黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

「残穢―住んではいけない部屋―」を観に行ってきました

小説家である主人公は、最近雑誌で、実録怪談をベースにした短編を発表している。読者からの投稿を元に、小説仕立てに仕上げるのだ。
すべての始まりとなるその手紙が主人公の元に渡ったのは、2012年5月のことだった。
都内の大学で建築デザインを学ぶ久保さん(仮)は、入学から二年間住み続けた学生寮を出て一人暮らしを始めることにした。
その部屋に、何かがいるような気がする、と彼女は語る。
時折隣の部屋から、畳の床を箒で掃くような音がする、と言う。その音は、彼女が隣の部屋に身体を向けていると消えるのだという。
最初は、ただそれだけの投稿だった。しかし続いて、こんな話が届く。怖くなって隣の部屋の引き戸を閉めきっていたが、音が聞こえた後で引き戸を開けてみると、着物の裾のようなものが見えたのだ、と。
箒で掃いているような音は、着物の裾が擦れて立つ音だったのではないか。主人公は久保さんのその見立てから、久保さんが何を想像しているのか理解できた。着物を着て帯を解いた女性が、首吊り自殺をして揺れている姿…。
そこで主人公はふと、あることを思い出す。以前にも、似たような話を読んだことがあったのだ。投稿された封書をひっくり返してみると、見つかった。箒で掃くような音、そして子供が何もない虚空を指して「ブランコ」と呟いたこと。
二つの話は、まったく同じマンションで起こっていた。かつての投稿が405号室、そして久保さんが202号室。
岡谷マンション。
久保さんは不動産会社に、自殺者の有無などを問い合わせる。しかし、過去にそういったことはなかったという。しかし、ひょんなことから久保さんは、かつての202号室の住民の消息を知ることとなる。さらに、お隣に引っ越してきた一家にも、良からぬことが起こっていることが分かってくる。
もしかしたら、岡谷マンション以前に、この場所で何かがあったのではないだろうか…。
というような話です。

全体的には、非常に抑えられた、現実に寄せた作りになっている映画だと思います。徒に観客を驚かすような演出はありません。登場人物たちに起こった様々な現象についてはともかく、彼らが丹念に掘り起こす、土地に根付いた過去の物語の連鎖は、世の中のどんな土地にあってもおかしくないようなものだと感じました。視覚的に恐怖を与える物語ではなく、「土地に根付いたこんな歴史の連鎖が、自分が住んでいるところにも存在するのではないか…」と思わせることで、観客自身の感覚の中から恐怖を沸き立たせようとする、そんな作品だと思いました。

僕の立場を明らかにしておきましょう。
僕は基本的には、幽霊や怪談の類は、信じていません。とはいえそれは、幽霊や怪談の「物語としての役割」まで否定するものではありません。

京極夏彦という、妖怪や怪異がまだ日常の中に存在するとナチュラルに信じられていた時代を描き出すのが巧い作家がいます。その京極夏彦の作品に、「巷説百物語」というシリーズがあります。このシリーズは僕に、妖怪というものの存在価値を改めさせてくれた作品でした。

「巷説百物語」シリーズでは、「問題解決屋」みたいな集団が出てきます。世の中のどこかで起こった、もうにっちもさっちもいかないトラブルを、奇策で解決するという集団です。
その集団が使うのが、妖怪なわけです。

その問題解決屋集団自身は、妖怪の類の存在を信じていません。しかし彼らは、妖怪という存在を巧みに使うことで、トラブルを解決していくのです。

ある問題が起こったとする。それはもう事情が入り組んでいて、交渉や金なんかではもう解決できないだろう、と思われているような案件だ。しかしそこに、「妖怪」を登場させる。その問題を引き起こした原因は、実は妖怪なんだよ。妖怪なんだから仕方ねぇじゃねぇか。まあこんな乱暴な解決策ではありませんが、基本的な発想はそういうことです。原因を解決したり、あるいは納得出来ないことを無理やり受け入れるのではなく、「妖怪の仕業だから仕方ないんだ」という理由を与えることで、八方すべてが丸く収まる。そういう解決の道筋を描いて実行するのが彼らの役割なわけです。

幽霊や怪談というのも元々はそういう機能を持っていたのだろうと思います。
例えば、近くに気の触れてしまった人がいたとする。現代では、それが医学的な問題であると証明できるものもあるでしょう。脳内の問題である、という説明が与えられるわけです。しかし昔はそんな説明は望んでも出てこなかった。原因が分からなかったわけです。であれば、自分にも起こるかもしれない。それは恐い。
だから、何か歴史を紐解いて、あるいは言いがかりをつけて、「気が触れたのは幽霊のせいだ」ということにする。それを周囲で共有する。そうすることで周りの人々は、「幽霊に祟られたのだ。自分は祟られるようなことをしていないのだから、気が触れるようなことにはならない」と安心していることが出来る。

幽霊や怪談というのは、基本的にこういう「納得のための装置」として利用されてきたはずです。そして、そういう怪異の存在を前提とすることで、生きている者に教訓を与え、子供の教育に利用し、コミュニティの団結を図ったのだろうと思います。そのうち、怪談というのが、ただの物語として消費されるようになり、現代では昔ほどそういう役割を維持できているとは思えませんが、僕自身は幽霊や怪談のそういう「納得のための装置」という役割まで否定するつもりはありません。幽霊や怪談には、存在しなければならない理由があり、だからこそ、それが現実のことであるのかを議論することにはさほど意味がない、と僕は考えてしまいます。

しかし、現実のことであるのかどうか、判断しなければならない事柄もあります。それが、怪談話に付き物の「怪奇現象」です。この映画でも、箒で掃くような音や、赤ん坊の鳴き声などが、怪奇現象として登場します。これらは「現象」であるので、きちんと調べることが出来るはずです。

まず、その現象が、自分以外の誰かにも認識出来るのか、という点が重要です。自分にしか認識出来ないのであれば、それは「物理的な現象」と認めることは難しいでしょう。恐らくそれは、脳内で起こっている現象です。幻聴、幻覚、なんでも構いませんが、そういう脳内での何らかの異常が原因でしょう。

自分以外の誰かにも認識出来る場合には、解釈の問題があります。例えば、箒を掃くような音がした場合、実際にどこかで箒を掃いているだけかもしれません。あるいは、壁の奥や天井裏などで何らかの現象が起こっている可能性もあります。以前見たテレビ番組では、ポルターガイスト現象が起こる家で物が動く原因が、地面の下の水道管か何かとの関係が原因だったというようなことをやっていたように記憶しています。自分以外の誰かにも認識出来る場合には、物理的な現象が起こっているはずで、それに幽霊などの説明を当てはめる前に、原因となる可能性をすべてチェックしなくてはならない、と思います。とはいえ、そのチェックをやる労力や時間などをなかなか掛けられないものです。だから人間は、怪奇現象に対して自分が納得しやすい物語を与えて、自分を納得させようとするのです。科学を好む僕としては、自分以外の誰かにも認識できる世の中のほとんどの怪奇現象は、何らかの物理的な原因を解明できるのではないか、と思っています。

しかし、あらゆる可能性を跳ね除ける怪奇現象も存在するかもしれません。

物理の世界で有名な話があります。ある研究者が、何かの研究のために電波マイクの雑音を取り除こうと躍起になっていました。ありとあらゆる原因を追究し、しかしそれでもどうしても取り除けなかった電波がありました。それが実は、宇宙マイクロ波背景放射(3K放射)と呼ばれるものだったのです。これは、天文学者がずっと探し求めていたものでもあり、彼らは偶然それを発見したのです。ビッグバンの名残りとも呼ばれ、彼らはこの発見によりノーベル賞を受賞しました。

だから、あらゆる原因を調べてもなお原因が分からないこともあるでしょう。しかし、それでも、それを幽霊のせいにするのは早計でしょう。さきほどの宇宙マイクロ波背景放射の発見にように、これまで人類が認識できていなかった、新たな現象である。そう考えるのが一番自然です。そこから、科学的な研究がスタートするでしょうし、そうなればいずれ誰かが原理を見つけるでしょう。見つからなくても、研究者にとっての未解明な現象として、科学の未解決リストに残る、というだけの話です。

どこにも、幽霊が入り込む余地はありません。
「納得のための装置」という意味では、幽霊の存在は必要不可欠です。しかしそれは、あくまでも人間にとっての価値しかありません。現象面から怪奇現象を捉えた場合には、そこに幽霊が入り込む余地はない。これが基本的な僕の考え方です。

しかし、そんな僕ですが、幽霊的なものを恐れている部分もあるんだろうな、と感じた経験があります。

かつて、沖縄では有名だというとある廃墟に行ったことがありました。一緒に行った人間が廃墟好きで、僕はそれについていっただけです。潰れたホテルで、何故か城跡の敷地内にあります。ちなみに、その廃墟に近づくのは実際には許可されていないと思うので、真似しないでくださいね。

僕らはその廃墟の入り口まで近づきましたけど、結局中には入れませんでした。入り口からすぐ、下階に降りる螺旋階段があったと記憶していますが、螺旋状であるが故に下階まで見えず、しかも薄暗いため、その螺旋階段が暗黒への入り口みたいに見えたものでした。
現実的には、もしかしたら浮浪者や犯罪者が潜んでいるかもしれないし、そういう危険はあるよな、と考えてはいました。しかし、あの時自分の足を止めたものが、そういう現実的な恐怖だけだったとは、到底思えないのです。意識の上では幽霊を否定していながら、無意識のレベルではどこか畏れを抱いている部分があるのかもしれないと、その時に感じました。

だいぶ脱線しましたが、映画の話に戻りましょう。
物語的には、「説明し過ぎない」というそのバランスが、とても良かったと思います。怪談話というのは、それが実話であると伝えられていればいるほど、細部は曖昧になるはずです。体験した本人が語るのであればともかく、基本的に怪談話は伝聞に次ぐ伝聞でしょうし、その中で派手な部分はより誇張され、どうでもいい部分は削られていくだろうからです。
この映画の中でも、よく分からないものはよく分からないまま放置される。すべての、背景を与え過ぎない。こうかもしれない、という予感は香らせつつ、決定的な説明はしない。それが映画全体に良い雰囲気を与えているし、リアル感も強めているのだと思う。

この映画は、実に細い糸を運良く辿っていく、というような形で話が進んでいく。様々な偶然が、岡谷マンションが建つ土地の過去の来歴を明らかにしていく。普通物語に過剰に偶然が入り込むと興ざめしてしまうものですが、この映画の場合はそうはならない印象を受けました。それは、糸が切れたら結局どこかで止まっていただけだ、という感覚を登場人物も観客も共有しているからではないか、と思いました。主人公にしても久保さんにしても、どうしても真相を暴かなければ気が済まない、という人物としては描かれていない。むしろ彼女たちは、途中からは何かに呼ばれるようにして調査を続けている。だからこそ、彼女たちは自分たちが追っているこの細い糸が途切れたらただそこで調査を止めるだけだよな、という感覚が伝わってくるのだ。だからこそ、過剰な偶然が邪魔にならない。それどころか、確かにこれほどの偶然が連続しなければ、都内のマンションでの出来事と、九州の昔から伝わる怪談が繋がるわけがないよな、とも思えるのです。

その過剰な偶然はまた観客に、調べても無駄だぞ、という感覚を与えもする。登場人物たちは、本当にいつ切れてもおかしくない糸を辿りながら何世代も過去の物語を拾っていく。同じことを自分が住んでいる土地でやろうとした場合、まあこううまくは行かないでしょう。だから、結局のところは分からないのだ、分からないまま僕らは生きていくしかないのだ、そういう気持ちにさせられる。それもまた、不思議な感覚だ。

映画の構成で面白いと感じるのは、岡谷マンションでの怪奇現象も含め、その土地で過去に起こっていた様々な、個別の問題だと思われていた出来事に、一つの一貫した理由を与える物語になっている、ということだろう。僕の感覚で言えば、やはりそれらの出来事は、個別の物語だと思いたい。映画が与えるその理由を受け入れたくないという気持ちがやはりある。それは、科学的ではないからだ。それよりは、いくつかの様々な出来事が、偶然同じ土地で起こった、と考える方がまだ合理的だと考えてしまう。

しかし映画を観ながら同時に、昔読んだある本を思い出した。「前世への冒険」という本だ。主人公がある占い師から、前世はイタリアの画家だった、というようなことを言われる。それでイタリアまで行って調べてみると、確かにその画家は存在し、しかも日本語に翻訳されていない、図書館の奥深くに眠っていた文献に書かれていたことも言い当てていたということが分かるのだ。
僕は前世の存在も信じないのだが、しかしその本は、どことなく信じてしまいそうな気持ちになった。そんなわけがない、と思いつつも、圧倒的な現実感を感じたのだ。この映画は完全にフィクションだと分かっているので、「前世への冒険」を読んだ時とまったく同じ感覚にはならないのだけど、しかしちょっと似たような感覚を覚えたのも事実だ。徹底的にリアリティを発散させる作りだからこそ、そういう印象になったのだろう、という感じがする。

先程も書いたが、リアル寄りにするために、物語の細部にはさほど説明がつかない。だからこそ、物語として閉じる場合穴だらけで、正直観終わった時点での納得感はさほど強くはない。ドキュメンタリーであるならともかく、フィクションである映画でこういう閉じ方をするのは勇気がいるだろう。恐らく、盛り上がりに欠けるつまらない映画だった、という感想になる人もいるだろう。まあそれはある程度仕方ないことかなという感じはする。僕自身も、凄く良かったというつもりはないのだけど、しかし、フィクションという枠内で観客を恐がらせるのではなく、フィクションでありながら観客の日常に侵食し、内側から恐怖を生み出させるようなそんなリアリティを感じる映画だったなと思います。

「残穢―住んではいけない部屋―」を観に行ってきました
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2985-f2664ea0

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
9位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)