黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

「Fake(監督:森達也)」を観に行ってきました

ゴーストライター問題で一時世間を騒がせた佐村河内守。その佐村河内守を、ドキュメンタリー映画監督である森達也が密着した映画だ。

佐村河内守の報道に触れていた際、僕もそうだったが、世の中のほとんどの人はこう思ったことだろう。
「新垣隆は普通の人で、佐村河内守はモンスターなのだ」と。

この映画を観た今の僕の感想はこうだ。
「佐村河内守は普通の人で、新垣隆はモンスターなのかもしれない」


先に、森達也という映画監督について触れよう。
僕自身は、森達也の映画を見るのは初めてだ。しかし、森達也の著作はいくつか読んだことがある。
森達也の名を世に知らしめたのは、デビュー作である「A」というドキュメンタリー映画だ。僕はこの映画を観てはいないが、しかしどんな内容かは知っている。

オウム真理教の報道が加熱の一途を辿っていたまさにその時、オウム真理教を教団内部から撮影したとんでもない映画だったのだ。

映画公開後、森達也はあらゆる人から、「何故オウム真理教の内部からカメラを回すなんてことが出来たのか?」と聞かれまくったらしい。何故なら当時オウム真理教は、報道合戦が加熱しているために、あらゆる取材をシャットアウトしている時期だったからだ。

それに対する森達也の返答は、「手紙を書いてお願いしただけだ」というものだった。そうやって森達也は、オウム真理教内部に入って、教団の内側から「世間」を撮るという、とんでもない映画を完成させた。

森達也の作品(著作や映画)からは常に、「正しいとされていることへの違和感」を感じ取る。オウム真理教が叩かれている時期にオウム真理教を内部から撮り、麻原彰晃の裁判が正常に行われていないという問題提起をし、そして今回、佐村河内守側からゴースト問題(佐村河内守氏はこの表現を良しとしていなかったが、分かりやすいのでここではそう表記する)を撮った。

皆が同じ方向を向いている時に、敢えて逆を向く。そして、逆を向いている自分自身も含めて「作品」に仕立てあげる。だから森達也の作品には常に、一般的なノンフィクションやドキュメンタリーからは感じられない揺らぎや迷いみたいなものが滲み出る。

『僕のこと信じていますか?』

映画の終盤で森達也は、佐村河内守とその奥さんである香にそう問いかける。二人それぞれの回答が、佐村河内夫妻と森達也との、長い時間の共有を感じさせる。そしてまた、「Fake」と題されたこの映画の中で、「“真実”というのはそもそも何なのか?」という問いに揺らぎを与える結果になっていると思う。

この揺らぎは、マスメディアには存在しないものだ。

佐村河内守はこの映画の中で、「テレビや雑誌などの報道で嘘ばかり報じられた」という主張を色んな場面ですることになる。「嘘ばかり報じられた」かどうかは、とりあえず脇に置くとして、この発言の背景には、マスメディアのこんな性質がある。それは、

「マスメディアは、“真実”がこれだと提示する装置だ」

ということだ。

マスメディアは、それがたとえ疑惑の段階だとしても、それが“真実”であるように、“唯一の答え”であるように情報を提示する。“真実”だと、“唯一の答え”だと断言しなくても、様々な見せ方によって、ある見方を唯一のものであるかのように思わせる、そういう性質がある。

マスメディアのこういう性質の中には、森達也のドキュメンタリーの中にあるような揺らぎは存在しない。マスメディアは、唯一の何かを報じると決めれば、揺らがずにそれを提示する。仮にそれが間違いであると後から判明するようなことがあっても、訂正に多くの時間と手間を費やすようなことはしない。マスメディアとはそういうものだ。

森達也は、そういうマスメディアのあり方に常に疑問を抱いている。自身も、かつてはテレビ局で働いていた。テレビの世界で、どんな力学が働いて情報が伝えられるのか、理解していることだろう。その中で抱いた疑問が、常に森達也の映画のベースになっているのだろうと思う。

森達也は、「報じる」ということに本来つきまとうはずの揺らぎを、切り取らずに映画に組み込んでいく。佐村河内守を報じたテレビや、あるいはゴースト問題を最初に取り上げたフリーライターの神山典士など、「報じる」側の人間が敢えて無視している、あるいは無意識で見ないようにしている揺らぎを、森達也は取り除かないで見せていく。

そこに、森達也のドキュメンタリーの本質があるのだと僕は感じる。


映画は、森達也が佐村河内夫妻に密着し続ける形で進んでいく。
基本的にはマンション内での撮影だ。そこで、ご飯を食べていたり、新垣隆が出ているテレビを見ていたり、森達也の質問に答えたりする佐村河内守の姿が切り取られていく。時々、メディアの人間が取材にやってきたり、年始に親族が集まったり、あるいは人に会うために遠出する場面もある。森達也は、そういう場面にいて、観察者として佐村河内守の周辺を切り取っていく。

いわゆるゴースト問題には、二つの論点があったように思う。それは

①佐村河内守は本当に耳が聞こえないのか?
②佐村河内守は本当に“作曲”をしているのか?

である。

映画の中で森達也は、この二つに、直接的に、あるいは間接的に解答を与えることになる。

①の「佐村河内守は本当に耳が聞こえないのか?」という点について、僕は、佐村河内守の主張を基本的に信じる立場を取る。つまり、「音は届くが意味が理解できない」という「感音性難聴」というものだ。

何故これを信じるのか。それは、この映画の撮影手法にある。

森達也は、佐村河内守に密着している。映画の中で使われた映像はほんの僅かだろう。取材期間がどれぐらいで、何日ぐらい佐村河内夫妻のマンションにいたのかそれは分からないけど、恐らくあの映画を完成させるためには相当の時間カメラを回しているだろうと思う。

森達也のやり方は、時間を決めてインタビューをするようなものではなく、佐村河内守夫妻の生活の一部みたいな存在になって一緒にいるようなやり方だ。だからもし、佐村河内守が本当は耳が聞こえるのだとして、森達也が密着している期間、一切ボロを出さずにいるのは不可能だろうと思うのだ。

佐村河内守は、奥さんに手話で通訳をしてもらって色んな人との会話を成立させている。一応、ゆっくり喋ってもらえれば、口の形から相手の言っていることを理解できることもあるようだし、「音が出ている」ということは分かる場合もあるそうだが、基本的には奥さんの手話なしには会話は成立しない。だから、佐村河内守が本当は聞こえているのだとして、ボロを出さないで長期の密着に耐えるのは無理だろうと思うのだ。

だから僕は、森達也が共犯ではない、という条件付きだけど(そして、森達也が共犯になる理由がないのでそうは考えないけど)、佐村河内守の「耳は聞こえていない」という話を信じる。

だからこそ、冒頭で書いたように、新垣隆がモンスターに思えるのである。

映画の中でも、新垣隆のインタビューなどはテレビ越しに写されていたけど、そこで新垣隆は、「佐村河内守の耳が聞こえないと思ったことは一度もない」「聞こえることは黙っておくように言われた」という発言をしている。僕も、ゴースト問題の報道が加熱していた頃、そういう発言を耳にした記憶があるように思う。

しかし、佐村河内守の耳が聞こえていないとすれば、新垣隆が嘘をついていることになる。しかも、明らかな嘘をだ。

佐村河内守は、ある海外メディアのインタビューで、「新垣隆とどうコミュニケーションを取っていたのか?」と聞かれた。新垣隆は手話が出来ず、また共作していることは奥さんにも黙っていたので、打ち合わせの場に奥さんがいて通訳していたということもない。
佐村河内守はその問いについて、「新垣隆はほとんど喋らない人だった」「時計を見ながら早く帰りたいといつも言っていた」「かなり以前は、筆談もしてくれた」「新垣隆は、この通りやればいいんでしょ、というスタンスだった(だからコミュニケーションをさほど取る必要がなかった)」というような回答をしている。

もちろん、どちらが正しいかは分からない。しかしこの映画を見ると、新垣隆が明らかに嘘をついているように思えてくる。佐村河内守は、「何故彼がこんな嘘をつくのか、まるで分からない」というようなことを言っている。佐村河内守側からすれば、本当にその通りだろう。

マスメディアは、新垣隆の発言を“真実”として報道した。もちろん、それは分かりやすいストーリーだ。ゴーストを務めていた側が罪の意識から告発し、謝罪した。そんな彼が言っていることなら正しいだろう、嘘はつかないだろう、という見方は、とても分かりやすい。マスメディアも、分かりやすい見方の方が伝わりやすいと判断するし、分かりやすい見方の方が多くの人に受け入れられやすい。

こうして、分かりやすいストーリーが組み立てられていく。

佐村河内夫妻は、「本当に聞こえていないのに、聞こえているのに嘘をついているのかのような扱われ方をしていることが辛い」という発言をしている。記者会見でも、「感音性難聴」に関する資料は配っていたにも関わらず、その部分ではなく、資料の中から、あたかも「佐村河内守の聴力には問題ない」と思えるような部分だけを使って報道をする。そのことに対する憤りがある。

また佐村河内守は、自身に関する報道が多くの聴覚障害を持つ人間を傷つける結果になった、という発言もする。

『一連の報道によって、誰を一番傷つけたかって言うと、それは同じ聴覚の障害を持つ多くの人達です』

これは、自身も聴覚障害者であり、聴覚障害者への様々なトレーニングを行っているという前川修寛とのやり取りの中で出てきた発言だ。前川氏は、佐村河内守の記者会見時の神山典士の対応は聴覚障害者に喧嘩を売っている、と断言し、自身に関する報道で多くの聴覚障害者に迷惑を掛けたという佐村河内守に対して、「あの記者会見で守さんはもう充分詫びています。それ以上の謝罪はいらないと私は思いました」と発言している。

前川氏との話で非常に印象的だったことがある。森達也が前川氏に、こんな問いをするのだ。

『聴覚障害者にとって…、いや前川さんにとってでいいです、前川さんにとって音楽は意味がありますか?』

この問いに対して前川氏は「はい」と答える。そして、補聴器につけることでiPodなどの音楽を聞くことが出来るオプションを見せてくれた。流れてくる音楽のすべては聞き取れない(と思っている)が、しかしそれでも音楽を聞く。それが欠落した音楽であると分かっているけど、聞くのだ、と。音を口に出すことは出来ないけど、メロディは頭の中にあるのだ、という。これは、直接的に何かを証明するようなものではないが、ちょっと思ってもみなかった事実だったので非常に印象的だった。

②の「佐村河内守は本当に“作曲”をしているのか?」に移ろう。

この問いに対して森達也はこの映画の中で、恐らく誰もが予想しえなかっただろう形で解答を与えることになる。しかし、そこには触れないことにしよう。この部分は、この映画の中で一つにクライマックスと言えるので、ここでは書かない。

しかし、もちろん疑おうと思えばいくらでも疑う余地はあるだろうが、しかしあの場面を見れば、佐村河内守は作曲出来るのだ、と誰もが納得できるのではないかと感じる。

佐村河内守と“作曲”については、こんな問題があった。それは、

「佐村河内守がしていることは“作曲”と言えるのか?」

というものだ。

佐村河内守は、「指示書」と呼ばれる、全体のストーリーを文章にしたものや、構成などを図にしたものを新垣隆に渡す、という形で“作曲”をしていた、という主張している。佐村河内守は、「ゴースト問題」という表現を好まない。佐村河内守は、自身も“作曲”に大きく関わっているのであって、「共作を隠していた問題」と捉えている。そして、そのことに対しては罪悪感を抱いている。しかし、決してゴーストではない、新垣隆だけが作曲したのではない、という立場である。

これはなかなか難しい問題だ。特に、音楽の世界にいない素人には。

先にも挙げた海外メディアの記者は、佐村河内守に対してこんな風に詰め寄る。

『新垣隆さんが作曲できる証拠はいくらでもあります。でも、私はまだ佐村河内さんの音源をもらってもいないし、聞いてもいない。指示書や文章は見たけど、僕たちにはこれは読めない。このままだと多くの読者は、佐村河内さんが作曲の半分すら担っていないと思う可能性が高い』

佐村河内守は、この問いに対して、なかなかうまく答えることが出来ない。僕にはそれは、メディアの人たちに分かってもらうことを諦めてしまった佐村河内守の失望の表れのように見えた。

これは、“作曲”というものに対する認識の差だ。

例えば、小説やマンガであれば、共作というのは分かりやすい。小説やマンガの場合、「物語」と「文章」、あるいは「物語」と「絵」という分け方が容易に出来る。だから、「物語」を担当する側、「文章」や「絵」を担当する側という形で共作が成立するのだ、と納得しやすい。すべての小説や絵の共作がそのように行われていないとしても、そういう想像が容易なのだ。

しかし音楽の場合、「物語」と「曲」、「構成」と「テンポ」などの形で、作曲という行為を分けにくい。実際作曲をしている人がどう感じているかはともかく、一般の人から見て作曲という行為をそういう役割ごとに分けるイメージが出来ない。だから、仮に佐村河内守が作曲の重要な部分を担っていたのだとしても、実際に音を作っている新垣隆が“作曲”をしているのだ、という認識に流れてしまいがちだ。

映画の中では、佐村河内守側の弁護士も登場した。彼らは、佐村河内守が”作曲”をしたというエビデンスを持っているという。それは、新垣隆に送った、こんな感じの音でというのを楽器で弾いたり歌ったりしている音源のコピーだという(すべては残っていないそうだが、新垣隆がオリジナルを持っているはずだ、と彼らは言っていた)。

また、僕がうまく弁護士の発言を捉えきれなかった部分はあるのだが、弁護士は、「著作権が佐村河内側にあるということが問題になることはない」という趣旨の発言をしていたように思う。もちろんこれは、「二人の関係において、ゴーストである新垣隆の存在を隠蔽する行為」の証拠であるという風にも受け取れるが、「問題になることがない」という発言からは、「二人の間で、曲の重要な部分を作ったのは佐村河内守であるという認識がなされていた」という証拠として捉える方が自然であるようにも感じられる。

まあもちろん、指示書や文章などを“作曲”と捉えるか否かは、これはもう感じ方の問題でしかないので結論は存在しないと言っていい。マスメディアはそれを「作曲ではない」という印象を与える形で報じた。どう思うかは、それぞれの人の捉え方でしかない。

しかし、先程も触れたが、そんな議論をなぎ倒すようなクライマックスがこの映画では描かれる。この映画を最後まで見れば、佐村河内守という人物に対する印象は大きく変わるのではないか、と思う。


映画は、佐村河内守を撮り、ゴースト問題を捉え直すものだが、同時に、撮る側、撮られる側の三人の関係性をも映し出していく。

佐村河内守は森達也に、「私のことをすべて信じてくれますか?」と聞き、森達也は「信じなきゃ撮れない」と返す。さらに、「(守さんと)心中だからね」という発言をしている。

森達也は、共作であることが世間にバレる恐怖を18年館ずっと感じ続けてきたと語る佐村河内守に対して、「でも、世間より香さんを騙すことの方が辛かったんじゃないですか?」と問う。そして、離婚することになるだろうと覚悟しつつ騒動が大きくなる前に真実を話し、しかし「終わったことは仕方ない」と一緒にいることを選択した奥さんに対して、こんな風に言う。

『私がこの私で、相手が香じゃなかったら、今の私は絶対にない。本当にありがとう』

「いいシーンが撮れました」と、ある場面で森達也は言う。その理由の一つとして森達也は、「ここに奥さんがいたから」と言う。

『僕は二人を撮りたいんだと思う』

対象に入り込み、「撮影者:森達也」自身も画面に登場しながら、三人の関係性の中から“真実”を切り取ろうとする森達也。そんな森達也が描くこの映画は、実に不穏な形で終わる。まさに「Fake」というタイトルに相応しい、観る者を戸惑わせる終わらせ方は、“真実”はそう簡単に掴めるものではないのだということを改めて実感させる。

“真実”とは、絶対的に存在するものではなく、信じるものだ。選びとるものだ。つまりそれは、信じさせられる、選ばされる可能性を孕んでいるということだ。

あなたはこの映画から、どんな“真実”を選びとり、信じるだろうか?

「Fake(監督:森達也)」を観に行ってきました

関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3131-5ba86a5f

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
9位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)