黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

窮鼠はチーズの夢を見る/俎上の鯉は二度跳ねる(水城せとな)



僕はこの物語が怖い。それは、“恭一”が、僕の中にもいるかもしれない、と思うからだ。

『貴方は自分から人を想ったりしない。そのくせ誰からも愛されたがって言いなりになったフリをするんだ。被害者ヅラして、「もっと自分を愛してくれる相手がいるはずだ」ってキリなく期待して』

『あんたって相手から好意を示されると絶対拒めないんだもん。そういう主体性のない付き合いって、自分も相手も不幸にするよ。わかってる?』

恭一自身も、こんな風に考える。

『人生で一番大切なことはなんだろう。
人によって様々だろうけど、俺にとっては、「自分が確実に受け入れられている」という保証のもとに生きられることが、一番重要なことらしいと悟りつつある。』

そんな恭一は今、「ゲイの後輩・今ヶ瀬に押しかけられている状態」だ。

『あれが女なら、俺って結構幸せな立場じゃないかとも思う』

『やばい…。楽だ。押し掛けゲイに居座られて世話を焼かれる生活は存外に楽だ』

恭一自身は同性愛者ではない。これまでずっと女性とばかり付き合ってきたし、今ヶ瀬に押し掛けられた今でも、男が好きになったわけではない。ただ、恭一の弱みを握る、という形で始まった関係を、今ヶ瀬が絶妙にコントロールする。大学時代、恭一のことばかり見続け、恭一の恋愛観を知り尽くした今ヶ瀬が、全精力を傾けて、「恭一にとって不快ではない環境」を作り上げる。
そんな“日常”が、恭一を力強く押し流していく。

僕はこれまで、恋愛関係に至る前に、「相手から好意を示される」ことも、「自分が確実に受け入れられている」と感じることもなかった。だから、恭一のように力強い流れに流されたり、あちこちにフラフラするような経験をすることはなかった。でももし僕が恭一のように、恋愛関係に至る前に女性を惹きつけてしまうような容姿や振る舞いを持っている人間だったとしたら、

僕はまさに恭一のようになっていたかもしれない、と感じるのだ。
だからこそこの物語は、僕をその内側に引きずり込んでいく。
「今ヶ瀬のような奴がもし現れたら、お前はどうするんだ?」と。

『貴方は愛されることを何よりも望む人だけど、その実、他人の愛情を全く信用していない。だからフラフラ彷徨って、自分に近付く相手の気持ちを次々に嗅ぎまわる。何故だか俺には分かります。貴方が自分のことをつまらない男だと思っているからだ』

ああ、僕もそうだ、と思った。僕も「他人の愛情を全く信用していない」し、「自分のことをつまらない男だと思っている」。恭一は僕自身かもしれないという気持ちが、さらに補強されてしまう。


『正直、俺には都合が良すぎて心地良すぎて、これが愛なのかどうか判別がつかないんだ』

この物語で重要な点は、恭一は最後の最後まで、同性愛に目覚めることはない、ということだ。BLの世界で、同性愛者ではないことを「ノンケ」と呼ぶが、恭一は最後の最後までノンケであり続ける。そのことも、余計に物語をリアルに感じさせる。知らなかった世界に触れて、自分の中の新しいスイッチが入る可能性ももちろんあるかもしれないが、少なくともそうなってはいない今、どんな経験をしようが、自分が「同性愛」という方向に目覚めるイメージは出来ない。もし恭一が「同性愛」に目覚めたのだとすれば、僕はここまで恭一に引きずり込まれることはなかっただろう。しかし、恭一にとっての問いは最後まで、「恋人にも妻にもなるわけではない、男であるコイツと一緒にいられるか?」というものだった。僕には、その問いはリアルに感じられるのだ。

『こんな関係、俺が「欲しい」と言うのをやめたら、今すぐ終わってしまうのに…』

今ヶ瀬は、恭一自身が「恋人にも妻にもなるわけではない、男であるコイツと一緒にいられるか?」という問いにたどり着くはるか以前から、恭一にとって自分が「選択肢」に入るはるか以前から、この関係の脆さなんてきちんと分かっていた。

『ヤバイ。期待してしまいそうになる。わきまえろ俺。どんなに優しくしてくれたって、あの人はほんとは月みたいに遠い人なんだ』

今ヶ瀬の、恭一への愛は、本物だ。

『貴方が女からもらったものなんか、本気で欲しかったわけないじゃないですか。あの頃、貴方を好きだなって言えるはずもなかった俺は、ただ…ただそれを口実に、貴方の指に触りたかっただけなんです』

学生時代、同性愛者であることも、恭一が好きであることも言えるはずがなかった今ヶ瀬は、自分の心を傷つけると分かってていても、普通にしてては望めない“接触”を求めた。

僕には想像することしか出来ないが、同性愛者がノンケと恋愛関係になることは相当難しいだろう。僕は、だからこそBLは“強さ”を持つのだと考えている。僕はBLを、「日常の中に深い絶望を持ち込む装置」と捉えている。男同士、しかも一方がノンケであるという状況は、非日常的な一切の設定を排して、その物語に「絶望」を組み込むことが出来る。この物語は、まさにそれを究極的に突き詰めていると僕は感じる。

『俺、これでも結構いっぱいいっぱいなんですよ。キツイ思い何度もして、ノンケのあの人相手にやっとここまで漕ぎつけたんです』

今ヶ瀬は、この恋にゴールがないことをきちんと理解している。そして、恭一がゴールのことなんて考えずにフラフラしてしまう人間であることも理解している。だから、この恋はいつか終わる。そもそも恋ですらないのかもしれないが、少なくとも今ヶ瀬側からは確実に恋だ。今ヶ瀬にとっては人生最大の恋だ。でも、それは、終わることが確定している。
だからこそ、今ヶ瀬は予防線を張る。ブレーキをかけ続ける。

『あんまり難しく考えないでくださいよ。俺は別に貴方にゲイになってもらおうとか、一生付きまとってやろうとか思ってるわけじゃありませんから。貴方はいつか本当の恋をしますよ。他人にじゃなく、自分の内側から溢れてくる感情にどうしようもなく流される思いをする時がくる。そういう「運命の人」が現れたら、俺はスンナリ貴方の前から消えますよ。だからそれまで、俺と遊んでください』

もちろんこれは、半分は策略だ。ノンケである恭一を、同性愛の俎上に載せるのは難しい。出来るだけハードルを低く、低くして、相手に越えてもいいかなと思わせるハードルにする。その目的もある。しかし同時にこれは、今ヶ瀬の本心だ。今ヶ瀬が、自分の心が壊れないように設けたストッパーだ。

『あんなにうちにいついていたのに、その荷物は驚くほどコンパクトで、どんなに一緒にいてもいずれこうなることを考えて根を張らないようにしていたのだと思い知らされた。そういえば今ヶ瀬は、最後まで自分の部屋を引き払わなかった。「家賃が勿体ないよ」と俺が遠回しに同棲を促しても、笑って受け流すいていた今ヶ瀬は、どんな未来を予想していたのか、今はよく分かる』

僕がこの物語の中で、一番好きな台詞がある。

『貴方はいずれは女の人のものになる人だ。だからこそ俺は、貴方の中でたった一人の男になれる。…それだけが俺の心を守る縁なんです。どうぞ貴方は女と幸せになることだけ考えていてください。何ももらえなくたった俺は勝手に貴方に尽くすし、邪魔になればちゃんと空気を読んで消えます。迷惑はかけません』

「だからこそ俺は、貴方の中でたった一人の男になれる。…それだけが俺の心を守る縁なんです。」という台詞には、グッと心を掴まされた。恭一との関係は、今ヶ瀬にとって人生史上最大の恋だ。しかし、恭一という男を知り尽くしているだけに、それなりの関係までには持ち込めても、そこに未来はない。ゴールはない。終わりしかない。「こんな関係、俺が「欲しい」と言うのをやめたら、今すぐ終わってしまうのに」という絶望と不安定さを常に抱えたまま、学生時代には想像さえ出来なかった望外の状況に素直に反応してしまう心と身体を必死でコントロールしながら恭一と関わっていくのだ。

『わかんないかな。潮時だって言ってるんですよ。貴方は本当に俺によくしてくれた。望んだことはすべて叶えてもらいました。もう十分です。来れるところまで来れた。…でも、もうここまでです。これ以上先、貴方と行ける場所なんてどこにもない。行き止まりまで来たんですよ…』

物語の始まりは、恭一と今ヶ瀬の温度差は相当なものがあった。当然だ。恭一はノンケで、今ヶ瀬はゲイだ。今ヶ瀬は、脅迫めいたことで無理やり恭一を支配する。支配しようとする。そうでもしなければ、恭一との間にある高すぎる壁は乗り越えられないのだ。

しかし、様々な経験を経ることで、恭一の中に徐々に変化がやってくる。それは「恋」ではなく「情」だ。今ヶ瀬にも、そんなことは分かっている。しかし少しずつ、恭一が今ヶ瀬の温度に近づいてくる。
いや、恭一はただ、見栄えのいいその場しのぎを繰り返しているだけなのだけど、それが今ヶ瀬を期待させる。

『貴方のせいで俺はほかの全部を失った。いくらでもほかの道があったのに、貴方のせいで!…貴方は、いくらでも貴方を押し流してくれるものがそこらじゅうにあって、でも俺にはほかに何もない!何もなかったんですよ!貴方以外、俺を押し流してくれる人なんて…!』

今ヶ瀬は、本当に本当に、この恋は終わると考えていただろう。しかし、恭一の、恭一らしい優しさが、今ヶ瀬を狂わせる。期待しそうになる。もしかしてと思ってしまう。「俺、これでも結構いっぱいいっぱいなんですよ」と、恭一の元カノに牽制してしまうくらいにしんどい。もしかして、と、そんなバカな、の間を常に行き来する。そんな不安定に耐えられなくなって、自分から嫌われるようなことを言ってしまう。

『…よく…そんなことがいえますね…。美化できるような想い出なんてひとつもくれなかったくせに。貴方がどれだけ俺の気持ちをわかってるっていうんです』

『そんなに簡単にいくと思わないでください。貴方が今いるところから俺がいるところまで来るのはとても大変なことなんですよ…。目を瞑っていれば俺がどこまでも貴方の手を引いてくとでも思ってるんですか?』

僕には、今ヶ瀬の恐怖も理解できる。今ヶ瀬と重ねられる部分もある。
今ヶ瀬は、恭一との恋は終わると思っている。そしていつか自分の周辺から失われてしまうものに傾倒することへの本能的な恐怖を感じている。
僕も同じだ。決して、今ヶ瀬と同じ状況にいるわけではない。ただ僕は、未来に対して極端に期待していないが故に、自分の周囲のものはすべて失われる、消えてしまう、と思ってしまうだけだ。自分の心が弱いことを知っているから、自分と深く繋がった何かが、自分の周囲からなくなってしまうことに耐えられないだろうという予感がある。
だから僕は本能的に、「それがなければ生きていけない」という存在を作らないようにしている。これは人に限らない。モノや概念に対しても、真っ先にそのことが頭に浮かぶ。自分の周りを、「いつ失われても大丈夫なもの」だけで固めておきたいと思ってしまう。

だからこそ僕は、今ヶ瀬の気持ちが理解できてしまうのだろう。僕の中には、“今ヶ瀬”もいる。だからこそ、この物語は僕にとって怖い。

自分の傍からいつか必ず消えてしまうものをどれだけの力で掴めばいいか。その逡巡に囚われ続けた今ヶ瀬。そしてその逡巡は、ある意味では恭一と同じものなのだ。「恋人にも妻にもなるわけではない、男であるコイツと一緒にいられるか?」という問いを考え始めた恭一にとっても今ヶ瀬というのは、自分の傍からいつか必ず消えてしまう存在だ。妻や恋人という重しで捕まえておくことが出来ない。今ヶ瀬にとって恭一は、「去られてしまうかもしれない存在」。今ヶ瀬の思考には、自分が去るという選択肢は恐らくない。しかし、恭一の方は違う。恭一は何度か、今ヶ瀬が去るという経験をした。恭一の家に根を張らないようにしてきたのも知っている。今ヶ瀬が去るのは、ある意味で当然で、ある意味で恭一が悪い。だからその事実に対してどうこうということではないはずだ。それでも、恭一の中には、「今ヶ瀬は自分から去る可能性のある存在だ」という感覚は残る。

さらに恭一は、「自分が今ヶ瀬から去る」という選択肢も考えなければならない。恭一には、今ヶ瀬と違って、女性と生きていく道も当然ある。そちらの方が恭一にとっては自然なのだ。だから、今ヶ瀬と一緒になったところで、自分の気持ちがいつどう変わるか信じ切れない、という気持ちもある。

恭一が「恋人にも妻にもなるわけではない、男であるコイツと一緒にいられるか?」という問いを考え始めるまでは、今ヶ瀬の方が圧倒的に深い悩みの中にいた。しかし、恭一がその問いを真剣に考えるようになってからは、より深く悩んだのは恭一の方だっただろう。

『あいつは十分誓ってくれた。信じるには十分すぎた。俺は、自分の聞きたい言葉をさんざん言わせて、気持ちいいと思いだけさんざん味わって、結局あいつを自分のものにしてあらなかった。だめじゃないって俺が言ってやらなきゃいけないんだって心のどこかでわかっていたのにしなかった。意気地がなかった』

恭一がどんな決断を下すのか。さらにその決断を、どんな過程を経て下すのか。恭一は、それまで通り生きていれば囚われるはずもなかった問いに向き合わざるを得なくなった。それは、BLなんてと思っている人からすれば、非日常にしか思えないかもしれない。しかし僕にはこの物語は、男と男の物語だからこそ問うことが出来る、人間としての根幹を問う物語ではないかと思うのだ。恭一が、今ヶ瀬が、僕自身の内側にいることを感じる。この物語を読むと、僕たちは“たまたま”恭一や今ヶ瀬のようになっていないだけなのだ、と感じる。運良く、恭一や今ヶ瀬を追い詰める「究極の問い」を突きつけられずに済んでいるのだ、と思う。もし同じ状況に陥ったとして、恭一や今ヶ瀬のように振る舞えるだろうか?どんな決断を出すのか、ということではなく、決断に至る過程で、人間として自分自身を見損なわない生き方を選択できるだろうか?そんな風に僕は考えてしまう。

『ああ、遠くに来たな。戻れるところはもう、失ったよ』

僕は、絶対数は少ないが、多少BLを読んでいる。その少ない絶対数をサンプルにして話す話なのだけど、本書には他のBLとは明らかに一線を画す点がある。

それは、「恋愛対象としての女性が作中に登場する」ということだ。

普通BLというのは、男しか出てこない。妹とかショップの店員など、何らかの形で女性が出てくることはあるが、「恋愛対象としての女性」というのは基本的には出てこない。

まあそれはそうだ。全員ではないだろうが、BLを読む女性の心理には、「自分自身を投影せずに、純粋に恋愛物語に没入できること」というのがあると聞いたことがある。男女の恋愛物語の場合、どうしてもヒロインの女性と自分を重ねてしまう。そうなると、ヒロインとの差ばかりが意識されて物語に没入できない人もいるらしい。BLには、「恋愛対象としての女性」は出てこないので、自分と比較することなく安心して読むことが出来る。自分という存在がまるで入り込む余地のない「男同士の恋愛」によって、純粋に恋愛物語を楽しむことが出来る、という側面があるようだ。

しかしこの物語には、「恋愛対象としての女性」が何人も登場する。恭一の浮気相手だったり、元カノだったり、新たに出会った恋人だったりするが、どんな形であれ、「恋愛対象としての女性」が登場するというのがBLとしては異質だ。

それはつまり、今ヶ瀬が「女性」と同等の存在として描かれているということである。

BLには、「攻め・受け」や「タチ・ネコ」など、同性愛上の役割は頻繁に描かれる。ゲイとノンケの物語ではそこまで過剰ではないが、しかしノンケにとってのゲイが、女性と同等レベルの存在として描かれることはほぼないだろうと思う。

それはたぶん理由が二つあって、「純粋にBLを突き詰めたい」というのと、「恋愛対象としての女性が出てきた場合にリアリティを保つことが不可能だから」ということではないかと思う。
世の中のほとんどのBLは前者のタイプだと思っている。難しいことは考えずに、ただ男同士がセックスをしているのをエンターテイメントとして楽しむ、というものだ。まあとりあえずこういう作品のことはおいておこう。
そして、時々、男同士の恋愛をリアルに描き切ろうとするタイプのBLが存在する。僕が読めるのはこういうタイプのBLだ。主に、ノンケとゲイの恋が描かれていると勝手にイメージしている。ただこういうタイプのBLの場合、「恋愛対象としての女性を登場させながら、作品全体のリアリティを担保するのは相当に難しい」だろうと思う。なにせ相手はノンケだ。普通に女性と争って勝たせるのは難しい。だから、後者のようなタイプのBLが、どれだけ日常を舞台にしていても、それは「恋愛対象としての女性」が排除された作られた日常なのだ。

しかしこの物語では、その困難なハードルに果敢にチャレンジしている。「恋愛対象としての女性」を何人も登場させ、そしてその中の一人として今ヶ瀬を描き、恭一に選択させるのだ。だからこそこの物語は、僕には、完全にリアルで起こりうる物語として受け止めることが出来るのだ。この圧倒的なリアリティを担保する、「恋愛対象としての女性」を登場させるという設定を採用し、見事描き切った著者の力量は見事だと思う。

男はもちろん、女性であっても、「BLなんて…」と思う人は多くいるだろう。しかし、そういう人にこそ是非読んでみて欲しい1冊だ。本書のような物語はBL界にはそう多くはないだろうが、確実に存在する。男同士の物語だからこそ描くことが出来る、人間の生き様と根幹の物語を、是非堪能してください。

水城せとな「窮鼠はチーズの夢を見る/俎上の鯉は二度跳ねる」




関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/3003-21543b12

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
14位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)