黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

道徳の時間(呉勝浩)

「道徳」を、正式な科目にする、という話があるらしい。詳しく知っているわけではないから、既に正式な科目になっているかもしれない。
小学生ぐらいの頃、道徳の授業はあったような気がする。ちゃんとは憶えてない。どんなことをしたのかもまるで憶えてない。でも、そういう時間があった気がする。そうか、あの授業は、学校ごとの裁量で行われていたのか、と思った。それが今度は、必ずやらなくてはならない授業に変わるのだな、と。
なんとなくこのニュースに嫌悪感を覚えるのは、きっと僕だけではないだろう。たぶんそれは、「道徳なんて、座学で教えられるようなものではない」という感覚があるからだと思う。
ルールは、覚えるしかない。交通ルール、刑法や民法、ルーティンとして決まっている仕事のやり方など、それらはルールとして明文化され(されていないこともあるだろうけど)、実際に手足を動かして身に付けるものではあるのだけど、しかしルールをルール単体として覚える、という作業をすることが出来る。
でも、道徳はそうではないような気がする。
道徳というのはそもそも、明文化されていない。道徳というのは、例えば「電車ではお年寄りに席を譲りましょう」というようなものだろう。これは、ルールではない。だから、必ずやらなければいけないわけではない。けど、道徳的に、やると良い行いとされる。道徳とはそういうものだ。
しかし、じゃあこの道徳を、「電車ではお年寄りに席を譲りましょうね」と教えるだけで、果たして道徳を学ぶことが出来るだろうか?例えばお年寄りの中には、席を譲られるのは不愉快だという人もいるだろう。また、お年寄りじゃなくても、席を譲るべき対象は存在する。道徳は、ルールではないが故に、様々な選択肢が存在しうるし、状況ごとに正解があると言っていい。
実際には、行動と共に身につけなければ、道徳というのは体得できないだろうと思う。実際に「席を譲る」という行為をすることによって、様々なケースを知り、道徳を理解できるようになる。
もちろん、子供が自ら、「そうか、お年寄りには席を譲ってあげた方がいいんだな」と気づけるわけではない。だから、そういう考え方があるのだということを、知識として教えるのは大事だろう。しかし結局、それを知識として教えるだけでは、何も身につかないのだ。
「道徳を教える」ということに対する違和感にはもう一つ、「道徳を実践している大人が実に少ない」ということが挙げられるだろう。これは、僕自身も人のことは言えない。僕も正直、道徳という観点から見れば不合格な生き方をしているだろう。
例えば大人が皆、率先してお年寄りに席を譲るのが当たり前の社会だったら、「席を譲りましょう」と教えるだけで子供は実践に移せるだろう。そうであれば、ただ知識として道徳を教えるだけで、子供に道徳を身につけさせることが可能になるかもしれない。しかし現実には、とてもじゃないけど大人が道徳的な行動を実践している社会であるとは言いがたい。そんな世の中にあって、知識としての道徳を教えることに、一体どんな意味があるのか、という疑問を持ってしまうのだろうと思う。
人間は様々な価値観を持っている。様々な価値観の存在を前提に、それでも皆が集団として気持よく生きていけるように「ルール」というものは生まれたのだろう。一方、「道徳」はどうだろう?少し考えてみたのだけど、もしかしたら順序は違うのかもしれない、と思った。
まず初めに、「道徳」が存在した。人間が一緒に生活すると言っても、その規模はまだ大きくない。そもそもそういう概念がなかったとはいえ、「ルール」的なものを作らなければならないほど、対立することもなかったかもしれない。しかし、皆がどうすれば穏やかで過ごしやすくいられるのか、その細かな要件みたいなものが少しずつ積み重なり、一般論として形を持ったのが「道徳」だ。
「道徳」は、先程も書いたけど、必ずしも守らなければならないわけではない。守ることが良いことと捉えられる、というものだ。しかし、「道徳」の中から次第に、これは皆で絶対に守らなければならないよ、というものの重要性が高まっていき、それが「ルール」という形に昇華したのかもしれない。
いずれにせよ、道徳を強要することは出来ない。きっと、教わるものでもないだろう。道徳が自然に身につくような社会を作る。それが、道徳を教える、一番良い方法だろうと思う。

内容に入ろうと思います。
伏見祐大はビデオジャーナリストだ。しかし、とある取材対象との関係性から仕事への気力を失い、自宅のある鳴川市で”気力を蓄えている”。鳴川市では最近、イタズラ事件が起こっており、それらの現場には、「生物の時間を始めます」「道徳の時間を始めます」というような落書きが見つかっている。ウサギを轢き殺したり、鉄棒に接着剤を塗って少女にケガをさせるというようなイタズラだったが、地元の名家の長男で、偏屈であるが故に生家から見放されている陶芸家の青柳の死体が見つかった自宅の壁からもイタズラ書きが発見され、町内会は犯人探しに躍起になる。
一方伏見は、自分の名を業界に知らしめる仕事を共にやったことのある田辺から、とある仕事を依頼される。越智冬菜という無名のジャーナリストが、鳴川市を震撼させた鳴川第二小事件のドキュメンタリーを撮るからカメラマンをやってくれ、というのだ。
13年前。鳴川第二小の講堂での講演会中、向晴人という青年が突如壇上へと向かい、公演をしていた正木という教育者を刺殺した。即座に逮捕されるも、向は容疑は認めはしたが、以降黙秘を貫き通した。300人の観衆の中での凶行であり、向の犯行であることは揺るぎなかったため裁判は進行したが、動機や事件の詳細などは一切不明なままだ。
越智は、現場で凶行を撮ったビデオを入手していた。向の犯行の決定的な瞬間は写っていなかった。越智は、本当に向は犯人なのか?という点からドキュメンタリーを撮ろうとしているようだが…。
というような話です。

かなり面白い作品でした。正直、物語のまとめ方に不満がないわけではないのだけど、緊張感を持って作品を読ませる力に溢れていると感じました。
まず非常に面白いなと思った点は、事件らしい事件は起こっていない、という点だ。確かに、向が起こした鳴川第二小事件は、全国ニュースになるレベルの話題性があった。しかしそれは13年も前の出来事であり、しかもその事件については、ドキュメンタリー映画を撮ろうとしているだけだ。リアルタイムで起こっている事件は、鳴川市のほうぼうで頻発するイタズラ事件であり、陶芸家が亡くなっているが、自殺である可能性が高いと判断されている。
被害者がいる事件なのでこういう表現は良くないだろうけど、鳴川市でのイタズラ事件は、正直大した事件ではない。住民は怒り心頭に発するという感じではあるが、身の危険を感じてというわけではなく、周囲に異分子がいることへの不快感という感じだろう。
過去の凶悪事件についてはドキュメンタリー的なアプローチをしているだけ、現在進行形の事件はスケールが小さい。本書では、題材としてなかなか物語を広げにくいものを扱っていると思う。
しかし、それらを読ませる物語に仕立てているのだ。一番巧いなと感じた点は、それぞれの事件が持つ違和感だ。イタズラ事件にしても、鳴川第二小事件にしても、目の前に揃っているパズルのピースが少しずつ条件に合わない。また、イタズラ事件はささやかであるが故に、そして鳴川第二小事件は13年前の事件であるが故に、前提となる状況にも判然としない部分が含まれる。前提が判然としないから、いくら事実や情報を集めて付き合わせようとしてもうまくいかない。だからどうしても、どんな理屈を組み上げてみても、ハマらないピースが残ってしまうことになる。
この違和感の設定の仕方が実に巧いと感じる。題材として扱っている事件の小ささを、この違和感でカバーしているという印象がある。様々な情報が落ち着きを失ったまま宙に浮き、それが事件の小ささを隠している。普通ミステリであれば、「解決すべき謎をはっきりさせること」に力を注ぐものだろうけど、本書の場合、「解決すべき謎がそもそも何であるか分からない」という謎が全体を覆っていて、ミステリの謎としてちょっと斬新な気がする。
それでいて、「何が謎なんだかわかんねーよ」と読者に思わせないのは、伏見が様々なことに巻き込まれていき、それが物語のエンジンとしてなかなか強力だからだろう。伏見は、ドキュメンタリーを取り、それに付随して向晴人のことを調べ、息子が関係するトラブルに関わり、ジャーナリストしての野次馬根性で鳴川市で起こっているイタズラ事件についても調べるという感じで、なかなか忙しい。謎めいた言葉や状況はどんどん増えていき、そしてそれが一体どの状況に属するものなのかも分からない、というような感じになっていく。しかしその中で、「向晴人は犯行を認めながら何故黙秘をしたのか?」「越智冬菜は一体何をしようとしているのか」という二点は、明確な謎として存在していて、伏見の行動力とともに、物語全体を引っ張る役割を果たしている。
イタズラ事件と鳴川第二小の事件を繋ぐものは、起こった場所と「道徳」という単語だ。伏見という男を間に挟みながら、いくつもの出来事が同時並行で進んでいき、どちらの状況も混沌としていく。中盤を過ぎても状況は整理されず、相変わらず疑問が拡散していく展開は、このまま何も解決しないのではないか、という不安さえ抱かせる。さっきも書いたけど、物語の着地点には若干の不満はあるのだけど、そうだとしても、ストーリーの展開のさせ方は巧いと感じた。
「向晴人は犯行を認めながら何故黙秘をしたのか?」「越智冬菜は一体何をしようとしているのか」という謎については、ドキュメンタリーを撮る、という手法と絡んで話が展開していくのも面白い。僕自身はドキュメンタリーをほとんど見たことはないのだけど、ノンフィクションを読むのが好きで、だから作中で彼らがしていた「A」と「ボーリング・フォー・コロンバイン」の議論はなんとなく分かる。
「A」も「ボーリング・フォー・コロンバイン」も、有名なドキュメンタリー映画だ。伏見は越智に問われて、どちらがドキュメンタリーとして優れているか考える。二人の価値観は全然違うのだけど、僕は、越智が語った理屈には納得させられてしまった。
その越智が、冷たい目で、何かをやろうとしている。詰将棋のように、とは伏見が使った表現だが、まるで必勝の一手を少しずつ指していくかのように、越智は明確な何かを目的としてドキュメンタリーを撮っていく。半年前、伏見がドキュメンタリーを撮り続けることに恐れを抱いたきっかけの出来事も思い起こされて、伏見は越智と何度も衝突することになる。
越智がドキュメンタリーを撮る目的は不明だが、表向きは「本当に向晴人は犯人なのか?」を検証する目的に見える。そのために越智は、事件の関係者を様々に呼び、いくつかの疑問を投げかけることによって、向晴人が犯人ではない可能性を生み出そうとしている。
その過程で、向晴人という犯罪者の特異性が浮かび上がる、という構成は良く出来ている。ドキュメンタリーの撮影の被写体として呼ばれた面々が様々なことを語ることによって、向晴人という人物が、より遠ざかっていく。そう、遠ざかっていくのだ。情報を集めれば集めるほど、向晴人という人物の掴みどころはなくなっていく。彼が何を考えているのか、何をしようとしていたのか、余計に分からなくなっていく。
そんな風にして、結末へ向けての展開のさせ方は凄く巧いと思う。著者は大学で映像科にいたらしいし、恐らく課題なのでドキュメンタリーを撮ったこともあるのだろう。映像も文章も、「構成する」という意味では同じなわけで、その構成力は映像を撮る中で身についたものなのかもしれない。
ジャーナリズムとモラルの問題を組み込んでいるのも、それを学んだ者らしいと感じる。越智の手法は、伏見からすれば許容しがたいものだ。越智は、誘導尋問のようなやり方で質問を繰り返し、それが伏見の目には、自分が望む答えを導き出そうとしているようにしか見えない。モラルというのも結局は「道徳」の問題であり、本書では様々な形で「道徳」の問題が出てくる。
結末は、それまでの違和感を説明するものだったし、決して悪いわけではないのだけど、本当にそんなことがあり得るだろうか?とちょっと思ってしまった。世の中には、事件を起こす様々な動機が存在しているのだけど、頭の中にハテナがたくさん浮かぶような動機は大抵、知能指数の高くなさそうな人間によって語られるイメージがある。もちろん、頭が良すぎて、高尚すぎて、その動機が理解できない、という意味での意味不明さもあると思うのだけど。
向晴人は、優秀であるという設定だ。であれば、本書の中での彼の行動は、とても理に叶ってるようには思えないんだよなぁ、と感じはする。それを目的とするのなら、もっと他の方法だってありえただろうに、と思わなくもない。
とはいえ、大きな瑕疵と感じるほどでもないし、全体的な構成力や展開力は見事なので、作品全体としては良く出来ていると感じました。

「矜持」という言葉を、どのタイミングでどんな風に使ってきたのか。その使い方で人生が様々に分かれた人たちの有り様をうまく切り取っているところも良いなと感じました。
様々な理由から、厳しい状況に置かれている人たち。彼らは、ちょっと踏み外すだけで人生から転落してしまうような、そういう危うさを抱えている。そんな中で、「矜持」を胸に、彼らはどうにか生き抜いていく。「矜持」という言葉をどこでどう使ってきたかで人生は様々な色を見せるのだけど、本人なりに筋を通し、自分自身に対して潔白であろうとする生き方は、その最終的な結果がどうであっても認められるべきだと感じました。

新人のデビュー作としてはかなりレベルの高い作品だと思います。筆力は非常に高いと感じました。

呉勝浩「道徳の時間」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2911-c597afda

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
9位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)