黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

イカロスレポート(竹田真太郎)

私は大学を途中で辞めているので、各教授陣からレポートの指導を受けることもなかったのだけれど、一応理系の端くれでもあるし、本書に倣って、この感想も結論を頭に述べさせていただきたいと思う。
結論から言おう。
この作品、メチャクチャ面白い。
新宿区の大学に通う、化学科の学生・坂崎基樹は、大学に入ってから「サイクリング同好会」に入り、そこでロードバイクに魅せられた。ありとあらゆることに優先してロードバイクにのめり込む日々を送っていた坂崎は、自転車乗りの宿命としてあることを諦めざるを得なかった。
恋愛である。
坂崎は、自転車乗りと恋愛はベクトルが逆で、恐ろしいぐらい相性が悪いと悟る。恋愛をしたければ自転車を諦めるしかないが、しかしそれは出来ない。そんなモヤモヤした感情を抱えたまま、とにかくひたすら自転車に乗る日々を過ごしていた。
そんなある日のこと。
高校時代の悪友から久々に連絡があった。萩山は、電話では具体的な要件は言わず、坂崎の心をくすぐるかのように「モテたくないか?」とだけ囁き、坂崎を交渉のテーブルへとつかせた。そこで坂崎は、予想もしなかった言葉を聞かされることになる。
「人力飛行機を漕がないか?」
「航空機研究会」に所属する萩山は、いわゆる「鳥人間コンテスト」への出場のためのパイロットを探していたのだ。様々な事情から予定していたパイロットがダメになり、ロードバイクで鍛えた実績を見込まれてのスカウトだった。
正直そこまで乗り気なわけではなかった坂崎だったが、航空機研究会に顔見せに行った時にすべてが変わった。
そこには、天使がいたのだ。
天使は、児島さんという名前を持っていた。坂崎にとって児島さんは、もうありとあらゆる点がドストライクという、超絶好みの女性だったのだ。
パイロットになる。
高校時代、ひょんなことから「イカロス坂崎」と呼ばれていた坂崎基樹にとっての、鳥人間コンテストに至るまでの、これは記録である。
というような話です。
繰り返す。もう、メチャクチャいい作品でした!250ページぐらいの、長編小説としてはちょっと短いかなと思わせる分量ではあるんだけど、ポイントポイントで涙腺が緩む。別にあからさまに泣かせようとしてくるような描写ではないんだけど、なんだか、じんわり広がってくるものがある。ストーリーは単純。鳥人間コンテストを目指す、っていうだけのことなんだけど、そこに坂崎だけではない様々な人間のドラマを盛り込んでいる。そして、そのひとつひとつがとてもいい。正直、新人の作品だしなと、読む前にそれほど期待していなかったという部分も、読後の僕の高評価に繋がっている、という部分ももしかしたらあるかもしれない。僕のこの絶賛の文章を読んでから、ハードルがちょっと上がった状態で読む場合には、またちょっと受け取り方が変わるのかもしれない。それでも僕は、本書の素晴らしさを全力で書きますぜ。
理系の人間らしく、またロードマップらしいきものを先に提示しておこう。僕はこれから本書について、「理系的な視点」と「僕自身の大学時代」について大いに語ろうと思っている。
しかし、誤解を招く恐れがあると判断して、先に書いておく。
本書は、「理系的な視点」が僕に合っていて、さらに描かれている状況が「僕自身の大学時代」と被る「から」面白い、のではない。そうではない。本書はともかく、まず青春小説として素晴らしい出来になっていると思う。理系的な理屈っぽさは時々顔を出すけど、理系の人間じゃないと楽しめない作品なんてことはまったくないし、本書で描かれる大学時代と自分の大学時代が僕ほどに重ならなくても、本書のように何かに打ち込んだり失敗したり恥をかいたりという経験は誰しもがしているだろう。そういう誰もが共感できるような青春らしさに溢れているし、何よりも、登場人物がみんなカッコイイ全員が全員、初めからカッコイイわけじゃないし、最初カッコ良かったはずの人が途中一旦かっこ悪くなったりもするんだけど、でも、最終的にはみんなカッコイイ。しかも、漫画的な、ちょっとそれ超絶的すぎね?みたいな、自分では追いつけないようなかっこよさではなくて、自分でもちょっと意識を変えたらこんなカッコイイ人になれるかも、と思わせるような、手の届くかっこよさだと思うのだ。それがまたいい。超絶的なカッコよさは、思い切り飛躍させてやれば描けるかもしれない。でも本書のような、日常の連続の中で生み出されるようなさりげないカッコよさは、なかなかスマートに描けるものじゃないと思う。
そんなわけで、ちょっと何を言っているのかを見失わない内にもう一回言っておくと、そんなわけで本書は、決して「理系だから」「僕の大学時代と重なるから」面白い、というわけではない。純粋に青春小説として面白くて、さらにそこに積みあげるようにして「理系」「僕自身の大学時代」という要素が加わってさらに僕にとってはグッと来る物語になっている、ということだ。
もう少し先に、「理系」「僕の大学時代」以外のことを書こう。
先ほどの続きになるが、本書の登場人物は本当に皆カッコイイ。坂崎を航空機研究会に引き込んだ萩山、航空機研究会のOBであるハジメさん、ハジメさんの奥さん、坂崎が一目惚れした児島さん、とある理由から共闘することになる篠崎。みんなそれぞれに個性が違って、それぞれの個性の中でカッコよさを体現していく。特に女性の描かれ方が印象的な気がする。篠崎の手際の良さや時には自分をかなぐり捨てることが出来るところ、児島さんがラスト坂崎に叩きこむ、坂崎をしゃんとさせるために放った言葉(これは痺れた)、そしてハジメさんの奥さんのダメな夫への包容力と操縦力。ハジメさんの奥さんの「よく分かってる感じ」は、惚れるわぁって感じしますね。ハジメさんはホントに、この奥さんと結婚して良かった。
しかし、本書の中で誰よりもカッコイイのは、緒方教授だと思う。
正直、オイシイ場面は全部緒方教授がごっそり持っていってる。ちょっとズルすぎるだろ、これは(笑)。
僕自身はまだ、そもそも「大人」にさえなれていない、という自覚があるんだけど、もしちゃんと「大人」になれるのであれば、緒方教授のような大人になりたい。すべてを見透かしているかのような理解力、羽の折れた鳥を庇うような包容力、豊富な知識、自らの恥をさらすことが出来る勇気、先を見越すことが出来る想像力。どれをとっても完璧過ぎる。
緒方教授は、坂崎を車に同乗させながら、「ロードバイクと人力飛行機は全く違うぞ」という。当然、坂崎にも読者にも、その意味はわからない。
しかし、まさにこの問いこそが、本書の重大なテーマであり、「僕自身の大学時代」とも重ね合わせた部分だ。緒方教授と坂崎の関係は、この「ロードバイクと人力飛行機は全く違うぞ」という部分に大半が割かれている。坂崎は己の身を持って、どんな違いをそこに見出すのか。この問いが、現実のものとなって坂崎に突きつけられた時から、物語は急転する。ただ空を飛ぶコンテストに出場する、というだけの物語が、こんなに波瀾万丈になるとは。これは、「主人公がロードバイク乗り」「物語全体が鳥人間コンテスト」という、モチーフのセレクトも見事だったと思います。
さて、本書は、坂崎基樹が実際に書いたレポート、という体裁を取っているのだけど、僕がそうしたように(というか、本書の真似をしただけなんだけど)、本書(というレポート)にも、冒頭に結論が書かれている。それをここに書こう。

『男は皆、イカロスである』

意味が分からないだろう。「イカロス坂崎」という渾名の由来をここで説明してないんだからわかるはずがない。でも、読めば、なるほど確かに、本書はその一点について全力で書き記したレポートだな、と実感することでしょう。
で、ここからが本題である(前置きが長い 笑)
本書は僕にとって、「理系っぽい」「僕自身の大学時代を彷彿とさせる」という二点が加わって、さらに印象深い作品になっている。というわけでまず、理系的な部分から書いてみよう。
「理系っぽい」と言っても、理系的な難しい学問の話が出てくるわけではない。ごくたまーに、エンジンがなんちゃら動力機構がうんちゃら、という話が出てくるけど、わからなかったとしても物語を理解する上では支障はない。ではどんな部分が理系的なのか。
とにかく、理屈っぽいのだ。
そして僕は、そういう思考や会話が好きだ。
どこがどう、ということを説明するのはどうも難しいのだけど、理系ってこういう発想するうよなぁ、とか、理系ってこういう喋り方するよなぁ、という部分が、なんか凄く分かるのだ。自分の内側に何かモヤモヤしたものがあった時、どうにかそれに理屈をつけて納得しないと気持ち悪いとか、目の前の情況を理詰めで捉えて結論を出すとか(ただし、考えたからと言ってそこから行動に直結させないので、外側から見ているだけだと普通に見えるだろう)、合理的に判断を下すとか(そして、時々合理的な判断を下せない自分を見出して不思議に思ったりとか)、というような部分が、なんか凄く分かる。
また、緒方教授の博識に触れた坂崎が、「なぜ理系の人間は、無駄な知識を無駄に多く持っているのだろうか」と述懐する場面がある。実は僕もそうで、どうでもいい、人生には役に立たない知識はそこそこ持っていると思う。自分のそういう部分を「理系」と結びつけて考えたことは今までなかったんだけど、そうか、これも理系だからなのか、と感じた。本書を読んでいると、なんとなく、理系の人間ってそもそもオタクなんだろうな、という気がしてくる。「高校時代も、映写機に使われるジェネバ機構とやらの素晴らしさについて延々と語り倒していた気がする。私は理系ではあるがもっぱら興味の対象は化学だったので、話をされても今一つピンと来なかった。私がフラーレンの分子構造の美しさに言葉を尽くした時に、萩山が全く理解できていなかったように」なんていう文章がある。好きなことにのめりこむついでに、その周辺の情報も片っ端から頭に入れてしまうのだろう。坂崎が初めて空を飛んだ時の感覚には、笑ってしまったし、なるほど理系の人間らしい感想だなとも感じた。
「理系男子」という言葉には、どうも一定のイメージがつきまとうと思う。主に、マイナスの方向のイメージが。確かに坂崎にも、そういう面はないではないが、「理系男子」という世間のイメージをそっくり体現させるようなキャラクターではないと僕は感じる。しかし、外側から見て分かるわけではない部分で、坂崎はとても理系っぽいと感じる。なんだかそういう部分に、共感してしまうんだろうなぁ、と思う。
さてもう一つ。「僕自身の大学時代」の話を書こう。
僕は大学時代、演劇をやっていたことがある。
演劇サークルだったわけではない。演劇サークルだったら、入らなかっただろう。入ったサークルが、演劇「も」やっていたのだ。しかも、相当な規模で。
これは、本書の状況にちょっと似ている。児島さんが、何故「航空機研究会」に入ったのかという動機を語る中で、「誰だってみんな、パイロットに憧れて入ってくる」というようなことを言っていた。つまり、翼や風防を作りたくて「航空機研究会」に入る人間などほとんどいない、ということだ。
僕自身も、やり始めるまで、演劇のことなんか何も知らなかった。僕は小道具を作るところにいたんだけど、やっていく内にモノを作るのがすげぇ面白くなっていって、色々大変だったけどなかなかいい経験をしたなと思う。
そう、とても大変だったことがあったのだ。
僕が大学三年の時(というか、この時はもう大学に行ってなかったから、なんと呼んだらいいのか分からない時期だけど)、僕らの代は今年で最後、運営の中心は三年生、という時だった。三年の中でも、さらにメインで運営を進めていくメンバーが、残りのメンバーから吊るしあげられたことがある。もの凄い勢いで。
この出来事は僕の中で、この状況を僕がどうにか収めた、という記憶として残っている。そういう物々しい場で発言できるタイプの人間は、ことごとくメインの人間を追及する側に回っていて、どう考えても僕ぐらいしかその場を収められる人間がいなかった。僕も別にそういう場で発現するタイプではないんだけど、僕自身は特に賛成も反対もないようなフラフラしてる人間だし、まあ役割を果たそうかなという感じで色々言ってみたらなんかうまく言った、という程度の話なんだけど。
あの時、僕は大した意見も覚悟もなく、まあみんながそっちなら僕はこっち、ぐらいの軽い気持ちで自分の立ち位置を決めただけなんだけど、本書を読み終わった今こんな風に思う。
プロジェクトを運営するって大変なんだな、と。
いや、すげー当たり前だっていうことは分かるんだけど、僕は正直、実感としてそういう感覚を持てていたわけではない。三年間、なかなかの規模の演劇に関わっていたけど、それを動かしている人間のことは想像しなかった。「大変だろうなぁ」ぐらいの、他人事程度の距離感でしか考えたことがなかったな、と。
萩山の描かれ方を見て、そうか、そうだよな、と感じる部分がたくさんあった。この「そうか、そうだよな」の中身はあんまり書かないけど、「大変だろうなぁ」という漠然とした想像が、十数年経ってようやく像を結んだみたいな感覚を覚えました。
そしてもう一つ。
演者のことをキャストと呼んでいたのだけど、坂崎がパイロットになるために乗り越えなければならなかったものを、キャスト達も乗り越えなくてはならなかったんだな、と感じて、キャスト達の大変さも、十数年経ってようやく実感できた気がします。
僕らがやっていたのは英語の演劇だったので、僕は単純に、「英語のセリフを覚えるのって大変そうやねぇ」ぐらいのことしか、正直考えたことがなかったです。ここでも、「大変だよなぁ」という、あまり自分に引き寄せて考えてみない、無責任な立ち位置にいたと思います。
でも、本書を読んで、坂崎が置かれている状況を理解して、ようやく僕は、キャストの大変さを理解することが出来たような気がします。
実は、さっき書いたメインの運営が吊るしあげられた件の底流には、坂崎が直面したものと同じような問題が横たわっていたのだと思う。坂崎は、ある瞬間、全力で逃げ出す。その行為は、周囲の人間を困惑させる。理由が分からないからだ。しかし、緒方教授は、坂崎のことをきちんと理解している。緒方教授が、坂崎が逃げ出した理由を説明してくれる。
そして、その描写を読んで僕は、そりゃそうだ、と思ったのだ。そりゃあ逃げるわな、と。っていうか、今までよく逃げないで頑張ってこれたな、と。凄い、と思った。逃げた人間が「ダメ」なんじゃない、とようやく理解できた。そうではなくて、「逃げなかった人間が凄い」のだ。正直、そんな風に考えたことはなかった。僕もどこかできっと、「逃げるなんて」と思っていたと思う。でも、本書を読んで、その印象は一変した。そうか。そうだよな。いや、あの当時、このことに気づいていたって、別に何が出来たわけでもないだろう。まあだからこそ、今更だけれども、理解できて良かった。「逃げなかったこと」が凄まじく凄いことだ、と。
坂崎に緒方教授がいたように、あの当時、緒方教授のような誰かはいただろうか?僕には、全然分からない。寄り添ってくれる人はいたかもしれないけど、緒方教授のような人はいなかったんじゃないか、と思う。坂崎は、緒方教授がいたからこそ、パイロットとして飛ぶことが出来た。それは、坂崎にとっても、とても大きな経験だっただろう。
そんな風に、僕は僕自身の大学時代のことを思い返していた。なんというか、やっていることは演劇と鳥人間コンテストと全然違うんだけど、そこで描かれていることが自分の経験ととても重なるような感じがして、色々揺さぶられるものがあった。そういう意味でも本書は、とても印象深い作品だと感じました。
本当は、作中の文章を色々抜き出して、こんなにカッコイイんだ!みたいなことを見せたかったけど、うまく組み込めなかったなぁ。緒方教授のセリフは大体どれもズルいぐらいカッコイイとして、他にも色んな場面でグッと来るセリフがたくさんある。学生らしい熱さと、大人の優しさに溢れ、空を飛ぶという、考えようによってはただそれだけでしかないような目標に向かって全力を尽くす彼らの、心が洗われるような清々しさとドギマギとした恋模様が描かれる作品です。僕自身の思い入れ差っ引いても、素晴らしい作品だと思います。是非読んでみてください。

竹田真太郎「イカロスレポート」



関連記事
スポンサーサイト

Comment

[7588]

初めまして。
竹田真太朗のデビュー作『不束な君と素数な彼女』はお読みになりましたか?
私はまだこちらしか読んでませんが、
まだでしたらぜひお読みください。
こちらもまた理系ワールドが全開です。

[7589]

初めましてです。コメントありがとうございます!
僕はこの作品でこの著者のことを知って、この作品しか読んでないのです。
「イカロス・レポート」を読んで、凄く「書ける作家さんだな」と感じたので、
いつかそちらも読んでみたいです。
オススメありがとうございます!
理系っぽい作品だと、ちょっとテンション上がっちゃいます(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2681-a5574d1f

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
11位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)