黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

任侠書房(「とせい」改題)(今野敏)

小学生の頃、図工の時間に、木のパズルを作ったことがある。何を作っても良かったはずだけど、なんとなく思いついたのだろう、木片を組み合わせてぴったり嵌めるようなパズルを電鋸を使って作った。
今から考えると、当時の僕は多少絵が描けたのだろう。そのパズルは、自分で言うのもなんだけど、ちょっと凝っていた。パズルの外枠は、ゾウの形である。そして、そのゾウの内側を色んな木片に切り分けていくわけだけど、それも動物の形にした。シロクマ・コウモリ・イヌと言ったような色んな動物の形を、外枠であるゾウの形の中にどうにか押し込めて、なかなかのものを作った記憶がある。
ただ、内側を切り分けた木片のうち一匹だけ、なんだかわからないやつが出来てしまった。一応、他の木片も動物の形をしているので、動物だろうということは伝わる感じはあった。でも、それがなんの動物なのかちゃんと分かるほどの形には出来なかった。まあ正直、ゾウの内側をさらに色んな動物の形に切り分けるというプランがそもそも困難なミッションだったのだと思う。一匹ぐらい、よくわからないやつがいてもまあ仕方ない。そういう感じだったんだろうと思う。

本書を読んで僕は、その時のパズルのことを思い出した。

世の中は、僕が作ったパズルみたいなものかもしれない。外枠の形は、何らか決まっている。そしてその内側を、色んな人間が、それぞれの形を主張して陣取り合戦をする。みなそれぞれ理想とする形があって、常にせめぎ合っている。全体を上手いこと分割しようなんていう神のような存在も、もちろん存在しない。

だからこそ、僕が作ったパズルみたいに、よく分からない形が生まれてしまう。
それは、避けようがない存在だ。たぶん、どんな風に上手いこと分割しようとしても、どうしても上手くいかない形が生まれてしまうのだろうと思う。

だから歴史は、そういうよく分からない形を、その時代その時代ごとに、様々な人間に振り分けた。国を持たずあちこちの国に散らばるしかなかったユダヤ人は、不浄と呼ばれたお金を扱う仕事に就くしかなかった。奴隷制度や穢多非人など、最下層の立場の人間に、上手くいかなかった形を押し付けてきた。

それはある意味で必要悪だ。世界をどんな風に分割しようとしても、そこに人間の欲望がある限り、歪な形は生まれてしまう。その歪な形も世界の構成要素の一つなのだから、誰かがそれを引き受けなくてはいけないのだ。

ある時期までの日本では、それを“ヤクザ”と呼ばれる人たちが引き受けてきた。

『昔からヤクザというのは地域の人々に信用されてこそ、稼業が成り立つのだ。地域の人といざこざを起こしているようでは半人前だ。素人衆に信用されてこそ、一人前の親分なのだ。それが、阿岐本の持論だ。
信用があるから素人衆は相談事を持ち込む。ヤクザの仕事の大半は揉め事の調停だ。金で片をつけさせて、その上前をいただくわけだ。』

『昔はそういう地域が多かった。日本中で博徒や神農さんが地域と共存していた。もちろん、社会のはみ出し者であることは日村も自覚している。』

ヤクザと暴力団の区別もついていない僕には、新鮮な話だった。

『地域が博徒や新農を追い出そうとする。すると、シノギがなくなったそれらの人々が手っ取り早く設けられる商売に手をだす。その中には悪行も含まれる。
組織が大きくなると、末端ではさらに歯止めがきかなくなり、やがて暴力団と呼ばれるようになる。』

暴対法が成立した時も、暴力団が地下に潜ってさらに闇が深くなるだけだ、という意見をテレビで見た気がする。その真偽のほどは僕には判断できないけど、そういうことはありうると感じる。

結局、誰かが引き受けなくてはならないのだ。覚せい剤を売りさばくと言ったような、自ら悪を生み出すような所業はともかくとして、カタギの世界で生まれてしまった悪にどうにか落とし所を見つける存在は、どんな世の中にあっても必要とされる。その存在は必要悪であり、同時に、社会から排除することの出来ない、社会の構成要素の一つなのだ。

『素人衆を泣かすようなまねしちゃ、阿岐本組は終わりだ』

親分である阿岐本雄蔵は、部下たちにそう言い渡す。こんなヤクザなら、近所に欲しいと思ってしまった。

内容に入ろうと思います。
阿岐本組は、親分を入れても6人しかいない小所帯だ。親分は、小さい組の組長ながら、他の多くの組の組長らと兄弟の盃を交わしており、ヤクザの世界でも一目置かれている存在だ。しかし、考えている風で実は何も考えておらず、文化人に密かに憧れている親分の思いつきに振り回されるのは、代貸である日村だ。日村は、どんな無茶な要望でも親分の言うことは絶対であるとして行動する。しかし、そんな男だからこそ、余計な厄介事を背負い込んでしまうことになる。
親分が、出版社を経営することになった。
別の組の組長が債権の整理のシノギの中で手にした「梅之木書房」という出版社を経営したいと言い出した。親分の言うことは絶対である。とにかく、出版社に出向いてなんとかやってみるしかない。出版について何も知らないくせに、日村も役員としてその出版社の経営に関わることになった。
また、借金の追い込みを頼まれた工場を追い詰めないで済むように、どうにか再建するプランを提示したり、他のシマで、親分の道楽とは言えシノギを始めてしまったことを、そのシマを管轄としている組に話を通しに行ったりと、休まる暇がない。
そんな中、阿岐本と日村があれこれ手を出してみた出版社の再生プランがほどよく機動に乗り…。
というような話です。

なかなか面白い作品でした。出版社を再建する部分は、ちょっと絵空事かなという印象を受けました。さすがに、こんなにトントン拍子にうまくはいかないでしょう。とはいえエンタメ作品だからそれがマイナスになるということは特にありません。楽しく読める小説という意味ではこれぐらいの感じがいいように思います。

梅之木書房の経営に携わることになった阿岐本組は、もちろんヤクザだ。普段は、一般市民の揉め事を解決することで上前をはねている。もちろん、暴力や脅しを使うこともあり、穏やかな世界ではない。実際本書には、そういう穏やかではない描写も多少ある。

しかし本書が面白いのは、彼らは、梅之木書房と関わる時だけはカタギのように振る舞う、ということだ。いや、普段から地域住民とは丁寧に接しているわけだけど、でも、“仕事”となればカタギのように振る舞うだけではどうにもならないことが多いだろう。しかし、梅之木書房は、完全に社長の道楽である。そりゃあ、再建できるに越したことはないだろうけど、とはいえどっちでもいい話である。暴力や脅しみたいな手段を取る理由もないし、まっとうな会社なんだからそういう振る舞いはよくない。だから彼らも、カタギのように振る舞う。

阿岐本組の面々が、ヤクザである場面とカタギのように振る舞おうとする場面。そのギャップみたいなものが非常に新鮮だったのだろうなと感じます。

しかし僕はやっぱり、冒頭で書いたような、“ヤクザとしての矜持”みたいなものが描かれている部分が凄くいいなと思いました。これを描くことが出来たのも、出版社というカタギの企業を経営するという物語の筋あってのことでしょう。ヤクザ同士が関わる時も、体面だの顔だのといった、ヤクザの世界独特の価値観が間に挟まって、ある種の誇りみたいなものが見え隠れはする。しかしそうではなくて、カタギの人間と関わることで垣間見える“ヤクザとしての矜持”みたいなものがいいなと思いました。

『「我慢だ。何事もじっと我慢するのが本当のヤクザってもんだ。ここで、腹立ち紛れに嫌がらせでもしたら、それこそ暴力団と呼ばれている連中と同じになっちまうじゃないか」
「でも、どうで素人から見たら、俺たちだって暴力団なんですよ」
「誇りだ」
日村は言った。「いいか?他人様がどう思おうとかまわない。自分が自分のことをどう思っているかが問題なんだ。他人がどうせ暴力団だと思っているからそれでいいなんて思ったときから、てめえは暴力団になってしまうんだ。俺たちはヤクザだ。誇りをなくしたら終わりなんだよ」』

阿岐本組の面々は、どれだけ善いことを行っても、ヤクザであるという理由で排除され、疎まれる。

『いいか。それがヤクザだ。他人様のことを思って動いても、迷惑がられる。そういうもんなんだ』

彼らは、素人衆に迷惑を掛けてはいけないという親分の言いつけを守り、何かを丸く収めたり前進させたりすることによって稼ごうとする。それは、誰かを傷つけたり貶めたりするような行為ではない。でも、ヤクザであるという理由で、受け入れられない。地域の中に、どんどん彼らの居場所はなくなっていく。

僕も本書を読むまで、ヤクザと暴力団の区別が出来ていなかった。世の中の多くの人間はそうだろうし、そもそも今の世の中、阿岐本組のようなヤクザなんてほとんど存在しないだろう。しかし、少なくともこの作品の中で、阿岐本組は存在している。悪事に手を染めはするが、素人衆は泣かせないと固く誓っている阿岐本組が存在している。彼らのような存在に居場所が与えられない世の中は、どこか歪なように感じてしまう。

『世の中住みにくくなっている。
ヤクザが住みにくいということは、一般の人も住みにくいはずだと、日村は思う』

一般人は、ヤクザや暴力団を遠ざけようとする。排除し、一片の曇りもないクリーンな社会にしようとしている。しかし、あくまでもそんな社会は理想郷に過ぎないし、実現するはずもない。これまでは、揉め事の最終的な行き場は決まっていたし、そこには揉め事を解決するプロがいた。僕らは、そんなプロを排除することで、揉め事の最終的な行き場をも失ってしまうのだ。だから、世の中のあらゆる揉め事は、薄く広く広がっていく。世の中のあちこちに、ちょっとずつ揉め事の種が残り続ける。それらが何らかの拍子に弾け、誰かが怪我をする。それは僕らが、揉め事が最終的に行き着く場所を無くそうと無駄な努力をしているからだ。

僕達は、そのことに気付こうとしない。世の中が少しずつ世知辛くなってくのは、社会の中の何かがおかしいからだと思っている。おかしいのは、悪いのは、自分ではないと思っている。そんな風にして、社会は住みにくくなり、壊れていく。

阿岐本のような筋の通った組長、日村のような実直で責任感の強い代貸。この二人の存在があってこそ、阿岐本組は成立する。彼らが出版社を舞台に悪戦苦闘する部分ももちろん面白いが、昔ながらのヤクザがこの現代にあってどう生き抜くべきかという部分が、個人的には非常に興味深く、面白く読ませる部分だと思った。

本書は、出版業界という、なかなか一筋縄ではいかない業界を端的に表現する様々な言葉が出てくる。

『どんな本が売れるかなんて、それこそ神様にしかわからない』
『売れた小説はすべていい小説だ。しかし、すべてのいい小説が売れるわけではない』
『「どんな小説がいい小説なんですか?」
「私の好きな小説です」』

本書で阿岐本も言うが、出版というのは本当に博打みたいなものだ。何が売れるんだか、本当に分からない。何故これが売れない?と感じる本も山程あれば、なぜこれが売れてる?と感じる本も山程ある。そういう意味では、ヤクザのシノギとして、出版というのは悪くないのかもしれない。著者の目の付け所はなかなか面白い。

全体的には、ドタバタと物語が展開していく、決して重苦しい感じではないヤクザ小説です。道楽で出版社の経営を始めちゃう親分を筆頭に、ヤクザらしくない面々があらゆる場面で奮闘し、最終的には一矢報いるというような展開は非常に面白いです。ヤクザが坊主にしてるのは、喧嘩の時に髪を掴まれないようにするためと言った、ヤクザの豆知識みたいなものも各所にふんだんに盛り込まれていて、へぇーと感じる場面も多くあります。ヤクザ、という部分に引かずに手にとってみてください。

今野敏「任侠書房(「とせい」改題)」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2930-71f5733a

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
11位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)