが出来る。観察者問題が顕在化するのも当然だ。

しかし、いくつもの自分を所有出来るが故に、現代人はその統合に悩む。SNSのアカウントを切り替えるようにして、場面ごとに、対人ごとに人格を微調整してしまう現代人は、当然、自分を見失いやすくなっていく。

『就活をしている人は、地図を失っているように見える』

登場人物の一人がツイートした一文だ。
僕は、就活をしたことがない。だから、就活というのがどんなものであるかというのは、想像するしかない。しかし、どうすれば内定がもらえるのかという確固たる基準が判然としないまま、日々非情な合否を突きつけられる環境にさらされれば、人は自分が持っていたはずの地図を失うことになってしまってもおかしくないように思う。その時、分離したままの、確固たる者を持てないままの自分で、荒波を乗り越えていくのは難しいのかもしれない。

僕は、就活という荒波を乗り越えることが出来ないと思っていた。SNSのない時代だったが、観察者として長く生きすぎ、輪の内側に入る怖さばかり募らせてしまった僕は、就活という流れから逃げることしか出来なかった。そのことを後悔したことは、一度もない。僕は、逃げたお陰でここまで生き延びることが出来た、と思っている。社会の中で騙し騙し働いていく中で、昔よりは観察者的な自分を薄められたような気もしている。

けれど、この映画の中でもがく拓人を見ると、やっぱり今もきっと、僕の中にこういう自分がいるんだろうなぁ、と思ってしまう。

就職活動をスタートさせた拓人。同居人であり、就活をスタートさせるためにボーカルを務めたバンドを解散し、髪を黒く染めた光太郎。拓人と光太郎の友達で、最近留学先から戻ってきた瑞月。瑞月の友人で、たまたま拓人と光太郎の一つ上の部屋に住んでいる理香。そして、交際し始めてする理香と同居を始めた隆良。
彼らは、理香の部屋を就活対策本部として、5人一緒に就職活動に立ち向かっていくことに決める。
物静かだが、常に周囲を冷静に観察して分析する拓人。誰とでもすぐに仲良くなれてしまうお調子者の光太郎。真面目で、就活のタイミングで家庭の事情も抱えることになってしまった瑞月。OB訪問など積極的に人にあって関係性を広げようとしている理香。就活はしないで自分で生きていくために人脈を広げようとしている隆良。
彼らはそれぞれ、自分なりのやり方で就活に立ち向かっていく。
内定が出た友人を素直に祝福出来なかったり、独自の道を進んでいる人間を蔑んだり、価値観の違いから言い合いになったり。彼らの関係は、常にどこかに歪みを抱えたまま続いていくことになる。
「内定」という、掴み取り方が分からない聖杯を目指しながら。

原作を読んだ時にも思ったけど、非常に今らしい映画だなと思う。現代らしい、いくつにも分離してしまった自分という存在は、日常生活の中では違和感なく継続できてしまう。毎日普通に生きている分には、分離した自分の不都合さみたいなものを感じることはない。しかしそこに、「就活」という舞台を与えてやることで、その違和感が一気に顕わになる。いくつもの自分を持つことで、あるいは観察者として振る舞うことで、普段どんな自分を隠し、どんな自分を見ないようにしているのかということが明らかになっていく。誰もが見たくない、気付きたくないような感情を抉りだすという、メンタル的にはなかなかハードな作品を、非常にポップに描き出すことで受け入れやすくしているのも、現代らしいように思う。

みんな、言動が少しずつ一致しない。言っていることとやっていることにズレが出て来る。ズレないのは瑞月ぐらいなものだろうか。意識的にせよ無意識的にせよ、他の四人は、色んなことが少しずつ掛け合わなくなっていく。

五人それぞれがそれぞれに何かを抱えているのだろうけど、この映画の中心になるのは拓人だ。拓人の振る舞いや存在の仕方が、どう壊れどう失われていくのか。何故拓人は就活がうまくいかないのか。それらが、拓人のツイートから漏れ出る内面と共に描かれていく。

拓人はたぶん、当事者意識を持つことが出来ないでいる。輪の内側に入れない、というのと同じことを言っているのだけど、観察者である拓人は、自分がやっていることも観察者として見てしまう。その視点は、自分が目の前の出来事に関わっているのだという当事者意識を薄れさせる。誰か別の人がやっていることを見ているだけのような感覚になる。

そうすることで拓人は、自分を守っている。

当事者意識を持って、それでもなお上手くいかないことに、拓人は耐えられない。目の前のことに全力で努力して、それでも失敗することに、拓人は我慢ならない。だから観察者に逃げ込んでしまう。自分の意識を、観察者の方へと比重を移してしまえば、うまくいかなくてもダメージを減らすことが出来る。そして、そんな風に考えている自分を正当化するために、拓人は頑張っている人間を「イタい」「サムい」と見下していく。

大学時代、拓人とずっと一緒に演劇をやってきた友人が、一人で新しい劇団を立ち上げて演劇の世界で挑戦している。その友人は、毎月新しい公演をやると言って日々頑張っている。拓人は、彼の劇団のネットでの評判を調べる。彼のブログを読んで、頑張っているアピールをしている様を笑う。
そうしないと、自分を保つことが出来ないのだ。

ある場面である人物は、こんな風に叫ぶ。

『自分の努力を実況中継しないと、もう立ってられないから』

みんな、自分なりのやり方で、どうにか持ちこたえている。僕は結局就活から逃げたが、就活をやっていたとしたら彼らのように何かしなければ自分を保つことが出来なかっただろうと思う。僕なら、何をしていただろうか。ちょっと、思いつかない。

具体的な引用は避けるが、ある人物が「点数さえつかないんだよ」と叫ぶ場面は、非常に印象的だ。観察者は、物事を客観的に見ているつもりなので、自分自身のことも客観的に自分で点数を付けることが出来る、と思っている。しかし、結局のところ、点数というのは他者がつけるものだ。何かを出さなければ、点数さえつかない。出してみなければ、どんな点数がつくのか誰にも分からない。つい最近僕は、それをまざまざと見せつけられる経験をした。どれだけ客観的だと思い込もうとしても、自分で自分に点数をつけることはほぼ不可能だ。

映画の中で拓人に関するあることが明らかになった後の演出がとても好きだ。どんな演出になったのかは書かないが、それは「観察する者」と「観察される者」の逆転を実に鮮やかに描き出している。拓人は、自分が「観察する者」だと思っていた。その事実を、疑うことはなかった。しかしある瞬間、自分が「観察される者」であったことに気付かされてしまう。その拓人の内面を、普通の映画でやったら違和感でしかないだろう手法で、実に巧みに見せている。映画の中でこの転換が一番好きだ。それまでのストーリーの内容とうまくつなぎ合わせる形でこの演出を組み込んでいて、とても良いなと思った。

原作のある映画では常に原作と映画を比べてしまうが、この作品にしてもやはり、原作の方が勝ると僕は感じる。

「何者」という原作小説は、言葉で内面を抉り取る物語だった。この言葉の鋭さが、原作小説の持ち味の一つだった。主人公である拓人は、会話によってではなく、観察や言語化によって世界と関わっている。そういう事実を原作小説では、言葉によって実に見事に描き出していた。しかし映画では、もちろん色々工夫はしていたけど、どうしても内面を抉るという部分で弱くなる。それは、言葉による内面描写を使えないからだ。その部分はやはり、圧倒的に原作小説の方が上だと感じる。

ただ映画は、先程も書いた「観察する者」と「観察される者」の転換の演出が実に秀逸だったし、ツイートの処理も原作小説より上手い。原作にある言葉の鋭さを演技で補うことは相当困難だと思うけど、ところどころで現れるピリッとした雰囲気の表し方みたいなのは良かったと思う。

原作小説と比べるとどうしても劣って見えてしまうけど、単独の映画として捉えた場合は、現代らしい感情が巧く描かれた映画だと思います。

「何者」を観に行ってきました



関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3206-48ab9740

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
11位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)