黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

負ける技術(カレー沢薫)

『だが、実は私がより重要視している「負ける技術」とは、「俺は負け組です」と表明して他者にナメられるという術ではなく、「俺は負け組なんだ」と自分を納得させる処世術のことである。
100点が99点になる日におびえて暮らすよりは、「俺の人生良くて30点」と割りきってしまったほうが良い。絶望が一転希望に変わることはまれだが、希望が一瞬で絶望に変わることはままある。ならば最初から、「ちょっと絶望」ぐらいの位置にいたほうが気が楽ではないか』

大いに共感である。自分が書いているんじゃないかと錯覚さえ出来るほどの共感ぶりである。
僕も、こんな生き方を実践してきた人間だ。このブログで何度も書いているから、あまり深くは書かないけど、二年終了時まで超優秀な成績のまま過ごしてきた大学を、三年の春から一切行かなくなり、そのまま中退したのも、「ここで脱落しておかないとマズイ」と思ったからだ。
このまま行けば、僕はもっといい点数のところまで行けるかもしれない。行けるか分からないけど、行くことが可能なレールに乗ることは出来る。でも、そうやってどんどん点数が上がって、まかりまちがって100点に近くなってしまうようなことになれば、困るのだ。まさに、「100点が99点になる日におびえて暮らす」ようになってしまうだろう。だから僕は、60点ぐらいの時に脱落して、一気に20点ぐらいの人生を歩むことにしたのだ。

金持ちになりたくない、というのも、同じ理屈だ。金持ちは、確かになんでも欲しいものは手に入り、やりたいことは何でも出来るのかもしれないけど、しかし、きちんと知識を身につけてお金を管理したり、人を掌握したり、世の中の流れを掴んでいないと、悪質な詐欺に騙されたり、思わぬ出費に泣いたりと、何かのきっかけにすぐお金がなくなってしまう危険がある。100億円持っていようが、「あぁ、この100億円を騙し取られたらどうしよう」なんていう不安も一緒についてくるなら、そんな大金はいらないのだ。

このように僕は、なるべく自分の人生の点数が上がり過ぎないように気をつけてきたつもりだ。とはいえ、今はさほどではないとは言え、僕にも「厄介な自意識」というものがやっぱりあって、人にいい風に見られたいと思って行動していた時期もある。こうなると、なかなか面倒である。人生の点数は上げたくないが、点数の高い人生を歩んでいるように見せたい、と思っているのだから。まあ、その欲求はさほど強かったわけではないから、そこまでドツボにはまらずに済んだと思う。人間とは、複雑な生き物である。

そんなわけで、僕はこんな風にネガティブな思考をこねくり回して生きてきたわけだが、僕が関心を抱く対象も、ネガティブな人ばっかりだったりする。しかも以前は、「なんでこんなキレイ・カワイイ人がこんなネガティブなんだ?」というような何人かの人と関わりがあって、非常に楽しかった。僕は最近、乃木坂46が好きなのだけど、彼女たちを好きになった決定的な理由は、彼女たちがとてもネガティブだったからだ。アイドルがこんなこと言ってていいのか?というぐらいネガティブな言動が多くて、惹かれずにはいられないのだ。

ネガティブな人間に何故惹かれてしまうのかを考えてみる。僕は、言葉の豊富さにあるのではないかと思っている。
僕自身もネガティブだからそうなのだけど、ネガティブな人間というのは、あらゆる状況で色んなことを考え過ぎる。人間関係だとか自分の将来とか、はたまた自分とは特に関係のない出来事・状況についてまで、なんだか色々考えてしまう。基本的に思考がマイナスなので、マイナスな思考によって不安などのマイナスな感情が引きずり出され、そのマイナスな感情がさらにマイナスな思考を引き連れてくるという悪循環をもたらすのである。

さて、ここで重要なのが、考えるためには言葉が必要だ、ということだ。世の中には、映像で思考が出来るという人間もいるらしいのだが(僕には何を言っているのかさっぱり理解が出来ない)、大抵は言葉でだろう。ネガティブな人間は、言葉を駆使して、自分の感情や相手の思考、未来の状況などについて延々と考えるのである。

だから、ネガティブな人間の方が圧倒的に言葉が豊富なのだと思う。
僕は、自分の頭で考え、自分の言葉で説明できる人が、男女とも好きなのだ。テレビや雑誌の情報を鵜呑みにし、流行っている言葉を抵抗もなく使い、ほとんど言葉を費やさなくてもコミュニケーションが取れてしまう仲間内の会話ばかりに興じている人間には、さほど興味が持てない。僕は、自分とは価値観がまるで噛み合わなくてもいいから、世間の誰がなんと言おうが自分の意見を曲げず、それがおかしなことだと分かっていても自分の思った通りに行動するような人が好きだ。ネガティブな人というのは、ネガティブであるが故に、人前であまり喋らなかったり、積極的に行動しなかったりするからわかりづらいが、ネガティブな人間にはそういう人が多いと僕は思っている。

本書の著者も、恐ろしくネガティブな人間だ。子供の頃から負け続けているようで、あらゆる発言が自虐的であり、ウソだとはまったく思わせないほどのドロドロしたものを内包しているのだ。

『コラムの連載を始めるにあたり、担当氏となにについて書くか話し合ったのだが、話し合えば合うほど、私には友達もいなければ趣味もなく、テレビや新聞をまったく見ないせいか話題のニュースも知らず、政治に関心がないのはもちろんのこと、抱かれたい芸能人の一人も思い浮かばないという、完全な生きる屍であることが判明するばかりであった』

『そんな私も来世スベスベマンジュウガニに生まれ変わることと引き換えに、漫画家デビューさせてもらえることとなり、表現の場がネットから誌面へと変わった。しかし誰が読んでいるかさっぱり分からないという点だけは今も変わっていない』

『なにせ高校3年間で男子と喋った回数は、私の記憶ではわずか2回である。男女比がほぼ半々の学校にも拘らず下手をすれば厳しめの刑務所にいるよりも異性との接触回数が少ない気がする。しかもうち1回はおぼろげであり、もしかしたら私の妄想かもしれないのだ。はっきりしているあと1回のほうにしても、「窓開けて」と言われただけでよく考えたら会話ですらない』

『しかし、そんな私も完全に一人になったことがある。
18の夏、一人BBQをしたのだ。家の庭などという生半可な場所ではなく、ちゃんとしたBBQ専用広場でだ。』

いかがだろうか。なかなか屈折しているというか、ネガティブに包み込まれているというか、素晴らしい逸材である。僕もどうせならこのぐらいまでネガティブをはっちゃけさせている方が、ちょっとぐらいネタになっただろう。自分の中途半端っぷりを恥じた次第である。

本書は「負ける技術」というタイトルではあるが、タイトルは後付で担当氏がつけたとのことで、内容と合致しているかは微妙だ。著者もそう思ったのだろう。まえがきでこんなことを書いている。

『「負ける技術」という名前から、本書を生きる術を学ぶ指南書だと思って手にとった方もいらっしゃるかもしれない。だが実はタイトル自体が担当編集による後付けなので、役に立つことはいっさい書かれていないのだ。
などと言いきってしまうと大半の人がレジまで持っていかないので、本書は現代社会に反乱している「そんなに頑張らなくていい、肩の力を抜け、ありのままの自分を愛せ、ゆるふわ」といった趣旨の自己啓発本であり、この本と一緒に練炭を買えば必ず人生が楽になると保証する、とでも言っておく』

その直後、著者の人生哲学を見事に要約したような見事な一文が登場する。

『現代社会において「勝利」は「敗北」の始まりだ』

どういうことか。著者は懇切丁寧に説明してくれる。

『日本人というのは、心の底から調子に載ってる奴が嫌いであり、そういう人間gふぁひとつボロを見せたばかりにハンバーグのタネになるまで叩かれる姿はもはやおなじみである。
たとえ買ってもひたすら謙虚、オリンピックで金メダルを獲ったとしても、「すべて支えてくれた家族と応援してくれた皆様のおかげで、自分は屁をこいて寝てただけです!」みたいな態度を貫かなければいけないのである。せっかく血のにじむような努力をして勝利をつかんだのに、全然威張れない。ならば勝利の意味とはいったいなんであろうか。
つまり、成功や勝利など、すくわれる足が増えたに過ぎないのである。そういったう意味ではj気分は完全に空中浮遊状態で、すくわれる余地はない』

もう一丁。

『日本人は異形を成し遂げた者をすごいすごいと持ち上げるのは好きなのだが、「俺はすごい」と当人が言うのは大嫌いだという“真理”がある。それを当人が言ったが最後、今まで褒めていた者が一斉に「あんたなんか全然すごくないんだからね!」と叩く側に周るという1億総逆ツンデレ状態なのだ。そのような事態を避けるために、あえて「負けてみせる技術」は現代日本を生き抜くために必要だと思う』

こういう状況は、ワイドショーを見ていれば次々に登場する。よくもまあ、それだけ叩くものを見つけてくるものだなと感心するほどだ。目立つということはイコール、いつか叩かれる権利を得ることを意味する世の中に、いつの間にかなってしまった。僕も著者と同じく別にすくわれる足もないのだけど、意識して目立たないようにしなければ何が起こるか分からないという怖さは、振り払っても常につきまとっているように思う。

著者は、子供の頃から安定して非リア充であり、安定してネガティブ街道を突き進んできた強者である。希望を持たないようにしてひっそりと生きてきたわけだが、しかし同時に、リア充に対する憎悪はずっと消えないままである。本書でも、制服カップルを見ると爆発しろと思うとか、クリスマスに行われたサイン会の前に美容院に寄ったらリア充どもしかいなかった、みたいな、リア充憎しの文章も多くある。自分の人生を諦観していることと、リア充を憎悪することは、著者の中では両立するのだ。リア充憎しの文章をこれでもかと書くが、それ以上に著者自身がイケてなさすぎるエピソードがてんこ盛りなので、どれだけ著者がリア充を貶そうとも、「うんうん、仕方ないよな」という気持ちになる。これもまた、著者が駆使する「負ける技術」の成果の一つかもしれない。

僕が一番爆笑した話は、パイ投げの話である。著者は、友達がいないというだけあって、様々な一人遊び・一人で過ごす方法に長けているのだけど、このパイ投げは、あまりの斬新さに吹き出してしまった。砂糖と塩を間違えて作ってしまった食べられないケーキを再利用するために一人パイ投げをした、って話なんだけど、ぶっ飛んでいるにもほどがあると思う。

オリンピックの冬季種目のマッドさ加減をアピールしてみたり、ブーツの底が剥がれても気にせず歩き通したり、「桐島、部活辞めるってよ」を読んで学生時代の身分社会を思い返し悶絶したり、「イケメンと付き合えたらすべてが解決する」という長年の自らの妄想を打ち砕く読者からのコメントなど、イケてない著者が全力でそのイケてない感を披瀝する作品である。勝ち組・リア充の人間からすれば、UMAの如く実在を疑いたくなるような性質の人間かもしれないけど、僕のようなネガティブな人間には、著者の思考回路はよく理解できる。著者と比べれば中途半端なネガティブである僕なんかとは比較にならないほどの年季入りようで、師匠と呼んで弟子入りした気持ちにさえなる。

勝ち組・リア充の人間は、恐らく読んでも楽しくないだろう。ネガティブをこじらせているような人間が読めば、実に共感できるだろうし、これほどの人間がどうにか生きているんだから、自分もまだやれるかも、という形で元気ももらえるかもしれない。ネガティブな人間の方が面白い。僕はその信念を、改めて実感することが出来た。

カレー沢薫「負ける技術」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2950-fc479be5

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
9位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)