黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

そして父になる(監督:是枝裕和 原案:「ねじれた絆」)を観に行ってきました



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6432176788840966"
data-ad-slot="9019976374"
data-ad-format="auto">



『面倒なことじゃなければいいんだけどな』

野々宮良多(福山雅治)は、妻・みどり(尾野真千子)から話を聞いて、そう呟く。息子の慶多が生まれた産院から、話したいことがあると連絡があったのだ。都心の大手企業で働く良多は、人も羨むような家や環境を手に入れてきたが、仕事ばかりで子どもと接する時間は少ない。

『子どもは、時間ですよ』

群馬で町の電気屋を営む斎木雄大(リリー・フランキー)は、「何でも一人で出来る子に育てたい」という良多にそう語る。妻・ゆかり(真木よう子)と共に、長男の琉晴を筆頭に三人の子どもと一緒に、一緒に遊んだり連れまわしたりして楽しく日々過ごしている。

良多は、息子にピアノを習わせ、幼稚園受験をさせ、一人でお風呂に入らせ、挨拶をきちんとさせる。一日でもピアノの稽古を休むと、「取り戻すのに三日掛かるんだぞ」と妻を責め、自分は仕事のため自室に籠もる。

雄大は、暮らし向きは決して楽ではないだろうが、子どもたちと無邪気に戯れるようにして日々関わり、家庭には常に笑顔が絶えない。妻とも、なんだかんだいいながらとてもよい関係を築いている。

『このような場合、ご家族は100%、交換を選びます』

突然の宣告。6年前、同じ産院で生まれた野々宮家と斎木家の息子は、取り違えられ、6年間両家族ともそれに気づかないまま息子を育ててきた。

『どうして気付かなかったんだろう。私、母親なのに…』

慶太の母・みどりは、自分の過ちを責める。

『二人とも、引き取らせてもらえませんか。まとまったお金なら、用意できます』

自身も、両親に対して不満を持ちながら子ども時代を過ごしてきた良多は、「親」というポジションに、まだ馴染めていない。

『負けたことのないやつってのは、本当に人の気持ちがわからないんだな』

雄大は、良多の「父親としての在り方」に、そして「人間としての在り方」に疑問を呈す。

『似てる似てないに拘るのは、子供と繋がってる実感のない男だけよ』

ゆかりはもしかしたら、目の前にいるどんな子供でも、愛することが出来るのかもしれない。

『今度琉晴君ち、いついくの?』

良多の息子・慶多は、それまでの6年間、きっと味わうことのなかった「父親」という存在を、斎木家で初めて知った。

『今、何時ですか?』

雄大の息子・琉晴は、何故自分が野々宮家にいなくてはいけないのか、理解が出来ない。

育ててきた息子は、血を分けた子供ではなかった―。
そんな残酷な現実を突き付けられた二つの家族。

『いろんな親子があって、いいと思うんですよ』

そう口にする良多こそが、このニ家族の「環」から、最も弾かれていくことになる。

「そして父親になる」

このタイトルには、良多の覚悟が詰まっている。


この作品には、元になった実際の事件が存在する。
その顛末は、「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年」という作品に描かれている。この作品が、本作の原案となっている(最後のクレジットでは、「参考文献」という表記だった)。昭和52年、沖縄で起こった赤ちゃんの取り違え事件は、二家族の環境の差や、経済的な状況などによって非常に捻れた展開を見せることになる。映画では、舞台も時代も家族の設定もまったく違っている。とはいえ、「会おうと思えば行き来出来る距離に住んでいる」「一方はきちんとした教育がなされ、一方は放任主義で子供が育てられた」など、背景的な共通項は多いと感じた。

原案となった作品では、ある少女に重点的に焦点が当てられる構成となっていた。著者もあとがきで、彼女の存在を追い続けたからこそ、こうして作品として結実した、というような趣旨のことを書いていた。

一方で映画では、良多(福山雅治)に焦点が当てられている。良多が父親としてどう変化していくのか。それが映画の焦点の一つだ。

良多はそもそも、子供を「教育すべき対象」としてしか捉えていない。良多にとって慶太は、「自分の手であれこれいじくることで、芸術的な形になるはずの粘土」のような存在でしかない。もちろん、子供を可愛く思うような気持ちもきっとどこかにはあるだろう。しかしそれは、明白な形では表には出てこない。良多の仕草や言動には、「こう振る舞うことが慶太の教育として良い」という瞬時の選択が見え隠れする。その笑顔も、その優しげな声も、すべては「粘土をこねるための仕草」でしかなく、それ以上でもそれ以下でもない。

別に、そのことを非難するつもりはまるでない。良多が言っていたように、『いろんな親子があっていい』と思う。良多がそういう教育をすることで、慶太の内側に隠されていた才能が開くかもしれないし、最終的にそれらが慶太のためになるかもしれない。それはわからない。だから、慶太のことを「教育すべき対象」としか見ていない良多のことをとやかく言うつもりは僕にはない。

父親である良多にはなかなか視界に入らないだろうが、映画では当然慶多に焦点が当たることも多く、父親のいないところで慶多は時折「父親への不満らしきもの」を漏らす。しかしそれは、あやふやなものだ。慶多にとって良多は唯一の父親だし、他に比較すべき対象があるわけではない。父親に対して不満を抱いたとしても、「そんな不満を抱く自分が間違っているのだ」と解釈することは十分ありえる。実際僕の目には、慶多は父親との関係をそう規定しているように思える。そういう慶多の在り方を見てしまうと、良多の子育て・教育は「間違っている」と言いたくなる。しかし、そういう事実を知らない(見ようとしない)良多にとっては、自分は「良き父親」であり、「子供のために最善を尽くしている」という自覚で日々を過ごしているはずだ。それについてとやかく言える人物がいるとすれば、妻のみどりぐらいなもので、他人がとやかく言うことではないだろう。

そのままであれば、問題はなかった。いや、「問題は未来に先送りされた」というべきだろうか。もちろんそれは、未来に至っても問題とはならない可能性もある。問題の種のまま、芽を出さなかった可能性もある。それは誰にも分からないが、しかし、良多のような子育てをしていれば、未来にいずれ歪が出てくる可能性は高かっただろう。そういう意味で、もし「取り違え」なんていう出来事がなければ、「問題は未来に先送り」され、良多も「良き父親」という自覚をそのまま引きずることができたはずだ。

これが、取り違えが発覚するまでの、良多を取り巻く状況だ。良多はそれまで成功し続けてきたのだろう。自分には能力があるし、どんなことでもやれると信じている。努力をしない人間は無能で、良多には理解できない人種だ。

「取り違え」という現実に直面した良多は、「納得」と「理解不能」という二つの感情を併せて抱くようになる。

「納得」の方については、触れないことにする。

良多は、妻や斎木家の言っていることや反応が、理解できない。「自分は正しいことをしているはず」という思いが、さらにそれに拍車を掛けることになる。

『なんで上から目線で話されてるんだ?』

『あの壊れたヒーターも直してもらおうか』

『僕にしかできない仕事があるんですよ』

『なんで俺が電気屋にあんなこと言われないといけないんだろうな』

良多は、自分のことしか考えていない。『自分』が『息子』を最高の『芸術品』に仕上げる。それを邪魔するものは、すべて理解不能なのだ。何故それが、周囲に理解されないのかも、分からない。

『とりあえず手元に置いてみるよ。血が繋がってるんだから、なんとかなるだろ』

同級生の気安さから、本音も出る。良多にとって『子供』というのは、『その程度の存在』でしかないのだ。

そんな良多が、様々な出来事を経て、変わっていく。「取り違え」という無慈悲な現実が、良多を生まれ変わらせていく。

とはいえ当然のことではあるが、だからといって「取り違え」が「美談」のように描かれるわけはない。現実は現実として、取り違えられた二つの家族の悲哀には、常に焦点が当たっていく。

その中心にいるのが、やはり良多の妻・みどりだろう。

『二人でどっか行っちゃおっか。どこか遠いところ』

みどりは良多と違い、健全な(という表現はあまり使うべきではないかもしれないけど、あまり深い意味には取らないでください)母親として、野々宮家の「悲しみ」を一手に引き受ける。普段仕事で家にいない夫の代わりに家のことをすべて引き受けるみどりは、「子供の交換」という日常にも、基本的に一人きりで対処していかなくてはいけなくなる。

みどりの心は、最初から決まっているように思える。そういう意味では良多と同じだ。良多とみどりはきっと、最初から自分なりの結論を持っていた。

だからこそ、みどりの心は揺らぐ。

『慶多に申し訳なくて…』

母親として、「取り違え」に気づかなかったという罪悪感も、みどりを苛み続ける。そしてみどりは、良多に胸の裡をさらけ出すことが出来ない。さらけ出しても良多はきっと受け止めてはくれないだろう。みどりには、きっとそんな予感があるはずだ。だから、ぐるぐると渦巻く様々な思いを吐き出す場がない。

「取り違え」が発覚し、長い時間があったある場面。みどりはこんな風に呟く。

『慶多はきっと、私に似たのよ』

このセリフには、身をつまされる思いだった。みどりが、どんなつもりでこのセリフを言ったのか、それは分からない。願望なのか、諦念なのか、それとも冗談なのか。慶多は、良多とみどりの子ではないのだ。みどりに似るはずがない。それでも、こんな言葉を口に出すしかなかったその現実に、感じるところがあった。

慶多は、口数の多い子供ではない。大人しく、あまり自分の感情を表に出さない。だからこそ、慶多が何をどう感じ、状況をどう理解しているのかは、なかなか窺い知ることが出来ない。時々発する言葉も、非常に「お行儀の良い言葉」ばかりで、それは「父親の目を意識した発言」のように思えてならない。特に前半は、慶多の本心がどこにあるのか、ほとんど掴むことが出来ない。

非常に印象的なシーンがあった。この映画の中で、一番好きなシーンだ。そのシーンに繋がる、重要な場面を紹介したい。

珍しく良多が公園で慶多と遊んでいる。良多の手には、高そうなデジタル一眼レフカメラ。それで息子の写真を撮っている。慶多も撮りたいとせがみ、カメラを受け取る。そこで良多は慶多に、「そのカメラあげるよ」という。慶多はこう返す。

『要らない』

このシーンが、後々非常に重要な意味を持つ。何故慶多は、カメラを「要らない」と言ったのか。これまでにも、良多と慶多の間には様々な選択肢や分岐点が存在し、その度にお互いがそれぞれの選択をし、それが概ね一致するように慶多が努力してきたからこそ、この親子関係が成り立っていたのだろうと思う。しかし、慶多がこの場面で『要らない』と言ったことで、恐らく慶多は初めて、「父親の選択肢に寄り添わない」という決断をしたのではないか。慶多にとっては、6年間の人生の中でも非常に大きな、そして重要な場面だったかもしれない。

「要らない」という言葉の意味をやがて知ることになる良多。恐らくそれが、良多に最大の変化を与えたのかもしれない。このカメラを介したシーンは、物凄く良かった。慶多の、恐らく人生初の「反抗」が、良多の目を見開かせる。

この映画を見て強く感じたことは、「正解はない」ということだ。「親子の形」にも、「幸せの形」にも、どこにも正解はない。「正解かもしれない」ものを追いかけ続け、「正解ではないかもしれない」という逡巡と共に過ごしていくのが、つまり人生というものなんだろう。

ただ、それと同時に、「現在を基準にしたい」という個人的な思いも、強く持った。斎木家は、「現在の幸せ」を追い求めている一家だ。将来どうなるかは分からない。けど、とにかく今全力で楽しもうとしている。一方で野々宮家は、というか良多は、「将来の幸せ」を追い求めている。今は辛くても、必ず将来役に立つ。その信念が、良多を厳しくさせる。

これも、正解はない話だ。でも僕は、「現在の幸せ」を追い求める生き方の方がいいな、と思う。将来のことを考えなくていいわけではないが、「現在を著しく犠牲にしてまで追い求める未来」に、個人的には、強く価値を見出すことは出来ないなと、この映画を見て感じた。

『六年間は、パパだったんだよ』

そう息子に叫ぶ良多は、「強くなければならない」という自分の「弱さ」を、打ち破ることが出来たのかもしれない。
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2585-07ff7204

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
6位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)