黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

ロボット・イン・ザ・ガーデン(デボラ・インストール)

名前の付く人間関係が、苦手だ。
家族、同僚、先輩後輩、恋人、夫婦…。
こういう形に押し込められると、しんどくなる。

「友達」というのは僕にとって、「他に名前を付けようがないけど一緒にいる人」のことを指すと思っている。そういう意味で僕は、どんな人とも「友達」になることを目指している(その中でも、これは友達と呼べるのか?というような関係性だとさらに楽しい)。

型や外枠から関係性が始まる、あるいは、始まった関係性がそういう型や外枠に落ち着いていくと、僕は、その型に自分を合わせていかなくてはいけないような気持ちにさせられる。それが、とても窮屈だ。
「息子」という型に。
「恋人」という型に。
「後輩」という型に。
僕は自分自身を、そういう型にはめ込まなくてはいけないと思ってしまう。

どうしてそう思うのか。それは僕が、「自分」というものを捨てたからなのだけど、この話は長くなるのでここではしない。簡単に言うと、「自分」というものを捨てて、常に場や状況に合わせ続けるという生き方を選択することで、生きる負担を減らそうとしたのだ。その選択自体、間違ったことだと思ったことはないし、僕の中では良い判断だったと思っているのだけど、しかしその副作用として、名前のある人間関係が窮屈に感じられるようになってしまった。
「場」や「状況」は瞬間的なものだから、一時的にそれらに合わせることはあまり負担にならない。しかし、「関係性」というのは基本的にある一定の長さを持つから、それに合わせ続けると、少しずつしんどさが積み重なっていくのだ。

でも、型や外枠から関係性を始める人たちも、結局僕と同じように、生きる負担を減らそうとしているだけなのではないか、と思っている。

型があるというのは、ある意味で楽だ。みんなが似たような型に自分をはめ込もうとすれば、他人の意見や経験も参考にしやすいし、本やネットの集合知を取り込むことも出来る。「理想の息子」「理想の恋人」「理想の後輩」というような型を一度身につけてしまえば、他者との関係性においては、個別の微調整を加えるだけで対処出来るようになってしまうかもしれない。型があることの楽さは、想像しやすい。

でも、だからこそ僕は、そんな関係の何が面白いんだろう?とも考えてしまう。

「理想の息子」「理想の恋人」「理想の後輩」のような型を自身にも他者にも求める態度というのは、ある意味で、「人間そのもの」を見ていないとも言える。そういう人たちにとっては、型からどれぐらいはみ出していないかが大事なのであって、目の前にいるのがどんな人間なのかを見ていないのだと思う。

型先行の関係性は、やはりここが辛い。名前の付く関係性が決まると、同時に型もいくつかのパターンが提示される。そのどれを選ぶのか、という「個性」は存在しうるけど、それは、人間が本来持っている個性と比べれば些細なものでしかない。

考えすぎだ、と思う人もいるだろう。僕自身も、そう思わないでもない。でも、こうも思わないだろうか。相手に、「なんでこうしてくれないの?」「なんでこうじゃないの?」と思ったり言ったりしてしまうのは、相手そのものを見ているのではなく、相手がはまるべき型を見ているからだ、と。そしてそれは、人間の関係性に名前が付いているからだ、と。

そういう意味で、広義の「友達」という関係性も、ちょっと辛い時がある。「友達なのに、どうしてこうしてくれないんだ?」という言説は、容易に成り立ち得るからだ。やはり僕は、もっと狭い意味、つまり「普通には友達と呼ぶのは不自然だけど、でもそれ以外に呼び方はないから友達と呼んでいる」という関係性が理想だな、と思う。

『僕たち、お互いのことをあまり理解できてなかったよな。僕は君が何を求めているのかを理解せず、君は僕が何もせずにぼんやり過ごしている理由を理解できなかった』

この物語は、ある夫婦がお互いに対して見ていた「型」を捨て去る物語だ(この要約は乱暴だしかなり不正確だが、しかし、そういう風にも読める)。彼らはお互いに、「自分にとっての理想の夫」「自分にとっての理想の妻」という「型」を見ていた。「型」ではない、人間そのものである相手が、何を考え、何を求めているのか、理解しようとしなかった。当然だ。お互いに、相手は、自分が理想だと考える「型」にはまっているのが当然だ、と考えていたのだから。

この物語の変わっている点は、彼らが「型」を捨てるきっかけになったのが「ロボット」、しかも、「アンドロイド」という有能な人工知能が社会の隅々に行き渡っている世界における旧型の「ロボット」である。


イギリス南部の村に住むベン・チェンバーズは、妻・エイミーと二人暮らし。エイミーは有能な法廷弁護士であり、様々な案件を抱えて日々飛び回っている一方で、ベンは亡き両親の遺産を受け継いだために働く必要を感じていない。だから、無職である。基本的にボーッとしていて、家事もさほど手伝わない。フルタイムで働いている妻が、合間合間で家事もこなしている状態だ。
そんなある日、庭先でベンは、変わったものを見つける。
旧式のロボットだ。高さは130センチ弱。幅はその半分ぐらいで、金属製の四角い胴体と頭で構成されていた。学校の工作作品みたいなロボットだった。
なんでこんなものが家の前にいるのか分からない。とりあえず声を掛けてみるが、「名前が“アクリッド・タング”らしいこと」「今を八月だと思っているらしいこと」しか分からない。
タングの登場によって、ベンとエイミーの関係性には決定的な亀裂が生まれてしまう。ベンはタングの登場を面白がり、どうやら壊れているらしいタングを治すためにはるばるカリフォルニアまで行こうと考えている。そんな夫をエイミーは冷ややかな目で見る。いくら働かなくていいからって、そんな子供じみた無駄なことに時間を使ってどうするの、とでも言いたげに。
そしてエイミーはベンの家を出ていってしまう。離婚を突きつけられたベンは、仕方ないかと受け入れる。
そしてタングを治すべく、結果的に地球を半周するほどの長旅を始めることになる…。

この物語は、
「ベンとエイミーの関係が悪化する」
「ベンとタングが旅をする」
「戻ってきたベントエイミーの関係性が変化する」
という形で展開していく。
物語のメインになるのは当然、真ん中の「ベントタングが旅をする」という部分だが、作品全体の核はその前後のベンとエイミーの関係性の方にあるように感じられた。

ベンは、タングとの旅の過程で、様々なきっかけから自身の良くない点を見つめ直すことになる。そしてそれは、ベンとタングの関係性が「名前の付かない関係」だったからこそ起こり得たことなのだと僕は思う。

ベンとタングは、出会った時にはほとんど他人だった。ベンは、タングを治す使命感に燃えてはいたが、しかしそれは、後々振り返ってみれば、タングのためというよりは、自分自身に新たな踏ん切りをつけさせるための行動だった。強いて言えばベンはタングの保護者だった。

しばらくしてベンは、タングに愛着を抱くようになる。しかしタングは、血の繋がった子供でもないし、モノ言わぬペットでもない。意思の疎通はほとんどままならないまま、それでもベンは、タングを守るべき存在だと認識するようになっていく。

やがてベンは、タングから様々なことを教わるようになる。直接タングがベンに何かを教えるわけではないが、タングとの、人間同士では成立し得ないコミュニケーションを数多く経験することで、ベンは自分自身について様々な認識を獲得していくことになる。タングはメンターでも指導者でもないが、しかしベンにそれまでの人生では得られなかった様々な価値観を与える。

最初から最後まで、ベンとタングの関係には名前が付かない。どんな名前で呼んでみても、どうにも重要な何かがすり抜けてしまうように感じられる。
そして名前が付かない関係性だからこそ、特にベンの方は、タングに対してどうすればいいのか、常に考えさせられることになる。そこには、手本となるような「型」は存在しない。世にアンドロイドは溢れているが、ロボットはほとんどない。ホテルや飛行機でも、「アンドロイド専用」「ロボットお断り」「ロボット専用料金はありません」などと表記される。人間とロボットがどういう風に関係性を築いていけばいいのかというロールモデルが、既に失われてしまっているのだ。タングとどう接すればいいのかと考えるベンの姿勢、努力が、二人の関係性を、そしてベン自身を大きく変化させていくことになる。

さらに彼らの関係性に大きな影響を与えるのが、タングのその特殊な特性だ。詳しくは書かないが、タングは、普通のロボットではない。その普通ではない点を少し理解してもらうために、アンドロイドの話を書く。

アンドロイドは、ある限定的な機能に特化した任務をこなすようにプログラムされている。車の運転用なら運転専門、というわけだ。そうやって、様々な作業や仕事をアンドロイドに肩代わりしてもらうことで社会を回している社会だ。

これらのアンドロイドは、特化された機能については驚くほど正確で高いパフォーマンスを提供するが、しかしそれ以上成長することはない。安定的に、決められた任務をこなすだけだ。
しかしタングは、成長するようにプログラムされている。その背景には様々なものがあり、タングの出生や登場の秘密でもある。ベンとのやり取りによってタングが成長し、成長したタングとのやり取りでベンが成長する。タングが一定の場所に留まるのではなく、常に成長し続けているのだ、という事実が、彼らの関係性をより特殊なものにしているのは間違いない。

そしてベンは、タングとの「名前の付かない関係性」にとことん付き合い続けることで、大きく変化を遂げる。

『旅をしながら、君のことをたくさん考えてた。離婚に至った責任は僕にもあった。それを謝りたくて。当時は何がいけなかったのか理解できなかったけど、今ならわかる。少しは君の立場から僕自身を振り返れるようになってきた。僕との生活が君にとってどれほどのストレスだったか、今なら理解できる。』

ベンは(そしてエイミーも)、自分が相手の「型」を見ているのだということにもはや気づいていなかった。しかし、タングという「型」が通用しない相手との長旅によって、今まで見えなかった「型」が見えるようになった。そして、「型」なしでやり取りを続けたタングとの経験から、「型」を取り去ってエイミーと関わる未来のことを考える。

『君はまだ、自分が望んでいる男が本当に僕なのか、わからないでいる。僕自身がいまだに僕という男をわからずにいるのに、二度目はうまくいくなんて言い切れるはずがない』

これは、後ろ向きな発言ではない。結婚という「型」にこだわらない、という宣言だ。結婚という「型」にはまれなかったとしても一緒にいよう、という決意だ。とても前向きで、力強い意志なのだ。

ベンとタングの長旅の部分については、「タングが可愛い」という感想に尽きる。僕自身は、そのタングの可愛さにそこまで強く惹かれはしないのだけど、こういう部分にキュンとなる人は多いのではないか。正直、タングの行動や物事の判断の仕方が面白い、という以外は、ベンとタングの長旅の部分はそこまで読ませる部分はなかったかな、という気はする。決してつまらないわけではないけど、ストーリー展開自体に強い魅力があるようには思えない、という意味だ。地球を動き続けて壮大な人探しをしているだけなので、もう少し何か展開を用意するか、あるいはもう少し分量を圧縮するかした方がいいんじゃないかな、という印象も受けた。

この長旅の部分は、確かに、映像で見てみたい気はする(2016年のベルリン国際映画祭で、「映画化したい一冊」に選ばれたそうだ)。

デボラ・インストール「ロボット・イン・ザ・ガーデン」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3098-51789eb4

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
12位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)