黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

史上最強の哲学入門(飲茶)

内容に入ろうと思います。
本書は、主に西洋哲学について、古代から近代に至るまでの様々な思想を、「真理・国家・神・存在」の4つに分け、それぞれについて、誰がどんなことを主張したのか、そう主張するに至った対立的な概念は何か、その思想が受け入れられる歴史的な背景はどんなものだったのか、などについて恐ろしく分かりやすく、かつ恐ろしく面白く綴った作品です。

いやー、驚きました。もう、ハチャメチャに面白かったです!僕はこれまでも、哲学の本ってそれなりに読んできましたけど、その中でももうダントツに面白いです。とにかく、4つの分類の中で流れがしっかりしてるから、「どうしてそういう考え方が生まれたのか」という点が本当に分かりやすいし、それに、難しい哲学用語は使っていないか、使っていても、用語を簡単に説明するだけという感じで、概念の説明のために難しい言葉を使うことがないので、そういう点でも非常に分かりやすい。それぞれの哲学者の有名な著書は、おそらく普通に読めばまったく歯がたたないほど難解なんだと思うんだけど、著者の手に掛かれば、ものすごく分かったような気になれます。

もちろん、どんな学問でもそうですが、とくに哲学というのは、「知識そのもの」が大事なわけではありません。誰がどんなことを言ったのか、どうしてそう考えたのか、ということを知識として持っていても、それは哲学にはなりません。哲学というのは、思考するプロセスそのもののことを指しているのだと僕は考えているし、哲学というものにきちんと触れようとすれば、自分自身で考えて徹底的に追究することが必要なんだと思います。

とはいえ、まったくの徒手空拳ではなかなか難しいものがあります。先人が積み上げてきた歴史は、存分に利用するべきです。本書で描かれる多くの哲学者たちも、それよりも前に受け入れられたある考え方に対抗する形で自分の論を進めていきます。そういう意味でまた、知識が不必要ということにもなりません。本書は、「哲学する」という入口に入るための基礎的な知識を与えてくれると言っていいでしょう。

でも、そんな難しいことを考えなくても構いません。本書は、ただの読み物としてもべらぼうに面白いです。別に今後「哲学する予定」なんてのが全然ない人でも大丈夫。娯楽として読むだけでも、本書は十分に面白いのです。

なんでこんなに面白いのか考えてみると、それは「言っていることを理解できるから」だと僕は思うんです。

例えば、どんなに面白い話でも、それが英語で話されていたら、英語を理解できない人間にはその面白さがまるで分かりません。そういう時に、同時通訳してくれる人がいれば、その面白さに触れることが出来るでしょう。

本書の著者は、まさにその同時通訳者の役割を果たしていると言っていいと思います。

哲学者という、メチャクチャ難解で、凡人には何を言っているんだかわからないようなことを考えている人がいる。それは、英語の出来ない人が英語の講義を聞いているようなものでしょう。しかしそこに、その難解さをほぐして分かりやすくしてくれる同時通訳者がいると、一気に相手の話が理解できて面白さを感じられる。どんな学問でもそうだけど、それに対して面白さを感じられるようになるまでが一番難しい。一旦「面白い!」とさえ思ってしまえば、どんな学問でもすいすい吸収出来るものだけど、「難しい」とか「退屈」という感覚が邪魔をして「面白い!」は遠ざけられてしまう。本書は、「哲学って難しいんでしょ…」という先入観を容易く打ち破り、僕らが理解できる言葉で、理解できる価値観で、先人たちの思想に触れることが出来るのだ。人類が長い時間を掛けて考えて議論して練り上げてきたものなのだ。正直、面白くないはずがない。ただ、それを理解するには「難解さ」というハードルがあった、というだけのことだ。本書の著者は、その「難解さ」を楽に超えさせる魔法を掛けた。だからこんなにも面白いのである。

「哲学本」というのは、大きく分けて二種類ある。一つは、読者と一緒になって、「死とはなにか?」「存在するとはどういうことか?」というようなことを考えさせるような本だ。そしてもう一冊が、本書のような、先人の哲学者たちはこんなことを言っていますよ、ということを紹介する本である。

正直、後者のような哲学紹介本は、面白くない本になる確率が高い。まあそれはそうだろう。誰がいつどんなことを言いました、みたいなことを羅列するだけの本が面白くなるはずもない。
そこに本書の凄まじさがある。本書は、後者に分類されるような、いわゆる哲学紹介本だ。それなのに、滅法面白い。哲学紹介本なのに、時々クスっと笑ってしまうことさえあった。そんな哲学紹介本、本当にありえない。著者は、哲学や科学など敷居の高いジャンルの知識を分かりやすく解説するブログで人気になった、まあ要は一般人らしいのだけど、凄い才能だなぁ、と思うのだ。

さて、そんな風に、内容をこれっぽっちも紹介しないで絶賛の言葉ばかり並べてても仕方ないので、内容にちゃんと触れよう。でも、書き始めると内容全部書いちゃいたくなるぐらい素晴らしいので、ここではとりあえず、第一章の「真理」について、どんな風に書かれているのかがわかるような文章を書いてみようと思う。

古代の人は、多くのことを“神話”によって理解・納得していた。「よくわからないけど、神様がやったんだ」という捉え方である。しかし、農耕が発達することによって次第に都市が生まれ、やがて都市間の交流というものが生まれていく。
すると人々は驚くことになる。違う都市では、違う“神話”が信じられているのだ。「神様がやったんだ」っていうのが“神話”のはずなのに、都市間で違うなら“神話”って全部嘘なんじゃ…。そんな風にして人類は、「真理は人や時代によって変わる、相対的なものだ」という、相対主義という考えを持つようになる。

そんな相対主義の代表者がプロタゴラスである。彼は、「人間は万物の尺度である」と唱え、あらゆるものは、人間がおのおのの尺度で判断するものであり、絶対的なものはない、ということだ。
プロタゴラスを中心とした相対主義は、“最強の議論テクニック”として重宝される。何故なら、どんな主張であっても、相対的な価値観を持ち出すことで、黒を白に、白を黒に変えることが出来たからだ。当時の政治家たちにとって、相対主義を学ぶことは重要なことだった。

相対主義を学んだ政治家によって運営される国家は、民衆に聞こえのいいことばかり言い、真面目に政治をしない衆愚政治に陥ってしまう。それはそうだ。真面目に政治のことを語っても民衆の人気は得られないのだし、美辞麗句を繰り出すことで選ばれるなら、誰も真面目に政治なんてやろうとしない。

そんな時代に現れたのが、最強の論客・ソクラテスである。ソクラテスは、「○○ってなんですか?」と質問し続け、相手がボロを出したら反論しまくるという方法で、あらゆる政治家をバッタバッタとなぎ倒していくのである。
ソクラテスは、相対主義をよしとせず、「絶対的な真理」を追求していくべきだという考えを持っていた。そんな彼の考え方で有名なのが“無知の知”である。これは、無知である人間が賢い、という意味で捉えるべきではなく、ソクラテスは、無知であることを自覚することこそ、真理への情熱を呼び起こすものだと信じていたということなのだ。

そんなソクラテスは、民衆から圧倒的な支持を得るが、こてんぱんにされた政治家は面白いはずもなく、若者を堕落させた罪で死刑に処されてしまう。しかし、ソクラテスは、死刑に処されることによって、「この世界には、命を賭けるに値する真理が存在し、人間はその真理を追究するために人生を投げ出す、強い生き方ができるのだ」ということをまさに自らの生き方(死に方)を以って示した。この行動は弟子たちを奮起させた。その中に、プラトンもいた。プラトンは、現在の大学の前身となる教育機関を作り、人生を掛けて学ぶという系譜を生み出したのである。

しかし、学問を続けても、なかなか絶対的な真理は見つからない。そうこうしている内に西洋は、キリスト教が支配する中世時代に突入し、「人間は理性だけでは真理に到達できません。到達するためには神への信仰が必要です」という方向に傾いてしまう。しかしやがて、ルネサンスや宗教改革が起こり、科学や数学が発展し、近代へと突入していく。

そんな時代に現れたのが、「我思う、ゆえに我あり」でお馴染みのデカルトだ。デカルトは、哲学というものを再構築しようとした。それまでの哲学は、いろんな人間が「俺はこう思う」と言っているだけで、統一的な学問としては成立していなかった。それをデカルトは変えようとした。
数学というのは、絶対に正しい基本的な命題から出発し、論理的な手続きで定理を導き出していく学問だ。絶対に正しい数少ない前提を置き、そこから導き出されるものだけを採用していくのだ。
デカルトも同じことをしようとした。そのためにデカルトは、絶対に正しいこと、すなわち第一原理を見つけなくてはいけなかったのだ。それが、有名な「我思う、ゆえに我あり」である。
デカルトは、あらゆるものを疑って、どうしても疑いきれないものが残ったら、それこそが真に正しいものだと考えた。デカルトは必死に考えて、ようやく、「こんな風にあらゆることを疑ったりしている自分自身の存在だけは疑えない」と気付き、これを第一原理に据えたのだ。

デカルトは、第一原理を導き出すまでは物凄かった。しかしそこからの論の進め方はどうも雑だった。他の哲学者からもその雑な部分を指摘され、結局、哲学の統一を目指したはずなのに、デカルトへの批判からさらに様々な哲学が生まれることになる。
そんな批判の一つに、イギリス経験論というものがある。これは、「人間の中に浮かぶ知識や観念は、すべて経験から来たものにすぎない」という考え方だそうだ。そして、このイギリス経験論を完成させたと言われているのが、ヒュームである。

ヒュームは、デカルトが疑えないと判断した「私という存在」は、結局のところ「経験(私という継続した感覚を生み出している痛みなどの知覚体験)」にすぎないと反論。ヒュームは、神の存在や科学でさえも疑い、世の中のあらゆるものは結局人間の経験に過ぎず、それが世界の本当の姿と関係があるかどうかは分からない、と主張した。ヒュームの考えは説得力があったが、しかしヒュームは、あらゆるものを疑った先の「疑いきれない何か」を見つけることが出来なかった。彼は、あらゆるものを疑い続け、疑い続けたまま終わってしまったのだ。

そのヒュームが成し得なかったことを真正面から受け止めて、乗り越える真理を見つけ出したのがカントである。カントは、ヒュームが主張するように、人間が経験から知識を得ていると認める。しかし、その知識の受け取り方には、“人間固有の形式”があって、その形式は、人間の経験に依らない先天的なものだ、と主張した。
同時にカントは、その真理は人間固有のものだ、とも主張した。人間には、人間固有の受け取り方の形式があり、だから人間には共通すると言える真理が存在する。しかしそれは、イソギンチャクの真理とはまた別のものだ、と。カントが提唱したこの考え方によって、人間は、人智を超えた真理を追い求めることから、人間にとっての真理を追い求める形へと変わっていった。

しかしカントは、人間にとっての真理があることは明らかにしたが、どうやってそこにたどり着けるのかを示しはしなかった。それを示したのがヘーゲルである。ヘーゲルは、弁証法という、「対立する考えをぶつけ合わせ、闘争させることによって、物事を発展させていくやり方」を提唱した。これを繰り返していけば、いつか人間にとっての真理に到達出来るだろう。フランス革命直後の民衆にこの考え方はすぐに受け入れられたのだった。

しかし、そんなヘーゲルに待ったを掛けたのがキルケゴールである。キルケゴールはヘーゲルの哲学を、「今、ここに生きている私という個人を無視した人間味のない哲学だ」と一刀両断にする。ヘーゲルの弁証法を続ければ、確かに“いつか”人間にとっての真理に到達できるかもしれないけど、しかし、そんな“いつか”手に入る真理なんて、今を生きる俺たちにはまるで関係ないじゃねぇか、というのである。キルケゴールは、「今日真理が得られるなら明日はいらない」という、ヘーゲルとは真逆な人間だったのだ。

そんなヘーゲルとキルケゴールの対立を解消する考え方を持ちだした男がいる。サルトルである。サルトルは、「だったらいっそ、究極の真理を求める歴史の進展を、僕達自身の手で進めてみようじゃないか!そのために、人生を賭けてみようじゃないか!」と若者たちに呼びかけたのだ。この言葉は、資本主義が成功して豊かになったが、何をして人生を過ごせば良いかわからなかった若者の心にズバズバ刺さった。サルトルの時代は、資本主義が成功していた。しかし、資本主義が永遠に続くとは限らない。じゃあ、よりよい社会システムってなんだろう?当時それはマルクスの共産主義だと考えられていて、人々は反社会的な活動に身を投じていくようになる。

しかし、そんなサルトルの哲学に待ったを掛けた人物がいた。元々サルトルとは旧知の仲だったレヴィ=ストロースである。
レヴィ=ストロースは、元々哲学者だったわけではない。彼は、異国に自ら赴き、現地の人と生活しながら文化を調べる人類学者だった。

この当時、西洋人は、こんな風に考えていた。人類の歴史には、たった一つのゴールがある。西洋人はその最先端を走っていて、ジャングルの奥地にいる野蛮人は超遅れている。でもやつらだって、時間を重ねれば、いつかは俺たちみたいに機械を作ったりする文明に追いつくだろう。西洋人はなかなか傲慢なことを考えていた。
しかしレヴィ=ストロースは、そんな西洋人の考え方を思い込みに過ぎないと断じる。自らのフィールドワークの経験から、西洋人の文化が特別優れているわけでも、西洋人が未開人と読んだ人たちの文化が特別劣っているわけでもないのだ。レヴィ=ストロースは、サルトルのいう「人類が目指すべき歴史」の存在に疑問符を投げかけたのだった。

そんな風に近代哲学は進んでいったが、しかしこの「理性によって真実に到達しようとする近代哲学」は、徐々に支持を失っていく。何故なら、醜い戦争や核兵器の保有など、人類にはまともな理性が存在しないことを証明するかのような様々な出来事が起こったからだ。そうやって、実用性に重きを置いた現代哲学が生まれて来る。

そんな中、プラグマティズム(実用主義)という哲学が生まれる。これは、「その効果は何か?」という実用的なことだけ問いかけよう、という身も蓋もない考え方だ。その代表者がデューイであり、彼は自らの思想を道具主義と読んだ。それが実用的であれば真理だと考えても良い、というのは、「真理」を熱く求めるところから始まった哲学の旅の流れとしては奇妙でもある。

また、デリダは、ポスト構造主義と呼ばれる哲学を展開する。これは、「答えの出ないことはいくら考えたってわかんないんだから、受け取り手が自由に解釈すればいいし、それを真理ってことにすればいいじゃない」という考え方だ。これも、「真理」を求める哲学の旅のとりあえずの執着としては、なんだかなぁ、という感じである。

また現代哲学には、他者論と呼ばれるものもある。レヴィナスがその代表だ。「他者」とは、「私とは無関係にそこに存在し、かつ決して理解できない不愉快な何か」全般を指す言葉で、現代の学問のありとあらゆる場面にこの「他者」が現れる。現代哲学にとっての唯一の真理は、「どんな真理を持ちだしても、それを否定する他者が現れること」だと言える。しかし、「他者」の存在があるからこそ、僕達は「どうして?」「なんで?」と問いかけることが出来るのである。

さて、長々と第一章の流れを書いてみたけど、どうでしょうか?思想の細かな部分には当然触れられてないけど、思想が展開される流れみたいなものはざっくり見て取れるんじゃないかと思います。第二章以降も、こんな感じで、どうしてその思想が生み出されたのか、そしてどうしてそれが受け入れられたのかということを踏まえつつ、個々の思想について分かりやすくかつ面白く解説していて、本当に読ませる。凄い作品だと思う。

一回読めば分かった気になれる。そして、十回読めば超理解出来る作品だと思います。また本書で描かれる哲学的思想は、世界史の変遷を理解する上でも重要になってくるように思います。歴史上、民衆がどんな考えを受け入れた結果、どんな出来事が起こったのか。その背景を知るのにも役立つ一冊だと思います。

飲茶「史上最強の哲学入門」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2928-a5af9a40

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
11位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)