黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

講義ライブ だから仏教は面白い!(魚川祐司)



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6432176788840966"
data-ad-slot="9019976374"
data-ad-format="auto">



いやー、メチャクチャ面白かった!
宗教なんて全般的に興味ない僕だけど、仏教って面白いんだなぁ、と思いました。
もちろん本書は、入門書の入門書だろうから、本当はもっと奥が深いんだろうけど、入り口の部分をかじるだけでもとても面白い。久々に、読んで良かった!と思える一冊でした。

仏教に限らず宗教というのは全般的に、「信じるための物語」だと思っているような部分がありました。例えばキリスト教であれば、聖書に書かれているような物語を信じる。イスラム教であれば、コーランに書かれているような物語(というかルールみたいなものなんだろうけど)を信じる。あるいは、新興宗教であれば「ハルマゲドンがやってくる」みたいな物語を信じる。宗教というのはそういうものなんだな、と思っていました。

しかし、仏教というのは、僕が抱いているそういう宗教に対するイメージとは大分違うようです。本書を読んで僕が仏教に対して感じたイメージは、まさに「哲学」そのものだな、ということでした。

仏教というのは「理論」と「実践」によって成り立っていて、本書では「理論」だけを知るだけでは仏教は理解できない、と注意されます。

『私が本講義で行っているのは、「理屈と筋道の話を聞いているだけでは駄目で、最終的には実践をしていただかないと、本当のところはわかりません」というところまでを、何とか理屈と筋道でお話しようとすることなんです』

なので、本書で描かれている「理論」(の入門)だけでは、仏教など到底理解できないことになります。しかし、仏教の「理論」は、精緻な論理によって組み上がっていて、それ単体でも非常に面白い。ゴータマ・ブッダがどのように世界や人間を捉え、どういう道筋を経ることで「悟り」に至ると考えたのか。その思考の道筋を著者が分かりやすく解説してくれるわけですが、実に刺激的な内容で面白かったです。

さて、まずは本書全体について注意しておくべきことを書きましょう。

『そこで、本書では主に「ゴータマ・ブッダの仏教」の根源的な思想構造と、その実践(瞑想)との関連に焦点を絞ってお話をしています』

冒頭でこんな風に書かれています。これはどういう意味かというと、「仏教には色んな種類があるけど、この本では、仏教をそもそも生み出したゴータマ・ブッダが言ったことを解説するよ」ということです。

本書の中には、「小乗仏教」と「大乗仏教」の違いについて、「大乗経典同人誌論」という考え方を引用しながら説明している箇所があります。これ自体も非常に面白いのですけど、ざっと書くと、ゴータマ・ブッダが生み出した仏教が「小乗仏教」と呼ばれ、その「小乗仏教」をベースに、「俺は仏教がこんなふうに在って欲しい!」と思った色んな人が作り上げたのが様々な「大乗仏教」だ、という説明です。そして本書では、仏教の始祖であるゴータマ・ブッダが言った、いわゆる「小乗仏教」と呼ばれている仏教について解説しますよ、ということです。

この点について巻末でもこんな注意書きがあります。

『そのような性質の著作ですから、本書は「これ一冊で仏教の全てがわかる」種類の入門書ではもちろんありません。右に述べたように、仏教に関しては様々な見方が存在しますから、本講義はあくまでもそのうちの一つを示したにすぎませんし、また基本的な知識であっても、本書の中ではふれることができなかったものも多くあります。
ただ、タイトルにある通り、本書を読むことで、「なるほど。たしかに仏教というのは、とにかく面白いものなんだな」ということを、読者の皆様に感じていただけるであろうことには、ひそかに自信をもっています』

さて、そんな本書では、仏教についてどんな風に描かれているのか。書いていきます。

著者は、仏教について、ひと言でこんな風にぶった斬ります。

『したがって、本来的には、ゴータマ・ブッダの仏教というのは、「社会の中で人間的に役に立つ」ための教えでは全くないわけです』

著者はこれを断言します。最後まで読むと、これがどういう意味なのか、徐々に分かってきますが、いきなりこう言われるとびっくりしますよね。なんとなく仏教というのは、「良い人になるため」「穏やかな人間になるため」にあるものに思えます。もちろん、仏教を実践した結果として「良い人」や「穏やかな人間」や「社会的に価値のある人間」になる可能性はありますが、しかしそもそもがゴータマ・ブッダはそんなことを目指して仏教を作ったわけではない、ということです。

ではゴータマ・ブッダは、仏教徒にどうなれと言ったのか。これはなかなか衝撃的です。

『現代風にわかりやすく、比喩的に言うとすれば、ゴータマ・ブッダは解脱を目指す自分の弟子たち、つまり出家者に対しては、「異性とは目も合わせないニートになれ!」と教えていたんです。』

いいですね、ゴータマ・ブッダ!仏教というのは、「異性とは目も合わせないニート」を目指す教えなわけで、そりゃあ著者も、『「社会の中で人間的に役に立つ」ための教えでは全くないわけです』って言いますよね、という感じです。

しかし、どうしてそんな「非人間的な教え」が2500年間も続いてきたのでしょうか?「異性とは目も合わせないニートになれ」というのは、現代に限らず、過去どの時代であっても「えっ?」と思われるような価値観なわけです。その中の価値観に逆光するような考え方なわけです。それでも仏教は存続し続けた。まさにその事実にこそ、我々が仏教を学ぶ価値があるのだと著者は言います。

『だとしたら、私たちが本当に仏教を「わかる」ためにやらなければならないことは、「異性とは目も合わせないニートになる」ことをゴータマ・ブッダが推奨していたという、文献から知られる事実を隠蔽することではなくて、そのように「非人間的」で「ヤバい」教えを言葉どおりに実践した先に、最終的に得られる価値は何であるのかということを、正面から考えてみることだと思うんです。』

著者はまた、こうも言います。

『そして、ここからわかることは、ゴータマ・ブッダの「非人間的でシンプルな教え」を実践して得られた先にあるものに、何かしらの価値があるいということ。あるいは少なくとも、そう考えた人たちがずっと存在し続けてきたということです』

確かにそれはその通りで、ゴータマ・ブッダの教えが何ら価値を生まないものであれば、仏教はこれほど存続していないわけです。インドやアジアだけではなく、元々仏教圏ではない欧米でも、現在仏教の考え方をベースにした瞑想センターが多く生まれ、そこで仏教の実践が行われています。そして仏教の実践は、実際に彼らに対してはっきりと自覚出来るだけの価値をもたらす。だからこそ仏教というのは2500年間も存続しているわけです。

ではその価値とは何なのか?引用するとこうです。

『「ただ在るだけでfulfilled」というエートス。言い換えれば、ただ存在するだけ、ただ、いま・ここに在って呼吸しているだけで、それだけで「充分に満たされている」という、この世界における居住まい方』

この文章だけではなんのことか分からないでしょう。本書は、仏教が与えてくれるこの価値が一体どんなもので、そして、仏教の実践がそれを得ることとどう関係してくるのかを明らかにしていくわけです。

さてここからは、僕なりの理解を中心に書いてみましょう。理解を間違えている部分もあるでしょうがご容赦ください。

まずゴータマ・ブッダは、ぼくらが生きるこの世界を「条件付けされている世界」と捉えている。これは、「こうすればこうなるという考え方で成り立っている世界」ということです。誰かを殴れば怪我をするし、野菜を放置すれば腐る。そういう、「こうすればこうなる」という理屈で成り立っている世界です。これを「有為」と言うけど、仏教ではその反対、「無為」を目指します。

「無為」とは、条件付けされていない世界であって、そこは「涅槃」と呼ばれています。つまり僕らは仏教の実践によって、「有為」から脱し、「無為」すなわち「涅槃」へと達することが出来るわけです。

ここで、「苦(ドゥッカ)」という概念が登場する。「苦」というのは「不満足」というような意味合いで、仏教において非常に重要な概念である。

僕らは「有為」において、欲望を充足する行為にあけくれている。美味しいものが食べたい、海外旅行に行きたい、みたいなことです。でも、どれだけ美味しいものを食べても、より美味しいものが食べたくなる。その欲望充足の行為には際限がありません。「苦」というのはまさに、この「欲望充足の行為には際限がない」「永遠に満足したという状態には辿りつけない」という状態を指すわけです。

インド圏において、これは非常に重要な問題となります。何故ならインド圏においては、「輪廻」つまり「生まれ変わり(だけではないのだけど分かりやすくそれに絞る)」は事実と捉えられているからです。一人の人間としての人生において「苦」に支配される程度のことなら問題ないが、インド圏の人にとって「輪廻」は事実なので、生まれ変わっても生まれ変わってもずっとこの「苦」のループから抜け出せないことになる。

それはしんどい。

だから仏教では、そんな無限ループから脱するために「解脱」を目指す。そういう考え方が産まれるわけです。

じゃあどうすればいいのか。

「苦」の根本原因は「渇愛(要するに欲望みたいなこと)」である。つまり「有為」においては、「渇愛」があるから「苦」が生まれる。ならば、その「渇愛」をなくすことさえ出来れば「苦」もなくなり、その結果、条件付けされていない「無為」に達することが出来るわけです。

ならば、どうやって「渇愛」をなくすことが出来るのか?

その話をする前に、「渇愛」について書こう。この「渇愛」は、本書では「おっぱい問題」として頻繁に登場する。

「おっぱい」というのは、欲望のない状態で見ることが出来ればそれは「ただの脂肪の塊」である。しかし僕らは「おっぱい」をそういうものとして見ない。どうしても「おっぱい」を見ると、ムラムラしたりしてしまう。これは「おっぱい」を、「ただの脂肪の塊」ではなく、「おっぱい」という観念で捉えている、というようなことだ。

この、「おっぱい」を欲望含みで捉えてしまう状態のことを「渇愛」と呼ぶのだ。

では、「渇愛」をなくすにはどうしなければならないのか?ここが、仏教の実践における一つの目的なのだが、修行をすることによってそもそもの認知を変える、そうすることによって「渇愛」をなくすのだ。

ゴータマ・ブッダは、僕ら凡夫(解脱していないパンピー)が見ている世界は、いわゆる「脳内世界」のようなものだ、と言う。ゴータマ・ブッダは、僕らが「おっぱい」を「ムラムラさせるもの」として見てしまっているように、対象をそのままの形で見ず、欲望を伴った認知で捉えている。ゴータマ・ブッダにとって凡夫の見ている「世界」とは、まさにそういうものだ。

そしてゴータマ・ブッダは、「世界」=「苦」であると捉える。つまり、物事すべてを欲望を伴った認知で捉えてしまうが故に、欲望充足は留まるところを知らず、凡夫は永遠に不満足から抜け出すことが出来ない。であれば、その「世界」を壊し、欲望を伴った認知そのものを転換するしかない。


そしてそのために、修行が必要なのだ。

頭の中でいくら「おっぱいは脂肪の塊だ」と理解していても、いざ目の前に「おっぱい」が現れれば僕らはそれを「脂肪の塊」ではないものとして捉えてしまう。そういう認知に囚われてしまっているからだ。だから仏教においては、知識だけでは不十分であり、仏教をきちんと理解するためには実践が不可欠なのだ。

というような流れなんだけど、たぶん僕の文章を読んでる人には全然伝わらないだろうなぁ。自分で書いてても、これじゃ伝わらないよな、と思います。使っている文字量が全然違うとはいえ、改めて本書の分かりやすさを実感しました。本書では、仏教というなかなか難しい(というか、難しいわけではないのだけど、僕らの生きてる日常世界の常識を逸脱するので捉えにくい)教えを、実に分かりやすく伝えてくれる。そして、仏教の理屈を知れば知るほど、その精緻に組み上げられた理屈の素晴らしさに感動させられます。

そして、本書を読みながら僕が考えていたのは、僕は本書に書かれている仏教の考え方を知る前から、仏教的な考えで行動していたのかもしれない、ということです。

僕の中にも常に、「欲望充足は終わりがなくて、不満足はなくならない」という感覚があります。だから僕は、「こうしたい」「ああでありたい」という望みが、基本的にありません。美味しいものを食べたいとか、出世したいとか、金持ちになりたいとか、そういう欲求が基本的にありません。本書の言葉で言えば、「渇愛」がなくなる方が楽だなぁ、という感覚は昔からあって、意識的にそういうものを追い求めないような生き方を選択してきているのだろうと思います。

また、ちょっと前に僕は恋愛はいいやと思うようになったので、それから、女性との関係を恋愛で捉えないようにしています。女性を見ても、「恋愛対象」という捉え方をせず、「女性」という捉え方をするようにしています。これも、まあごく一部ではあるけど、認知の転換の例かな、という感じがします。

我慢して女性を「恋愛対象」として見ない、という感じではなく、特に無理することなく女性を「恋愛対象」と思わない感じでいられています。本書の中にも、「前提となる認知を無視して、欲望が存在しないかのように我慢することは悟りではない」と書かれていたけど、まさにそれと同じで、僕も欲望がないかのように振舞っているのではなく、そもそも「恋愛対象」という認知が起こらない、という感じになっています。まあもちろん、修行を経てそうなったわけではないから、どんな場合でも絶対に、なんて言い方はするつもりはありませんけど、割と僕の普段の振る舞いは、仏教的な考え方に近いものがあるのかもしれないな、と思ったりしたのでした。

本書によれば、仏教に関して何らかの主張をする人の中には、ゴータマ・ブッダの仏教を根本的な部分で理解していなかったり、ゴータマ・ブッダの主張に拠らず、「こうであるはずだ」というような「はずだ論」を展開する人も多い、とのことです。本書の冒頭で書かれている、『本来的には、ゴータマ・ブッダの仏教というのは、「社会の中で人間的に役に立つ」ための教えでは全くない』というようなことが一切書かれていないような本も多いといいます。

著者自身は、どの主張が正しいのかをバトルする、というようなことにはまるで関心はありません。著者は純粋に、「ゴータマ・ブッダがどう考えて仏教を生み出したのか」に関心があり、経典やゴータマ・ブッダ自身の言葉なんかをひも解きながらそれを明らかにしている。自身は仏教徒ではないと語る著者は、かなりフラットな目線で仏教というものを捉えているのではないか、という感じがします。そういう意味でも、本書は入門書としてなかなか適しているのではないかな、という感じがします。

魚川祐司「講義ライブ だから仏教は面白い!」


関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3132-5636c5e9

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
11位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)