黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

「ヤクザと憲法」を観に行ってきました

もの凄く面白い映画だった。凄かった。僕は見たことないのだけど、森達也の「A」に近いタイプのドキュメンタリーではないかと思った。外からは窺い知れない世界に飛び込んでいって、その日常を切り取る。外からのイメージを覆す姿を映し出し、世に問う。実に考えさせられる映画だった。



僕が抱いている大前提が一つある。
それは、「“悪”はなくすことが出来ない」ということだ。
この“悪”というのは別に、ヤクザとか暴力団とかそういう狭い範囲のものを指しているわけではない。もっと概念的な話で、人間という種が存在する限り(人間以外の種に“悪”という概念があるのかはなんとも言えないが)、人間の社会から“悪”という概念がなくなることはないと思っている。
この点に異論がある人もいるだろう。しかし僕は、この前提の元で自分の意見を書く。

例えば、窃盗や殺人などが起こると、基本的にはその行為者が罪に問われ、罰を受ける。この仕組みは、仕方ない。人間という社会をうまく機能させる上で、行為者を罰することなしに実現させることは困難だろう。
しかし、行為者にも、その行為に至った理由がある。それは裁判などで、情状酌量などと言った形で考慮されはするが、しかし基本的には法律も社会もすべて、行為者という個人に責任を負わせる形で納得させようとしている。

でも僕は、世の中に存在する“悪”の多くは、社会そのものが生んでいるのだと考えている。確かに、最終的にその行為に及んだ人物は悪い。しかし、人間が生きていく限り“悪”は存在し続ける。その“悪”は、基本的に低いところに留まっている。そして、何らかの理由でその低い場所に落ちてしまった人間がその“悪”に感染し、行為者として犯罪を犯す。僕はこんなイメージを持っている。

だから僕は常に、犯罪報道などで、犯罪の責任を行為者やその家族に押し付けるばかりのものは、あまり好きになれない。僕は、どんな人でも“悪”に感染する可能性があると思ってるし、“悪”に感染して自力で逃れることが出来る人はほとんどいないだろうと思っている。

僕自身も、基本的には善良な人間だと思っている。でも、人生の様々な場面で“悪”に感染する可能性はあったし、自分が自覚している以上にあったはずだし、実際に程度の差こそあれ悪事を働いたことだってある。

だからこそ僕は、その“悪”を引き受ける機能がどんな時代にも存在したはずだと思っている。
自発的に“悪”を引き受けているわけではない例はすぐに思いつく。黒人を奴隷に使ったり、部落差別が存在したりというのは、そういう“悪”を無理やり押し付けて機能させようとした結果だろうと思う。その時々の権力者は、“悪”の引受先がなければ社会がうまく機能しない、と考えていたのだろう(一応書いておくが、ここでの僕の文章は、奴隷制度や部落差別を容認するものではない。ただ、そういう時代が存在し、それらが“悪”の引き受けてとして機能していたはずだ、という考えを述べているだけだ)。

さて、これをヤクザや暴力団と呼ばれる人たちに当てはめてみる。僕の認識では彼らは、自発的に“悪”を引き受けようとしている集団である。

社会は成熟し、人々は豊かになった。だから社会に存在する“悪”に目を向ける余裕が出てきた。人々は、自分たちがより成熟し、豊かになるために、“悪”を根絶すべきだと考える。そして、暴力団を排除しようとする。

しかし、僕の大前提である「“悪”はなくすことが出来ない」が正しいとすれば、“悪”の引き受け手である暴力団を排除したところで、社会から“悪”そのものが消えるわけではない。“悪”そのものは消えないのだから、結局別の何かがそれを引き受けることになる。

じゃあ、何がそれを引き受けるのか?

特定の集団がそれを引き受けないのだとすれば、“悪”は薄く広く社会に蔓延るようになるかもしれない。あるいは、暴力団とはまた違う引き受け手が現れるかもしれない。あるいは、生活保護者や障害者のような社会的弱者が結果的に“悪”を引き受けさせられる世の中になるのかもしれない。

ここで一旦まとめよう。僕は、人間の社会から“悪”がなくなることはないと考え、暴力団はその“悪”の引き受け手であると考えている。しかも、自ら手を挙げて“悪”を引き受けようとしている集団である、と思っている。

『お互いに気に入らない相手でも、お互いの存在を認めて社会に存在する。それが良い社会だと思う。学校のクラスでも、ちょっと外れた人間はすぐにいじめられて排除される。でも、異質なものの存在を認め合うことが、良い社会なのではないか』

映画の中での発言はあまりにも的を射なかったので僕なりに解釈した文章を書いたが、21歳の暴力団部屋住みの青年がそんな風に語る場面がある。異質だから、というだけの理由で価値観の合わない存在を排除していたら社会は成熟しない。僕はそれは正しい考え方だと思う。暴力団は、確かに僕らの普通の世界の価値観からすれば異質な世界だ。でも、異質だというだけの理由で排除してしまうのは、どうなのだろうか?

もちろん、こういう意見が出てくるだろうと思う。暴力団の抗争や覚醒剤の密売などで実害を被っている人間がいる。そんな危険な存在なのだから排除して然るべきではないのか、と。

細かく議論していきたい。

まず覚醒剤の密売などについて。密売をシノギとして扱っている暴力団もあるだろう。そして、覚醒剤が社会に蔓延することで社会が悪くなっていくというのもその通りだと思う。
しかしそれは、暴力団だから悪いわけではない。覚醒剤を密売しているから悪いのだ。

暴力団だけが専売的に覚醒剤を扱っている、というなら話は別だ。しかし、かつてはどうだったか知らないけど、今はそういう世の中ではないはずだ。いわゆる反社会的勢力ではないごく一般の人間でも、覚醒剤を売る側に回ってしまう世の中になっている。暴力団とは無関係の外国人たちも多く関わっているだろう。
覚醒剤を密売することは悪い。しかし、覚醒剤を密売するのが暴力団だけではない以上、覚醒剤を密売しているから暴力団は悪い、という意見は乱暴に過ぎる。どんな存在であっても覚醒剤を密売するのは悪いことであり、それは暴力団であるかどうかには関係がない。

暴力団同士の抗争のように、暴力団がなければ存在し得ない問題もある。まさに今、山口組と神戸山口組の抗争により、一般市民が巻き添えを食らう事態に発展している。
しかしこれも、暴力団だから、と言いきっていいのだろうか?
例えば、A会社がシェアを伸ばしたために、同業であるB会社が倒産したとする。解雇された従業員が自殺し、その家族が路頭に迷った場合、A会社やB会社の責任を問う声はどれほど上がるだろうか?あまりに飛躍しすぎていると感じるかもしれないけど、「二つの組織の争いにより死者が出る」という状況は、決して暴力団同士の抗争だけで発生するわけではない。僕らが生きている社会でも起こりうることだ。それなのに暴力団同士の抗争だけを非難したい気持ちになるのは、暴力団は悪い、不要な存在だという前提を皆が持っているからだろう。

『何で怖いの?あんたおもろいこと言うなぁ。そんなん怖がってたら生きてられへんで、新世界で。
元気にしてるかぁって声掛けてくれるし、守ってくれる。あんた、警察が守ってくれるん?』

大阪市西成区の大衆食堂のおばちゃんが、指定暴力団・二代目清勇会の会長である川口和秀がやってきた際に言った言葉だ。カメラマンから「怖くないんですか?」と問われた時の言葉。暴力団が地域住民とどういう形で共存しているのか、それについては詳しく描かれているわけではない。しかし、暴力団は怖い、という先入観を持たない人たちからすると、暴力団という存在は警察よりも頼りになると思っているのだ。

先ほどから僕は、暴力団の存在を擁護することばかり書いているが、すべての暴力団を擁護しているつもりはない。悪質な暴力団も存在するだろうし、犯罪を犯せば罪に問われて罰せられるべきだ。しかし、「犯罪を犯せば罪に問われて罰せられるべき」というのは、別に暴力団に限らない。人間として生きている以上、当然の話だ。先のおばちゃんのように、暴力団の存在を受け入れ、信頼している人も世の中には存在している。否応なしに存在する“悪”を引き受けて処理してくれる存在というのは、社会にとって重宝するだろう。

すべて真っ白、一切罪を犯したことはない、という人間はそうそう存在しないだろう。それと同じように、まったく罪を犯さない暴力団というのも存在しないだろう。しかしその存在が、罪を犯すことで発生するデメリットを遥かに上回るのであれば、暴力団というのは存在する価値がある。“悪”の引き受け手として。

暴力団対策法や暴力団排除条例など、暴力団を一律で排除するような法律が生み出され、社会の後押しもあって、暴力団というのは相当にやりにくくなっている。この映画でも、川口和秀氏が様々な組員から集めた事例が紹介される。銀行口座を作れない、ローンを組めない、幼稚園を断られた、などなど。心情としては分かる。暴力団“だから”という理由で何もかも排除してしまいたくなる気持ちはわからないでもない。でも、そういう世の中は怖い。

『人間としての基本的な権利を無視するような圧力が存在する世の中は、怖い社会だと思います』

この映画に登場するある弁護士はそう語る。

日本国憲法は、法の下の平等を掲げている。人種や性別や信条などによって差別されてはならない、としている。罪を犯した人間は当然罰せられるべきだ。しかし、罪を犯したわけでもないのに、ただ怖いというだけの理由でその存在を排除しようとする風潮は、僕も怖いと思う。

『ヤクザのこと、認めん言うことやろ。
本当に認めんのやったら、みんななくしたらいい。選挙権もなくしたらいい。』


この映画で描かれるのは、主に三箇所である。

◯ 大阪市堺市 指定暴力団二代目清勇会事務所
◯ 大阪市西成区 指定暴力団二代目東組本家
◯ 大坂市北区 山之内法律事務所

主に映されるのは、清勇会の事務所。東組は清勇会の本家だ。また、山之内法律事務所は、山口組の顧問弁護士を務めている山之内幸夫氏が代表を務めている。

◯ 謝礼金は払わない
◯ 事前にテープのチェックをさせない
◯ モザイクは原則なし

これが、東海テレビが出した条件であり、暴力団側はその条件を飲んでカメラを受け入れた。

もちろん、カメラに写ったらまずい部分ではカメラを切らせる。また、カメラがあることで、普段はしているが自粛していることだって当然あるだろう。だから、完全に暴力団の日常を切り取っているかというと、そんなことはないだろう。何をシノギ(金を集める手段)にしているのかもはっきりとは分からず、何らかの形で犯罪行為に手を染めているのかもしれないけど、さすがにそれはちゃんとは描かれない。毒気が抜かれたものを見せられている可能性は十分にある。

とはいえ、そうだったとしても、こういう形で暴力団の日常を垣間見る機会はない。

中心的に扱われるのは三名。清勇会の会長である川口和秀氏(61)、20歳になってすぐ清勇会に入った部屋住みの松山尚人氏(21)。組員の一人である河野裕之氏(49)。

川口氏は、そこまで登場しないが、存在感がある。とても61歳には思えない若々しい姿だ。驚いたのが、川口氏の後ろについて、カメラが飛田新地に入っていったこと。もちろん、女の子は写されないが、写真や映像の撮影が一切許されない飛田新地で撮影が出来たということは、清勇会あるいは東組のシノギの一つが飛田新地の元締めなのだろう。

殺人を教唆したとして22年刑務所に入っていたことがあるという。川口氏が逮捕されるきっかけとなった、通称キャッツアイ事件は、暴力団対策法制定のきっかけになった事件とも言われているらしい。

部屋住みの松山氏は、とにかく雑用をしている。徹底的に掃除をする理由は、「組事務所は聖域だと思っているから」だ。食事を作ったり、舎弟(会長の弟という意味で、組内における立場はとても高い)にお茶を出したりと、やれることは何でもやる。時にめっぽう怒られるが、舎弟は松山氏に対して「親のような気持ちで接してる」と語る。

松山氏は、宮崎学のファンだそうで、清勇会の事務所に来るにあたって唯一自宅から持ってきたものが、宮崎学著「突破者」という文庫本だけだったという。宮崎学が雑誌で対談していた相手が川口和秀氏であり、それで清勇会の門を叩いたという。

『これぐらいの年の頃は遊びたい盛りだろうに、なんでこんなところにいるんだか。気がしれませんわ』

舎弟はそんな風に言う。

河野氏は、部屋にカメラマンを呼ぶ。結婚していた頃の写真を見せたり、暴力団に入るに至った経緯などを語る。

『(暴力団に入ることに抵抗はなかったですか?という問いに対して)
なかったですね。世の中って、褒めてくれたり助けてくれたりしないでしょ?(世の中が)助けてくれます?』

極貧の子供時代を送り、きちんと働こうとしても取引先が倒産したりなどうまくいかない日々。そんな時、食事や家や風呂の世話をしてくれたのが今の兄貴だったのだと言う。世の中は自分を助けてくれないけど、暴力団は助けてくれた。だから、世の中にどう思われたって構わない。そう語る河野氏を説得する言葉を持つ人間は、いるだろうか?

暴力団側の描写は、日常を切り取ったものの他に、葬儀や警察によるガサ入れもある。特に警察によるガサ入れには考えさせられた。ある人物が詐欺未遂で逮捕されるのだが、逮捕される前にその人物の話を聞く限り、“横暴”という言葉が浮かんでしまう。暴力団排除の流れがあまりにも過剰だということを如実に切り取っていると感じた。

『「だったらヤクザを辞めればいい、って話が絶対に出てくると思うんですが」
「どこで受け入れてくれるん?」』

暴力団は、元々ほとんど存在しなかったはずの“悪”の増幅装置なのか、あるいは、これ以上“悪”を増やさないための抑止力なのか。暴力団というものをどう捉えるかで、考え方は様々に存在するだろう。僕の意見が絶対に正しいとは思わないが、僕はこの映画を見て一層、暴力団というのは抑止力として機能しているのではないか、と感じた。


山之内幸夫氏は、五代目山口組の若頭・宅見勝氏と出会ったことで運命が変わる。宅見氏から、顧問弁護士を引き受けてもらえないかと打診されたのだ。

『一ヶ月ぐらい悩みましたよね。
一番は、人がどう見るか。悪い弁護士だという風に見るんだろうな、と。僕はいいんですけど、家族が、妻と子供が辛い思いをするんじゃないかと。そこが一番悩みました』

それでも、ヤクザの世界への興味に負けたという山之内氏。暴力団の顧問弁護士ならお金いっぱいもらえるんじゃないですか?という問いに、事務所のスタッフは、暴力団は今お金ないからねー、と語る。顧問料は、月10万円だそうだ。一時5人いたスタッフは、給料を払えなくなり、今では1人だ。

『「笑顔で帰ってこれるようにね」
「いやー、無理でしょう」』

この映画の中で山之内氏の人生がどんな決着を迎えるのか、その過程は書かないでおこう。「ヒットマン」という単語を日本に定着させ、「ミナミの帝王」の法律監修をしているという山之内氏は、『社会から消えろと言われてる気がしますね』と笑いながら語っていた。


分かり合えない者同士が、それでも同じ社会の中に存在している。それが良い社会なのではないかと、21歳の松山氏は語っていた。本当にその通りだと思う。“悪”の存在を許容せず、“悪”をひたすら排除しようとする行為は、僕は無意味だと思う。もし暴力団という“悪”を排除することに成功したとしても、その歪は社会全体のどこかに必ず現れる。この映画は、作り手側の具体的なメッセージが色濃いわけではない。基本的には、目の前の事実を淡々と記録している観察者に徹している。もちろん、バイアスもあるし、隠されている部分もあるだろうが、普段知ることのない世界の断片を見て、もう一度、“悪”との関わり方について考えてみるのは大事ではないかと思う

「ヤクザと憲法」を観に行ってきました
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3041-217591f8

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
5位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)