黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

95(早見和真)

僕は、”今を生きること”から全力で逃げてきたのだと思う。
現実から逃避するために学校の勉強をしたり、いつか役に立つかもしれないと資格を取ったり英語の勉強をしたりしている。いつ、どの時代のどんな瞬間を切り取っても、僕は、いつだって自分がいる”今”からの逃げ道を、まず確保してからでないと、その場所にいられないような人間だった。いつでも逃げられる、という安心感を確保してからでないと、”今”という場所にいられなかった。
”今”からは、ずっとずっと逃げ続けてきた。”未来”が”未来”のままでいてくれればいいのに、時間は無情にも進んでいく。”未来”が、少しずつ”今”に近づいてくると、それだけでもうしんどくなった。”未来”がずっと”未来”のまま変わらなければいいのにと、昔の僕はたぶん思っていたはずだ。まさに目の前にある”今”でさえ抱えきれないのに、その上”未来”までもどんどん”今”に変わっていくんだから、やってられない、と思っていた。
”今”を見たくなかったのは、”今”の自分は何も持っていないということに気づきたくなかったからだと思う。物質的にも、精神的にも、何も。熱中できるものがあるわけでもなく、特技があるわけでもなく、斬新な出生なわけでもなく、名前が特別なわけでもなく、無二の親友がいるわけでもない。僕にとって”今”というのは、「何も持っていない」ということを突きつけられる時間に他ならなかった。
だから、僕は”今”から逃げた。そして、不確定な”未来”に逃げた。”未来”の僕は、まだ確定していないが故に、何でも持っている可能性があった。”今”の自分が持っていない様々なものを、”未来”の僕は、少なくとも可能性の上では持っていてもおかしくはなかった。少なくとも、”今”の自分はまったく何も持っていないのだから、どう転んだって”未来”の僕の方が”今”よりは持っているはずだ。だから、“未来”の僕がもう少し良い物を持てるように、今は“未来”の僕のために頑張ろう。
きちんと言語化していたわけではないけど、たぶん僕はずっとそんな風にして生きてきたんじゃないかな、という気がする。
僕にはずっと、”やりたいこと”がない。
昨日テレビを見ていたら、モノマネ女王の清水ミチコが出ていた。天才ロボット学者と対談をしていたのだけど、その中で清水ミチコは、「誰かの真似をするのは楽なんだけど、自分がやりたいことは特にない」「人真似を見せることは全然平気なんだけど、自分自身を見せるのは恥ずかしくてしょうがない」みたいなことを言っていた。
なんか凄く分かるような気がした。
僕は、”今”から逃げるだけではなく、”自分”からも逃げていた。”自分”がどうしたいか、ということを考えるのが、億劫で仕方なかった。やりたいことも、食べたいものも、やりたくないことも特になかった。別に、何でも良かった。
だから僕は、”誰か”に合わせるのが楽だった。”場”に合わせるのが得意だった。
以前こんなことがあった。大学時代、サークル内であるトラブルが起こった。僕らの学年がその活動のトップだったのだけど、その活動のメインメンバーが、同じ学年の面々に散々非難に合う、という状況に陥ったことがあった。
その時、僕の学年の中心的な人たち(発言力のある人たち)は、ほぼ全員メインメンバーへの反対派に回ってしまった。僕は正直、どっちの立場でもなかった。いつものことだけど、僕には強く主張したいようなことが、その時もやっぱりなかった。
僕はそこで、その場にいる人間を見渡した。その結果、どう考えても、この場で何か発言できる人間がいるとすれば僕しかいない、という結論に達した。僕は、そこまで発言力のある存在ではなかったけど、でもその場には、メインメンバー・反対派に回った中心的な人たち・発言しなそうな人たち・そして僕しかいなかった。どう考えても、僕が発言する以外に、この場はどうにもならない。
だから、僕個人としてはどっちでもいいやと思っていたんだけど、その場をどうにか収めるために、僕は唯一、メインメンバーを擁護する側に回った。その結果、なんとかその場は収まったのだ。
その後僕は、メインメンバーの人たちから、あの時はお前がいなかったらどうにもならなかった、と褒められたのだけど、僕は別に英雄になろうとしてあんな行動をとったわけではない。あの時の僕の行動は、僕らしさのまさに極致という感じで、非常に僕の有り様を象徴するような行動だった。その場や、その場にいる人を観察し、最も足りない役割を補おうとしてしまう。そんな役回りを引き当てて後悔することもあるけど、大抵の場合、足りない役割を補おうと行動する方が、僕にとって楽なのだ。
一人でいる時ならともかく、”誰か”といる時に、”自分”がどうしたいかを考えるのはめんどくさい。それは、僕の役割ではない、と思ってしまう。僕は、”誰か”に合わせる方が楽だ。そんな風にして、”自分”からも逃げているのだ。

『”今”に悔いを残すなよ』

これが、彼らの三つのルールの内の一つだ。悔いを残すな。
もし子供の頃、近くに”渋谷”があったらどうだっただろう、と僕はずっと考えていた。彼らのように、”渋谷”という場所が、まるで庭のように、遊び場のように、日常の地続きにあったとしたら。
”渋谷”という存在に影響されなかったと、自信を持って言えるだろうか?
僕は、静岡県の中途半端な田舎町で育った。ど田舎ではないけど、栄えているわけではないという、中途半端な田舎。もちろん、近くに”渋谷”なんてないし、一番栄えている静岡市にも、電車で一時間ぐらい掛かったような気がする。
そういう環境では、劣等感を刺激されるようなものは視界に入らない。突出してオシャレなやつがいるわけでも、突出して文化的な香りを漂わせるやつがいるわけでもない。それぞれの文化的レベルには、田舎なりの差はあれど、都会に比べたら何ほどのものでもない。
でも、近くに”渋谷”があったら。
文化的レベルの差は、様々な要因で段違いになる。名門校に通っているか、家柄のいい家に生まれたか、金はあるか、ルックスはいいか、面白いか、度胸はあるか…。様々な要因が絡まり合って、人間同士の、特に若者同士の差を歴然としたものに変えていく。
そんな場所で生まれ育ったら、”渋谷”というものを無視して生きていくことは出来るだろうか?そこにのめり込まなかったとしても、逆の方向に触れすぎてしまうとか、そういう形で影響される可能性は十分にあっただろう。
だから僕は、彼らが『”今”に悔いを残すな』と確認しあうことを笑えはしない。
誰しもが、何かに抗おうとしていた。そんな時代だったと、登場人物の一人は語っている。きっとそうなのだろう。ランニングマシンの上では、走り続けなければ振り落とされてしまう。振り落とされて、困るわけではない。でも彼らは、振り落とされないことに決めた。そのランニングマシンが、たとえ誰かの掌の上なのだとしても、彼らはそこで、とにかく全速力を続けることに決めた。悔いを残さないために。それは、若者の社会への違和感さえも貪欲に飲み込み、さらにそれをエネルギーに変えてしまうような魔窟・”渋谷”が夢見る幻想だとしても、彼らは、その幻想を捕まえるために、とりあえず走り続ける。

内容に入ろうと思います。
SNSで高校生の少女から連絡をもらい、広重秋久は、「Q」と呼ばれていた高校時代に入り浸っていた渋谷に、久しぶりに足を運んだ。すっかり様変わりしているが、ところどころ面影がある。当時たまり場にしていたメケメケで彼女と会うことになった。
新村萌香と名乗った少女は、高校の卒業制作のために、星城学園のOBである秋久に、1995年のことについて教えて欲しいのだ、と話した。星城の卒業制作はちょっとした名物だ。
秋久は、1994年のことから話し始めた。そう、地下鉄サリン事件が起こり、秋久が”キレて”しまったあの日のことから。
その日秋久は、地下鉄サリン事件によって人生が一変することになる。直接被害を被ったわけではない。しかし、人生で初めて、人間は死ぬのだと実感したし、そんな日によくわからんオッサンと援助交際が出来る女子高生を目撃して、否応なしに憤ってしまう。いつもと対して変わらない反応をする両親にも、興ざめだった。
その日。クラスメートの丸山(すぐにマルコと呼ぶようになる)から電話があり、理由も分からないまま秋久は5人目のメンバーになった。元総理大臣を祖父に持つ翔を筆頭に、指定広域暴力団の組長の息子であるレオ、在日三世であるドヨンは、その日から仲間になった。秋久は、中学時代にごく少数の人間から呼ばれていた「Q」という名前で呼ばれるようになった。
彼らは、渋谷の街の有名人だった。Qは、どうして自分がこんなメンバーの一員の入れてもらえたのかよく分からなかった。しかも他の四人は、Qが主役だなどという。
なんだか分からなかったけど、とにかく毎日楽しかった。Qも渋谷ですぐに有名になった。出来ることが増えるに従って敵も増えていった。それでも、いつだって五人で笑い転げていた。
あの日が来るまでは。
というような話です。

かなり面白い作品でした。
正直初めの内は、この物語に馴染めるか自信はありませんでした。渋谷を根城にはしゃぎ回るキャラクターに、共感できるような気がしなかったからです。自分とは、住む世界が違う。しかも、住む世界だけじゃなくて、元総理大臣の孫だの暴力団の組長の息子だの、バックグラウンドも尋常ではない。そんな彼らがハチャメチャする話なんて面白いんだろうか、と思っていた。
予想に反して、読み進めるにつれて、どんどん彼らを好きになっていった。それは、次第に彼らが虚飾を脱ぎ捨てていったからだろうと思う。
渋谷という舞台、とんでもない出生。それらはある種、鎧のような存在に過ぎない。外界からの攻撃を防御し、体当たりすればダメージも与えられるような存在。しかしその中身は、似合わない鎧を着て苦しそうにしている少年に過ぎない。
彼らはきっと、”渋谷”が近くになければ、そして特殊な出生でなければ、ごく普通の少年だったはずだ。仲間を大切にして、ダサい大人にならないように誓い、法律は守り、道徳に悖る行為を嫌悪する。彼らの感覚は、比較的真っ当だ。

『こういう悲惨な出来事に直面したら、ちゃんと泣いていられる大人になってようぜ』

『っていうかさ、当たり前にがんばっている人たちが、当たり前に幸せになれないってことに対する気持ち悪さかな。何か価値のありそうなものに対してばかり金が集まって、一部の人間ばかりいい思いしてるわけじゃん。それって歪だと思わない?』

『これからたぶんすさまじく退屈なんだろうな。俺たちの人生。でもさ、Qちゃん。周りに絶対に退屈なところ見せない方がいいからね。高校時代は楽しかったとか、絶対に口にしちゃダメだよ。ウソでもいいから、今が一番幸せだって笑ってられる人間になってようぜ』

”渋谷”という、欲望の増幅装置が近くにあったが故に、彼らは、普通の高校生とはまったく違う日常を歩むことになった、というだけに過ぎない。どこにでもいる、と言うと少し言い過ぎだけど、特別な高校生ではない。
そんな中にあって、Qの変化は異常なほどだ。
ずっと優等生で過ごしていて、突然翔たちと不良をやってるわけだから、それだけでも十分な変化だが、翔たちの仲間になってからの変化も凄い。外見だけでなく、度胸や価値観までもが変わる。初めの内は、慣れない環境の中で右往左往するだけだったQは、やがてメンバー全員が制御出来ないほどの感情の昂ぶりを見せるまでになる。
その過程でQは、様々な感情に翻弄される。

『その僕がなぜか充たされた気持ちにさせられている。自分が欲していたことすら知らなかった何かを、僕は手に入れてしまったのだと思う。あの頃よりも心強い仲間がいる分、僕はたぶん繊細になった。失うもののあることの恐さを知ったのだ。』

『彼らと話していると、いい大学に行って、いい会社に就職してという父に叩き込まれてきたはずの真っ当な道がひとくつまらないものに思えた。
なのに一方では、少しでもいい大学へ進み、いい会社に入って、一日も早く力を持った大人になって奪う方の側に回らなければという焦りも生まれた』

『地下鉄サリン事件のあった日からずっとそうです。あの事件が起きた瞬間から、僕はずっと非日常を生きている気がします。(中略)だって俺、はじめて見ちゃったんですよ。あの地下鉄の事件で、はじめて人間は死ぬんだっていうことを直視させられたんです。自分もあれに乗っていたかもしれなかった、。明日いきなり命が消えてしまうかもしれない現実を突きつけられたし、そんな世界で生きているのなら、今日を保留しちゃいけないんだって思わされた。そうしたら、あいつらが手を差し伸べてくれた。あいつらが生きていることを感じさせてくれたんです』

僕も、何かきっかけさえあれば、Qのように今日を保留してはいけないという気持ちになれたかもしれない。9.11とか東日本大震災がそういうタイミングであってもおかしくなかったと思うけど、結局僕は、未だに、”今”から逃げ続けている有様だ。

物語はもう一人、セイラという少女が中心に存在する。Qの初恋の相手であり、物語全体の骨格に位置する登場人物であり、渋谷で打ち上げ花火をするという計画もセイラの存在あってのものだ。
珍しく、僕はセイラというキャラクターにはそこまで惹かれなかった。僕の好きな感じのタイプのキャラクターなのに。たぶんこれは、セイラに問題があるわけじゃなくて、男五人の関係性がなんだか羨ましく見えていたからだろうと思う。そっちに気を取られて、セイラにあまり目がいかなかったのだろう。それぐらい、Qたち五人の関係性は魅力的だ。自分がその中に入ってうまくやっていける自信はこれっぽっちもないけど、でも、なんかいいなと思うのだ。

ノストラダムスの大予言、地下鉄サリン事件、エヴァンゲリオン。”崩壊”をキーワードにした様々なものが世に溢れていた時代。渋谷も今とは違って、まだ雑然とした退廃を内包するゴミゴミした場所だったという。そんな1995年を、少年たちは駆け抜けていく。無謀さを、意地とプライドだと勘違いして、大人や未来を拒絶しながら、全力で”今”を疾走し続ける。意味なんかなくたっていい。理由なんて知らなくたっていい。仲間がいて、仲間を大切にする気持ちがあって、常に全力でいれば、それでいい。
そういう潔さみたいなものが、僕自身にはまったく欠如しているが故に、なんだか輝いて見えてしまうのでした。まあ、潔さと無謀さを、勘違いしているだけかもしれませんけどね。

仲間がいるということは、逆に言えば一人にはなれないということ。仲間に安堵するということは、一人が怖いということ。若い内は、”仲間”という単語の響きだけで、その事実に目を瞑ることが出来る。弱さを隠すことが出来る。『何かを証明するために』遊び続けるしかない彼らの弱さを、結局大人の掌の上で転がされているんだという彼らの諦念を、僕は愛おしみながらこの本を読んだ。

その輪に入りたいわけではないのに、彼らの関係性を羨ましく感じてしまう、そんな作品でした。大人になっても、そんな風にバカみたいに振る舞えるのって、いいなって思います。羨ましいな。

早見和真「95」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2942-5320c347

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
11位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)