黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

「ハーモニー」を観に行ってきました

アリの法則の話が、僕は好きだ。
アリの集団を用意する。するとその集団は、2:6:2のグループに分かれるのだという。よく働く2割のグループ、ほとんど働かない2割のグループ、そしてそのどちらでもない6割のグループに。
面白いのはここからだ。そのグループから、よく働く2割のグループだけを取り出し、新たな集団を作る。すると、そのアリの集団は、やはり2:6:2に分かれてしまうのだという。分離させる前のグループでは、全員が働き者だったはずの集団を、それだけで集団を構成させてみると、やはり同じような構成比率になってしまうのだという。

善悪も、これと同じであると、僕は考えている。
対象は、なんでも構わない。無作為にある集団を用意した時、その集団には善と悪がある程度の割合で散らばっていることだろう。その集団から、善だけを取り出す。そうすると、たぶん、同じ割合でまた善と悪が生まれる。

『善って何だと思う?それはね、ある何かの価値観を持続させるためのシステムなんだよ』

悪はきっと、余剰でも退廃でもない。恐らくそれは、善の副産物だ。光のあるところに陰が出来るように、善のあるところには悪が生まれる。悪だけを取り除くことは、きっとできない。恐らくそれは、善を取り除くことでしか実現し得ないだろう。しかし、悪を取り除くために善も一緒に取り除くというのは、本末転倒に過ぎる。

『目の前で人が死ぬなんて起こらないと思っていた。嫌なことは一生見ないで生きていけると思い込んでいた』

人類は、科学や技術の名の元に、様々な新しい価値観を生み出し続けてきた。
かつては宗教が、人々の思考を縛り、価値観をコントロールしてきた。神という、存在証明不可能な存在を持ち出し、自然や人間の論理を超越した存在にあらゆることをおっかぶせることによって、人類は自縛し、制御された。

『昔から人は、色んなものに縛られてきた。宗教、家族、社会、お金。お金って昔は、紙で出来てたんだよ。そんなお金のために、人間は殺しあった。
でも、ウォッチミーは、もっと厄介。お金よりもっと深いところで、私達を縛っている。』

人間は、科学という武器で、神の領域に迫っていく。遺伝子や脳という、人間の存在の根幹に関わる部位に科学のメスを差し込むことで、自らを規定するシステムの存在を明らかにしようとしてきた。

『人間の魂をいじる。魅力的な研究だよ』

人類は、遺伝子に人為を加えることによって、人類が脳内で生み出した幻想たる“神”の作業に手を染める。今はまだ、遺伝子の改変が、僕らの生活に巨大な変化をもたらすまでに至ってはいない。しかし、iPS細胞のような、人類の常識を覆す発見と、その発見を技術に転移する工夫が、今後も様々に生み出されていくことだろう。

『元気じゃない人間など、今の時代ほとんどいないだろう』

やがて、「ハーモニー」のような世界を人類が目指すのは、必然であるように思われる。

『世界はどんどんと、健全で健康で平和で幸せな社会になっていく』

しかし、果たしてそれは、人類の勝利と呼べるのだろうか?人為によって悪を駆逐する試みは、人類になにをもたらすのか?それは、悪などないと人々が盲信するだけの、新たな宗教を手にしたということに、過ぎないのではないだろうか?

『私は、永遠だと人々が思い込んでいるものに不意打ちを与えたい』

悪はきっと、消えるわけではない。見えなくなるだけだ。あるいは、人類が見なくなるだけだ。

『痛みでさえ、意志によって選択される。
事故に遭って手首から先がなくなっても、痛みを感じない。そういう話、聞いたことあるでしょう?脳がそのとき別の価値観に囚われていれば、その痛みは選択されない』

脳は、報酬系によって支配されている。
脳内では、会議のように、様々な欲求があちこちから提示されている。そういう、混沌とした状態にある。しかし人間は、その中から何らかの決断をすることが出来る。そこに、報酬系が関わっている。脳にとって、最大の報酬が与えられる欲求に、軍配が上がるのだ。そのシステムのことを、人間は“意志”と呼んでいる。

『「今1万クレジットあげると言われるのと、1年後に2万クレジットあげると言われるのとでは、人はどちらを選ぶと思う?」
「普通、前者でしょうね」
「そう。脳は目の前にあるものを過大に評価する。それは決して人間だけではない。あらゆる生き物に同じ機能が備わっている。将来的な報酬を期待してじっと待っている個体は、生き残れないのよ」』

ならば、その報酬系を制御できれば、人間の意志を制御することが出来るのではないか?当然人類は、そういう発想にたどり着く。

『天国のまがい物のような世界を憎んだ』

人類の歴史は、何に支配されるかを選びとってきた歴史だと言ってもいい。昔から人類は、自らの手の届かない何かの存在に支配され、そう意識することなく支配された状態に安心する歴史をずっと歩んできた。大災害のような自然に、人類が生み出した神という妄想に、安泰と恐怖を与える統治者に、科学という合理性に。
そしてその行き着く先は、科学と人間による支配だ。科学的技術を独占した一部の人間が、他のすべての人間を支配する。科学技術は僕らを、間違いなくそういう世界に連れて行く。

この映画では、その行き着いた世界が、その世界の成熟した姿が描かれていく。

『誰もかれもが、他人と同じであることに安心を求める世の中だ。』
『日本は鏡の国に紛れ込んだみたいに誰もが同じだ』

生まれた時、ウォッチミーと呼ばれるシステムを体内に埋め込まれ、大人になると自動的に作動する。ウォッチミーは、生体情報をすべてモニタリングし、健全で健康であるように人体を制御する。健康を害するような行動や、自らを傷つけるような行動は取れなくなり、誰もが優しさを発動して、思いやりにあふれた世の中になる。

『私ね、今週に3回はボランティアに行ってるんだ。今度一緒にいかない?』

それは、幸せな世の中だろうか?善しかない、善しかないと思い込まされている、天国のまがい物のような世の中は、幸せだろうか?

『今の世の中でも、幸せを感じている人もいるのよ』

支配されることを甘受出来る人間には、幸せな世の中かもしれない。彼らにとって生きることとは、支配に隷属することであり、何に隷属するかは問題ではない。支配に隷属されることで安心を得、自らが支配されているのだということを意識に上らせないまま生きていける人たち。彼らにとっては、紛れもなくユートピアだ。

『こんな世界にいたら、手首を切るか誰かを切るかしてしまう』

しかし、やはり善だけでは世界は成り立たない。成り立たないはずだ。むしろ、善が濃くなればなるほど、同じようにして悪も濃くなっていく。悪を排除しようとすればするほど、悪は凝縮されていく。善の副産物としての悪。その存在を、人類は、科学は、消滅させることは出来ない。成功した社会は、そう見えているだけの社会に過ぎない。

『ウォッチミーを義務付けてから、子供の自殺が増えたってこと、知ってるだろう?みな、逃げたがってるんだ』

大人になることで取り込まれる世界。取り込まれてしまってからはもはや悪の存在が見えなくなってしまう世界。外からそんな社会を眺める子供たちは、その世界への潜在的な恐怖を感じ取る。生理的に、忌避したくなる。

『死っていうのはその権力の限界で、そんな権力から逃れることができる瞬間。死は存在のもっとも秘密な点。もっともプライベートな点』

子供たちは本能的に、死の持つ機能を理解する。健康で健全であることを目指した人類の闘争が、敗北であったことを知り、しかしその敗北をもはや理解できなくなってしまった人々が生み出す権力から逃れる唯一の手段が死であることを、彼らは知る。人類が“社会的な存在”になったことの愚かさを観察し、個を取り戻すために、個を奪われないために、死という自由を選択する。

『自分の体がそのまま自分の体であると感じられる世界』

そんな、僕らが当たり前だと思っていること、僕らが永遠だと感じていることが、もしかしたら奪われてしまう世の中が、僕らを覆う日が来るかもしれない。それは、悪意からではなく、完全に、善意によって進められていく。あるいは、恐怖によって。生存本能という名のシステムによって。だからこそ、人類は、その流れを止めることが出来ない。

『向こうにいたら、銃に殺される。こちらにいたら、優しさに殺される。』

人間とは何か。原作を紡ぐ伊藤計劃は、どの作品においてもそのテーマを根底に置く。人間とは、遺伝子によって構成され、脳によって動かされている存在だ。人間は、そのどちらにも人為を加えようと長い戦いを繰り広げ、現在でさえ様々な領域で小さな勝利を獲得してきている。時間は科学者に、そして間接的に僕ら一般人にも、より多くの技術を与えることだろう。それは、人間を制御する手段を様々に獲得することを意味している。

『私たちは大人にならないって、宣言するの』

人間は、対抗できるだろうか?人間は、人間を制御するシステムを手に入れ、恐らく最終的に、すべての人間がそのシステムに飲み込まれる。それは、使えば人類が滅びてしまう核兵器が地球上に大量に存在する今の世の中を見れば、避けようがないと思える。人間は、自らを滅ぼすとわかっているものでも、一度は、手にしてみなければ気が済まないのだ。

『この戦場が、私が見つけた唯一の逃げ場だった。』

しかし、逃げ場はないことを、彼女は知る。大人になることを受け入れたフリをして、システムを騙して彼女は天国のまがい物がら逃げ出したが、しかしどこまで行ってもシステムの外部に出られないことを、彼女は知ってしまう。

『皆さんはすでに、私達の人質です』

僕らもある日、そんな言葉を突きつけられる日を迎えるのかもしれない。

『「若きウェルテルの悩み」 この本は、何人もの人間を殺した。フィクションには、本には、言葉には、人を殺す力が宿っているのよ』
『文字は残るから。永遠に近いところまで。
人は、永遠に取り憑かれていたのよ。』
『日本は昔、こうやって死体を焼いたんだって。
これは私の火葬。私に力をくれたもの(本)は、私が連れて行く』


ウォッチミーという、生体をモニタリングするシステムを体内に埋め込まれ、あらゆる生体情報が一元的に管理される社会。病気はなくなり、人は死ななくなり、健全で平和に包まれた社会に、人々は暮らしている。善意や優しさで構成された、キレイな世界に。
トゥアンはそんな社会を拒絶した。学生時代、ミァハの思想に染まり、死を以って抵抗しようとしたが、トゥアンは失敗した。それで彼女は、螺旋監察官となり、戦場にやってきた。WHOを直轄とする螺旋監察官は、生命主義の拡大解釈により、遺伝子操作などの違法行為の監視だけではなく、警察機構をとり込んだり、紛争の調停にまで手を伸ばすようになっていたのだ。ウォッチミーとメディケアのシステムを欺いて、トゥアンはそこで、健康や健全とは無縁の生活を続けている。
しかしある日彼女は、謹慎を命じられることになる。あれほど嫌悪し、憎悪した日本に、強制的に帰還させられることになってしまう。
学生時代、共にミァハの思想にどっぷりハマったキアンと久々に再開し、一緒に食事をする。かつて、世界に引っかき傷をつけようと一緒に死のうとした友人は、健全な人生を歩んでいた。
キアンとの食事中、世界を揺るがす大事件が発生する。生命主義を冒涜する、それはテロと呼ぶべき行為だった。
ありえないはずのことが起こった背景を知ろうと、トゥアンは調査を開始する。そこには、かつて自分が崇拝した少女と、かつて自分の前から姿を消した父の痕跡が見え隠れする。

人間とはどんな存在なのか。人類とはどうあるべきなのか。そう力強く問いかけてくる。圧倒的な想像力で、科学の、人間の価値観の、人類の歩みの行き着く先を、饒舌に描き出す。僕らはこの物語を、SFだと捉えることは出来ない。僕らは、歴史を学ぶことで人類の愚かさを知り、現実を目撃することで人類の欲望の底しれなさを知る。人類が積み上げてきたものの軌跡が、僕らに、この物語のリアルさを保証する。人類の愚かさが、底知れない欲望が、僕ら人類をこの世界まで連れて行くことを、僕らは理解する。今は、幸運にもまだ、技術が追いついていないだけだ。技術さえ整えば、人類はいくらでも一線を踏み越える。そうやって、人間の歴史は作られてきたのだから。

この物語は、そんな人類の暴走に対する警告である。“善”というものが持つ機能の成れの果てを知らしめる物語だ。人類はたぶん、この物語の通りの歴史は歩まないだろう。この物語とまったく同じ未来にたどり着くことは、きっとないはずだ。しかし人間は、どこかで、この世界と同じだけの狂気の世界にたどり着く。そのことだけは、僕は確信できる。そう、結局僕らは、がん細胞のように、自らのいる場所を、人間という存在そのものを、破壊するまでその歩みを止めることが出来ないのだ。

人類という種は、恐らく存続するだろう。地球そのものが消滅したり、生命が存在できなくなるほど破壊されない限り、人類という種が消えてなくなってしまうことはないかもしれない。しかし、それがきちんと、僕らが“人間”と呼ぶ存在であるかどうかは、怪しいかもしれない。
だからこそ、“人間とは何か”という問いが、重要になってくるのだ。僕らが“人間らしさ”を失いそうになった時に、“人間”というものの輪郭をきちんと捉えておけるようにすることが大事なのだ。

遺伝子や脳に人為を加えることは、“人間”という存在を解明する鍵をもたらすかもしれないが、それは同時に、“人間性”を奪う技術を生み出しもするだろう。核兵器よりも危険なその技術を、たぶん人間は制御することは出来ない。

人類は、どこかで踏みとどまれるのか。それとも、一線を踏み越えて“人間性”の喪失に突き進んでしまうのか。恐らく、僕が生きている間にその答えを知ることはないだろう。人類が行き着く先をこの目で観察することが出来ない、という意味で、人間に備わった“死”という機能を疎んじたくなる。

2時間とは思えないほど濃密な体験だった。

「ハーモニー」を観に行ってきました
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2936-641eb202

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
8位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)