黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

「天空の蜂」を観に行きました

1995年8月8日。その日錦重工業の湯原は、自らが開発者として携わったヘリ「CH-50J(通称:ビッグB)」の納入式に家族を連れてきていた。日本初の、コンピュータによる自動制御が搭載された自衛隊用ヘリだ。この5年間、湯原は開発のことばかりに関わっていて家庭を顧みず、妻と息子との関係は冷えきっている。湯原は、技術者としてこの開発に携わったことに誇りを持つ一方で、「俺が良い父親になれる可能性はゼロだ」と、自身の父親としてのあり方をばっさりと切り捨てる。
納入式を待つ湯原は、信じられない光景を目にすることになる。なんと、式典会場に置かれていたはずのビッグBが動いており、さらになんと、息子の高彦が中に乗っているのだ。あと一歩のところで息子を下ろすことが出来なかった湯原は嘆きつつも、何故こんなことが起こったのだと呆然としている。
ビッグBが向かった先は、考えうる限り最悪の場所だった。
福井県敦賀市にある、高速増殖原型炉<新陽>。その原子炉の真上に、ビッグBはホバリングしているのだ。

『日本の原発を、全て破棄せよ。従わなければ、大量の爆発物を積んだビッグBを原子炉に墜落させる。燃料が無くなるまで、あと8時間。貴方がたの賢明な決断に期待する。 ””天空の蜂』

”天空の蜂”を名乗る人物からのFAXに、日本中は大混乱に陥る。<新陽>の原子炉がもし破壊されれば、原子炉を中心に半径250kmの範囲を、向こう数百年捨てなければならないかもしれない。さらにビッグBには、湯原の息子・高彦が乗ったままだ。警察は、自衛隊は、技術者は、刑事は、国は、そして国民は…この国を、救うことが出来るのだろうか?

というような話です。

とんでもない映画でした。これは、全日本人が観た方がいい映画だと思いました。

なんて書くと、小難しかったり、社会派っぽすぎたりするのかなと思わせるかもしれませんが、そんなことはありません。まずこの映画は、エンタメ作品としてメチャクチャ面白く観ることが出来ます。
物語の設定だけでも、この物語の凄さは少しは伝わるのではないかと思います。乗っ取られたヘリが、稼働中の原子炉の上にあり、落ちれば日本の息の根が止まる可能性がある。僕らは、9.11の記憶を持っているので、現実にありえないことが起こることを知っているわけですが、しかしこれほどまでにスケールの大きなテロは、物語の中でさえそうそう見つけることは難しいでしょう。
さらに物語を緊迫させるのが、8時間というリミット。もちろん物語的に、過去の回想などもあるので、厳密に8時間の出来事だけを追った物語ではないのだけど、主軸となる物語はたったの8時間の出来事です。この8時間で、日本の未来が決すると言っても過言ではない。緊迫感は否が応でも高まっていきます。
さらに、エンタメ作品として観た場合、高彦君の救助作戦はまさに圧巻と言っていいでしょう。具体的には書きませんが、とんでもない作戦が展開されます。作中で、自衛隊では前代未聞の作戦と語られますが、そりゃあそうだろうと言う感じがします。犯人の出した要求をすべて満たした上で展開できる唯一の作戦が採用されたわけですが、もう無茶苦茶です。何度も、あぁもうこれはダメだ、って思いました。
原作を読んだのは大分昔なので、詳しいことは覚えていませんが、この救助作戦は映画でもほとんど同じ形で描かれていると思いました。ただ、少なくともこの救助シーンに関しては、小説よりも映画の方が圧倒的に緊迫感があります。文字ではなかなかイメージしにくかった救助作戦(自衛隊でさえ前代未聞の作戦なんだから、無理もないですね)を、映像でバーンと見せられると、その凄まじさに息を飲みます。
この救助作戦を観て、(現実の世界でこれと同じ作戦をしたわけではないということは当然分かっているのだけど)、「自衛隊って凄いな」と感じました。隊員にしても、訓練もなしでいきなり現場に突っ込まれるわけで、「無理です!」と音を上げます。でも、彼らはそれをやり遂げます。自衛隊の活躍が大々的に報じられる機会が時々ありますが、自衛隊員がどんな気持ちでその任務に従事しているのか、そういう部分まで踏み込んで想像してみる機会はそうありません。この映画で、自衛隊員のその無尽蔵の使命感みたいなものが大きく描かれていて、様々な議論にさらされる自衛隊という組織の凄まじさを感じました。この「自衛隊の使命感」は、物語のラストにも繋がっていく部分で、このラストがまたいいんです、ホント。映画の中で扱ったすべてのテーマを一箇所に凝縮したかのようなラストは、この壮大過ぎて収めどころに迷う物語を「個人の物語」として閉じるのに非常に大きな役割を果たしていると感じました。
また、スペクタクル的な側面ではありませんが、物語に色を添えるという意味では、刑事二人による捜査のパートは結構好きです。若手と古株のコンビが、ヘリのハイジャック犯を追い詰めるわけなんですけど、若い方の刑事がいい味を出してるし、コンビを組む古株の柄本明とのコンビは絶妙です。「これが俺たちの仕事だ!」と古株が若手に怒鳴る場面があります。若手には、自分のやっていることが犯人に結びつくとは思えず投げやりになりそうになるのですが、それを古株が一喝するのです。終始泥臭さの中で手探りで犯人を追うこのパートは、物語の全体の緩急という意味でも重要ではないかと思いました(他のパートは大体ずっと緊迫しているので)。ついに犯人と思しき人物の名前が判明する場面では、(その瞬間には分からなかったのだけど、後から考えて)なるほどだから古株はそいつを犯人だと思えたのかと思えるようなちょっとした仕掛けもあるし、それが結局”蜂”というコードネームの背景にあるものとも繋がっていくわけで、うまく出来てるなぁ、と思うわけです。
さて、この映画は、家族の物語でもあります。
物語の主役級の人物として、ビッグBの開発者である湯原と、<新陽>の対策本部に常駐することになる、<新陽>の設計担当者である三島が出てくるが、この二人は同期であり、そして、共に家族との難しい関わりを抱えている。
湯原は、上空800mのビッグBに息子が囚われているという状況の中で初めて、「自分にとって大切なもの」の存在に気づく。

『あなたは、自分が100%の責任を負えないものからは、逃げるのよ』

湯原は妻に、そう言及される。湯原には、そう言われる心当たりがあり、そのことに三島も関わっている。同期でありながら、今ひとつ協力体制を作れないでいる二人だが、三島は湯原に、「家族を守れない人間に、父親の資格はない」と厳しいことを言う。

『家族って、血を流してのたうち回って、ようやく手に入れられるものなのよ』

湯原は、ビッグBの開発にかまけて、ただ言い訳を続けてきただけの人生に気付かされる。

『俺は、俺なりのやり方で家族を守ろうとしてきたつもりだ。でも、俺には想像力が足りなかった』

物語の序盤で、ほとんど壊れかけていた家族が、この不幸な事件をきっかけとして立ち直っていく。息子のことをまるで知らなかった自分にも、息子の声をまるで聞こうとしていなかった自分にも気付き、湯原は、技術者として、そして何よりも一人の父親として、この壮大な事件に立ち向かっていく。
三島の物語を描くのはなかなか難しい。何故ならそれは、何故三島が<新陽>の対策本部にいるのかに関わってくるからだ。三島は<新陽>の設計者であって、保守運転を行う技術者ではない。必ずしも現場に必要な人間なわけではない。湯原も、同じ疑問を持ったのだろう。三島にこんな風に尋ねている。

『今日はどうしてここに来たんだ?思い出したからじゃないのか、あの日のことを』

三島は、「当たり前のことをしただけだ」と流すが、三島の、家族に対する様々な葛藤が、この物語の背景にしっかりと横たわっている。
二人の”父親”は、共に技術者として現場で存在感を持つ。しかし、様々な隙間で、この二人の家族の物語が見え隠れし、それが物語を大きく動かしていくことになる。三島はある場面で、「今日気づいたならいいじゃないか」と湯原に言葉を返すが、それは、「気づけなかった自分」を責める言葉でもある。他にも、三島が湯原に発した様々な言葉が、実は、ブーメランのように三島に返ってくるように感じられる場面が多々あった。共に技術者であり父親でもあるこの両者が、物語にどう関わっていくのかも見どころだ。

そしてこの映画は、僕らが生きる社会を、そして僕ら自身をも容赦なく抉り取っていく物語でもある。
この物語の本質的なテーマは「原発」だ。原発の存在抜きに、この映画を語ることは不可能だ。
原発というのは、実に複雑な存在だ。誰がどこから観るのか、どんな経験を経て今何をしているのか。そういう様々な要素が、原発という万華鏡のような存在を様々な姿に見せていく。
僕らはその事実を、3.11の震災の時に嫌というほど思い知った。思い知ったはずだ。僕らは、「安全だ」と言われ続けていた原発が安全ではないことを知り、「放射能」という目に見えないものに怯え、原発がなければ電力が足りなくなると言われながら、原発が稼働しない世界を生きた。東北で震災を直に経験した人や、全国各地の原発周辺に住んでいる人などは、さらに多くの原発の側面を知ることになっただろう。
この映画の原作は、今から20年も前に描かれた。
20年前。原発はどんな存在だっただろう?僕はまだ小学生だったと思うので、原発というものの存在を知っていたかも怪しい(原発のある県に住んでいたわけでもないので)。原発の反対派は当時から活動をしていただろうけど、どうなのだろう、今ほど(3.11の震災後の現在ほど)には、原発の怖さを啓蒙することは出来ていなかっただろうと思う。原発建設による交付金で潤った県はその恩恵を受け、そこで作られた電気で東京の人々は生活を続けいた。
そんな20年前に、この物語は描かれた。
こんな表現は正直したくはないのだけど、東野圭吾は20年も前に、まるで”予言”でもするかのように、原発の未来を、原発が内包する悲惨な未来を、作家的想像力で以って透視していたかのようだ。僕らが、3.11で思い知ることになった原発の様々な側面を、その圧倒的なリーダビリティを持つ物語の中で様々に描き出していた。

一つ書いておく。この映画は、原発のどんな立場にも与していないと僕は感じる。そういう意味で「主張」がある物語ではない。何か特定の「主張」をするのではなく、原発という万華鏡のありとあらゆる側面を見せようとしていると感じる。もちろん、この映画一本で、原発のすべての側面を描ききることが出来るわけではない。しかし、エンタメ映画という、楽しんで観ることが出来る娯楽作品に、これだけ様々な姿を織り込んで、原発というものの有り様を映し出そうとしているところに、この映画を作った人達の矜持のようなものを感じる。表現に従事するものは恐らく、何か表現する際に「3.11」を避けて通れないと感じることが多いのではないかと思う。この映画は、直接的に3.11を描く作品ではないが、3.11の震災が露わにしたものを描き出しているという点で同一直線上にあると感じられる。そういう物語に、表現者としての矜持を感じる。

原発を持つ県民は、原発を、金を落としてくれる存在として、息子を奪う存在として、ただ単に働く場所として、そういう様々な風に見る。地元民の話はそこまで深く描かれることはないのけど、「プルトニウムで飯を食ってる人間」や「床に這いつくばって掃除している」など、物語のところどころで地元と原発の関わりが描かれる。原発を持つ県であるが故に当然、原発関連の仕事をする人間も多い。それがさらに、県民の原発を見る視線を複雑にする。

国は、原発を、どんなことがあっても停めることが出来ない存在と見る。

『避難なんてさせるな。安全性を否定することになるだろうが』
『六ケ所村もようやく着工にこぎつけたところだ。こんなことで蒸し返されたくない』
『(<新陽>の所長に向かって)聞かれたことに技術者として答えていればいいんだ』
『(テレビで)要求には従えないというのが政府の見解です』
『(テレビで)放射性物質が放出されることはありません』

震災時、震災後、果てしなく繰り返された言葉が、この映画の中にも登場する。国の結論は、一つだ。原発政策はなくせないし、原発も廃炉には出来ない。
僕自身は、「原発という技術」に対してはある程度以上の信頼感を持っている。もちろん、科学に絶対はないから、「100%の安全」はありえない。けれども、日本の技術レベルをもってすれば、相当安全度の高い原発を維持することは出来るのだろうと思う。
僕が認められないのは、「原発に関わる、技術者以外の人間」だ。彼らが、「かなり安全な原発」を「全然安全ではない代物」に変えている張本人だと僕は思っている。
いくつか本を読んだだけだから、あくまでも印象に過ぎないけど、今の日本の原発政策では、「安全な原発」を維持することは無理だと思う。技術の問題でも、技術者の問題でもない。技術者以外の人の問題だ。それは、この映画に時折登場する政府筋の人間の言動を見ているだけでも大体理解できる。

『人命より、電気の方が大事なんだ』

この映画は1995年の物語だが、2011年以降、僕らはこのことを如実に思い知らされることになる。3.11で、原発の安全性は崩れた。そして、国が、人の命を蔑ろにしてでも原発政策を進めていこうとしている姿を、僕らは見続けてきた。
彼ら、国の人間の発言には、恐ろしいものを感じさせます。同じ言語を使っているとは思えないほどに。

技術者は、原発を、どうあっても守るべき存在と見る。国の政策がどうなどということとは関係なしに、彼らは技術者の誇りとして、矜持として、また、未来を創っているのだという自負として日々の業務に携わっているし、そういうものの結晶として彼らにとっての原発は存在する。
技術者は、無責任な政府の人間らとはまた違った形で、原発の安全性を疑わない。彼らは、技術的、理論的根拠をもって、原発はどんな事態であってもトラブルを回避しうると信じている。
彼らのその信念を、僕は否定しない。少なくとも、1995年にいる彼ら技術者のことは、否定しない。
しかし僕らは、2015年の世界に生きている。僕らはもう、「原発が絶対安全なわけではないこと」を知ってしまった。技術者は繰り返し、ビッグBが落ちてきた時の対応について語り、「放射能漏れが起こることはない」と言う。安全である、と。しかし、技術者がそういえば言うほど、2015年にいる僕らは、残念な気持ちになる。1995年の彼らには想像しえない現実が、ありとあらゆる想定を飛び越えた事態が起こりうることを、僕らは知ってしまっている。だから、僕は、1995年の技術者の”自信”を垣間見る度に悲しい気持ちになる。
しかし、技術者の矜持は、凄まじいものがある。特に所長のあり方には強い感動を覚える。福島原発事故の際、自らの命をかなぐり捨ててまで現場で指揮を執り続けた吉田所長のノンフィクションを読んだことがあるのだけど、<新陽>の所長のあり様に、吉田所長の姿が重なった。

『原発の安全性を信じるということは、ここで働く人間を信じるということなんです』
『そういう意味で、我々は負けたのかもしれません。しかし、負けて守れるものがあるのなら、私は喜んで負けます』

原発というのは、最先端技術と国の政策のまさに汽水域に存在する。技術だけでも、政策だけでも成り立たない。しかし、何かあれば、どうしても政策の方が強くなる。技術が軽視される。そういう現実を、この所長は何度も飲み込んできたのだろう。それこそ、技術者の矜持だ。自分たちの仕事が誇るべきものであるという信念がなければ、異次元のような世界でやってはいけないだろう。

『ないと困るが、あると疎まれるものがある』

ある人物が、そんなことを言う場面がある。ある人間にとっては”誇り”そのものである原発も、別の人間からすればただの排泄物に過ぎない。

『それでも、<新陽>を守らなければならない』

そう呟く所長の声は、力強い。

最後に二つ。非常に印象的だった場面を書いてこの感想を閉じようと思う。
一つ目は、ある場面でポツリと零されたセリフだ。今この日本を救えるのはあなたしかいないんですよ、と詰め寄られた人物は、こう呟く。

『この国では、原発にヘリが落ちても大丈夫だって言ってるじゃないですか』

これに答えられる者は誰もいない。その通りだからだ。この呟きは、原発という異様な存在が内包する矛盾を鮮やかに取り出して見せたようで印象的だった。

もう一つ。ある人物がこんなことを言う場面がある。

『俺が売ってるのは技術だ。原発じゃない』

物語全体の中で、このセリフだけ、僕はうまく収めどころを見つけられていない。まったく理解できない訳ではない。そう言いたくなる背景が存在することは分かる。分かるけれども、でもなんだか違和感がある。これは、登場人物の誰かの叫びではなく、つまり、フィクション内の誰かの叫びではなくて、現実の世界の誰かの叫びなのではないか、と思ってしまった。

難しいことを考えず、ただエンタメ映画として観ても十分に面白い。その一方で、バリバリの社会派の映画としても骨太で、その融合の仕方が見事だと感じました。600ページを超える原作、原発という複雑なテーマを2時間ちょっとの物語に収めるのは相当に困難だったでしょうが、切り詰めすぎて窮屈過ぎることもなく、非常に見応えのある、濃い映画だと感じました。是非観てください。全日本人が見るべき映画かもしれません。

「天空の蜂」を観に行きました
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2895-52839221

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
5位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)