黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

幸せ戦争(青木祐子)

人生は、さっさと諦めた方が幸せだと、僕は本気で思っている。
僕にとって、世間の人が考える“恵まれた生活”は、高層ビルの間に渡されたロープの上を綱渡りしているような感じがしてしまう。みんなが自分のことを見上げてくれて、自分は下にいる人間を見下ろすことが出来る、というのは、まあ場合によっては気持ちいいのかもしれないけど、でもその生活は、「いつか落ちるかも」という恐怖と隣合わせだ。
怖くないのだろうか、といつも思ってしまう。
金持ちになれば、大金を騙し取られたり、無知ゆえにお金を失ったり、お金目当てで集まってくる人間の相手をしなくてはいけなくなるかもしれない。良い会社に入れば、永遠に成果を求められ、一度でも脱落すれば地に落ち、別に嫌いでもない同僚を蹴落としていかなくてはいけなくなるかもしれない。家を買えば、地震や火事などにそれまで以上に怯えなくてはならなくなるし、隣近所との関係に悩むことになるかもしれない。
僕は基本的にマイナス思考の人間なので、必ずこういうことを考えてしまう。それがどれだけ羨ましがられる立場であっても、いや、それが羨ましがられる立場であればあるほど、それを失った時のダメージは大きい。しかも、それが羨ましがられるほど普通には手に入らない幸せであればあるほど、それを狙う者が多く、それゆえに蹴落とされてその幸せを奪われてしまう可能性は高くなるだろう。
僕は割と本気でこんなことを考えている。だから昔から金持ちになりたいと思ったことはないし、会社で出世するような人生は自分には無理だろうなと思っていた。
今でもその考えは変わらない。
僕が何に対して幸せを感じるのか、それはイマイチまだはっきりと捉えきれていないのだけど、少し前に、なるほどと思えるフレーズに出会ったことを思い出す。中島らもの奥さんが書いたエッセイの中に、「中島らもは、頭の中が自由であればあとはなんでも良かったのだと思う」みたいなことが書かれていた。
確かに、「頭の中が自由である」というのは、僕にとっての幸せに近いものがあるように感じられた。
中島らもの奥さんと同じ意味でその言葉を捉えられているのか、それは定かではないけど、僕は、世の中の常識とか価値観とか当たり前みたいなものから切り離されたところで色んな物事を考えられたらいいなと思うし、さらにいえば、それに基づいて行動できるとよりいいなと思う。
地位・お金・モノなんかに本当にあんまり執着がないので、自分でもイマイチ何を幸せだと感じるのかよく分からないけど、「頭の中が自由」というのは確かに一つの理想だなと思う。
僕は、そういう僕で良かったな、と思うのだ。
結婚したいとか、子どもが欲しいとか、家や車が欲しいとか、出世したいとか、有名になりたいとか、そういう気持ちがほとんどない。僕も、まったくないとは言わない。瞬間的に、何かそういうものに対する欲が立ち現れることも、あるとは思う。でもそれは、あまり継続しない。思いついた瞬間から、「いやでも、それ、手に入っちゃったらめんどくせぇ」と思ってしまうのだ。
こういう考え方で生きていると、他人とあまり比べないでいられるので、楽である。僕は、住んでる家とか、給料とか、容姿とか、服とか、そういうもろもろは、基本的に羨ましがられるような感じではない。前に住んでた部屋なんて、「私はここには絶対住めない」と、100人いたら99人はそう言うだろうところだった。それでも僕は全然平気で、劣等感を抱くようなことはほとんどない。
僕が劣等感を抱くのは、頭の良さかな。僕自身も、決して頭は悪くはないんだけど、そこそこ頭が良いせいで、周りにいる“とんでもなく頭の良い人”の頭の良さが分かってしまう。そういう時には、あれぐらい頭良かったらいいなぁ、と感じる。そういう意味では、天才になりたい、という欲はあるな。天才だけは、「天才になったらめんどくさい」と、これまでと同様に感じはするのだけど、それを補ってあまりあるプラスの可能性を感じるのである。
幸せを測る尺度は、自分で作るしかない。他人の尺度で自分の幸せを測っていたら、いつまでたっても幸せになんてなれるはずがない。でも、残念ながら、そのことに気づいていない人が世の中には多くいるように思える。
本書も、そんな「他人の尺度で自分の幸せを測ってしまう人々」の物語である。

連作短編集なのだけど、長編のように内容紹介をする方がやりやすいので、一編一編の短編ごとに内容を紹介するやり方はしない。

ある資産家の娘が、所有していた土地を手放した。地主として自らもそこに住むのだが、土地を四区分して、残り三つを分譲することにした。四軒の建物は、前庭を共有する、ちょっと変わった造りになった。
地主であるのは、覆面作家であると言われている陽平を夫に持つ、資産家の娘である仁木多佳美。そして、陽平の古くからの友人である能生美和も家族で同じ敷地内に住んでいる。高井戸想子はインテリの共働き夫婦。そして、最後に引っ越してきたのが、中古物件を買った氷見朝子の一家である。
氷見家だけ中古物件を買ってやってきたのは、以前に住んでいた堤一家が引っ越したからだった。新築で家を建ててすぐ、まだローンが残っている家を売って堤一家は引っ越して行ったらしい。
昔から夫の“ファン”であり、夫の生活を支えてあげたいと思っている、ちょっと浮世離れした多佳美。親の保険金のお陰で家を買うことが出来た、生活は基本的に庶民的な美和。近所付き合いは最低限にして、美味しい料理を作り、それを美味しいと言って食べてくれる家族という平凡な幸せに満足している想子。そして、自分を可哀想だと思うことが得意で、近所付き合いをうまくやって仲良くなりたいと思っている朝子。同じ敷地内に住み始めたことで起こる日常の様々な出来事。誰もが、「幸せになろう」と思って家を買いながら、彼女たちの理想は、何故かどんどん遠ざかっていってしまう…
というような話です。

なかなか面白い作品でした。基本的にライトノベルを書いている作家だという印象で、今まで読んだことのない作家でしたけど、現代の日常を舞台にした作品を非常によく描き出していると思います。

物語の中では、ほとんど大したことは起こりません。バーベキューをしたり、クリスマスの飾り付けをしたり、お隣さんと会話をしたり。基本的には、そういうなんていうことのないことが描かれていきます。

でも、登場人物が、ちょっとずつみんな個性的で、“幸せ”というものに対する価値観が様々に違う。ある者にとって“幸せ”というのは、自分より恵まれた人間が近くに存在すると手に入らないものだし、ある者にとっては平凡で当たり障りのない日常の継続であるし、ある者にとっては秩序を乱す者を排除する爽快感であるし、ある者にとっては絶え間のない献身である。
この“幸せ”に対する価値観の相違が、僅かずつこの関係性にヒビを入れ、最後には引き裂いてしまうことになる。本書は、その過程を実に丁寧に描き出していく。

彼女たちはほとんど皆、「家を買えば幸せになれるはず」という思い込みを持っていた。これは彼女たちの共通項だ。それぞれ、ただ無邪気に、「家=幸せ」だと思っていたわけではない。家を持っていなかった時に存在していたある問題が、家を買うことで解決されるはずだと、具体的に考えていたのである。そういう意味では彼女たちは、他人の尺度で幸せを捉えていたわけではないと言える。全員ではないが、家を買う前は、自分の尺度で幸せを捉えることが出来ていた者もいた。

しかし、引っ越して近しい距離の中で過ごすことで、徐々に変化が訪れる。他人の存在を、自分の幸せの尺度に組み込むようになっていくのだ。元々そういう性格だった者もいるし、そう変わってしまった者もいる。
その変化を引き起こすものは、大したものではない。それこそ、バーベキューやクリスマスのライトアップなどだ。そういう日常の小さなことの積み重ねの中で、人々が変化していく。

ただ見栄を張って自滅していく、というだけなら、ざまぁみろ、というぐらいの感情しか抱かないかもしれない。しかしこの四人は、そういうわけでもない。特にそれを感じるのは、インテリ夫婦である高井戸想子である。想子は、『家事や育児を率先して手伝うことはないかわり、想子の方針に文句は言わない。体が丈夫でよく働き、なんでもおいしそうに食べる。夫という生き物に、これ以上求めるものがあるだろうか』というような形で夫のことを評価している。想子は料理が得意であり、周囲にも手料理を振る舞うことがある。そんな料理を美味しそうに食べてくれる夫がいる、という事実で幸せを感じられるのである。他人からどう思われていようが気にならず、ただ、きちんとした家と、まっとうな家族がいて、平凡だけど穏やかな生活を送ることが出来るというのが幸せという人間だ。
しかし想子は、バーベキューなどで他の家族と関わることで、夫が実は味音痴で、何を食べても美味しいと感じる人間なのではないか、ということに気付かされることになるのだ。これは、“幸せ”というものに多くを求めない想子にとっては、なかなか大きな問題だ。これは、ご近所付き合いをきちんと避けることが出来ていれば、気付かずに済んだことである。想子は、忌み嫌っていたご近所付き合いのせいで、幸せにヒビが入ってしまう。

仁木多佳美は、見栄を張って自滅する、という形に一番近いかもしれないのだけど、仁木家の場合は、夫の陽平の存在がなかなかに複雑なのである。陽平と多佳美は、お互いの都合のために相手の存在を必要としている。多佳美にとって整って若く見える陽平は、「幸せな結婚生活であることを示すアイコン」であり、陽平にとって資産家の娘である多佳美は、「自身の生活を保証してくれる存在」である。この二人の関係性と、二人が持つ秘密は、この四家族になかなか大きな影響を与える、混沌の原因の一つなのである。
陽平にしても多佳美にしても、ちょっとした嘘で目先の幸せを手に入れようとしてしまったがために、本当の幸せを取りこぼす羽目になっている。

能生美和は、他人の言動に敏感で、裏の意図や相手の目的なんかをすぐに見破ってしまう。だから、先回りしてあれこれ仕掛けたり妨害したりすることで、ご近所付き合いの関係性を自在に操っている。それ自体歪んだ考え方でなかなか不愉快な存在だなと思うのだけど、途中で美和が思う、『もしかしたら、何も見えないほうが幸せではないのかと』という考え方には、ちょっと共感してしまう。
もっと鈍感だったら、もっと察する能力が低ければ、こんなに悩んだりウダウダしたりすることもないのではないか。そう思ったことは何度もある。美和のやり方には賛同は出来ないのだけど、僕と同じく空虚で空っぽな人間であるが故の行動なのであれば、少し同情してしまう部分もある。

しかし何よりも、本書の中で僕に最も強いインパクトを残したのは、氷見朝子である。
朝子は、超ウザイ。もし自分の親が朝子みたいだったら、きっと僕は発狂するだろう。
自分は可愛がられるのが当然で、何か大変なことが起きたら大丈夫でも大変だと言う。仲間はずれや抜け駆けが怖くて人の輪からこぼれ落ちないように必死になってる姿が丸見えで、自分の考え方や価値観がズレているなどとは夢にも思わない。朝子の鬱陶しさを短く描写するのはなかなか難しいのだけど、とにかく僕は朝子のような人間とは出来るだけ関わりたくないと思ってしまう。

彼女たちはみな、自分なりの価値観に沿って、幸せになろうと努力している。しかし、何を幸せだと感じるかという考え方がまるで違う四人が集まってしまったがために、些細なことですれ違い、それぞれの思惑に反して物事がうまく進んでいかない。そして何よりも窮屈なことは、「自分の理想が叶えられなければ不幸だ」と短絡的に考えてしまう、その思考の狭さだ。理想に届かなければ不幸、という考え方は、幸せのハードルを相当上げることだろう。

幸せを他人の基準で測っていると、永遠に幸せは手に入らない。何故なら、いつどこにだって、自分より良い生活をしている人は存在するからだ。世の中のほとんどの人は誰かに負けているのだし、僕らから見て「勝っている人」だってきっと、誰かに負けていると感じているものだろう。
だから、幸せは自分で決める。自分の尺度で掴む。そうしなければこうなってしまうぞ、という警告を与えてくれる作品だと思います。

青木祐子「幸せ戦争」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3005-0b46cff4

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
11位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)