黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

ヒッグス 宇宙の最果ての粒子(ショーン・キャロル)

『これまでけわしい道のりを経ながらもなんとかLHCの完成まで関係者を導き、LHCの建設計画で他の誰よりも責任のあったウェールズの物理学者リン・エヴァンズは、これら二つの実験の申し分のない一致を目の当たりにして、「あっけにとられた」と告白している』

『セミナーを聴くために部屋にいた83歳のヒッグスは明らかに感動した様子で、「生きてるうちにこの瞬間が来るとは思わなかった」と語った』

『その後の記者室で、記者たちはヒッグスからもっと聞き出そうとしたが、ヒッグスは、今日みたいな日に注目されるべきなのは実験家たちだ、と言ってコメントを控えた』

2012年7月4日、世界中を歓喜させた発表が行われた。「神の粒子」と呼ばれ、半世紀近くも前にその存在が予言された「ヒッグス粒子」が、大型ハドロン衝突型加速器(LHC)を擁する、ジュネーブの欧州原子核研究機構(CERN)によって「発見」されたのだ。本書の原書が出版されたのは2012年の11月であり、その時点ではこの7月の発表が最新の情報だった。その後2013年3月に新たな発表が出され、「ヒッグス粒子」の発見は間違いないものとなっている。これによって、ピーター・ヒッグスはノーベル賞を受賞した。

さて本書は、そんな「ヒッグス粒子」についての本だ、と書いてしまいたいところだが、それはちょっと不正確かもしれない。正確には、「ヒッグス粒子についての物語」についての本だ、と書くべきかもしれない。本書には、こんな文章がある。

『ヒッグス粒子の探索は単に、基本的粒子や難解な理論がどうのという話ではない。予算、政治、嫉妬の物語でもある。計画には非常に多くの人々、前例のない規模の国際協力、そして少なからぬ数の技術的ブレークスルーが関わっている。そんな途方も無い計画を実現させるには、ある程度、ずつ賢さや取り引き、そしてときには、いんちきも必要となってくる』

本書もまさに、「難解な理論がどうの」という本ではない。もちろん、ヒッグス粒子がどんなものであるのか、そしてそれを説明するために物理における現時点での最高到達点である「標準模型」についてかなり詳しく説明される。その「物理的な部分」の説明も非常に分かりやすくて、入門としてはかなり良いのではないかと思うけど(とはいえ、それでもやはり、元の物理自体が難しいから、すんなり理解できるわけではない。僕も、全部理解できたわけではない)、それ以上に本書では、「物理的ではない部分」にかなり分量が割かれている。これは、科学者によって書かれる理系ノンフィクションには、結構珍しい傾向ではないかと思う。本書の著者は、素粒子物理学が専攻ではないという。ヒッグス粒子発見に至る物語には「観客」のような感じで関わってきただけだ、と書いている。そんな客観性もあって、本書のような物理的な部分と物理的ではない部分が非常に面白い形で融合した作品になっているのかもしれない。
というわけで僕は、本書の感想を書く上で、「物理的な部分」は全部すっ飛ばすことに決めました。僕自身がはっきりとちゃんと理解しているわけではない、ということもあるし、その辺の物理的な詳細を書いても興味ない人は全然興味ないだろうなぁ、と思うからです。この感想では、本書で描かれてる「物理的ではない部分」に着目しようと思います。とはいえ繰り返しますが、本書の「物理的な部分」はかなり易しく書かれていると思うので、文系の人でも読むのにチャレンジしてみる価値はあると思います。

『ヒッグス探索は干し草の山から少数の干し草を探すようなものだ。干し草の山から針を探すなら、見つければ、見つけたとすぐわかる。しかし、全部干し草だとそうはいかない。判別する唯一の方法は、干し草の山にある干し草を一本一本、全部調べるしかない。すると突然、ある長さの干し草だけが他の長さのものよりも多いことが分かる。ヒッグス探索でしていることは、まさにこういうことだ』

この喩えは非常にわかりやすいし、面白いと思った。これは、グラスゴーの物理学者デイヴィッド・ブリトンの提案し喩えだという。
みなさんは、「ヒッグス粒子発見!」と聞いて、どんなことを思い浮かべるだろうか?顕微鏡で覗きながら、「あれがヒッグス粒子だ!」みたいな感じで見つかった、というようなイメージではないでしょうか?
しかしそれはまったく違う。本書には、「ヒッグス粒子を発見するために、どんな手続きを経ているのか」というのが、当然かなり簡略化されてではあると思うが、他の本で読んだことがないほど詳細に描かれている。本書にはこういう部分、つまり、「理論そのもの」や「実験結果」だけではなく、「その周辺部分」がかなり描かれていて、これらは普通の理系ノンフィクションにはあまり見られない特徴ではないかと僕は思う。
ヒッグス粒子はなんと、「10のマイナス21乗秒」という、恐ろしく短い時間で崩壊してしまう。これがどれぐらいなのか表現するのはメチャクチャ難しい。小数点の後に20個ぐらいゼロが並んだ後に1が来るという、とんでもなく短い時間だ。たったこれだけの間しか存在できない。瞬時に崩壊して別の粒子になってしまうのだ。
じゃあどうやって観測するのか。それは、「ヒッグス粒子が存在した痕跡」を探すのである。
しかしそれはまた途方も無く大変なことなのである。

『素粒子物理学が推理小説だ。刑事はほとんどの場合、事件現場に到着しても、事件の一部始終を記録したテープや、疑う余地のない目撃証言、あるいは署名入りの自白書などが得られるわけではない。せいぜい、部分的な指紋や小さなDNA標本などからなるランダムな少数の手がかりが得られるだけだ。刑事は、それらの手がかりをつなぎ合わせて犯罪の一部始終を再構成しなければならない。それが刑事の仕事の最も要となる部分である。
実験素粒子物理学者の仕事もこれと似ている』

まさにその通り。LHCで衝突実験を繰り返す度に、ありとあらゆる粒子が生まれ、それらがありとあらゆる痕跡を残す。毎回、ヒッグス粒子が生成されるとも限らない。実験家が見ることが出来るのは、犯行現場に残された、様々な人間に踏み荒らされた後の足跡の塊のようなもので、そこから様々なノイズを取り除いて犯人の足跡だけを見つけ出さなくてはならないのだ。
これが、LHCでの実験の超大規模なものにする要因の一つだ。LHCには、大規模な国際的な研究チームが二つあり(もっとあるかもしれないけど、本書でヒッグス粒子発見に絡むのは2チーム)、1チームに3000人近くの研究者が含まれる。本書によれば、LHCが存在するジュネーブ行きの飛行機に載っている16人に一人は何らかの形でCERNに関わっている、と書く。また、ジュネーブ行きの飛行機に乗ったら、一人か二人は必ず物理学者がいるだろう、とも。

『最近ではいかなる進歩も達成するのが非常に難しく、LHCはその象徴だ。この状況は65年前の、私(著者ではなく別の物理学者)が博士課程の学生だった時代と大きく異なる。当時、私は興味深い進展をもたらす実験を、一人で、しかも半年で行うことができた』

ノーベル賞受賞者であるジャック・シュタインバーガーは、ここ最近の「ビッグサイエンス」の状況をこんな風に語ったそうだ。物理学の最先端は、素粒子と宇宙にあるが、どちらも「ビッグサイエンス」でなければ意義のある研究結果を出せなくなりつつある。この状況は、ノーベル賞のある規定と絡んで、実験家にはより辛い状況をもたらす。

『本当に残念なのは、実際にヒッグス粒子を発見した実験家が誰もノーベル賞をもらえそうにないことだ。問題は数で、あまりに多くの物理学者があまりに多くの仕方で実験に貢献しているため、誰か一人または二人または三人を、妥当な根拠に基づいて選び出すことなどできないのだ』

ノーベル物理学賞には、「組織には与えず個人に与える」「一年に三人まで」という規定が存在する。そのため、先ごろのノーベル賞でも、ヒッグス粒子の名前に冠されることになったピーター・ヒッグス氏は受賞したが、やはり組織であるLHCやCERNは受賞出来ず、ヒッグス粒子発見に関わった特定の個人が受賞することもなかった。本書を読んだ今の気持ちとしては、その事実は、非常に残念に思える。

『本書執筆中、私は何人もの物理学者から話を聞いたが、彼らが「LHCの運転規模は畏敬の念を感じるほど壮大だ」と言うのを何度も聞いた。それだけでなく、「CERNは大規模な国際共同研究のモデルになり得る」と言うのもよく聞いた』

90億ドルという途方もない予算を使って建造され、世界70カ国の研究者が共同研究するというとんでもない研究スタイルが、CERNやLHCで実現している。その一端を本書で垣間見せてくれるが、3000人が一つの研究をしている、というのは、僕にはなかなか想像がつかない。本書では、ヒッグスだけではなく、LHCという特大の建造物についてもスポットライトが当てられる。LHCの建造に貢献した人や、LHCそのものを設計した人、またアメリカにかつて存在したが頓挫してしまったLHCと同じようなSSCという加速器についての物語など、ヒッグス粒子発見の舞台となるLHCについても、かなり多方面から描かれていく。本書はさらに、もっと現実的な話題にも触れられる。LHCでの実験データをどう保存するか、という問題だ。LHCで起こる1回の衝突事象はおよそ1バイトのデータとして保存される。この衝突が毎秒数億回も起こるという。これは1秒間に1000個のハードディスクが一杯になってしまうレベルだそうだ。こういう、実際的な問題についても本書は触れてくれるので、非常に面白い。また、面白い余談として、WWW(ワールドワイドウェブ)はCERNで生まれた、という話が出てくる。もちろん物理学者は、自分たちが生み出したWWWが、現在のようになるとは想像もしていなかった。彼らは、自分たちのすこぶるめんどうな連絡手段をどうにか簡潔にするためにWWWを生み出しただけなのだ。
本書では、アメリカで頓挫したSSCの計画などの話から、基礎研究の意義について何度か話が展開される。基礎研究というのは概ね、直接的に利益に結びつかない(あるいは、結びつかないように見える)。これは、特に現在のような資本主義が蔓延した社会だと、より難しい問題を孕むことになる。しかし、そうではないと著者は主張する。LHCも、発見された粒子そのものが直接応用される可能性は、今後もほとんどないだろうと著者は言う。しかし、LHCを作り出すのに生み出された様々な技術革新は、様々な分野で応用されている。LHCなどの加速器は、金の無駄遣いだという批判がされることがある。気持ちは分からないでもない。何せ90億ドルである。維持費も恐ろしく掛かる。そんなに金をつぎ込んで、分かるのは素粒子がどうたら、という話だけだという。無駄遣いと言いたくなるかもしれない。

『基礎研究で得られる最も重要なスピンオフは、まったく技術的なものではない。すべての年齢の人々にインスピレーションを与える、それが最も重要なスピンオフなのだ』

著者はこんな風にも書く。今回のヒッグス粒子の発見は、広く世界中で報道されただろう。かつて月に人類がたどり着くのをみて科学を志した子どもたちがいたように、ヒッグス粒子が何か分からなくても、これだけ世界中が騒いでいるヒッグス粒子の発見というお祭りに触れて、科学を志す子どもが出てくるかもしれない。それこそが、一番重要なスピンオフなのだと。
248ページからは、「ヒッグス粒子発見の功績は、誰に帰するべきか」という歴史の話が描かれる。ここは、物理的な核心にかなり触れながら話が進んでいくので、非常に難しくはあるのだけど(僕も、半分理解を諦めながら読み進めた)、歴史の話は非常に面白い。一つの発見が、一つの人物の功績として認められるということは、通常非常に少ないだろう。誰しもが、誰かの考えにインスピレーションを受け、先行結果を利用し、少しずつ積み上げていくような形で成果が生み出されていく。「ヒッグス粒子」に関してもまったく事情は同じなのだが、さらに難しい問題がある。ピーター・ヒッグスと同様の仕事を、独力で成し遂げたチームが他に二つあるという。著者は、「ヒッグス粒子」の理論部分に関して、ピーター・ヒッグスと同等の評価を得るべき人物はもっとたくさんいる、という話を書いている。これを書いているのは、ピーター・ヒッグス氏が実際にノーベル賞を受賞する以前の話だが、やはり現実にピーター・ヒッグス氏の受賞ということになった。本書では簡単に、何故この新粒子が「ヒッグス粒子」と呼ばれるようになったのか、という考察も描かれている。本書を読むと、理論的な核心については難しくて理解できないにしても、「ヒッグス粒子」の理論的な柱を支えた人間は数多くおり、彼らも同等に評価されるべきだということが分かるだろう。どんな「権威」も、その選考や評価は様々なものを抱えていて、問題がまったくないということはあり得ないが、ノーベル賞もそこから逃れることが出来ない、という事実を知ることが出来たことは良かったと思う。

『ヒッグスの発見は素粒子物理学の終わりではない。ヒッグスは標準模型の最後のピースだが、標準模型の先にある物理を見せてくれる窓でもある。これから先、何年、何十年と、ヒッグスを使って様々な現象を探索し、その性質を探求することになる。それらの現象には、暗黒物質や超対称性、余剰次元が含まれる。その他にも、急速に増加しつつある新データと付き合わせて検証すべきあらゆる現象が含まれる。ヒッグスの発見は一つの時代の終わりであり、新しい時代の始まりなのだ』

巻末には、ヒッグス粒子の発見で、どんな新しい扉が開くことになるのか、そしてヒッグス粒子がどういった形でその鍵となり得るのか、ということに触れられている。宇宙物理学の重要な難問である「暗黒物質」や、物理学上の難問である「真空エネルギー」、あるいは「ひも理論」や「超対称性」などに、「ヒッグス粒子」は大いに関係してくる可能性が高いのだという。ヒッグス粒子は発見されたが、そこで終わりではない。「標準模型」は、「普通の物質」のことは完璧に表現するが、「普通の物質」ではない「暗黒物質」のことはまったく含まれていない。明らかに「標準模型」は「万物理論」ではない。まだまだ先がある。そしてその入口に、「ヒッグス粒子」が存在する。物理の最先端は、非常に高度で、ますます身近ではなくなっていくが、これからもその動向に注目していきたいところである。
ヒッグス粒子がどんな性質を持つのか、ということは一切触れなかったけど、本書で例として挙げられている「さかさ振り子(P166)」や、「アンジェリーナ・ジョリーの喩え(P162)」などは、非常にイメージしやすく、わかりやすいと思う。もちろん、ヒッグス粒子の話は、なかなかに難しい。というか、「標準模型」の話がまず難しい。とはいえ、やはり物理は面白いなと思うし、人間の話も面白いなと思う。「ヒッグス粒子」という、たった10のマイナス21乗秒しか存在できない存在のために、人類が費やした莫大な金とエネルギーと努力。そのすべての結晶が綴られた作品だと思います。是非読んでみてください。

ショーン・キャロル「ヒッグス 宇宙の最果ての粒子」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2606-2055af48

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
9位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)