黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

ノーサイドじゃ終わらない(山下卓)

メチャクチャ良い小説を読んだ。今年読んだ本の中でもトップクラスかもしれない。

高校時代のラグビー部の勝治先輩が亡くなった。
高校時代の友人とは音信不通だった沢木は、奥多摩を出て久方ぶりに地元に戻った。実に15年ぶりだ。
先輩の死は、ギャグみたいなもので、ニュースにも取り上げられるほど大きな事件だった。
ヤクザの事務所にマシンガンを持ってぶっ放し、返り討ちに遭って死亡。勝治先輩らしいと言えばらしい。
久々に顔を合わせたラグビー部の面々。変わっていないようで、やっぱりみんな、それなりに色々ある。
マネージャーだった翔子は、沢木たちと同期の牧瀬と付き合っていたのだけど、結婚寸前で牧瀬が結婚を撤回。翔子はようやく立ち直り掛けている。牧瀬は、勝治先輩の葬儀にも来なかった。
結婚して子供が出来ている者が多い中で、沢木自身は離婚をしていた。その理由は、かつて沢木が書いた記事にある。
週刊誌のライターをやっていた沢木は、恐ろしく恵まれた環境に生まれながら吉原嬢をやっているまどかという少女の存在を知る。取材を続ける中でまどかに心酔していった沢木。彼女を描いたルポは反響を呼び、しかしそれが原因で彼女は自殺した。
沢木は、自責の念に耐え切れずに雑誌の編集部から去り、まどかへの手紙のように綴った小説がヒットし、一応今は小説家ということになっている。
「アホなことして死んだよね、ホント」という、悼むというよりは勝治先輩のらしさを偲ぶようなのんびりとした雰囲気が一変したのは、勝治先輩の襲撃事件に共犯者がいたという報道を見た時からだ。
週刊誌記者時代の勘が、沢木をざわつかせる。
葬儀にも顔を出さなかった牧瀬は、今は引きこもりのような状態になっているらしい。せっかく帰ってきたんだから、牧瀬にも会ってやれよと言われて向かうつもりでいたけど、まさか牧瀬が…。
というような話です。
これは凄かったなぁ。久々に、充足感のある小説を読んだ、という感じ。一週間にも満たない期間の、しかも高校時代の同級生ばっかりが出てくるような、どう考えてもスケールが大きくなりようがなさそうなストーリーを、見事な設定と展開で先が気になる物語に仕立て上げ、さらにその中で繰り広げられる人間ドラマまで描きこまれている。様々な事実が少しずつ明らかになっていき、しかもそれらが大きな全体と分かちがたく結びついていく。沢木がこれまで辿ってきた人生を一旦総決算させるような、濃密で人間味溢れる数日間の物語は、読む者を爽やかに「日常の少し先」に連れ去ってくれることでしょう。
まずストーリーそのものについて触れよう。あまり触れられることは多くはないのだけど。
物語は、勝治先輩がやらかしたギャグみたいな事件から始まる。しかしその「ギャグっぽさ」は、その事件の一面でしかなかった。その事件には、もっと複雑な背景があって、そしてそこには、沢木の知り合いが、つまりラグビー部の面々が直接間接的に関わっているのだ。
その中核にあるのが、翔子と牧瀬の結婚の破断と言っていいかもしれない。
マシンガンをぶっ放す襲撃事件と、ラグビー部内の結婚話のどこに接点があるのか。それは読んでもらうとして、「二人の結婚の破断」という極々私的な、社会全体からすれば物凄く小さな出来事(本人同士にとってはとてつもなく大きいだろうが)が、マスコミやヤクザまで巻き込むようなとんでもない事態を引き起こしているという設定が面白いし、しかもそれが不自然ではないように実に上手く作りこまれている。翔子と牧瀬の結婚の破断の背景には様々な事実や状況が横たわっていて、しかもそれらはなかなか表に出てこない。しかし、事件の中核はどうもそこにあるようで、だからこそ沢木は、翔子や牧瀬の結婚周辺の事実も探っていかなくてはならなくなる。

『こっちはけっこう必死に生きてるだけなのに、誰かが勝手に傷ついてたり、誰かに勝手に嫌われてたり、そういうの、なんかぜんぶめんどくさいよ』

これは、地元に戻ってきてかつての同級生たちからの「予想もしなかった反応」を受けて、沢木が母親にぼやいたことだ。沢木はみんなから「お前は冷たいな」と言われるのだが、その感じが、このセリフによく出ているだろう。正直僕も、この沢木の感じ方は、とても共感できる。別に、沢木と同じようなシチュエーションに遭ったことがあるわけではないんだけど、同じような状況になったら、同じようなことを言うような気がする。沢木がどんな状況に置かれたのか、それは読んで欲しいけど、この時点では、沢木の言い分は、僕にとっては「もっともだな」と感じる。
しかし、図らずも沢木は、ラグビー部の面々の様々な「過去」をほじくり返さなくてはならなくなった。沢木としても、正解がどこにあるのかまったく分からない、手探りの状況の中で、それでもどうにか手がかりを見つけようと必死になっているだけだ。沢木はある場面で、ラグビー部のあるメンバーから、「フランカーのクセにパスもしねぇでひとりで突っ込んでよ」「お前はいつもひとりでボールを持ちすぎるんだ」と指摘される。そう、沢木は、襲撃事件の背景を一人で調べている。自分がなんのために動いているのか周囲に明かさないまま、ラグビー部の面々の過去をほじくるようなことをしていたりする。そういう態度も、反感を買う原因になっていくのだろう。
そんな沢木は次第に、自分のこれまでの在り方を反省するようになっていく。

『こんな状況になるまで、知ろうともしなかった。そして、こんなことになって初めて、そのことを悔いている。都合のいいときにしゃしゃり出て、救世主を気取っているだけだ』

やはりこの物語は、どうしても沢木に焦点が当たってしまう。本書は、緻密に織り込まれた見事な設定と、それを解きほぐしていく絶妙な過程のバランスが優れた、物語だけでも十分に読ませる力がある作品なのだけど、その中に、沢木を中心とした様々な人間の葛藤や苦味みたいなものが描きこまれていく。これが、やはり見事なのだ。

『狂えるなら狂いたいという憧れはある』

『おれはいまだに、オトナになったら何になろうって考えてる』

沢木は自身のことを、こんな風に捉えている。どうも沢木の気持ちはとてもよく分かってしまう。僕も、「狂えるなら狂いたい」という衝動は常に持っている。というか、狂って彼岸の世界に行ってしまった人間が羨ましく映ることが多くある。自分にはそんな度胸がないことがわかっているから、なおのこと羨ましく思えるのだ。それに、「自分がオトナであるという事実」を、あんまりちゃんと受け入れたくない。自分が「オトナ」だと受け取られる年齢や立ち位置になっていることは、頭ではきちんと理解しているのだけど、でもそういうのは勘弁して欲しい、とも思っている。いいよ、俺のこと「オトナ」と見てくれなくたって。そんな、責任とか、めんどくせーし。コドモのままじゃ、ダメかね?みたいなことは、よく思っている。ダメ人間だなぁとは思うんだけど、まあ仕方がない。
そんな沢木はこれまで、そんな自分の有り様を、きちんと客観的に見たことがなかった。これは、とても幸せな環境だったと言える。何故ならばそれは、「周りの人間が我慢してくれている」からだ。

『ま、言ってみれば、折り合いをつけるべきときに自分の人生に折り合いをつけられなかったダメ人間ね。そういうヤツって中途半端じゃ、はた迷惑なだけなのよ。うちのママもそうだったけど、同じ駆け落ちするなら、ブラピとかとやってくれたら、こっちも勇気わくわけじゃない?焼き鳥屋のオヤジなんかじゃこっちまで気分沈むでしょー。しみったれた貧乏くささを引きずってちゃダメなのよ』

『でも、同じ思い出を共有しちゃってる人間だったらきついんじゃないかな。自分が選んだ人生が不安になるっていうか、せっかく折り合いをつけていったものを否定されてるみたいな感じでしょ。わたしだって、いまだにバリバリのレディースやって面白おかしく暮らしてるってやつがふらっと現れて、人生に悩んでるみたいな面されたら、きっと殴ってやりたくなると思うな。そこにいるんなら、そこにいる責任くらいちゃんととれよって感じ?本当はさ、誰だって、大人になんかなりたくないのよ。でも、大半の人間は自動的に大人に繰りあがっていくから、そこで自動的にいろんなものに折り合いをつけていかなきゃいけないわけよね。そのベルトコンベアから、ボロボロこぼれた連中が君たちみたいな人種ってわけ』

散々な言われようだが、沢木に似たものを感じてしまう僕としては、喫茶店店主・ナオミさんのこの言葉は、グサグサ突き刺さる。もう、「はい、すいません…」って感じです。僕はそれなりに、「周りが我慢してくれているからどうにかこんな生き方が成り立っているんだろうな」っていう自覚が少しはあるんだけど、沢木は恐らくそんなことを考えたことはなかったんじゃないかと思う(少なくとも、高校時代の同級生との人間関係においては)。でも沢木は、15年という長きに渡って不義理を続けて、ようやく久々に顔を合わせたかつての同級生たちから、陰に陽にそんな反応を読み取ることになる。それは、沢木にとっては、世界が一個壊れるぐらいの衝撃だったかもしれない。「甘えすぎていた」と沢木は独白するけど、確かにその通りで、それは僕も同じだ。目に見えないから、耳で聞こえないからと、なんとなく安心してしまって、その状況そのものに甘えてしまう。その間にも、人間関係はどんどん変化していくんだけど、でも「見えたもの」「聞こえたこと」にしか反応しないような生き方をしていると、その変化を見逃してしまう。結果、本人の自覚のないまま不義理を働くことになる(まあ、不義理ってのはそもそも、自覚のないケースの方が多いだろうけどね)。

『沢木さん、やっぱり愛されることに慣れちゃってるんですよ。自分がとるに足らない存在だとか、周りの人より劣ってるつまらない人間なんだとかって考える機会がなかったんだと思う。』

これは、牧瀬の妹であるみゆきちゃんのセリフだが、これはこれでまた手厳しい。こういう感覚は、僕にはないはずだけど、周りからどう見られてるかはわからないしね。きっと沢木も、反論したかっただろうなぁ。そんなわけない、ってね。

『でも、なんかちょっと幻滅。沢木さんって、そういう弱音吐かない人だと勝手に思ってました。なにかないと我慢できない人は黙って頑張ればいいと思う。なんにもなくてもいい人は普通の日常を楽しめばいいと思う。沢木さんはたぶん、なにかないとダメって思ってる人なんだろうけど、今の言い方を聞いてると、そういうふうに苦しんでない人はみんな人生に手をヌイてるみたいに聞こえます。自分の生き方に照らし合わせて、人の生き方を批判するって、あんまり格好よくありませんよ』

『男の人って、子供のころにあんまり現実的なふるいにかけられないから、頑張れば自分にもヒーローになれる瞬間が来るって、どっかでずっと夢みてるんだって気がします。でも、女の子って、女の子の時代に現実的なふるいにかけられまくってますからね。女の子である時代に見られる夢はひとまず生まれてきた姿形で決まっちゃうわけです。で、みんながお姫様になんてなれないんだって現実を嫌というほど知ったあとで、ようやく一人の人間っていうか、女としての人生が始まるんですよね。男の人が人生の有限性に感じる絶望感なんて、まともな女の子なら、中学二年生くらいで卒業しちゃってますよ。だって、ひとまず、女の子でいられる時間を否応なく意識させられて、人生が有限であることを突きつけられちゃうわけですから』

この、男と女の違いを主軸にしたみゆきちゃんのセリフも、非常にグサグサ来る。こういうところが、女性から見て、「男ってアホだよなぁ」っていう感じになるんだろう。「男ってアホだよなぁ」っていうのは僕も同感で、女性にはホント勝てないと思う。みゆきちゃんの言う「ふるい」は、確かに男の世界にはあまりないような気がする。受験とか部活とかは、勝っても負けても、それを装飾する様々な物語に溢れているような気がするし、しかもそれは男と女平等に存在するものだ。男が現実的な「ふるい」に掛けられるのって、就活とか出世とかそういうレベルになってくるのかもしれない。確かにそれにしたって、男女平等に訪れるからなぁ。

『なにも頼ってくれなくて、なんにも言ってくれなくて、それで今回みたいに何ごともなかったみたいに平気な顔して再会されちゃうと、心配してたわたしたちが馬鹿みたいで、おまえたちなんか最初からアテにしてないって言われてるみたいに感じちゃう』

これは翔子の言葉だ。沢木は、一人で襲撃事件の背景を調べるようなところもそうだけど、なかなか人に頼ることが出来ない。それを指摘されているのだけど、しかしこのセリフは、翔子が翔子自身に言っているようにも聞こえる。翔子自身の後悔が、沢木への糾弾に繋がっているようにも思う。
沢木は、襲撃事件の背景を調べていく中で、自身の身も削られるような時間を過ごすことになる。それは、沢木自身のそれまでの生き方を思い起こさせ、自分が辿ってきた道を反省させる時間でもあった。正しいとか間違っているとかではないけれど、比べる対象が現れて初めて気づく自分の不甲斐なさに、沢木は打ちのめされていくことになる。それでも、沢木は前に進んでいく。

『後ろにボールをわたしながら、みんな一緒に前へ進むのがラグビーさ』

沢木自身の物語も、以外な形でストーリーに絡んでくる。細かな話は書けないけど、沢木が週刊誌に書き、反響を巻き起こしたルポと、実体験をベースにした小説は、様々な場面で繰り返し沢木の前に登場することになる。そもそも、自殺したまどかの存在も、この物語の中の非常に重要なピースであるのだ。沢木の過去と、久しぶりに再開したラグビー部の面々の過去が、すべて勝治先輩が引き起こした襲撃事件に収斂していく構成は見事だと思う。思いもよらなかったような事実が、本当に少しずつ明かされていくので、先が気になっていくし、沢木を含む様々に関わる面々の、人を見る眼差しの暖かさや気持ちの強さに惚れ込んでいく部分も強くある。
惚れ込むと言えば、永田の存在感も重厚だ。永田は菱和会という、日本最大級の暴力団の実質的なトップで、若くしてのし上がったカリスマ的な男だ。カタギの世界でも間違いなく成功しただろうと言われる男は、独特な鋭利な雰囲気を漂わせる圧倒的な存在感を放つが、沢木と喋っている時の永田だけ見ていると、非常に人間味溢れる興味深い存在だなと思う。言うことも、なかなか面白い。

『上の者がそんなガキのやり方に迎合しちゃいけねえって思うんですよ。迎合ってのはね、自信がなくてビビってるってことです。年寄りはね、若い世代の気持ちなんてわかる必要はねえんですよ。ヤクザも堅気の世界のやり方なんて理解する必要はねえんです。頑固親父はガキの言ってることなんかわからねえって怒鳴ってればいいし、ヤクザはヤクを売って、オンナを転がして、暴力ふるってればいいんです』

そしてこの永田の存在さえも、物語を織りなす重要なピースの一つだというんだから恐れ入る。本当に、その構成力には圧倒されるし、物語の展開のさせ方がとても巧いと感じる。主要な登場人物それぞれに、個々の物語があり、それらが全体と大なり小なり関わっていく。見事だなと思う。
大人の世知辛い人生や人間関係が描かれ、またマシンガンでの襲撃事件やヤクザなんかが関わってくる、どう読んでも爽やかとは言えない設定の物語なのに、読むとどうしてか、青春小説のような爽快感があるという不思議な物語だと思います。それぞれの人生に、どうやって落とし所を見つけていくのか。その過程で生まれる必死さや優しさを愉しむ小説です。是非読んでみてください。

山下卓「ノーサイドじゃ終わらない」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2595-a4c1e8e0

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
10位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)