黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

スタンフォードの自分を変える教室(ケリー・マクゴニガル)

本書のテーマは、「いかにして意志の力を高めるか」である。怠け癖があったり、止めたいと思っているのに止められないとか、意志の弱さのせいで困難さを感じている人にとって、非常に有益な本である。
しかし、読んでおいてなんだが、僕はかなり意志の力の高い人間で、そういう意味で言うと本書は、僕にはあまり役に立つ本ではない(知的好奇心を満たす、という意味では非常に面白い)。
さて、僕は自分のどんな行動から、自分を意志の力が高いと考えているのか。一例を羅列してみる。

○学生時代、夏休みの宿題は夏休みが始まる前にすべて終わらせていた(その上でさらに、夏休み中勉強していた)
○週6日(1日の拘束時間10時間)で働いていた頃、週に40時間以上(平日は毎日4時間以上、土日で20時間以上)の勉強を一年半続けた
○2003年から、本を読んだ後ブログに感想を書き続けている。年間約250冊程度読み、1冊辺り3000字以上の感想を書くというのを、もう12年以上続けている。
○去年の9月に引っ越したのを期に、ツイッターをすぱっとやめた(フェイスブックは元々やっていない。LINEはごく一部の人間と個人的なやり取りのために使っているのみ)
○雪国に引っ越してきたのだけど、現時点でまだ、一度も暖房を使っていない(一冬暖房なしで生活出来ないかな、というチャレンジ中である)
○一人暮らしを始めて以来、欠かさず家計簿をつけている(食費・雑費・交際費に分けて毎日使った金額をキャンパスノートに記録して、1ヶ月単位で合計しているだけだけど)
○引っ越しする以前は、「米を炊く」「麺を茹でる」「麺を炒める」以外のことはほぼしなかったのだけど、引っ越し後は毎日、何かしら野菜を使った食べ物を作っている
○引っ越し後、毎朝起きてすぐ筋トレをしている(まだ始めたばかりなので、必ず毎日やる必要はないという緩い縛りでやっているので、毎日ではない)
○夜寝る前にラーメンを食べ、さらにチューハイを飲んで寝る、という習慣を10年近く続けていたが、それをある日を境にスパっと止めた。
○引っ越し後、朝起きる時間を3時間早めた
○ほぼ毎日ショートショートを書き続けた年と、毎日短歌を作り続けた年がある

まだあるかもしれないけど、とりあえずこんな感じか。僕は、自分一人でやることに関しては、「続けられない」と思ったり「止められない」と思ったことはほとんどない。どんな無茶苦茶なことも、とりあえずやってみるかと思えば続けられるし、長いこと続けた習慣でも、なんとなく止めるかと思えば止められる。意志の力の弱さで悩んだことはほとんどない。
もちろん、自分一人で出来ないことに関しては、たぶん色々あっただろうと思う。自分の意志では行動をコントロール出来なかったり、止めたいと思っても止められないみたいな状況もあっただろう。しかし、自分一人で出来ることであれば、かなり自分の意志で自分自身をコントロール出来ていると思う。

僕自身、自分のこういう性格を、かなり以前から分析をしていたことがあって、こういう結論に達している。それは、

「自分自身をまったく信じていないから」

である。特に、未来の自分のことはなおのこと信じていない。

僕は、未来の自分は、今の自分よりもろくでなしだろう、と思っている。全体的に僕はマイナス思考の人間なので、そういう発想に自然となる。だから、例えば夏休みの宿題を、未来の自分に託すことは出来ない。未来の自分は絶対に、今の自分よりもろくでなしなのだ。だから、先送りして未来の自分にやらせるよりは、先回りして今の自分がやった方がいい。

何か新しいことを始める時も、未来の自分を信じていない今の自分の危機感が背景にあるのだと思う。このまま何もしなければ、レールに乗って順当に、僕はろくでもない未来の自分のところまでたどり着いてしまうだろう。なんとかそれは阻止したい。別に、凄い人間になりたいわけではないのだけど、せめて今の自分ぐらいのレベルは維持したい。何もしなければ僕は、今の自分が想像する、ろくでもない未来の自分に一直線にたどり着いてしまうだけなので、それになんとか抵抗しようとして、新しいことを始めてみようか、という気になるのだろうと思う。

また、一度始めたことをずっと続けていくのも、同じような理由からだ。ここで、ずっとやり続けてきたことを手放すことは、ろくでもない未来の自分に直結する行為に思えてしまうのだ。僕には常に、始めたことを止めることへの恐怖がある。なんらかの外的な要因によって、長く続けてきたことを止めるという経験はあるのだけど、自分の判断だけで、長く続けてきたことを止めるのは、なかなか難しいと思う。そういう気持ちも、ろくでもない未来の自分を怖れるが故だと思う。

この、「未来の自分を信じていない」という考え方は、僕の中にずっとあったのだけど、本書にも似たような話が出てくる。本書では、「多くの人は、未来の自分を過信している」という話として登場するのだけど。

『未来のあなたはつねに現在のあなたより時間もエネルギーもあって、意志力が強いことになっています。少なくとも、私たちが未来の自分を想像するときはそんな感じです。未来のあなたには不安もなく、現在のあなたより痛みにも耐えることができます。』

割と多くの人は、未来の自分に対してこんな風に考えているようです。なるほど、そんな風に考えてれば、やらなきゃいけないことだって当然先送りするし、誘惑にも当然負けちゃうだろうな、と思います。みんな、大変だなぁ。僕には、そんな優秀な「未来の自分像」は存在しないので安心です。

僕自身は昔から、どうやったら「流されないで生きていく」ことが出来るだろうか、と考えてきたような気がします。周囲の人間や、内なる欲望に、どうやったら負けずにいられるか、ということを考えていました。何故そんなことを考えていたのか。そこには、「依存することの恐怖」があります。

僕は、子どもの頃から今でもずっと、「それがなければ生きていけないというモノ」はもちたくない、と思ってきました。何がきっかけでそういう感覚を抱くようになったのかわかりませんが、僕の根底にはそういう感覚が常にあります。それは、ペットでも、エアコンでも、宗教でもなんでも構いません。とにかく、「それがなければ生きていけないモノ」からはなるべく遠ざかるようにしていました。それに頼れば“今”は便利かもしれないけど、もしそれがなくなった場合、“未来”の自分はダメージを感じるでしょう。僕は、かなり意識的に、“今の便利さ”よりも、“将来のダメージ”を高く評価してきました。

心理学や行動経済学の世界で有名な、こんな実験があります。例えば、今120ドルをもらうのと、一ヶ月後に450ドルをもらうのだったらどっちがいいか、という問いに答えさせるのです。多くの人は、今の120ドルを取るそうです。僕は多分、一ヶ月後の450ドルを取りだろうな、と思ってしまいます。たぶん、世の中の多数派の人とは、物事の捉え方が違うんだろうな、と思います。

そんなわけで、僕自身にはあまり参考にならないわけですが、本書は、世の中の様々な研究結果から、意志力に関して体や脳がどう判断するのかを紹介し、それを実践できるプログラムに落とし込んでいこうという、スタンフォード大学の超人気講座の講師が綴った作品です。著者はまえがきで、こんなことを書いています。

『私は科学者になるための教育を受けましたが、そのなかで最初に学んだことのひとつは、理論がいくら優れていようと事実(データ)に勝るものではないということでした』

『本書を読み進めながらも、私の言葉をうのみにはしないでください。まず、私がポイントを説明し、それに対する根拠を述べますので、みなさんはそれを生活のなかで試してみてください。そのような実験に結果を見ながら、自分にはどの方法が適しており、どれが効果的なのかを発見してください』

『どうか、どの戦略に対しても偏見をもたないようにしてください。たとえ直観的に好きになれないものがあっても(たくさんあるはず)です。どの方法も講座の受講生によってテスト済みであり、すべての戦略が必ずしも全員に効果があったわけではないにしても、多くの受講生が効果が高いと認めた戦略ばかりです』

世の中には、「このやり方をやれば絶対に成功する!」という方法を望んでいたり、そういう究極の方法を提示してくれる人を信頼したくなる人もいるかもしれませんが、僕は本書の著者のような、自分にあったやり方は自分で見つけてください、それを見つける手助けを私はします、というスタンスの方が信頼できます。すべての人間に共通して通用する方法なんて、ほとんどの場合存在しないでしょう。本書は、「やり方」を教えてくれる本ではなく、「自分にあったやり方を発見する方法」を教えてくれる本です。そこを意識して読んで欲しいと思います。

本書には、非常に興味深い話が色々と載っているのですが、一番惹かれたのは、マクドナルドのサラダメニューの話です。

『これはニューヨーク市立大学バルーク校のマーケティング研究者たちが行った数々の研究から得られた結論です。マクドナルドのメニューにヘルシーな品物を加えたとたん、ビッグマックの売上が驚異的に伸びたというレポートに、研究者たちは興味をそそられました』

意味がわかりますか?マクドナルドのメニューに、サラダなどのヘルシーなメニューが載った途端、ビッグマックの売上が急増したというのです。普通は、こんな現象理解できませんよね?しかし、人間の脳内で何が起こっているのかを調べ、研究者たちはこんな結論に達します。

『人は目標にふさわしい行動を取る機会が訪れただけでいい気分になってしまい、実際に目標を達成したような満足感を覚えてしまうのです。そうしてヘルシーなものを選ぶという決心はどこかへ吹き飛び、まだ満たされていない欲求―目先の楽しみ―が最優先になってしまいます』

わかりますか?つまり、ダイエットをしていたり、カロリーを抑えようと思っている人がヘルシーなメニューを見て注文しようかと“思った”だけで、自分が良いことをしたような気になってしまうのです。それで、そのごほうびに、自分を甘やかしてもいいや、という行動に出てしまいます。

こんな例も載っています。

『ある研究では、被験者にふたつのうちどちらのボランティアをやってみたいかをたずねました。ホームレス支援私設で子どもたちに勉強を教えるか、あるいは環境改善活動に参加するかです。
すると、実際に参加申し込みをしたわけでもなく、ただどちらの活動をしようかと考えただけで、被験者はなぜか自分へのごほうびにデザイナージーンズでも買いたい気分になってしまいました』

他にも、エコバッグを持っている人ほど余計なものを買ってしまったり、何らかのペナルティとして罰金を払っている人ほどそのペナルティをさらに繰り返してしまう、という行動を人間は取るようです。良いことをしている(しようと考えただけなのだけど)という気持ちから自分を甘やかしたり、罰金を払っているだけなのに、お金で権利を買ったかのような錯覚に陥ったりしてしまうのです。人間のこういう性質を理解して、理解した上でコントロールする術を身につけておくことは非常に有益でしょう。ダイエットしようと思っているのに、ビッグマックを食べてたら話になりませんからね。

僕はこの話を読んで、自分が東日本大震災の時に寄付をしないという決断をしたことを思い出しました。
東日本大震災の直後、多くの人が寄付をしたことだろうと思います。周りでもそういう話をしている人はいたし、テレビやインターネットでもさかんに寄付についての話が出ていました。僕は、基本的に、寄付をした人は素晴らしいと思うし、その行為を非難するつもりはまったくありません。
しかしそんな中で僕は、寄付はしないという決断をしました。何故か。
それは、ここで寄付をしてしまったら、自分の中で東日本大震災が一区切りついてしまう、と感じたからです。
僕が孫さんのように100億円も寄付出来る立場の人間なら話は別です。けど、当時の僕には、どれだけ出せても5万~10万寄付するのが限界だったでしょう(実際寄付するとしたら、3万円以下だっただろうと思います)。その僅かな金額で、僕は、自分が何を手放すことになるだろうか、と考えてみました。そして、「東日本大震災に対して良いことをした」という気持ちが、東日本大震災に対する後ろめたさみたいなものを消してしまうだろうな、と感じたのです。
もちろん、寄付をした後でも、東日本大震災に対して関心を持ち続けることが出来る人もたくさんいるでしょう。でも、僕は、自分の性格を考えて、きっとそういうタイプの人間ではないだろうな、と思ったのです。だから、ここで後ろめたさみたいなものを手放さずに、罪悪感として残しておく方が、後々それが何かの形になるのではないか、と思ったのでした。
実際、何かの形になっているのかはともかく、未だに「東日本大震災の時に寄付をしなかった」という後ろめたさが自分の中にあるので、自分の目論見は成功したと言えるのではないかと思います。方向性はかなり逆ですけど、僕のこの行動と、マクドナルドでの奇妙な出来事は、根底を共有しているのではないかと思います。

また、有名な「シロクマのことだけは考えないでください」という実験の話も載っています。学生に、「今から5分間、何のことについて考えても構いませんが、シロクマのことだけは絶対に考えないでください」と言うと、学生は皆シロクマのことで頭がいっぱいになってしまう、というものです。これは、やってはいけない、考えてはいけない、という状況であればあるほど、それが自分の思考を絡めとっていくということになるわけです。ダイエットをしようと思っている人が、炭水化物を食べてはいけない、と考えることで、逆に炭水化物のことが頭から離れなくなってしまうのです。

他にも、死のことを考えると誘惑に弱くなる(著者は、悲惨なニュースの後にCMを入れる企業が存在することに疑問を持ったことがあったようですが、それはこういう背景があるからだと後に知ったようです)、肥満や不安は感染する、タバコによる害をパッケージに写真で載せると、そのストレスを解消するためにさらにタバコを吸うようになる、などなど、非常に興味深い話が載っています。僕は行動経済学というのが結構好きで、その方面の本をそれなりに読んだことがあります。行動経済学も、人間が実に不合理な判断で動いていることを明らかにする学問で、本書に載っている話のいくつかは、行動経済学の話として知っていましたけど、確かにそういう人間の行動に関する研究は、意志の力を高めるために使えるのだよな、と本書を読んで改めて感じました。

本書では、あまり具体的な手段というのは登場しないのですが(方向性だけを与えて、後は自分に合ったやり方を見つけて欲しいというスタンスなので)、科学的にお墨付きを与えられた、やる気を出させたり意志の力をコントロールできたりする方法があります。それは、非常に当たり前というか、目新しさがあるわけではないもので、運動・睡眠・呼吸・瞑想などです。特に、瞑想はなかなか良いようです(どう良いのかは本書を読んでください)。瞑想は、前々から日常に組み込みたいと思っていたことなので、どうにか始めてみたいと思っています(でも、本当に時間がないので、もう少し生活を見直さないと時間を作れない)。

新しいことを始めたいと思っているのに続かない人、やらなければいけないことをどうしても先送りしてしまう人、止めたいと思っていることをどうしても止められない人。そういう人は、一度本書を読んでみると良いでしょう。本書には、『ダイエットは体重を落とすよりも「増やす」効果のほうが大きいほどです』なんて恐ろしいことが書いてあったりします。自分が正しいと思い込んでいることが、実は正しくないかもしれません。人間の本能や反射をきちんと理解して、それと対抗出来るように訓練を積めば、誰でも意志の強い人間になれるのではないか。そんな風に思わせてくれる一冊です。

ケリー・マクゴニガル「スタンフォードの自分を変える教室」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2966-6ab3c35c

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
9位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)