黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

女子学生、渡辺京二に会いに行く(渡辺京二×津田塾大学三砂ちづるゼミ)

内容に入ろうと思います。
本書は、三砂ちづる氏が津田塾大学で受け持っている「多文化・国際協力コース ウェルネスユニット」というゼミ生が、ひょんなことから、評論家である渡辺京二氏と合宿をすることになり、熊本県にある真宗寺での二日間に渡る勉強会を書籍化した作品です。在ゼミ生と卒業生合わせて10名ほどで熊本まで趣き、自身がゼミや大学院で研究をした内容、まさに今している内容を渡辺京二氏にぶつけ、議論をするという内容になっています。
彼女たちが扱っているテーマは多岐に渡りますが、それぞれのテーマと各章の章題をひと通り書いて、その後でその内の一つを取り上げて、どんな議論が展開されているのかを紹介しようと思います。

「子育てが負担なわたしたち」(女性の生き方と子育て)
「学校なんてたいしたところじゃない」(学校と権威)
「はみだしものでもかまわない」(発達障害)
「故郷がどこかわからない」(帰国子女)
「親殺しと居場所さがし」(国際協力への原動力)
「やりがいのある仕事につきたい」(福祉系の仕事)
「結は現代にも存在できる?」(農業)
「痩せているほうがいい」(摂食障害と母娘の関係)
「当事者性ということ」(薬物依存)

それぞれがそれぞれのテーマを持ってフィールドワークやインタビューなどをし、自ら考えた結果を渡辺京二氏にぶつけていきます。
ちなみにですが、僕自身は渡辺京二氏が何者なのか、よく知りません。本書を読んでみても、著者略歴を読んでみても、いまいちよくわかりません。渡辺京二氏は、自分は何者でもないのだ、というようなスタンスでいるような気がしますが、どこかに括ろうとすれば、「在野の思想家」という感じになるかもしれません。特に大学に属しているとかそういうわけでもなく、様々な職を渡り歩きながら、様々な文章を書いたり、本を読んでいたりした人のようです。
さてでは、最初の「子育てが負担なわたしたち」を取り上げようと思います。
女子学生の問題提起は、「かつて子どもは、大人や社会からもっと大事にされた存在だったはずだ。しかし近代化が進み、子どもを「障害物」と捉える風潮が出てきた。また、子育てと女性の幸せは対立すると考えられてもいる。キャリアアップの妨げになるという考え方だ。このようなあり方をどうすべきだろうか?」というものだ。指摘されていることは、働きながら子育てをしている人や、あるいは子どもが欲しいんだけどどうしようかと悩んでいる人には、非常にピンと来る身近な問題だろうと思う。
それに対して渡辺京二氏は、「近代以前の世界では、子どもは「小さな大人」だった」と主張する。5,6歳になればみんな働いていたし、母親は常に忙しかったから、「外で遊んできなさい」と言って家から出す。親子の愛情というものももちろんあっただろうが、現代とはまた違った親子関係があった。確かに、子どもは社会全体で面倒を見るという意識があって、それは今と比べると非常に良い側面もあったかもしれない。しかし、現代のような、家庭が愛や平和に満ちたものであり、子どもに深く愛情を注ぐというような関係性とは違っていた。だから、単純に比較するのは難しいよね、というようなことを言う。
また、母親の仕事の「障害」になるという問題については、「自己実現の社会ならではの問題」と言い、「自己実現の社会」への肥大した幻想を斬る。これは本書に通底する価値観で、渡辺京二氏が女子学生たちに最後に話した内容をまとめた巻末の一章のタイトルは、「無名に埋没せよ」というものです。「自己実現の社会」というものに囚われすぎているからこそ、自然の親子関係の発露というものが成されにくい。それは、そういう時代だから仕方がないとはいえ、なんだかなぁ、というようなことを言っています。
本書は、議論というよりは、渡辺京二氏の演説というのが近くて、渡辺京二氏は自分の考えていることを思いつくままに喋る。しかしそれは、何らかの結論に着地させようとしているわけではない。発表者の意見やスタンスを尊重しつつ、その範囲内で自分だったらどんなことが言えるか、ということを考えて話している感じが伺えます。なので、本書を読んでも、結論が出てくるわけではありません。問題に対する結論を求めてしまう人には、本書は向かないでしょう。
本書は、「問題をよりクリアにすること」、そして「自分が抱いた問題をずっと持ち続けること」の二つを、強く教えてくれる作品です。女子学生たちは、渡辺京二氏と喋ることで、「解決に至る」のではなく、「自分が抱えている問題をより明瞭に認識する」ようになる。これが、彼女たちの合宿の最大の成果だったといえるでしょう。
三砂ちづる氏は、自身のゼミについて、「問題を捉えることに時間を掛けてもらっている」というようなことを言っている。どんな研究でもそうでしょうが、まず「何が問題なのか」をきちんと把握することが大事だろうと思います。その上でさらに、その「問題」をよりクリアにしていく。知性と教養と、人とはちょっと違った価値観を持つ渡辺京二氏との対話によって、彼女たちの「問題」は、よりブラッシュアップされたことでしょう。
さらに、そうしてクリアにした問題を、ずっと持ち続けること。その大事さも、渡辺京二氏は説きます。皆が学者になるわけでもないだろうし、結婚してすぐに専業主婦になるかもしれない。それでも、別に自分の中の問題を手放す必要はない。ずっと持ち続けて、考え続けて行くことは出来る。そういう意識も、彼女たちは持ち帰ったのではないかと思います。
作品全体としてはそういう本なわけですが、僕としては、本書の中に随所に登場する色んな価値観に救われる気がしました。
三砂ちづる氏は本書のことを、「多くの「今を生きることがつらい」人たちに届けられている」作品だと書いています。確かに、そういう側面もかなり強くある。僕も、どうしても「生きることがつらい」と思ってしまう人で、そういうことについてこれまでも様々なことを考えてきたんだけど、こうやって様々な方向から、自分の内側にはなかった(あるいは、あったはずなんだけど隠れてしまった)考え方を取り込むことも、人生に対抗する手段です。
著者自身も、生きづらさを感じてきた人のようです。

『また、ある種の強さというか、非常にアグレッシブな面もありながら、ある面では、非常に傷つきやすい人間で、これは僕はもう自分で嫌いでね。なんで俺はこんな傷つきやすいのか。人とうまくいかないことがあったりしたら、一日も二日も三日もずっとそのことが気になって、こだわってしまうという風な小さな自分がどうしようもなくある。』

そんな著者の言葉で、一番グッと来たのがこれです。

『大切なのは、その実現されている自己を、たとえば自分は人とのつきあいがあんまりうまくいかないとか、集団というのがあんまり好きじゃないとか、あるいは言葉でうまく表現ができないとか、そういうふうな自分の性格があるとしたならば、自分のその性格というものを磨くことなんですね。まかりまちがっても、自分はあんまり社交的な人間ではない、だから自己啓発だとか言って、自分を作り替えようなどとしないことですね。自己啓発講座というものがあるらしいね。自分が今まで気づかなかった自分に目覚めようとかいうことになるんでしょうが、自分で気づかなかった自分なんていやしないんだから、そんなものは。
たとえば人とつきあうのが苦手な人間だとすれば、社交的な人間になろうとしても、付け焼き刃にしかならないんです。まあ多少は努力しなきゃいかん、この世の中で生きているんだから。でも、そういうものは後から自分で付け加えたもの、本当の自分じゃないということですね。根本なのは、人付き合いが悪い自分、というものを深めることです。磨くことです。人付き合いの悪い自分というものを肯定することです。肯定して、そういう自分というものを伸ばすことです。そういう自分として生きていくことです』

これはとてもいいなと思いました。僕も、やっぱり考えてしまうことがあるんです。「こういう部分がダメだから、やっぱり自分を替えて直していかなくちゃな」って。でも、やっぱりそういうのは、自分の本来の感じではないわけだから、うまくいかないんですね。そうすると、「やっぱりうまくいかなかった。俺はダメな人間だ」とまた落ち込んでしまう(笑)。渡辺京二氏は、「自分の欠点を磨くことだ」と主張します。こういう発想をしたことはなかったので、なるほどこれなら出来るかもしれない!とちょっとワクワクしました。ちょっとこの考え方を、意識してみようと思いました。
さて、他にも色々と、「生きづらさ」を感じている人向けになるだろう文章があるので、抜き出してみようと思います。

『自分を輝かせようとする必要はない。自分の中に未知の何かが眠っているなんて考えなくていい。自分らしく生きればいい。やりたいことをやればよい。人間って平凡なものだと思う。本を読みたければ、読めばいい。女優をやりたければ、やればいい。誰がなんと言おうとも』

『だから人間は、一つの共同社会の中で、うまく共同生活をやっていけるタイプと、それかえらはみ出していくタイプと、どうしてもあると思うんですね。しかし、共同的なものから、はみ出していくようなものを持っているのが、やっぱり人間の本質であって、何気なくみんなとつきあって楽にやっているような人たちも、一皮剥き、二皮剥き、三皮剥きすると、実はやはり心の奥底にそういうふうに非常に孤独なものというか、外と通じ合えないものを持ってると思うんですね
ただ、そういうものに敏感で、そういうのが強い人たちがいるんですね。そういう人たちは生きるのが大変です。そういう人たちは人間の負ってる課題の苦しみ、自分が人とのつながりというものに対して非常に熱い心を持っていればいるほど、実際には人とのつながりにおいて、いろいろうまくいかないところが出てくる』

『変わり者であるということ、自分が変わってて周りといっしょじゃないということ、周りにあわせていくのが苦痛であったりする、それはいいんですよ、そんなことは。それが正常なんです。いろいろつらかったこともあるんじゃないかと思うんですけどね、これから幸せになってください。そういう自分はいい自分だと思ってください』

『ですからほかの人間とはうまくつきあえないけど、この人だけは、つきあえるというのがいれば、それでいいじゃないの。自分が変わっている、それからまた周りの人たちといっしょにうまくやっていけない、人間みんなそうだと思えばいいですよ。実はみんなしれっtした顔をして隠してるだけなんですよ』

『一人の人間は不幸になる権利があるんです。一人の人間は苦しむ権利があるんです。不幸になることまで、苦しむことまでとりあげないでくれと言いたいです。人間はそういう不幸や苦しみを自分で引き受けることによって辛うじて、自分の尊厳というものを保ってきたと思うんです』

『とにかく世間の男が何を好もうが、世間の女が何を好もうが、世間一般の人間が何を好もうが、あるいは好んでいると言われようが、左右されない自分というのを作っていけばいいだけのことなんですね。自分は自分だって。だからへそ曲がりの精神があればいいんじゃないのかな』

『望んでいるのは、生き延びてくれと。そこではエゴイズムがありますから、他人の子どもは死んでも自分の子どもは生き延びてくれ、と思っている。ともかくあなた方の親は、おまえ、どうぞ生き延びてくれ、しっかり行きてくれ、できれば幸せになってくれ、と言っているだけでございます。世の中に貢献しろ、なんて言ってはおりません。望んではおりません』

『実は就職口がないというのは、経済の話にすぎないわけ。就職口がないということで、社会は自分を必要としない、なんて思うのがおかしいんで、その時その時の経済状況によって、産業構成のあり方によって、就職がうまくいかないぐらいで、自分は社会に必要とされていないなんて、なんでそんなふうに追い込まれていくのかということです』

『だいたいこの人間の歴史に、いろんな災いをもたらしたやつは、社会に役に立ってやろうと思ったやつが引き起こしてきたわけでございます』

『さっき個人は集団の中において個人であったと言いましたが、近代というものはそういう集団tいうもpのの一つの皮膜、自分を覆っていた繭、そういうものの中から個人というものを飛び出させてしまった。そうすると、一人一人の個人が自分ってなんなんだろう、自分ってどういう人間なんだろう、自分をどう生かしたらいいんだろうというようなことを悩まざるを得ないし、考えざるを得なくなりました』

『自己実現という言葉について、僕が非常に不信感を持つのは、最初から自己というのは実現されているんだよ、ということもありますが、もう一つは、自己実現という言葉は、なんのことはない、出世しなさい、と言っているからですね』

『でも、そういう才能は、レピュテーションの世界なの。名声の世界、社会で持て囃されるということなの。言ってみれば社会が認める虚栄の世界なの。だから才能があって有名になるということは、すべての人間に求められるはずがありません』

『だから人間はテレビに出るような人物や国際舞台で活躍するような人間にならなくても、ごく平凡にでかまわないんですよ。無名の一生で一つもかまわないんですよ。というよりもそれが基本なんです。この世の中で、テレビや新聞などに名前が出てる人たちの比率をとったら、名前も出ないし、そういうことにあまり関心もないという人間が圧倒的多数なんです。圧倒的多数はだから黙って生きて、黙って死んでいくのです』

本当に僕は、こういうことを、親とか学校の先生が言ってくれたらいいんだけどな、と思ってしまいます。まあ、思春期の頃なんか、どのみち親とか教師のことなんか聞きゃしないわけだから、こういうことを実際に言ってくれる人がいても、聞かなかったかもしれないですけどね(もっと言えば、そういう親や教師はいたかもしれないけど、自分が聞いていなかっただけ、という可能性もありますけどね)
女子学生とのやり取り(ほぼ渡辺京二氏の独演だけど)も面白いけど、そういう、生きづらさを抱えている人に向けられた言葉も、結構響く作品ではないかと思います。是非読んでみて下さい。

渡辺京二×津田塾大学三砂ちづるゼミ「女子学生、渡辺京二に会いに行く」


関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2616-f61579f6

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
6位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)