黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法





《目標》

2014年の僕は、特に理由もなく大量の資格を取ることを目標にしてみましたが(詳しくはこちら→資格の勉強をしたい方へ)、2015年は相変わらず理由もなく英語の勉強でもしてみることにしました。
色々事情があって、7月までしか勉強出来ない状況になりましたが、それまでの間、僕がどんな風に勉強をして、成果はどうだったのかなどを書いてみようと思います。

2014年の12月に初めてTOEICを受けた時の点数は485点でした。さて、ここからTOEICの点数がどう変動していったか、まずそれを書いてみます。

2014年12月14日 485点(リスニング 260点・リーディング 225点)
2015年3月15日  640点(リスニング 305点・リーディング 335点)
2015年4月12日  685点(リスニング 345点・リーディング 340点)
2015年5月24日  625点(リスニング 325点・リーディング 300点)
2015年6月28日  630点(リスニング 310点・リーディング 320点)
2015年9月13日  710点(リスニング 335点・リーディング 375点)


正直、思ったような点数の伸びではなかったので残念でした(正直、もうちょいいけるだろうと思ってました)。
2015年、一番初めに立てた目標は、「TOEICの勉強を一切せずに」「TOEICで900点越えを目指す」というものでした。TOEICの勉強を少しでもやったことがある方からすれば、頭のおかしい目標だと思われるでしょう。僕も途中からそう思い始めました(それまでは、なんとかクリアできるんじゃないか?とか思ってたので、無知とは恐ろしいものです)。とはいえ、目標はアホなくらいデカい方がいいとも思っています。無謀な目標を立てる方が、「こんな勉強量じゃ到底無理だ」と考えて自分を叱咤出来ます。もちろん、個々人の性格によって大きく変わると思うので、皆さんは皆さんに合った目標を立ててください。

先に、2014年末時点での僕の英語力についても書いておきます。僕は、結構良い大学に通っていたので(中退しましたが)、「受験勉強の英語」の蓄積はかなりあります。ただ、既に大学受験から15年弱月日が流れているわけで、英語の知識はかなり薄れていました。
受験以来15年弱の間にやった英語の勉強と言えば、2014年の4月からNHKラジオ講座で新たに開講した「エンジョイシンプルイングリッシュ」を聴き続けたことぐらいです。これは、毎日5分、簡単な英語で書かれた文章を聞く(日本語はありません)というもので、9か月続けたこの習慣が僕の英語力にどんな影響を与えたのか、それはよくわかりません。他には一切英語の勉強はしませんでした。

思うような結果は出ていないので、僕の勉強法を書いてもあまり参考にならないかもしれないかもしれませんが、僕がどんな風に勉強を続けていったのかを書いていこうと思います。


《TOEICの勉強はしない》


まずは、「TOEICの勉強をしない」と決めた理由から書きます。

僕は、会社でTOEICの点数が求められているような状況にはなく、仕事やプライベートで英語を使うわけでもなく、英語の勉強は単純に趣味です。実際には僕にとって、TOEICの点数自体はどうでもいいものでした。でも、目標を設定する際には具体的で定量的である方が追いかけやすいので、「TOEICで900点以上」という目標を定めたに過ぎません。僕の本当の目標は、英語を勉強しようと考える大方の人がそうであるように、「喋れるようになれたらいいな」というものです。
というわけで僕は、「喋れるようになること」を最重視した勉強法を採用することにしました。


ですので、「英語は一切使いこなせるようになる必要はない。とにかくただ、TOEICで一定以上の点数が取れればいいのだ」という人に、僕の勉強法はまったく向かないと思います。恐らく、やり方さえ間違えなければ、「短期間でTOEICの点数を一定レベルまで引き上げるやり方」はあると思います。ただ、そうした勉強法は、「英語を使いこなせるようになる」という目標を叶えてくれそうにないと思っています。僕は、TOEICの点数を目指すだけの勉強は、「英語を喋れるようになる」という目標に対しては時間の無駄でしかないと判断したので、TOEICの勉強はしないと決断しました。

後でも書きますが、英語の勉強をする際には、「何のために勉強をするのか」という目的意識がとても大事だと思います。ただでさえ英語の勉強には時間が掛かるので、それぞれの目的に合った勉強方法を採用しなければ、回り道・時間の無駄になってしまいます。繰り返しますが、僕の勉強法は、「英語が喋れるようになることを最短で目指しつつ、ついでにTOEICでも高得点が取れるようになっていること」を目指すものです。「翻訳家になりたい」とか「TOEICで点が取れさえすればいい」とか「字幕なしで映画を観れるようになりたい」みたいな目標設定の方には、また違った勉強法があるでしょうから、そういう方はこの時点でこの文章を読むのを止めるのが良いと思います。

TOEICの勉強をしないと決めたきっかけがもう一つあります。それは、2014年12月に初めてTOEICを受けた時の経験です。
485点しか取れなかった人間が何を言うんだと呆れられそうですが、僕は初めてTOEICを受けた時、「TOEICって、問題は簡単なんだな」と思いました。この「簡単」というのがどういう意味なのか説明します。

例えば、日本人が国語の試験を受けるとします。当然問題は日本語で書かれています。日本語なので、問題文は読めるし、設問も理解は出来るでしょう。でも、すんなりと解答出来るわけではありません。実際、「日本語が読める人」であっても、国語の試験で高得点が取れない人はたくさんいます(昔は僕もそうでした)。つまりこの場合は、「問題が難しい」と言っていいと思います。
一方で、初めてTOEICを受けた時、僕は「TOEICって、問題自体は簡単だぞ」と思ったのでした。もし、TOEICの問題がすべて日本語で書かれていたら、恐らくどの日本人も満点近くの点数を取れるのではないかと思います。「問題が簡単」というのはそういう意味です。問われていることそのものが難しいわけではない、という意味です。

しかしTOEICはそう簡単に点数が伸ばせない。何故でしょうか。
それは、もの凄く当たり前のことを書きますが、「英語で書かれている・話されているから」なわけです。


であるとすれば、英語を正確に聞き取ることが出来、英語を正確に早く読むことが出来れば、「問題は簡単」なわけですから、TOEICの問題を恐れることはない、ということになりはしないでしょうか。つまり、「正確に聞く」「早く正確に読む」ことを目指せばいいわけです。もちろん、それだけでTOEICで高得点を取ることは難しいでしょう。関連する本を読むと、TOEICは難化傾向にあるということなので、テクニック的なことも駆使しなければ高得点は望めないのだと思います。しかし、「TOEICで高得点を取る」というのは僕が設定した目標とは違う方向性なので、それは気にしません、ということです。

またTOEICの対策をしてしまうと、例えば他の英語系の資格には対応できない可能性もあるでしょう。英検なら英検、TOEFLならTOEFLの対策を個別にやらなければいけないということになります。「広く英語の勉強をするのだ」と思っている方が、他の英語系の資格にも対応しやすくなるのではないか、と思いました。

そんな風に考えたので僕は、TOEICの勉強は一切しないと決めたのでした。
ただし、英語力を定量的に測定するという意味では、TOEICは非常に便利だと思います。英語の勉強をして、その結果をTOEICで測る、というのが、日常的に英語を使うわけではない人間が英語の勉強を継続させるためのコツになるのではないかと思います。


後でそれぞれの本をどう使ったのかそれぞれ書きますが、「TOEICの勉強をしなかった」ということを示すために、ここで、僕が使ったテキスト類のタイトルを列記してみようと思います。

テキスト
大西泰斗「一億人の英文法」「みるみる身につく!イメージ英語革命」
森沢洋介「音読パッケージ」「音読パッケージ 中級」「音読パッケージ 上級」
森沢洋介「話すための瞬間英作文」「話すための瞬間英作文 シャッフル」
鈴木陽一「DUO3.0」
風早寛「速読英単語 必修編」「速読英単語 上級編」
温井史郎「速読英熟語」
船津洋「たった80単語!読むだけで英語脳になる本」

読み物
伊藤笏康「逆転の英文法」
マーク・ピーターセン「日本人の英語」「実践 日本人の英語」
行方昭夫「英文の読み方」
関谷英里子「カリスマ同時通訳者が教える英語のツボ」
大津由紀雄「英文法の疑問」


《何のために英語を勉強するか》

先ほども少し触れましたが、英語の勉強をするのであれば、その目的をはっきりさせた方がいいと思います。「旅行で使える程度でいい」のか、「TOEICの点数が取れればいい」のか、「英語のニュースや雑誌を読めるようになりたい」のか、「外国人とコミュニケーション取れるようになりたい」のか、「翻訳家・通訳を目指したい」のかなど、一口に「英語を学ぶ」と言っても様々な方向性が考えられます。
なぜ目的を考えるべきかと言えば、それぞれの目的によって採るべき勉強法が変わるはずだからです。もちろん、英語は全般的に勉強しなければ力はついていかないでしょうが、それでも「読む」「書く」「訳す」「話す」「聞く」など、どの能力を重視するのかで、おのずとやるべきことが変わってくる、という想像はつくと思います。スポーツでも、自分のポジションなどによって必要とされる能力や練習は変わるでしょう。それと同じことだと思います。「英語の勉強をしてどうなりたいのか」を決めなければ「勉強法」を決めることは出来ない、と思った方がいいと思います。

そして、目的レベルが上がれば上がるほど、当然、必要とされる勉強量も増えていきます。よく書店の語学書売場や、ビジネス雑誌の表紙なんかに、「すぐ出来る!」や「簡単に身につく!」と言った言葉が躍りますが、そういう言説は一切信じるべきではないと思います。とにかく、目的レベルが高ければ高いほど、勉強量は圧倒的に増大します。
「すぐ出来る!」みたいなことを言う人は、たぶん天才なんだと思います。時々、スポーツでもゲームでも、やり始めてみたらあっという間に巧くなって上位クラスまで行っちゃう人がいます。英語でも、そういう人がいるんだと思います。そういう人の言っていることはたぶん役に立たないでしょう。「エベレストなんてすいすいっと楽に登れちゃうけど、なに、みんなあの山登るのに苦労なんかしてるわけ?」みたいに言う人から、エベレストの登り方を教わりたいと思うでしょうか?(僕は絶対に嫌です) 英語も同じです。
とにかく、英語を習得しようとすればメチャクチャ時間が掛かります。僕も、基本的に僕は週に40時間ぐらい英語の勉強をしていました。平日の月~金まで一日約4時間。土日トータルで20時間、合計40時間ぐらいの計算です。これだけやっても、自分がやろうと思っている勉強量を全然こなせませんでした。それぐらい英語の勉強には時間が掛かると思った方がいいと思います。ここで僕が書く方法も、めちゃくちゃ時間掛かるし、すげーしんどいです。そんな勉強法は嫌だなと思う方は、ここで読むのを止めて頂いた方がいいと思います。

《英語の前にまず日本語をどうにかしよう》

もう一つ。英語の勉強の前に押さえておきたいことを書きます。それが、「英語の勉強よりもまず日本語をどうにかしよう」ということです。

例えば、外国人とコミュニケーションを取ることを英語勉強の目標にしたとしましょう。しかしその場合、まず日本人と日本語で「まともに」コミュニケーションが取れなければ、英語をいくら勉強しようが外国人とコミュニケーション取れるようにはならないと思います(ですよね?)。
「まともに」というのはどういうことかと言えば、「仲間内だけで通じる言葉は使わずに」という意味です。

SNSなどが発達して、日常的に近しい人とべったり話し続けられ、価値観の合わない人との会話を出来る限り短くすることが出来るような世の中になりました。そういう世の中では、会話で使われる日本語が圧倒的に省略されていく印象を持っています。「あれ」とか「あの時のやつ」みたいな指示代名詞だけで伝わる内容もたくさんあるでしょうし、「YDK(やれば出来る子)」みたいな、仲間内(あるいはある一定の世代間)でしか通じない造語ばかり使ってコミュニケーションをしていることが多いのではないかと思います。今では、「LINEのスタンプ」みたいな、もはや文字ですらないものでコミュニケーションが行われていますし。
こういうコミュニケーションばかりしている人は、普段喋っていないタイプの相手と、仲間内の言葉が使えない場で喋るのが苦手だったりしないでしょうか?

「あれ」とか「YDK」みたいな言葉が通じない(あるいは、マナーとして使うのに差し障りを感じる)ような場所でもきちんとコミュニケーション出来るような日本語力がなければ(=日本語におけるコミュニケーション能力が低ければ)、「英語」という言語をどれだけ勉強しても、「英語でコミュニケーションする」という目標に達するのは困難だろうと思います。

当たり前のことですが、「日本語で出来ないこと」は、たとえ「英語」という言語を学んだところで、英語で出来るようにはなりません。たとえば、日本語でうまくプレゼンテーションが出来ない人が、英語を学んだだけで突然プレゼンテーションが出来るようにならないでしょう。日本語の本を読むのが苦手な人は、そもそも「文章を読むこと」が苦手なわけで、いくら英語を学んでも「英語を読める」ようにはならないでしょう。日本語で出来なければ、英語でもそれは出来ません。英語の勉強を続けていても、どうも英語力が伸びないと感じている方。もしかしたらそれは、「英語の勉強の仕方」に問題があるだけではなく、「日本語力」の問題もあるかもしれません。母国語をある程度自在に操れるようにならなければ、異国語を操るようになるのは難しそうだと理解できるでしょう。

英語を学びたい方、いずれ英語を学ぼうと思っている方。そのためには「日本語力」もかなり重要であるということを覚えておいてください。


《英語勉強法 オススメの本》

まず、オススメの本を一冊ご紹介しましょう。

森沢洋介「英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法」(同じ内容がこちらのブログで読めます http://homepage3.nifty.com/mutuno/index.html

英語の勉強法は、この本を読めば十分だと思います。はい。以上。

と言いたいところですが、僕自身もこの本に書いてあるまったくその通りにやっているわけではなく、読んだことを元に自分なりにアレンジしていたりします。なので、僕がどうやったのかは後々書きますが、本当にこの森沢氏の本(ブログ)は一読の価値があります。

多くの英語勉強法は「簡単さ」や「短期間」などを謳いますが、森沢氏は、英語の勉強は時間の掛かるものだと主張します(「英語の勉強は時間が掛かる」と言っている人の意見だけ信用することをオススメします)。
また、パラパラとしか読んでいませんが、小説家の清涼院流水氏の英語勉強本も良いと思いました。適切なやり方で時間を掛ければ誰でも英語は出来るようになるというのを、まさに自ら実践した人で(英語が全然できなかったところから、何年かの勉強を経てTOEIC990点満点を取るまでになった人です)、実戦的なことが書かれていると感じます。

《英語勉強法の基本》

英語勉強本にいくつか目を通してみると、方法論や具体的な手法はともかく、メインとなる部分はどの本も大体同じことが書いてあります。それをまとめると、以下の4つになります。

◯ 発音を重視しながら単語を暗記する
◯ 文法を学ぶ
◯ 読めば意味が分かる英文を繰り返し音読する
◯ 読めば意味が分かる英文を繰り返しリスニングする

この4つを適切に徹底的にやれば、基本的に英語力は伸びるでしょう。逆に言えば、これら4つから面倒がって逃げていれば、どれだけ時間を費やしても英語がまともに出来るようにはならないでしょう。


《英語に限らず、勉強の際の基本》

ここで一旦、勉強全般の話を書いてみます。

学生時代に勉強する習慣があった人にはたぶん当たり前の話でしょうが、そうではない方もいるでしょうから、そもそも「勉強」というのをどんな風に進めていくべきか書いてみます。
とにかく大事なことは、「続けられる勉強法であること」ということです。

僕は別に、どんな勉強法を採用してもいいと思っています。「これしかない!」という、最高にして唯一の勉強方法が存在するわけではありません。ただ、それを長い期間続けることが出来るか、という視点で検討してみることは非常に大事です。
英語に限らずどの勉強でもこの点は非常に重要ですが、英語の勉強に関してはなおのこと重要です。

僕は2014年に、資格の勉強をしまくったと書きました。実際に資格はたくさん取りましたが、現時点で学んだことはかなり忘れてしまっています。しかし、それはある程度織り込み済みではありました。一般的な資格の勉強の場合、「とりあえず試験日まで覚えておけばいい」という形の勉強法を採用することが多いのです。そのため、試験の一定期間後に忘れてしまってもある程度は仕方ないと言えます(そういう勉強法を採用したので)。

しかし英語の場合、「TOEICの点数さえ取れればいい」という方以外は、どういう形でか「使える」ことを目指すのだろうと思います。であれば、ずっと覚えておかなければなりません(試験が終わったからと言って、忘れていいわけではありません)。「試験まで覚えてればいいや」というような勉強の仕方では、「使える」レベルに達するのは相当困難でしょう。

ずっと覚えておいて「使える」ようになるためには、それが「反射」や「習慣」になるぐらい徹底的にやるしかありません。
僕は運動系の部活に所属していたことはほぼないので、これから書くことはあくまでもイメージですが、例えば野球部のことを考えてみます。打たれた打球をピッチャーが取った場合、その後どう処理するか(一塁に投げるのか、ホームに投げるのかなど)は状況によって様々でしょう。それを、毎回(えっと今はこういう状況だから、そうか一塁に投げればいいんだな)と考えて行動していたらアウトはまず取れません。
だから練習の時点で、あらゆる状況を想定して、それぞれの状況に応じて「身体が勝手に動く」ように練習をするのだと思います。

英語の勉強も、このイメージにかなり近いと思います。英語を話す時に、(えーっとこれは過去のことを話すから過去形だな。この動詞は他動詞だから目的語が必要で…)みたいなことを考えていたらまともに話せません。だから勉強の時点で、繰り返し繰り返し音読したりリスニングしたりすることで、それが「反射」「習慣」になるようにしていくわけです。
そのためには、長く長く続けることが必要です。だから、特に英語の勉強法の場合、長く続けられる勉強法を採用すべきなのです。極端な言い方をすれば、長く続けられさえすればどんな勉強法でもいい、と言ってしまっても、あながち暴論ではないかもしれません。

色んな勉強法が提唱されますが、自分が続けられない方法を選んでも仕方がありません。とはいえ、続けられるけど効果の薄いやり方を選んでも進歩は遅くなってしまうだけです。その辺りの見極めは難しいでしょうが、先に挙げたような本を読んだりしながら、自分なりに「自分が長く続けられる勉強法」を見出してみてください。

《具体的な勉強法の前に概要》

先ほども書きましたが、英語の勉強には以下の四つを徹底的に繰り返しやり続けるのが大事だと僕は思います。

◯ 発音を重視しながら単語を暗記する
◯ 文法を学ぶ
◯ 読めば意味が分かる英文を繰り返し音読する
◯ 読めば意味が分かる英文を繰り返しリスニングする

僕なりに、それぞれがどのように大事なのか書いてみたいと思います。

◯ 発音を重視しながら単語を暗記する

まず、単語力は基礎の基礎です。単語を覚えるのは、しんどいしつまらないですが、正直どこかのタイミングでこの難所を乗り越えなければ何も始まりません。
先ほど紹介した森沢洋介氏の本には、「単語はそんなに早くからやらなくても大丈夫」と書かれています。確かに、それはその通りです。「英文の音読」にせよ「英文のリスニング」にせよ、難しい単語が使われていない、中学レベルの文章でひたすら訓練をすればいいので、初めから単語の暗記なんていう苦行をする必要はないです。
とはいえ、英語の学習をしていれば、必ず「単語力」の壁にぶち当たります。どのタイミングで乗り越えなければならないか、という違いだけです。僕は、面倒なことを後回しにするのが嫌いなタイプの人間なので、単語は最初からトップスピードでやりまくりました。

単語力がなければ、話すことはおろか、書くことも読むことも出来ません。戦後しばらくの間、教科書の不適切な部分は黒塗りされていたようですが、単語力がないというのは、そういう黒塗りされた英文を見ているのと同じです。あちこちに黒塗りがあって、見えている部分だけ読んでもさっぱり理解できない、という感じでしょうか。
英語を学習するのであれば、どこかのタイミングで必ず、単語を必死で暗記する段階を踏まなければならないということは覚えておきましょう。

また、「発音を重視する」というのには意味があります。
例えば、英単語のスペルを覚える必要があるかと言えば、僕はないと思います。スペルが必要になる時は「英文を書く時」だと思いますが、英文を書く時はほぼ間違いなく、辞書を使える環境にあると思います。だから、スペルはきっちり覚える必要はないと僕は考えます。しかし、発音はどうでしょうか?発音が必要になるのは「英語を話す時」ですが、こういう場合ほとんど辞書が使える環境にはないでしょう(会話の途中で辞書なんか引いてる余裕はない、という意味です)。単語の暗記はしんどいので、出来る限り覚えることは省略したいものです。「覚えておかないと使いこなせない」という意味で、単語の暗記の際には、かならずセットで発音も覚える必要があると思います。

◯ 文法を学ぶ

英語学習の本を読むと、文法の勉強というのはどうも世間では嫌われているようです。確かに文法は面白くないですが、これもきちんと英語を学ぼうと思ったら絶対に避けては通れないものです。

文法を学ばずに英語を学ぶというのは、野球のルールをまったく何も知らない人が、ルールを一切教わらずにいきなりプレーするみたいなものだと思います。「攻撃と守備が交互にある」とか「打ったら一塁に走る」とか「撃たれたボールをバウンドしないでキャッチ出来たらアウト」みたいな超基本的なルールを一切知らないまま野球の試合に出たらどうなるでしょう?確かにやっていく中で、ある程度理解することは出来るだろうとは思います。(なるほど、3回アウトになれば交代なのか)(あの観客席にボールが入ると1点なのだな)みたいに、徐々にルールは蓄積されるでしょう。けど、(ピッチャーがボールを投げたあとベース間を走る選手と走らない選手がいるけど何が違うんだ?)(バウンドなしでボールを取ればアウトのはずなのになんで今1点入ったんだ?)みたいな、ただ見ているだけでは掴みにくいルールもたくさんあるでしょう。どう考えても、とりあえず座学でもいいから「野球のルール」を一旦頭に入れてから試合に出る方が、みんなが何をやってるか理解できるし、上達も早いでしょう。

英語も同じだと思います。文法を学ばずとも、時間を掛ければいつかは英語は出来るようになるだろうと思います。しかしそれは、野球のルールを知らないで試合に出るような、非常に遠回りな道だと思います。「英語のルール」をとりあえず頭に突っ込んでおく方が、英文に触れた時何がどうなっているのか理解しやすくなるし、頭の中に定着もしやすくなるでしょう。
文法の勉強が面白くないというのはまあその通りなんですけど、英語を学ぶ以上それは仕方ないので、早い段階で基本的な文法はマスターしておくべきだと思います。英語の勉強本には、「中学レベルの文法をきっちり押さえればとりあえず大丈夫」みたいなことが書かれているので、中学レベルの文法は早めに片づけてしまいましょう。

◯ 意味が分かる英文を繰り返し音読する

英語の勉強本をいくつか読みましたが、ほぼ100%どの本にも書いてあったのが「音読」です。音読による英語の学習は、日本が開国して以来の知識人の基本的な学習法でもあり、昔から様々な人がその効果については強く主張しているようです。

音読の効用は、様々な本を読めば色々書いてあるし、僕自身まだ音読の効用を強く実感できるほど量をこなせていないのであまり書きませんが、一つ思うことは、音読を繰り返すことで、「英文を頭から読むクセが付く」ように感じられるということです。

学校や受験勉強での英語の勉強は、「和訳」が中心だったので、日本語訳にうまく合うように後ろの方から返り読みをする癖がついている人が結構いると思います。けど、そんな読み方をしていると、試験の場でもコミュニケ―ションの場でもなかなか使い物になりません。英文は頭からどんどん読んでいく癖をつけなければいけませんが、学校の勉強でついた癖を取るのはなかなか難しいものです。でも、「音読する」という制約を自分に課すと、自然と頭から英文を読もうという意識になります(やってみればわかると思いますが、英文を音読しながら同時に返り読みをするのは、相当難しいと思います)。
僕自身が強く実感できる効用はいまのところこれぐらいですが、音読はあらゆる人が「絶対にするべき勉強法」と太鼓判を押すので、僕自身はそれを信じて音読を続けます。

もちろん、効果の薄いやり方をしては意味がありません。音読において大事なことは、「意味が分かる英文」を繰り返し音読する、ということです。
詳しいことは、森沢洋介氏の「音読パッケージ」という参考書を読んで欲しいのですが(「音読パッケージ」シリーズはそれぞれ、巻頭に詳細なやり方が書いてあります)、読んでも意味の分からない英文を音読しても意味がありません。この点についても、僕が目にした範囲では、本の中で大体の人が同じことを言っていました。
大学受験に出てくるような難しい英文は止めて、中学生の教科書に出てくるような簡単な英文で繰り返し音読をしましょう。

また、次項でも書きますが、「音読」は「リスニング」の勉強にもなると僕は思っています。「リスニング」の能力を、「英文を聞くこと」だけで伸ばそうとするのはなかなか難しいんじゃないかというのが僕の感触です。

◯ 読めば意味が分かる英文を繰り返しリスニングする

リスニングの重要性は、英語を勉強しようとしている人は大体分かっているでしょう。僕もそうですが、大体みんな苦手ですもんね、リスニング。
これについても、効果の薄いやり方をしては無駄な時間を過ごしてしまいます。こちらも音読と同様で、「読めば意味が分かる英文」を使うというのが大事です。

後々でも書くつもりですが、「リスニング」と言う行為は、二つに分解することが出来ます。一つは、「①言っていることを聞き取ること」、もう一つは「②聞き取った英文を理解すること」です。もちろんこれは同時に行うわけですが、英文が難しい(英文を目で読んでも理解できない)場合、たとえ①をクリアできたとしても②の段階で躓きます(もちろん実際には、読んで意味のわからない英文は、ただ聞き取ることさえも難しいわけですが、それはともかくとして)。①と②は両方とも訓練しなければならないんですが、②の力は音読によっても磨くことが出来ます(英文を読んで理解できる、というのは、まさに音読で訓練できるポイントですよね)。「英文を聞く」訓練では、聞くことに特化した部分(つまり①の部分)を徹底的に磨きましょう。そのためには、「読めば意味が分かる英文」を使うことが非常に重要だと思います。

僕の経験の話をします。僕はリスニングの訓練でも、森沢洋介氏の「音読パッケージ」という本を使ったのですが(この本は、音読とリスニングが同時に出来るよ、というのがウリなのです)、やり始めた時かなり愕然としました。初めはテキストを一切見ずに、音だけで理解しようとするんですが、これがまったく聞き取れないんです(聞き取れないというか、「音読パッケージ」で推奨されている「リピーティング」が出来ない、という感じなんですが)。で、何度聞いてももうわからないというところまでき聞いた後で英文を見ると、メチャクチャ簡単な英文なわけです。「こんな簡単な英文も聞き取れないのか!」とマジで凹みました。

簡単な英文でリスニングの訓練をしてもあんまり意味がないのでは…と思っている方。どんなテキストでもいいですから、中学レベルの英文でリスニングをやってみてください。大体の意味は分かっても、細部まできちんと聞こうとすると、結構苦労することになるんじゃないかと思います(僕は当初、「a」や「that」、「her」「it」と言った、強く発音されない単語が本当に聞き取れなくて非常に苦労しました)。

《具体的な僕のやり方》

そんなわけで、長々と書きましたが、ようやくここから、僕が具体的にどんな風に勉強を進めていったのかを書いていこうと思います。

◯ 発音を重視しながら単語を暗記する

僕がメインで使っていたのは「DUO3.0」です。英語学習においては必ず名前が挙がると言っていい、定番中の定番単語帳と言えるでしょう。

DUOの特徴は、2600語の単語・熟語が560本の英文にまとまっている、ということです。つまり、560本の英文をすべて覚えられれば、2600語の単語・熟語を暗記出来たことになります。この2600語には、「he」とか「it」のような超基本単語は含まれていないので、そういう中学までに習うような超基本単語も含めれば、この1冊で5000語程度の語彙力を獲得することが出来るという優れものです。
この「英文を覚えることで単語を暗記する」というスタイルは、非常にいいなと僕は感じました。何故なら、「英語を使う」という目的に照らして考えた場合、単語を単語単体で覚えるやり方では、「使える」ようにはならないと思うからです。

例えば日本語で考えてみましょう。
「いみじくも」という言葉があります。この「いみじくも」を使って短文を作ってくださいと言われた時、パッと作れる人はどれぐらいいるでしょうか?僕は、しばらく考えれば出てくるかもしれないけど、ちょっと難しいなぁ、と感じます。
さて、「いみじくも」というのは辞書で調べると、「非常にうまく・適切に」という意味だそうです。さてでは、この意味を知った今、短文を作れるという方はいるでしょうか?これもなかなか難しいでしょう。何故なら、「いみじくも」という単語はなかなか日常で使わないが故に、出来上がった文章は、「「非常にうまく」とか「適切に」って言えばいいのに」と思われてしまうようなものになる可能性が高いでしょう。「このプリクラ機はこのゲームセンターにいみじくも似合っている」みたいな日本語は、間違いじゃないかもだけど、違和感があるでしょう。簡単に言えば、「しっくりこない文章」ということです。
辞書にはこんな例文が載っていました。「暑さ寒さも彼岸まで、とはいみじくもいったものだ」確かに、こういう表現は聞き覚えがあるような気がします。

さて、英文を覚えて単語を覚えるというのは、「この暑さ寒さも彼岸まで、とはいみじくもいったものだ」という日本文を覚えることで「いみじくも」という単語を覚えるということです。こうすることで、「単語の意味」だけではなく、「使い方」も覚えることが出来ます。
「いみじくも」は、日常的に使う言葉ではないので例として適切ではないかもしれませんが、でも僕らは、英語を学ぶとなれば見たことない単語に山ほど出会うことになります。そういう時、「いみじくも=非常に・うまく」みたいに意味を覚えているだけだと、読む際には活用できるかもしれませんが、喋ったり書いたりする際には知識として活用するのは難しいと思います。

もちろん単語の覚え方は人それぞれなので、自分に合ったやり方をセレクトするべきですが、「意味」「発音」だけでなく「使い方」も同時に覚えられる「DUO3.0」は個人的にオススメです。

DUOをどう使った具体的に書きましょう。基本的に、二つのステップに分けました。

①560本の英文の暗記
②派生語の暗記

ただ、いきなり「①560本の英文の暗記」をやるのは、相当大変です。僕は平日に毎日10本ずつ覚えて、3か月ちょっとで覚えましたが、それはそれは苦行のような毎日でした。しかも後で書きますが、毎週末に復習もします。もう、メチャクチャ大変です。
DUOの使い方をネットで調べると、「とりあえずまずはCDを聴きつづけなさい」というアドバイスが出てきます(DUOの冒頭にもそう書かれています)。僕は「最速で目的地に辿り着くため」なら苦行のような勉強でも続けられますが、普通の人にはなかなか難しいと思います。ここは皆さんのアドバイスにしたがって、まずCDから入るのが良いと思います(とはいえ、いずれ560本の英文を暗記することには変わりありません)。

僕のやり方を書いておきましょう。DUOの560本の暗記に限らず、僕の暗記には一定のサイクルがあります。何を覚えるにしても、このサイクルを出来るだけ崩さないことを意識しました。
DUOの場合の一定のサイクルは以下のようになります。

ⅰ)朝から昼に掛けて、平日毎日10本覚える(僕は基本的に夜働いていたので、平日のメインの勉強時間は昼でした)
ⅱ)その日家に帰ってから寝るまでの間に、その日覚えた文章を復習する
ⅲ)「平日5日分で覚えたこと」をすべて週末に復習する。さらに、「先週までの分できちんと覚えきれていないもの」を、間違え続ける限り週末に復習し続ける

何を覚えるかによって多少やり方は変えるのですが、他の暗記の場合でもこのような「一週間を単位として、平日に暗記+復習、週末にすべての復習」というサイクルを守り続けました。

DUOの560本の暗記の場合には、
A 朝から昼に掛けて覚えた英文は、一日の中の様々な隙間時間(トイレとか風呂とか電車とか)で思い返す
B 週末の復習は、「その週に覚えたものすべて+それまでで間違えたもの」ではなく、「それまで覚えたものすべて」をやったこと
という点が他とは少し違います。

Aについて。DUOは一つ一つの英文は短いので、復習しようと思えばどんな場所でも復習できます。語学に限らずあらゆる勉強において、「隙間時間をいかに活用するか」が非常に重要になりますが、560本の英文の暗記は、この隙間時間の活用という点で非常に効率よく時間を使えるものでした。

Bについて。これは僕自身の気合いの問題で、とにかくDUOは一気に終わらせてしまいたかったので(単語の暗記はどうやろうと苦行であることには変わらないので、さっさと終わらせたかったのです)、復習をこれでもかというぐらい徹底的にやることで頭に刷り込もうとしたという感じです。

単語に限らずどんな暗記でもそうですが、とにかく「復習」を徹底することが大事です。「何かを暗記しよう」と決めたら、「覚えるサイクル」と同時に「復習するサイクル」も決めましょう。復習を徹底的にやらずに、暗記は完成しません。これは、自分の生活のリズムに合わせて、必ず「続けられるサイクル」を作りましょう。自分の「勉強力」を見極めて、無理のないサイクルを作り出すことが大事です。

そんな風にしてまず、560本の英文を覚えました。

それから次に、「②派生語の暗記」に取り掛かりました。DUOの中で派生語と呼んでいる単語があって、これが2500語ほどあります。これも、毎日6ページ暗記して週末復習、というやり方を繰り返して、やはり3か月ほどで一通り暗記し終わりました。この派生語は、560本の英文の中に登場する単語から派生している単語なので、560本の英文を覚えた後なら、さほど苦労することなく暗記できると思います(時間は掛かりますが)。

最初は「英文を覚える」という形で単語を覚えていたのに対し、派生語の暗記では単語そのものを覚えていくので、自分の中でそれまでとは違った工夫を少ししました。それが、「単語の意味を、出来るだけイメージで捉えること」です。

例えば「clumsy」という単語。「(動きが鈍くて)どじな」「(発言などが)配慮を欠く」「(大きくて)扱いにくい」という意味が載っていますが、僕はこれをまとめて「KYってことだな」とイメージしました。「行動がKY→どじ」「発言がKY→配慮を欠く」「物がKY→扱いにくい」という感じです。日本語訳を丸々覚えると3つの違った意味を覚えなくてはいけませんが、ざっくりと全体を切り取るようなイメージで捉えておくと覚えやすくなります。

また、派生語を学ぶことで単語のイメージがくっきりするというケースも何度もありました。
例えば「medium」という単語。「媒体・メディア」という意味で、発音は「ミーディアム」。これ、肉の焼き方の「ミディアム」と同じなんです。「中位(真ん中くらい)」という意味も載っています。つまり、「メディア」というのは、「真ん中くらいの存在=中立な存在」という意味なんだな、というイメージで捉えることが出来るようになりました。「medium=媒体」とだけ覚えていると、なかなかこのイメージの広がりを捉えることは難しいだろうと思います。

また、前置詞の知識を身につけておくと、特に熟語を理解しやすくなります。
例えば、「tell ~ off」は「叱る」という意味です。「off」という前置詞に「離れて」という意味があることを知っていれば、「周りの人からoffして(離れて)言う」=「周りの人から遠ざけて何か言うんだから、嫌なことを言われるんだろうな」=「叱られるのかな」みたいな連想がしやすくはないでしょうか?

僕は、DUOと同時並行で、「イメージ英語革命」という本も進めていきました。この本は前置詞をイメージで捉えていく本で、様々な前置詞に対して英語ネイティブがどんな感触を持っているのかを非常に丁寧に説明してくれます。僕はこの本に載っている英文を短期間に繰り返し音読して暗記することで、それぞれの前置詞が持つイメージを頭に叩き込みました。暗記した英文はすぐに忘れてしまったのですが、暗記する過程で前置詞のイメージを十分に捉えることが出来たので、有意義な勉強だったと思っています。
後でも触れる「一億人の英文法」という本にも、同じように前置詞のイメージが載っているページがありますが(同じ著者の本なので)、先に前置詞だけガツンと頭に突っ込んでおくと、特に熟語の暗記に役立つと思います。


◯ 文法を学ぶ

文法については、「瞬間英作文」と「一億人の英文法」を使いました。

「瞬間英作文」は、英語の勉強本では非常に定評のある本ですが、別に文法の本というわけではありません。後々書きますが、簡単な英文を瞬時に口から出す訓練に使うものです(左ページに日本語文、右ページに英文があり、日本語文を見て瞬時に英訳していく、という訓練です)。しかし、「瞬間英作文」の一番最初のシリーズ(以後「瞬間英作文1」と表記します)は、中学1年から3年までで習う文法知識のみを使った英文が出てくるので、この「瞬間英作文1」を本に書いてある通りにやりこめば、中学レベルの文法知識を復習することが出来ます。
正直僕は、英語の勉強は十数年ぶりだったので、文法的な知識は結構歯抜け状態になっていました。「瞬間英作文1」を徹底的にやり込んで、まず文法の基礎固めをしました。
結局僕は「瞬間英作文1」を7周ぐらいやったような気がします。これぐらいやると、さすがに日本語文を見ればパッと英文が出てくるようになります。

とはいえ、この「瞬間英作文1」で中学レベルの文法知識をおさらいできるのは、中学時代に英語をきちんとやっていた人だけです。中学時代に英語の勉強をサボっていたという方は、中学の文法をまとめて書いてあるような本を一冊読み通した方がいいかもしれません(僕自身がそういう本を使ったわけではないので、具体的なテキスト類のオススメはありませんが)。

それから、やはり英語の勉強本で非常に評判の良い「一億人の英文法」という本に取り掛かりました。この本はこれまでの文法書と違い、「話すための文法書」と銘打たれています。文法的な知識が羅列されている無味乾燥な内容ではなく、ネイティブがどんな気持ちで英語を話しているのかという部分にまで踏み込んで解説をしている本です。
「一億人の英文法」は、文法書としては異例だと思いますが、収録されている英文の「音読」を推奨しています。何度も音読することによって頭に刷り込んでいく。DUOで英文を覚えることで単語を覚えたように、文法もゴリゴリ暗記するのではなくて、英文を音読することで文法知識を頭に入れていく。そんな本になっています。

僕はこの「一億人の英文法」を、こんな風に使いました。

ⅰ)まず頭から一通り読む(10日ぐらい掛かりました)
ⅱ)本の中に大量に収録されている英文の中から、自分の直感で「覚えようと思う英文」をピックアップして、チェックペン(シートを載せると隠れるやつ)を引く
ⅲ)選んだ英文を暗唱(日本語訳を見て英訳できるようにする)→復習する(4カ月近く掛かりました)

ⅰ)はいいでしょう。最後までとりあえず一旦読み切って、高校時代の文法知識も含めて、自分の中の虫食い状態を均していきます。ただこれも、先ほどと同じで、高校時代に英語の勉強をサボっていた人は、なかなかこの本を10日程度では読み切れないのではないかと思います。サボった自分が悪いのだと思って、時間を掛けて理解していきましょう。

問題はⅱ)ⅲ)です。何故英文の暗唱をしようと思ったのか。
この本では「音読」が推奨されていますが、音読というのはかなり何度も繰り返して、頭に刷り込むようにしていかないと効果がないだろうと僕は感じています。だったら、英文を暗記するぐらいの気持ちで読めば、音読を何度も繰り返したのと同じような効果が得られるんじゃないか、と考えました(やはり、文法の暗記は面倒なので、さっさと終わらせてしまいたいという気持ちが働いています)。

「瞬間英作文1」を繰り返しやった経験も、「短文の暗唱」という勉強法に対してポジティブになった理由でもあります。日本語訳を見てすぐに英訳するというのは、「英語で話す」時に絶対的に必要となる力です。「瞬間英作文1」はその力を伸ばすための訓練ができる本ですが、それを繰り返しやることで「短文の暗唱」の効果を様々に感じたので、他の本でも同様に続けてみようと思ったのでした。

「一億人の英文法」も「瞬間英作文1」と同様、難しい単語などはほとんど出てきません。その英文で覚えるべき文法事項以外の部分でストレスを感じることがないので、「短文の暗唱」をしやすいテキストだと言えます。

文法についてやったことはこれぐらいです(穴埋め式の文法の問題集を初めの内は少し解いたりしてたんですけど、すぐ使わなくなりました。なぜなら、穴埋め式の問題が解けたところで、「英語を使う」という目的の役に立たないように感じたからです)。

ここで少し脱線して「短文の暗唱の効果」について僕が思う事について書いてみようと思います。

ⅰ)「自分の頭の中で疑似的に文章を作りだす」という訓練が出来る
ⅱ)「a」と「the」の違いや、前置詞の選択の仕方など、ただ音読するだけではスルーしてしまう部分にも気を配れる
ⅲ)「知っている英文」がどんどん脳内に蓄積されるので、リーディングやリスニングにも効果的

ⅰ)については分かりやすいと思います。実際には、ある程度暗記もしているので、「完全に英作文をしている」わけではないのですが、しかし完全に暗記なわけでもありません。というのも、ちゃんと数えてはいませんが、例えば「一億人の英文法」の中で僕が暗唱しようと決めた英文は、2000~3000本ぐらいはあると思います。これを、完全に暗記するのは、どう考えても無理です。この、「半分暗記・半分英作文」と言うやり方が、0から英作文をするのに比べて負担がかなり減るため、繰り返し続けることができます。

そして繰り返すことで、疑似的にだけど「自分の頭の中で英文を作り出す」という訓練になっていきます。「英語を喋る訓練」は、外国人が目の前にいなければ出来ないイメージもあるでしょうけど、その準備段階の訓練なら、「短文の暗唱」とうやり方でいくらでも訓練できます。

ⅱ)については、やっていく中で実感していった効果です。例えば「a」や「the」などの冠詞は日本人には馴染みが薄く、なかなか定着させるのが難しいです。英文をただ音読しているだけでは、馴染みが薄いが故に、「a」なのか「the」なのかみたいな部分への意識は結構薄くなりがちです。前置詞の選択に対してもそうで、音読しているだけだと、「to」なのか「with」なのかみたいな部分への意識は薄くなりがちです。
暗記・暗唱しようとする場合、(ここは「a」だっけ?「the」だっけ?)(この動詞の後に付く前置詞って「to」だっけ?「with」だっけ?)とみたいな部分について、自分自身でかなり意識しないとできません。これを繰り返していくと、音読する際にも自然と、冠詞や前置詞に注目する癖が付きます。

DUOの場合は、英文をずっと覚えていることを主眼にして暗記を続けましたが(そもそも「単語を覚えること」が目的なので)、「一億人の英文法」など他の「短文の暗唱」では、そこまでの精度は求めませんでした。僕が目指したのは「とりあえず一旦頭に入れる」ということで、最終的に忘れてしまっても構わない、という意識を持っていました。「とりあえず一旦頭に入れる」という意識だけでも、英文を細かく見る癖が付くので、僕はこのやり方は有効だと感じます。

ⅲ)については少し説明が必要かもしれません。
リーディングに関してはイメージが付きやすいかもしれません。英語を勉強し始めた頃は、すべての英文が見知らない英文ですが、勉強を続けて行くと知っている英文が増えてきます。知っている英文が増えてくると、知ってる部分についてはざっと読めるようになります。「This is a pen.」という英文をいちいち「これはペンです」と訳さなくても英文が読めるようになるので、読むスピードが上がります。

いつも同じ話ばっかりするお爺ちゃんの話を聞く心優しい孫がいるとします。この孫は、同じ話を何度も聞いているので、実際にはお爺ちゃんの話を全然聞いてなくても、途中で「聞いてるのか?」と突っ込まれても対応可能でしょう。「聞かなくても分かる」のです。知っている英文が増えるというのは、そういうのに似ています。「読まなくても分かる」という状態になる、ということです。
「短文の暗唱」は、知っている英文を強制的に増やすやり方です。そういう意味でこれはリーディングに効果があると思います。

さてもう一方のリスニングについてです。これはまず、僕自身の話から始めたいと思います。

英語の勉強を本格的に始めるまで、僕は英語のリスニングが苦手でした。そしてそこにはいくつか理由があると自分なりに分析しました。「単語不足」や「訓練不足」など色々ありますが、自分が分析した中に、「聞いて理解できたはずの英文を脳内に保持出来ない」というのがありました。どういうことか分かるでしょうか?

リスニングは、実際の会話でも試験でも、大体において複数の英文が続きます。5つの英文で構成されたものを聞き取らなければならないとしましょう。この時、「英文1」は聞き取れています。けど、「英文2」が流れてきた時点でもう「英文1」は頭から消えてしまうんです。これは「英文3」「英文4」と続くに従って同じ現象が続きます。結局5つの英文を聞き終わった時には、いくつかのキーワードと、「英文5」ぐらいしか覚えていないことになります。

問題は、これは「聞き取る能力」の問題ではない、ということです。何故なら、「英文1~4」まで、それを聞いた瞬間には理解できたと感じているからです。けど、次から次へと英文が来るので、先に聞き取れたはずの英文が脳内から消えてしまう。だから結局、前半はキーワードしか覚えていられず、後半の英文しか頭に残らないということになります。

「短文の暗唱」を続けて行く中で僕は、この問題が徐々に解消されていく感じを受けました。自分の頭で英文を作る回路を訓練し続けると、その回路が、聞き取った英文を保持するのにも役立つことに気づいたのです。イメージ出来るでしょうか?

例えば、レシピを読むのは大好きだけどまだ包丁を握らせてもらえないから料理をしたことがない、という女の子がいるとしましょう。レシピは読んでいるので、調理法の基本的な用語は知っていますが、実際に調理をしたことはない、という状態です。この女の子が、ラジオで料理の作り方を聞きながら初めて料理をする、という状況を考えてみます。この女の子は、ラジオで説明される調理法は理解できますが、調理経験がないため、説明されたことをすぐに具体的な動作に変換できないのではないでしょうか?その状態で次々に説明が続くと、ついていけなくなってしまうのではないでしょうか。調理経験があればきっと、ラジオで音声だけで説明されてもきっと、同時並行で調理を続けられるでしょう。こんなイメージなんですけど、伝わるでしょうか?

「英作文の能力」を身につけることで、「脳内での英文の保持能力」がアップするというのは、僕が勉強している中で気づいた一番大きな発見だったかもしれません。

「短文の暗唱」の訓練では、他にも「たった「80単語」!読むだけで「英語脳」になる本」という本も使いました。こちらも、1200本弱の英文が収録されていて、ひたすら暗記・暗唱をしていました(とはいえ結局、かなり最初の方で「80単語」の勉強は止めざるを得なくなりましたが)。最初の半年は、「リスニングの訓練」と「短文の暗唱(DUOの英文の暗記もここに含めるとすれば)」ばっかりやっていた感じです。個人的には、この「短文の暗唱」が、僕の色んな英語力を伸ばしてくれたと感じています。

◯ 読めば意味が分かる英文を繰り返し音読する
◯ 読めば意味が分かる英文を繰り返しリスニングする

「音読」と「リスニング」に関しては、森沢洋介氏の「音読パッケージ」という本を使いました。ちょっと前にも話に出しましたが、この本は「音読」と「リスニング」を一つのサイクルで繰り返せるように設計されている本で、難易度別に3種類本があります。一番初級のレベルのものは、使われている単語も文法知識もかなり易しく、他の要素に煩わされることなく「聞く能力」を徹底的に訓練することが出来ます。
森沢洋介氏の本は大抵どれもそうだと思いますが、冒頭にその本の使い方が詳細に書かれています。なので具体的なやり方についてはそれを参考にして、自分なりにアレンジしてもらえたらいいと思います。

「音読パッケージ」の基本姿勢はシンプルです。とにかく「英文を覚えるぐらい繰り返し口から出せ」ということです。森沢洋介氏は、同じ英文を100回ぐらい繰り返し読め、というようなことを書いています(もちろん、現実に100回はしんどいので、30~50回でも良いと思うと書かれていますが)。「音読パッケージ」は、「音読」「リピーティング」「シャドウイング」など、いくつかのやり方を組み合わせることで、トータルで結構な回数英文を音読させるようにプログラムが組まれています。取り組む人のレベル別に、繰り返す回数の目安なども書かれているので参考にしてください。
僕は、時間もなかったし、横着なので、書かれている回数よりも少な目にしかやりませんでしたが、「テキストを見ずにリピーティングが出来れば完成と思ってよし」と書かれているので、自分なりに終了のタイミングを見極められるのも良いと思います。

また、これも前述しましたけど、「リスニング」というのはただ「聞く能力」のことだけではありません。聞けるというだけではまだ、「目の前に英文がある状態」に過ぎません。その目の前にある英文を読解できなければ「英語を耳で聞いて理解する」ということにならないのですから、「リーディング」の能力も疎かにしてはいけません。そして「リーディング」の能力のためには「単語」と「文法」が欠かせないのですから、これらの勉強を怠ってもいけないのです。ふぅ、英語の勉強というのはなかなか大変ですね…。

TOEIC絡みの本をパラパラ読んでいると、「リーディングよりリスニングの方が伸びやすい」と書かれているし、ある英語の勉強本には、「ライティングやスピーキングはどうしてもネイティブに敵うレベルまでは達しないが、リスニングだけはネイティブレベルまで高めることが出来る」と書かれています。繰り返しの訓練は結構キツイですが、成果が出やすいはずですし、実際的にも使える能力が身につくと思うので、「これは筋トレなんだ」みたいに思って頑張ってみてください。

また、「音読」には、「速読英単語」を使いました(大学受験で使った人もいるでしょう)。これは、隙間時間が出来る度に埋め合わせのように使えるので、非常に便利です。「音読」しつつ「単語」も覚えられるので、常にバッグの中に入れておくとか、部屋の片隅においておくとかしておくと、時間が有効に使えて良いと思います。


さて、実際に僕が勉強出来たのは、大体この辺りまでです。僕自身の様々な状況の変化もあって(仕事や住む場所が変わることになって、その準備などもろもろ大変でした)、英語の勉強になかなか時間を割くことが出来なくなり、自分でも中途半端だなと思いながら、勉強しまくる時期というのは一旦この辺りでストップしました。まだまだやりたいことはたくさんあったのですが、まあ仕方ありません。
これ以降も、勉強時間は減るでしょうが、少しずつ英語の勉強は続けていくつもりです。これ以降は、「音読パッケージを続ける」「速読英単語を音読し続ける」「洋書などの英文を読む」などを続けていこうと思っています。

TOEICの点数をそこまで上げられたわけではないので、ここで僕が書いた勉強法が良い勉強法であるかどうかは分かりません。ただ、何度も書きましたが、どうやっても英語の勉強は時間が掛かるものです(短期間で英語が出来るようになった人というのは、ほとんどの人が天才なんだと僕は思っています)。焦らず、必要なことを着実にこなしていくように努力しましょう。

これから英語が必要な世の中になるか、それは僕にはよく分かりません。もしかしたら、英語ではなく、中国語やスペイン語などを学ぶ方が有益かもしれないし、語学の勉強よりもプログラミングを学ぶ方が意味があるかもしれません。自分が目指すべき道が決まっていて、それに必要な勉強があるならばそちらを優先させるべきでしょう。
とはいえ、英語の勉強はスタートしやすい勉強です。様々なテキスト類や音源が揃っていて、さらにそれらのテキスト・音源に対する評価もかなり定まったものが存在します。数学のような論理的な思考力が必要とされるわけではなく、筋トレのように繰り返しを徹底的に続けることで身につくものです。特に差し迫って学ぶ事柄がない人には、英語の勉強に手をつけてみるというのは、英語を学ぶということ以外にも役立つのではないかと感じられました。

英語の勉強を始めようという方に、このブログが少しでも役に経ちますように。
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2906-94891088

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
12位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)